Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I had an encounter with the skunk ape, and it completely altered the course of my life.

    スカンクエイプとの出会いは、私の人生を大きく変えることになりました。

  • Welcome to watch Mojo.

    Welcome to watch Mojo.

  • And today we're counting down our picks for the top 10 famous monsters caught on camera.

    そこで今回は、カメラに収められた有名なモンスターのトップ10をご紹介します。

  • Justin says he's seen him before.

    Justinは、彼を見たことがあると言います。

  • He describes himself as a Chupacabra hunter.

    彼は自らをチュパカブラ・ハンターと称している。

  • This is about my fourth one that decided this is the second one we've gotten on camera.

    決めたのは4本目くらいで、カメラに収めたのは2本目です。

  • That's the idea.

    そういうことです。

  • Nobody to be found, not a soul.

    誰もいない、人っ子一人いない。

  • Take a look at this viral video from LA Junta in southeastern Colorado for this list will be looking at the creepiest alleged photographic and video evidence of legendary creatures, including those not from Earth will be including some that are generally thought to be hoaxes but that have nonetheless become iconic.

    コロラド州南東部のLA Juntaで撮影されたバイラルビデオを見てみましょう。このリストでは、地球上にいないものも含めて、伝説的な生物の最も不気味な疑惑の写真やビデオの証拠を見ていきます。一般的にはデマだと思われているが、それにもかかわらず象徴的な存在になっているものも含まれます。

  • We will, however, be excluding ghosts.

    ただし、ゴーストは除外しています。

  • Which photo or video do you find the most convincing?

    どの写真や映像が一番説得力がありますか?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

  • Number 10 Mothman The Moth Man's window of fame was brief but left a lasting impact them out.

    10位 モスマン モスマンが有名になったのは短い期間でしたが、その影響は彼らにも残っています。

  • Put them out.

    出してみてください。

  • Its reign of terror only lasted from November of 1966 to December of 1967 with the first headline reading Couples see man sized bird creature.

    恐怖の支配は1966年11月から1967年12月までしか続かず、最初の見出しは「カップルが人間サイズの鳥の生き物を見た」というものだった。

  • Something said to Haunt Point Pleasant, West Virginia.

    ウェストバージニア州のポイントプレザントでは、何かが起きているという。

  • It was described by eyewitnesses as quote a large flying man with 10 ft wings and glowing red eyes.

    目撃者は、「10フィートの翼を持ち、赤く光る目をした大きな空飛ぶ男」と表現している。

  • However, the Mothman, maybe back in November of 2016, a resident, snap some pictures of what looked like an airborne man with wings and skinny legs.

    しかし、モスマンは、たぶん2016年の11月にさかのぼりますが、ある住人が、翼とやせ細った足を持った空中人のようなものの写真をスナップしました。

  • The man insists that the photos are genuine, and he reportedly wasn't even aware of the Mothman legend before seeing the creature flying in the sky.

    この男性は、写真は本物だと主張しており、空を飛ぶ生物を見るまではモスマン伝説を知らなかったと報告しています。

  • Harris has met many Mothman believers over the years.

    ハリスはこれまでに多くのモスマン信者と出会ってきた。

  • Like the Smiths, you have eyewitnesses, so you know Yeah, it does have potential and and I do sort of want a belief.

    スミスのように、目撃者がいるわけですからね。 ええ、可能性はありますし、私はある種の信念を持ちたいと思っています。

  • Number nine Langen stories about the New England are relatively recent, originating on the Japanese text board to channel.

    ナンバーナインランゲンのニューイングランドの話は比較的最近のもので、日本語のテキストボードからチャンネルになってからのものです。

  • Supposedly, it was first sighted by a Japanese whaling vessel off the coast of Antarctica.

    南極沖で日本の捕鯨船が最初に目撃したと言われています。

  • The crew watched as a pale humanoid whale like creature emerged from the water.

    水の中から青白い人型のクジラのような生物が現れたのをクルーは見ていた。

  • Descriptions vary, with some eyewitnesses claiming it has arms and legs, while others say it has fins, tails and tentacles.

    目撃者によると、手足があるという人もいれば、ヒレや尻尾、触手があるという人もいて、説明は様々です。

  • The Japanese paranormal magazine Mu picked up the story in 2000 and seven and even displayed a Google earth screenshot of what appeared to be an Englishman in the South Atlantic.

    日本の超常現象専門誌『ムー』が2000年と7年に取り上げ、南大西洋にいるイギリス人と思われる人物のグーグルアースのスクリーンショットを表示したこともあった。

  • Unfortunately, not much is known about the New England at this point, but you have to admit that is one unsettling photo number eight Skunk ape.

