Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I think I surprised every single member of my family by becoming an actor because I was the quietest kid you've ever met.

    俳優になったことで、家族の誰もが驚いたと思います。なぜなら、私は出会ったことのないような静かな子供だったからです。

  • Painfully shy, but acting has my heart.

    恥ずかしがり屋だが、演技には心を奪われる。

  • Unfortunately, Yeah, I'm Sierra Bravo.

    残念ながら、そう、私はSierra Bravoです。

  • And this is on the rise.

    そして、これは増加傾向にあります。

  • Yeah.

    うん。

  • I found myself in the industry when I was very young, probably nine years old, growing up in Northern Kentucky Cincinnati area.

    私がこの業界に入ったのは、幼い頃、おそらく9歳の頃で、北ケンタッキー・シンシナティ地区で育ちました。

  • I never considered acting a career option or choice.

    私は、演技をキャリアのオプションや選択肢として考えたことはありませんでした。

  • It just never occurred to me that that was something that you could do.

    そんなことができるとは思いもしませんでした。

  • But an agent approached my mom at a county fair, which is the most terrifying start to any story.

    しかし、エージェントが郡市で母に声をかけてくれました。これはどんな物語でも最も恐ろしいスタートです。

  • And she came to me was like, If this is something that you want to pursue that you're interested in and we can do it, If not, we can forget about it.

    彼女は私のところに来て、「もしこれがあなたのやりたいことで、あなたが興味を持っていることであれば、私たちはそれを実行することができますが、もしそうでなければ、私たちはそれを忘れることができます。

  • And of course, I was like, Yes, I wanted to see what else the world had to offer.

    そしてもちろん、私は「そうだ、他の世界を見てみたい」と思いました。

  • And once I got started, I just couldn't stop.

    そして、一度始めたらやめられなくなってしまいました。

  • I started flying out for a couple of weeks at a time to go to do pilot season and audition out here in l.

    パイロット・シーズンやオーディションを受けるために、2週間ほど飛行機に乗ってロサンゼルスに行くようになりました。

  • A.

    A.

  • And then I fly back home for summer camp in school and then around 18, which is well into my career.

    そして、学生時代の夏のキャンプのために飛行機で帰国し、18歳頃にはキャリアを積んでいます。

  • At this point, I moved permanently and my mom went home and my sister graduated from college and we moved in together and I was really lucky and that my family was extremely supportive.

    この時点で、私は永住し、母は実家に帰り、妹は大学を卒業して一緒に住むことになったのですが、私は本当に幸運で、家族が非常に協力的でした。

  • But they also never pushed it.

    しかし、それを押し付けることもなかった。

  • They made it very clear that if I stopped enjoying this that I didn't have to keep doing it.

    楽しめなくなったら、続けなくてもいいとはっきり言われました。

  • That's what allowed me to really enjoy the experience of working that lack of pressure.

    そのおかげで、プレッシャーのない仕事を心から楽しむことができたのです。

  • There is actual video footage of my first real audition.

    私が初めて受けた本格的なオーディションの映像が実際にあります。

  • It's more fine for me to look at.

    その方が見ていて元気になります。

  • Um, it was for the Newport Aquarium, and I was supposed to pretend like I was looking at all of these sharks and all of these fish and oh, wow, this is the most amazing thing I've ever seen.

    それはニューポート水族館のためのもので、私はたくさんのサメや魚を見ているふりをすることになっていて、ああ、これは私が今まで見た中で最も素晴らしいものだ。

  • Whoa, what Mhm.

    おっと、何Mhm。

  • I ended up booking it.

    結局、予約してしまいました。

  • So it's my first audition and my first real job, which is exciting.

    ですから、初めてのオーディションであり、初めての本格的な仕事でもあり、とてもワクワクしています。

  • Big time Rush was my first breakout role.

    Big time Rushは、私が最初にブレイクした役でした。

  • It was my first big part.

    私にとって初めての大きなパートでした。

  • I mean, it lasted four years.

