Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • food made out of thin air.

    空気から作られた食べ物。

  • It's what Finnish startup solar food is offering as an alternative to meat and milk.

    フィンランドのスタートアップ企業であるsolar food社は、肉や牛乳の代替品としてこれを提供しています。

  • Their main product is called Selene, a yellow flower containing some 65% protein.

    主な製品は「セレン」と呼ばれる黄色い花で、約65%のタンパク質を含んでいます。

  • Aside from carbon dioxide, the other ingredients needed to make so lean our electricity, microbes, water nutrients, vitamins and a miniature by a reactor.

    二酸化炭素以外にも、電気、微生物、水、栄養素、ビタミン、原子炉による小型化など、無駄を省くために必要な要素が揃っています。

  • The Saleen flower could be added to foods like bread and pasta or schnitzel.

    サリーンの花は、パンやパスタ、シュニッツェルなどの料理に添えることができる。

  • But instead of plowing, fertilizing and harvesting, the flower stems from dried liquid made in a miniature bioreactor inside a laboratory.

    しかし、耕して、肥料を与えて、収穫するのではなく、実験室内のミニチュア・バイオリアクターで作られた乾燥した液体から花が咲く。

  • Solar Foods, co founder and chief technical officer You have Pekka Pitkanen.

    ソーラーフーズ、共同創業者兼最高技術責任者 ペッカ・ピトカネン氏がいますね。

  • We take one colony from here from the anchor plate, and then we cultivate this in a shake plus and basically turned from sake last week.

    ここから1コロニーをアンカープレートから取り出し、これをシェイクプラスで培養し、基本的には先週の日本酒から回していきます。

  • Take it to more sake, last and then eventually to the smaller reactor and then to pick, react and then in the big reactor, it grows in the continuous scale.

    それをさらに酒に持っていき、最後に小さなリアクターに持っていき、さらに選んで反応させ、大きなリアクターでは連続的なスケールで成長していきます。

  • That's a start, yes, so this is the start of the cultivation.

    それはそうと、これが育成のスタートですね。

  • Yeah, The process requires significantly fewer resources than meat or milk, and the use of direct air capture to Second Co two from the atmosphere is good news for the environment, says Solar Foods chief executive Parsi Veronica.

    ソーラーフーズ社の最高経営責任者であるパーシ・ベロニカ氏は、「このプロセスは、肉や牛乳よりもはるかに少ない資源で済み、大気中の二酸化炭素を直接回収する方法を採用しているため、環境にも良いニュースだ」と語る。

  • Our gift to the society is disconnection from agriculture.

    私たちの社会への贈り物は、農業との断絶です。

  • We don't use any agricultural raw materials, even therefore, we can let agricultural land to be freed from agriculture and basically let forests grow back.

    私たちは農業原料を使わないので、農地を農業から解放し、基本的には森林を再生させることができます。

  • Therefore, when we replace existing proteins and foods with our ingredient, actually it's a carbon negative technology because the forests grow back and they remove carbon dioxide from the air.

    そのため、既存のタンパク質や食品を私たちの成分に置き換えると、実際には森林が再び成長し、空気中の二酸化炭素を除去するため、カーボンマイナスの技術となります。

  • So how does it taste?

    では、その味は?

  • It's great.

    素晴らしいですね。

  • First, it will appear in the market as a magic protein enriching ingredient that brings nutritional value to plant based products like drinks, dairy products, yogurts and similar and meat alternatives.

    まず、飲料、乳製品、ヨーグルトなどの植物性製品や肉の代替品に栄養価をもたらす魔法のようなタンパク質強化素材として市場に登場します。

  • Expectations for the protein are high.

    蛋白質への期待は大きい。

  • In December 2020 Solar Foods received $5.2 million of government funding.

    2020年12月、ソーラーフーズは520万ドルの政府資金を獲得しました。

food made out of thin air.

空気から作られた食べ物。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ソーラー タンパク 農業 炭素 森林 製品

フィンランドのスタートアップが空気から食べ物を作る (Finnish startup makes food out of thin air)

  • 4 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 11 日
動画の中の単語