    残念ながら、現時点ではニューイングランドのことはあまり知られていないが、8頭のスカンク・エイプの写真を見ると、不安になることは間違いない。

  • While tales of foul smelling simians in Florida go a long way back, they peaked in the 19 sixties and seventies.

    フロリダの悪臭を放つシミアンの話は古くからありますが、1960年代から70年代にかけてがピークでした。

  • According to eyewitnesses, it was a rusty red color and stank like a skunk.

    目撃者によると、赤錆びたような色で、スカンクのような臭いがしたという。

  • In 2000, Ochopee resident Dave Shealy filmed what he claims was a skunk ape, although others counter it was a man in a gorilla suit.

    2000年には、オチョピー在住のデイブ・シーリー氏が、スカンクエイプだと主張するものを撮影したが、他の人はゴリラのスーツを着た男だと反論している。

  • Later that same year, a photo was anonymously sent to the Sarasota Sheriff's Department.

    同年末、サラソタ保安官事務所に匿名で写真が送られてきた。

  • Experts identified it as an orangutan, but that didn't satisfy everyone.

    専門家はこれをオランウータンと同定しましたが、誰もが納得するものではありませんでした。

  • I had an encounter with a skunk ape, and it completely altered the course of my life.

    スカンクエイプとの出会いは、私の人生を大きく変えることになりました。

  • In 2012, filmmaker Stacy Brown caught what he claims was thermal footage of a skunk ape during a close encounter at a night in Florida's Toria State Park.

    2012年、映像作家のステイシー・ブラウンは、フロリダ州のトーリア州立公園で夜、スカンクエイプと接近遭遇した際の赤外線映像を撮影しました。

  • They saw that the creature had run through a barbed wire fence that they were able to obtain hairs.

    有刺鉄線のフェンスを通り抜けたことを確認し、毛髪を採取することができました。

  • They sent the hairs to their lab and it came back as an unknown creature number seven Chupacabra, first reported in Puerto Rico in 1995.

    その毛を研究室に送ったところ、1995年にプエルトリコで初めて報告された未知の生物ナンバー7のチュパカブラであることが判明しました。

  • The Chupacabra is said to resemble a small bear with a row of spines on its back.

    チュパカブラは、背中に一列のトゲがある小熊のような姿をしていると言われています。

  • Justin says he's seen him before.

    Justinは、彼を見たことがあると言います。

  • He describes himself as a Chupacabra hunter.

    彼は自らをチュパカブラ・ハンターと称している。

  • This is about my fourth one that decided that this is the second one we've gotten on camera.

    これで4本目くらいで、カメラに収めるのは2本目と決めています。

  • It purportedly sucks the blood of livestock with its name literally meaning goat sucker in Spanish.

    家畜の血を吸うと言われており、その名前はスペイン語でヤギの吸盤を意味します。

  • The legend is mainly centered around Puerto Rico, northern Mexico and the southern United States, with a supposed sighting in Houston in 2019, but perhaps at Rome's further a field.

    この伝説は主にプエルトリコ、メキシコ北部、アメリカ南部を中心としたもので、2019年にはヒューストンでも目撃されたとされていますが、おそらくローマのさらなるアフィールドでのことでしょう。

  • Because in 2016, a video was published online, depicting a bipedal creature with a stooped back as voices spoke in Portuguese.

    というのも、2016年にネット上で公開された動画では、声がポルトガル語で語られる中、腰を落とした二足歩行の生物が描かれていました。

  • To be honest, it looks very much animated, but it is pretty creepy.

    正直なところ、とてもアニメっぽいのですが、かなり不気味な感じです。

  • Number six trunk Oh, every now and then, a horrific mass of flesh and organs will wash up on shore there, known, disgustingly enough ASG lobsters.

    6つ目のトランク ああ、時々、おびただしい数の肉や臓器の塊が海岸に打ち上げられることがある。

  • In 1924 a glob stir appeared on the shore of Margate, South Africa.

    1924年、南アフリカのマーゲートの海岸に球状の波が現れた。

  • Only this one was a little different.

    ただ、この作品は少し違っていました。

  • Eyewitnesses described the masses having snow, white fur and a trunk, with one farmer describing it as a giant polar bear.

    目撃者によると、その塊は雪があり、白い毛があり、トランクを持っていて、ある農家の人は巨大なホッキョクグマだと表現していました。

  • The witnesses also state that the creature was battling to killer whales before it washed up on shore.

    目撃者は、この生物が海岸に打ち上げられる前にシャチとバトルしていたとも言っている。

  • It sat there for 10 days and was never studied by an expert.

    10日間も放置され、専門家による調査も行われなかった。

  • Photos have since emerged of the glob stir showing human standing next to a giant white mass.

    その後、巨大な白い塊のそばに人間が立っているような写真が出てきた。

  • Number five Yeti.