    つまり、4年も続いたのだ。

  • I grew up on that show, so that was definitely the beginning for me.

    私はこの番組で育ったので、私にとっては間違いなくあれが始まりでした。

  • Big time rush came to me through my agent and an audition email, and I put it on tape back home in Cincinnati and per usual, I'm not expecting to hear anything.

    ビッグ・タイム・ラッシュは、エージェントとオーディション用のメールを通じて私のところにやってきました。シンシナティの自宅でテープに録音したのですが、いつものように何も期待していません。

  • So I went on a school trip, um, up in the Amish country, which is like the big, cool trip you get to take in sixth or seventh grade.

    そこで私は、6年生か7年生のときに行くことになる大規模でクールな旅行、アーミッシュ・カントリーへの修学旅行に行きました。

  • And when we were at this Amish families house having dinner, all of a sudden the teacher comes up to me and they're like, Hey, your mom's here, which is the worst.

    アーミッシュファミリーの家で食事をしていると、突然、先生が近づいてきて、「おい、お前のママが来たぞ」と言われ、最悪でした。

  • The last thing you want to hear when you're on a school trip.

    修学旅行で一番聞きたくない言葉。

  • Hey, your mom's here and she's all frantic.

    ねえ、お母さんが来て、必死になっているよ。

  • She's just driven, like 180 miles trying to catch the school bus.

    彼女はスクールバスに乗るために180マイルも運転してきたんだ。

  • She's like, we got notes.

    彼女は、「私たちはノートを手に入れた。

  • We have to redo the same.

    同じことをやり直さなければならない。

  • I was like, Okay, so we went into their market and they were kind enough to that's so kind to turn on generators for us that we have lights because it was it was nighttime.

    そこで、彼らのマーケットに行ってみると、夜だったので発電機をつけてくれて、照明をつけてくれたのがとても親切でした。

  • By this point, she drove this motel down the street and convinced the woman working there to send the tapes off for her.

    この時点で、彼女は通り沿いにあるモーテルに車を走らせ、そこで働いている女性にテープを送ってもらうよう説得した。

  • And then I got a call from my agent saying that I booked a part and I was just, like, shaking.

    そして、エージェントから「役が決まった」という連絡を受け、ただただ、震え上がったのです。

  • Yeah, so after big time rush, I wanted to get more into a serious side of acting where I could get more into research and explore human nature a little bit more.

    そうですね、大忙しの後は、もっと研究して人間の本質を探れるようなシリアスな演技をしたいと思っていました。

  • And so that's what I wanted to focus on.

    だからこそ、そこに注目したかったのです。

  • And I was lucky enough to do that with Red Band Society, and after that I mean, I was in it deep.

    幸運にも「Red Band Society」でそれが実現し、その後は深く入り込んでいました。

  • Once I got the taste for research and building a character from the ground up and asking questions like What exists in your characters drawers?

    研究の味を知って、一からキャラクターを作り、「あなたのキャラクターの引き出しには何が存在するのか?

  • You know something that you would never see on screen but really makes a huge difference in building this character.

    スクリーン上では決して見ることのできない、しかしこのキャラクターを構築する上で大きな違いをもたらすものがあります。

  • I just wanted more and more of that.

    もっともっと欲しいと思っていました。

  • And so I was lucky enough to move into the indie film world a little bit and get a taste of that style of working and just slowly and subtly moving forward.

    幸運なことに、私はインディーズ映画の世界に少しずつ足を踏み入れ、そのような仕事のスタイルに触れ、ゆっくりと微妙に前進していくことができました。

  • Um, my next big role being Wayne, which came out on Amazon recently very close to my heart and then cherry.

    私の次の大きな役はウェインで、これは最近アマゾンで発売された私の心にとても近いもので、その後チェリーになりました。

  • I feel like it's the next rung on the ladder for me, So I first heard Cherry through an audition email again breaks down from my agent, and as soon as I saw the names attached, I was like, Oh, man, there's no way I'm getting this part that's so out of my league But I fell head over heels in love with the sides.

