Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the 1950s, the discovery of two new drugs

    1950年代には、2つの新薬の発見により

  • sparked what would become a multibillion dollar market for antidepressants.

    は、数十億ドル規模の抗うつ剤市場の火付け役となりました。

  • Neither drug was intended to treat depression at all

    どちらの薬もうつ病の治療を目的としたものではありません。

  • in fact, at the time, many doctors and scientists believed psychotherapy

    実際、当時は多くの医師や科学者が、心理療法は

  • was the only approach to treating depression.

    は、うつ病を治療する唯一のアプローチでした。

  • The decades-long journey of discovery that followed

    その後の数十年に及ぶ発見の旅

  • revolutionized our understanding of depression

    うつ病の理解に革命をもたらした

  • and raised questions we hadn't considered before.

    と、今まで考えもしなかったような疑問を投げかけてきました。

  • One of those first two antidepressant drugs was ipronaizid,

    その最初の2つの抗うつ剤のうちの1つがイプロナイジドでした。

  • which was intended to treat tuberculosis.

    は結核の治療を目的としたものでした。

  • In a 1952 trial, it not only treated tuberculosis,

    1952年に行われた試験では、結核を治療しただけでなく

  • it also improved the moods of patients

    また、患者の気分を改善する効果もありました。

  • who had previously been diagnosed with depression.

    の方が、うつ病と診断されたことがあります。

  • In 1956, a Swiss clinician observed a similar effect when running a trial

    1956年、スイスの臨床医が試験的に同様の効果を観察しました。

  • for imipramine, a drug for allergic reactions.

    のイミプラミンには、アレルギー反応を抑える薬があります。

  • Both drugs affected a class of neurotransmitters called monoamines.

    どちらの薬もモノアミンと呼ばれる神経伝達物質のクラスに影響を与えます。

  • The discovery of these antidepressant drugs

    これらの抗うつ剤の発見は

  • gave rise to the chemical imbalance theory,

    化学物質の不均衡説が生まれました。

  • the idea that depression is caused by having insufficient monoamines

    うつ病はモノアミンが不足しているために起こるという考え方

  • in the brain's synapses.

    脳のシナプスに

  • Ipronaizid, imipramine, and other drugs like them

    イプロナイジド、イミプラミン、その他の同種の薬

  • were thought to restore that balance

    は、そのバランスを取り戻すと考えられていました。

  • by increasing the availability of monoamines in the brain.

    脳内のモノアミンの利用率を高めることで

  • These drugs targeted several different monoamines,

    これらの薬剤は、いくつかの異なるモノアミンを標的としています。

  • each of which acted on a wide range of receptors in the brain.

    それぞれが、脳内のさまざまな受容体に作用します。

  • This often meant a lot of side effects,

    これは、多くの副作用を意味していました。

  • including headaches, grogginess, and cognitive impairments

    頭痛、眠気、認知機能の低下など

  • including difficulty with memory, thinking, and judgment.

    記憶力、思考力、判断力の低下など。

  • Hoping to make the drugs more targeted and reduce side effects,

    薬のターゲットを絞り、副作用を減らすことを期待しています。

  • scientists began studying existing antidepressants

    科学者たちは、既存の抗うつ剤の研究を始めた。

  • to figure out which specific monoamines were most associated

    どのモノアミンが最も関連しているかを解明するために

  • with improvements in depression.

    うつ病の改善を伴う。

  • In the 1970s, several different researchers converged on an answer:

    1970年代に入り、複数の研究者がある答えにたどり着きました。

  • the most effective antidepressants all seemed to act on one monoamine

    最も効果的な抗うつ剤は、すべて1つのモノアミンに作用するようです。

  • called serotonin.

    セロトニンという

  • This discovery led to the production of fluoxetine, or Prozac, in 1988.

    この発見により、1988年にフルオキセチン(プロザック)が製造されました。

  • It was the first of a new class of drugs

    これは、新しいクラスの薬の最初のものでした。

  • called Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, or SSRI's,

    選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)と呼ばれています。

  • which block the reabsorption of serotonin, leaving more available in the brain.

    セロトニンの再吸収を阻害し、脳内のセロトニン量を増やす効果があります。

  • Prozac worked well and had fewer side effects

    プロザックはよく効き、副作用も少なかった

  • than older, less targeted antidepressants.