    ナンバー5イエティ

  • Welcome to the Himalayas, 1951 An expedition led by English mountaineer Eric Shipton identified the root later used for the first successful ascent of Mount Everest.

    1951年、ヒマラヤへようこそ イギリス人登山家エリック・シプトン率いる探検隊が、後にエベレスト初登頂に成功した根を確認した。

  • The expedition also made a more startling find with Dr Michael Ward.

    また、探検隊は、マイケル・ウォード博士との間で、さらに驚くべき発見をした。

  • Shipton discovered and photographed alleged Yeti footprints, igniting debate that's continued ever since.

    シプトンはイエティの足跡とされるものを発見、撮影し、それ以来、論争が続いている。

  • Each print measured 13 inches long and was twice as broad as a human foot.

    それぞれのプリントは、長さ13インチ、幅は人間の足の2倍もあります。

  • Why can't they call me the adorable snowman or or the agreeable Snowman?

    なぜ、愛らしいスノーマンとか、気さくなスノーマンとは呼ばれないのか?

  • For crying out loud, I'm a nice guy, Stockholm.

    声を大にして言えば、私はいい人なんだよ、ストックホルム。

  • They also found claw marks etched in the glacier.

    また、氷河に刻まれた爪痕も発見された。

  • These weren't the first such photos, either.

    このような写真は初めてではありません。

  • In 1937 English mountaineer Frank Smith had also taken a photo of footprints in the snow.

    1937年、イギリスの登山家フランク・スミスも雪の中の足跡を撮影している。

  • However, experts agreed that they probably belonged to a bear, the yeti might still be around.

    しかし、専門家の間では「おそらく熊のものだろう」という意見で一致しており、イエティはまだいるかもしれません。

  • In 2019, the Indian army claimed to have found Yeti footprints in the Himalayas.

    2019年には、インド軍がヒマラヤでイエティの足跡を発見したと主張しました。

  • Number four Hook Island Sea Monster.

    4番のフックアイランド・シーモンスター

  • Located off of Queensland, Australia, Hook Island is an uninhabited and rugged island that serves as a popular tourist destination owing to its colorful coral.

    オーストラリアのクイーンズランド州に位置するフック島は、荒々しい無人島で、カラフルな珊瑚が人気の観光地です。

  • In 1964 the island became known around the world owing to a series of photos that seemed to depict a tadpole like sea monster.

    1964年、オタマジャクシのような海の怪物が写っていると思われる一連の写真によって、この島は世界的に知られるようになった。

  • The photos were taken by a man named Robert Lissa Wreck, who spotted the creature in the island's Stone Haven Bay loose.

    この写真は、ロバート・リサ・レックという男性が、島のストーン・ヘイヴン・ベイ・ルーズでこの生物を発見して撮影したものです。

  • Iraq estimated the creature to be upwards of 80 ft long.

    イラクでは、この生物の体長は80フィート以上と推定されている。

  • Various explanations have been put forth like the monster actually being a deflated skyhook balloon or a custom cut plastic sheet.

    怪獣の正体は、スカイフックの風船を膨らませたものだとか、カスタムカットされたプラスチックシートだとか、さまざまな説がある。

  • Or it could be a genuine sea monster.

    あるいは、本物の海の怪獣かもしれない。

  • For the sake of excitement, we're gonna go with that one.

    盛り上がりのためには、そちらに軍配が上がります。

  • Number three.

    3つ目。

  • The Solway Firth spaceman.

    ソルウェイ・ファースの宇宙人

  • People have been trying to prove the existence of aliens for decades.

    宇宙人の存在を証明しようとする人は何十年も前からいます。

  • Many photos and videos turn out to be hoaxes, like the infamous alien autopsy video that made waves in 1995 only to be revealed as fake a decade later.

    1995年に話題になった宇宙人の解剖ビデオが10年後に偽物だと判明したように、写真やビデオの多くはデマであることが判明しています。

  • Debate persists, however, around the Solway Firth spaceman photographed in 1964 while relaxing on Burr Marsh in Cumbria, England.

    しかし、1964年にイギリスのカンブリア州にあるバー・マーシュでくつろいでいるところを撮影したソルウェイ・ファースの宇宙人については、議論が続いている。

  • Firefighter Jim Templeton took a series of photos of his five year old daughter.

    消防士のJim Templetonさんは、5歳の娘さんの写真を何枚も撮っていました。

  • One of them depicts a mysterious astronaut like figure standing or floating in the background.

    その中には、背景に謎の宇宙飛行士のような人物が立っていたり、浮かんでいたりするものがあります。

  • Some people argue that the figure is Templeton's wife and that her pale blue dress appears white due to overexposure.

    この人物はテンプルトンの妻であり、淡いブルーのドレスが露出過多で白く見えるという説もある。

  • Others are not convinced.