    チェリーを知ったのは、エージェントから送られてきたオーディションのメールだったのですが、名前を見た瞬間、「自分には縁のない役だ」と思ったんです。

  • I'm so intrigued by the story.

    物語にとても興味をそそられます。

  • I wanted to be a part of it in any way possible.

    少しでもその一部になりたいと思いました。

  • So I put the audition tape on tape with my friend a couple weeks later, really left it all on the table, truly an unnerving tape to what?

    それで、数週間後に友人と一緒にオーディションのテープを貼ったんですが、本当にすべてをさらけ出してしまって、本当に何がなんだかわからないようなテープになってしまいました。

  • And I sent it off and forgot about it, which I always do too, protect my own sanity, especially with the project that I really like and want to be a part of.

    私もいつもそうしています。自分の正気を保つために、特に自分が本当に好きで、参加したいと思っているプロジェクトについては。

  • I, like in between, ended up passing on a screen test for another project, but I just knew I couldn't give the part as much love as it deserved.

    私は、間と同じように、別のプロジェクトのスクリーンテストをパスすることになりましたが、この役に相応しいだけの愛情を注ぐことができないと思ったのです。

  • And I also didn't really feel like I was in a place in my career where I could pass on projects, especially ones like this.

    また、自分のキャリアの中で、特にこのようなプロジェクトをパスすることができるとは思えませんでした。

  • So I was terrified to say no to say the least, So when I got a text from my agent a couple days later saying, Hey, are you free to talk?

    しかし、数日後にエージェントからメールが来て、"Hey, are you free to talk? "と言われました。

  • I was like, This is It was like I might get dropped and I was like, Yeah, for sure, man, Call whenever he calls, almost immediately like, I don't know if you had some sort of intuition or what, but you just spoke Cherry opposite Tom Holland, and I was left speechless.

    私は、これは、私が落とされるかもしれないようなものだったし、私は、ああ、確かに、男は、彼が呼び出したときに、ほとんどすぐに、私はあなたが何か直感を持っていたか何かを知らないが、あなたはちょうどトム-ホランドの反対側にチェリーを話して、私は言葉を失っていた。

  • I thought he had the wrong number because I hadn't heard anything about this project in weeks.

    このプロジェクトについて何週間も何も聞いていなかったので、彼は番号を間違えたのかと思った。

  • Like nothing, not a phone call.

    何もないような、電話でもないような。

  • Hey, you're still in the running for this, just so you know.

    ねえ、あなたはまだ候補になっていますよ。

  • Needless to say, I was shocked.

    ショックだったのは言うまでもありません。

  • The preparation process was very in depth for me, a role like Emily is an actress dream.

    エミリーのような役は女優にとって夢のようなものなので、私にとって準備のプロセスはとても深いものでした。

  • It's not often in your career that you get to play so many different versions of the same character.

    同じキャラクターの異なるバージョンをこれほどまでに演じることは、キャリアの中でもそう多くはありません。

  • But she also goes on such a harrowing journey and goes to such dark places and dealing with something like addiction.

    しかし、彼女は過酷な旅をし、暗い場所に行き、依存症のようなものに対処しています。

  • You know, that's a journey that's a battle that's so personal to everyone who experiences it.

    それは、誰にとっても個人的な旅であり、戦いである。

  • And I just wanted to approach it with as much respect as I possibly could.

    そして、できる限りの敬意を持って取り組みたいと思いました。

  • I think there's two or three months that I had before we started filming, so I got to really do my research.

    撮影に入る前に2〜3ヶ月あったと思いますが、その間にしっかりとリサーチをしました。

  • I was lucky enough to have a friend connected with the family member who works at a rehab facility in Cleveland, and they were kind enough to open up their doors to me.