    旧来の抗うつ剤に比べて、対象疾患が少ない。

  • The makers of Prozac also worked to market the drug

    プロザックのメーカーは、薬の販売にも力を入れていました。

  • by raising awareness of the dangers of depression

    うつ病の危険性を認識してもらうことで

  • to both the public and the medical community.

    一般の方と医療関係者の両方に

  • More people came to see depression as a disease

    うつ病を病気としてとらえる人が増えてきた

  • caused by mechanisms beyond an individual's control,

    個人の力ではどうにもならないメカニズムによって引き起こされます。

  • which reduced the culture of blame and stigmatization surrounding depression,

    うつ病にまつわる非難や汚名の文化を軽減するために、このような活動を行いました。

  • and more people sought help.

    と助けを求める人が増えました。

  • In the 1990s, the number of people being treated for depression skyrocketed.

    1990年代に入ると、うつ病の治療を受ける人が急増しました。

  • Psychotherapy and other treatments fell by the wayside,

    心理療法などの治療法は後手に回った。

  • and most people were treated solely with antidepressant drugs.

    で、ほとんどの人が抗うつ剤のみで治療を受けていました。

  • Since then, we've developed a more nuanced view of how to treat depression

    それ以来、私たちは、うつ病の治療法について、より微妙な見解を持つようになりました。

  • and of what causes it.

    そして、その原因は何か。

  • Not everyone with depression responds to SSRIs like Prozac

    すべてのうつ病患者がプロザックなどのSSRIに反応するわけではありません。

  • some respond better to drugs that act on other neurotransmitters,

    また、他の神経伝達物質に作用する薬に反応する人もいます。

  • or don't respond to medication at all.

    または、薬が全く効かない。

  • For many, a combination of psychotherapy and antidepressant drugs

    多くの場合、心理療法と抗うつ薬の組み合わせで

  • is more effective than either alone.

    は、どちらか一方だけの場合よりも効果的です。

  • We're also not sure why antidepressants work the way they do:

    また、抗うつ剤がなぜ効果を発揮するのかについてもよくわかっていません。

  • they change monoamine levels within a few hours of taking the medication,

    服用後数時間でモノアミン濃度が変化します。

  • but patients usually don't feel the benefit until weeks later.

    しかし、患者さんがその効果を実感するのは、通常、数週間後です。

  • And after they stop taking antidepressants,

    そして、抗うつ剤の服用をやめた後。

  • some patients never experience depression again, while others relapse.

    うつ病が再発しない患者さんもいれば、再発する患者さんもいます。

  • We now recognize that we don't know what causes depression,

    現在では、うつ病の原因はわからないと認識されています。

  • or why anti-depressants work.

    とか、なぜ抗うつ剤が効くのか?

  • The chemical imbalance theory is at best an incomplete explanation.

    化学物質の不均衡説は、せいぜい不完全な説明に過ぎません。

  • It can't be a coincidence that almost all the antidepressants

    ほとんどすべての抗うつ剤が、偶然ではありません。

  • happen to act on serotonin,

    たまたまセロトニンに作用したのです。

  • but that doesn't mean serotonin deficiency is the cause of depression.

    が、だからといってセロトニン不足がうつ病の原因とは言えません。

  • If that sounds odd, consider a more straightforward example:

    変だなと思ったら、もっとわかりやすい例を考えてみよう。

  • steroid creams can treat rashes caused by poison ivy

    ツタウルシによる発疹にはステロイドクリームが有効です。

  • the fact that they work doesn't mean steroid deficiency

    ステロイドが効くからといって、ステロイド不足になるわけではありません。

  • was the cause of the rash.

    が発疹の原因だったのですね。

  • We still have a ways to go in terms of understanding this disease.

    この病気を理解するには、まだ道半ばです。

  • Fortunately, in the meantime, we have effective tools to treat it.

    幸いなことに、その間にも治療のための有効な手段があります。

In the 1950s, the discovery of two new drugs

1950年代には、2つの新薬の発見により

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed うつ病 セロトニン 治療 作用 効果

抗うつ薬の歴史を振り返って - Neil R. Jeyasingam (A brief history of antidepressants - Neil R. Jeyasingam)

  • 3 3
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 18 日
動画の中の単語