    また、納得していない人もいます。

  • He's hoping that even after all this time, the mystery can still be solved.

    今になっても謎が解けることを期待している。

  • That's the question.

    それが問題だ。

  • Who is he?

    彼は誰?

  • Where is he from?

    彼の出身地はどこですか?

  • Those are the two questions we want answered Number two Bigfoot.

    この2つが答えて欲しい質問です Number two Bigfoot.

  • There are plenty of supposed photos and videos of Bigfoot out there.

    世の中にはビッグフットの想定写真や動画がたくさんあります。

  • Some are easy to believe, like the photo of a juvenile Bigfoot captured by a Pennsylvania man in 2000 and seven.

    中には、2000年にペンシルバニア州の男性が撮影したビッグフットの幼体の写真のように、簡単に信じられるものもある。

  • Others, like the Sasquatch skull supposedly found on Mars, really strain credulity.

    また、火星で発見されたとされるサスカッチの頭蓋骨のように、信憑性にかけるものもある。

  • One of the most debated of all is undoubtedly the Paterson Gimle in film, named after its creators, Roger Patterson and Robert Giblin.

    中でも最も議論されているのは、間違いなく映画のパターソン・ギムレで、制作者であるロジャー・パターソンとロバート・ギブリンにちなんで名付けられています。

  • Captured in 1967 the film depicts a hairy bipedal creature walking through Northern California's Six Rivers National Forrest.

    1967年に撮影されたこの作品では、毛むくじゃらの二足歩行の生物が、北カリフォルニアのシックスリバーズ国立森林公園を歩く姿が描かれている。

  • It's easily the most famous video evidence of a crypto zoological creature, and the film has been studied, analyzed and parodied for decades.

    これは、動物学上の暗号生物の最も有名な証拠映像であり、この映画は何十年もの間、研究、分析、パロディ化されてきた。

  • New York one has just received some exclusive amateur news footage that you just might want to follow up on.

    ニューヨーク・ワンでは、アマチュアによる独占的なニュース映像を入手したので、それを紹介したいと思います。

  • There seems to be a strange man dressed as an elf wandering through Central Park.

    セントラルパークにエルフの格好をした奇妙な男が徘徊しているようだ。

  • Its authenticity remains in question, but for many this is the Holy Grail of Bigfoot.

    その信憑性には疑問が残るが、多くの人にとってこれはビッグフットの聖杯である。

  • Evidence story.

    エビデンスストーリー。

  • Julian.

    ジュリアン。

  • I thought you were Sands clamps.

    サンズのクランプかと思いきや

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読し、ベルを鳴らして最新のビデオについての通知を受けるようにしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    その時々の映像だけを通知するか、すべての映像を通知するかを選択できます。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定で「通知」をオンにしておきましょう。

  • Number one Loch Ness Monster Photos of numerous underwater creatures have made headlines from the aforementioned Hook Island Sea Monster to raise Town Ray in Pennsylvania, but none are as popular as Nessie said to inhabit Loch Ness in Scotland.

    第1位 ネス湖の怪獣 前述の「フック島の海の怪獣」からペンシルバニア州の「レイ」まで、数多くの水中生物の写真が話題になったが、スコットランドのネス湖に生息すると言われる「ネッシー」ほどの人気はない。

  • This monster has been inspiring reports since as far back as the sixth century, although they really only picked up steam in the 19 thirties.

    この怪獣は、6世紀頃から報道されていたが、1930年代に入ってから本格的に報道されるようになった。

  • The monster shot to worldwide fame in 1934 thanks to the infamous surgeon's photograph supposedly taken by Robert Kenneth Wilson.

    1934年、ロバート・ケネス・ウィルソンが撮影したとされる悪名高い外科医の写真によって、この怪物は世界的に有名になった。

  • Sadly, most now agree that it was a hoax.

    残念ながら、今ではほとんどの人がデマであると考えています。

  • However, there are dozens of other photos and videos that have made waves, including the well known Dinsdale film taken in 1960.

    しかし、1960年に撮影された有名なディンズデールフィルムをはじめとして、他にも話題になった写真や映像は何十種類もあります。

  • Do you agree with our picks?

    あなたは私たちの選択に同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    この他にもWatch Mojoの最新クリップをチェックして、ぜひ購読してベルを鳴らして、最新のビデオについてお知らせしてください。

  • Yeah, yeah, yeah.

    そう、そう、そう。

I had an encounter with the skunk ape, and it completely altered the course of my life.

スカンクエイプとの出会いは、私の人生を大きく変えることになりました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo 写真 生物 撮影 目撃 映像

カメラに収められた有名な実在のモンスタートップ10 (Top 10 Famous Real Life Monsters Caught on Camera)

  • 8 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 20 日
動画の中の単語