    幸運なことに、クリーブランドのリハビリ施設で働いている家族と友人がつながっていて、親切に門戸を開いてくれたのです。

  • So I went there and I got the chance to speak to anyone who felt comfortable sharing their story, and that experience was so valuable to me.

    私はそこに行って、自分の話をしたいと思う人には誰にでも話をする機会を得ましたが、その経験は私にとってとても貴重なものでした。

  • I know I wouldn't be able to do half the job that I did on this movie without their help and without their generosity.

    彼らの助けと寛大さがなければ、私はこの映画の半分の仕事もできなかったと思います。

  • I've got a severe case of imposter syndrome, so I still hesitate calling.

    私は重度の偽者症候群なので、いまだに電話するのをためらってしまいます。

  • I mean, I am an actor.

    つまり、私は俳優なのです。

  • It is my job.

    それが私の仕事です。

  • It's my career.

    それが私のキャリアです。

  • It has been for half of my life now, but I still feel like a phony.

    私の人生の半分を占めていますが、まだ偽物のように感じています。

  • Every time I call myself an actor, I feel like it wasn't until I decided not to go to college and pursue this full time.

    俳優と名乗るたびに、大学に行かずに本格的に取り組むことを決めてからのことだと感じます。

  • That's what I thought.

    そう思っていました。

  • Okay, I'm an actor.

    さて、私は俳優です。

  • This is a lifelong decision.

    これは一生涯の決断です。

  • I've been asked this question of what my next dream role would be a lot lately, and I do not have a good answer.

    最近、「次の夢の役は何か」という質問をよく受けますが、良い答えはありません。

  • I want to be working with people that are excited about the project.

    ワクワクするような人たちと一緒に仕事をしたいと思っています。

  • I want to be on a project with a specific point of view.

    特定の視点を持ったプロジェクトに参加したい。

  • I'm a big fan of complex characters.

    私は、複雑なキャラクターが大好物です。

  • So hopefully again another character that I can really dig into and try to understand the psyche of I think myself and probably every other young woman in Hollywood.

    今回も、私自身やハリウッドの若い女性たちの心理を理解するために、深く掘り下げることができるキャラクターでありたいと思っています。

  • Um, my dream would be to work with Greta Gerwig.

    あの、私の夢はグレタ・ガーウィグと一緒に仕事をすることです。

  • I think she's just so special and incredibly talented, and she just seems like a cool person.

    彼女はとても特別で、信じられないほどの才能を持っていて、クールな人だと思います。

  • You know, it's funny.

    面白いじゃないですか。

  • I never fantasize about my career.

    私は自分のキャリアについて空想したことはありません。

  • I fantasize about my personal life because I am very happy in my career.

    私は、自分のキャリアにとても満足しているので、プライベートを空想します。

  • So I just hope to still be doing projects that I'm proud of and working with people that I like.

    だから、これからも自分が誇りに思えるプロジェクトを、好きな人たちと一緒にやっていきたいと思っています。

  • Hopefully love and I get to buy a house and, you know, live a little bit out of the city and have dogs and chickens.

    願わくば、愛と私は家を買って、都会から少し離れたところに住み、犬や鶏を飼うことができたらいいな。

  • And, uh, hopefully enough space for yeah, a cow.

    それと、できれば牛を飼うのに十分なスペースが欲しいですね。

  • That's my dream.

    それが私の夢です。

  • Mhm, right.

    Mhm, right.

  • Mhm, Mhm!

    Mhm, Mhm!

I think I surprised every single member of my family by becoming an actor because I was the quietest kid you've ever met.

俳優になったことで、家族の誰もが驚いたと思います。なぜなら、私は出会ったことのないような静かな子供だったからです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 オーディション エージェント プロジェクト キャリア キャラクター テープ

シアラ・ブラボー、『チェリー』の役柄とトム・ホランドとの仕事について語る|On The Rise|Harper's BAZAAR (Ciara Bravo Talks ‘Cherry’ Role & Working with Tom Holland | On The Rise | Harper’s BAZAAR)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 17 日
動画の中の単語