Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Mhm.

    Mhm.

  • Yeah, yeah.

    ああ、そうだな。

  • Mm.

    うむ

  • Mhm.

    Mhm.

  • Hello.

    こんにちは。

  • My name is Charity case.

    チャリティーケースと申します。

  • I'm a London based creature creator.

    ロンドンを拠点に活動しているクリーチャークリエイターです。

  • And today I'm going to be turning into a fantastical, fabulous disco.

    そして今日はファンタジックでファビュラスなディスコに変身します。

  • Fetch the disco fish is going to entail Blue Skins, Gary horrible bag eyes and lots and lots of sparkles.

    仝それにしても、このようなことをしているとは...............................................。

  • So my first stage of preparation is going to be time back to this main and having a little shave charity case is a mythical being.

    だから準備の私の最初の段階は、このメインに戻って時間になるだろうし、少しひげのチャリティーケースを持つことは神話的な存在です。

  • She's bubbly, she's fun.

    気さくで楽しい子です。

  • And she's quite scary as well.

    そして、彼女もかなり怖いです。

  • Sometimes sure, I've been doing drag for close to seven years now.

    たまにはそうだな 俺はもう7年近くドラッグをやっている

  • The first couple of years were more just experimenting with makeup and costume, lots of metal wear chains, bows, ribbons, ruffles and lots of crystals.

    最初の数年は、メイクアップやコスチューム、メタルウェアのチェーン、リボン、リボン、フリル、クリスタルをたくさん使った実験をしていました。

  • Yeah, so now I'm going to mix my foundation and my gorgeous palette.

    ええ、だから今からファンデーションとゴージャスなパレットを混ぜるの。

  • I grew up in the Northwest in Lancashire, in a really tiny little village, and I was literally the only gay in the village for my whole childhood, which, with quite traumatizing in a lot of ways, it's a really closed minded, close knit community where people haven't seen much expression from people like me.

    私はランカシャー州の北西部にある小さな村で育ちました。私は文字通り村で唯一のゲイでしたが、子供の頃からずっとその村にいました。

  • So I didn't fit in at all around there and I never let that stop me from expressing myself, and I always saw fashion and looks as a way of showing other people how I fell inside.

    だから、周りには全くなじめなかったし、それで自分を表現することを止められなかったし、ファッションやルックスは、自分の中に落ちたものを他の人に見せるためのものだといつも思っていました。

  • I knew that I didn't fit in anyway, so I wanted to not fit in even more and be absolutely fabulous.

    とにかく自分には合わないと思っていたので、もっと合わないようにして、絶対に素敵になりたいと思っていました。

  • Mhm.

    Mhm.

  • I'm just adding a highlight tone with my white cream blood and sticks.

    白クリームの血とスティックでハイライトトーンを入れているだけです。

  • I was really into Tim Burton, all of the characters from James and the Giant Peach and Del Toro.

    ティム・バートン、『ジェームズと巨人の桃』やデル・トロの登場人物全員にハマっていました。

  • And I'm not really into anything that's based in reality because I like to escape from the world that we live in.

    そして、私は現実に基づいたものにはあまり興味がないのですが、それは私たちが住んでいる世界から逃避するのが好きだからです。

  • Like I love Tarantino Poison Ivy, She ra Black Widow you know, strong women who don't take no for an answer.

    タランティーノのポイズン・アイビーや ブラック・ウィドウも好きだが... 強い女性はノーとは言わせない

  • So I just finished doing all my highlighting in the middle of my face, and I'm using a darker blue or just, like go around the sides, give it some more definition and do a little bit of contouring.

    顔の真ん中にハイライトを入れて、濃いブルーを使っているんだけど、サイドを中心にして、輪郭を強調しているんだ。

  • So when I went to college, I studied full time art and design.

    だから大学に行ったときは、フルタイムでアートやデザインの勉強をしていました。

  • It was a really amazing experience for me.

    私にとっては本当に素晴らしい体験でした。

  • I found that I was really into my textiles and my sewing.

    気がつけば、自分のテキスタイルやソーイングに夢中になっていました。

  • I used the opportunity to try and learn as much as I possibly could about that.

    それを機会に、そのことについてできる限りの知識を身につけようとしました。

  • But halfway through the year, I transferred colleges down to London.

    しかし、1年の半分はロンドンに大学を転校しました。

  • Then I got kind of sucked up into the nightlife scene, and I dropped out of college and became a became a full time seen kid.

    それからナイトライフに吸い込まれて、大学を中退して、フルタイムの見られっ子になったんだ。

  • I guess for a while my college was like over an hour away on the train, and I had to be there, like a every morning or something for signing.

    一時期は大学が電車で1時間以上離れていて、毎朝のようにサイン会とかに行かないといけなかったんですよね。

  • And obviously, when you've got to be there at eight in the morning, you don't want to be going out partying the night before.

    明らかに朝8時に行かないといけない時は前夜のパーティーには出たくないでしょうね

  • And I did want to be out partying the night before, so my priorities weren't quite in order back then.

    前日の夜は外に出てパーティーをしたかったから優先順位が違っていたのよ

  • I was like hosting a few nights and stuff I would go out with, just like a jockstrap and some platform shoes and a choker like that was my my general.

    私は数日の夜にホストをしていたようなもので、ジョックストラップといくつかのプラットフォームの靴とチョーカーのような私の一般的なようなものと一緒に外出していました。

  • Look back then and I would think I was doing like club kid couture, which I really wasn't at all.

    当時を振り返ってみると、クラブ・キッド・クチュールのようなことをしていたと思うだろうが、実際にはそうではなかった。

  • It's just being a slut.

    ただのヤリマンだよ。

  • Nothing being a slots bad, of course.

    スロットが悪いことは何もないに決まっている。

  • So I'm gonna go with some more blue powder and just build up this this contour on the side of my face.

    だから、私はもっと青いパウダーを使って、顔の横にこの輪郭を作ります。

  • At this point, I was making a little bit of a name for myself on the nightlife scene here.

    この時点で、私はここのナイトライフシーンで少しだけ名を馳せていた。

  • But one night on a night, our party, someone spiked me and took advantage of me, which was really hard.

    でも、ある日の夜、私たちのパーティーで、誰かにトゲトゲされて利用されて、本当に辛かったです。

  • Two to deal with and to accept as an 18 year old.

    18歳としての対応と受け入れるための2つのこと。

  • But that had been my experience a few months down the line.

    しかし、それは数ヶ月前からの経験でした。

  • I was very, very sick, and I ended up being diagnosed hatred, positive from this experience, which was really quite traumatizing and and hard to accept, and to understand, I felt like I didn't really know what HIV was.

    私は非常に、非常に病気で、私はこの経験から憎しみ、陽性と診断されてしまいました、それは本当に非常にトラウマになり、受け入れるのが難しく、理解するのが難しい、私は本当にHIVが何であるかを知らないような気がしました。

  • At this point, I felt quite uneducated about it, and drag became my escape form.

    この時点でかなり無学な感じがして、ドラッグが私の逃げ場になりました。

  • It became my my therapy of sorts.

    それが私のセラピーになりました。

  • It was my my way of expressing myself without telling people how I felt in words.

    自分の気持ちを言葉で伝えずに表現するのが私のやり方でした。

  • If I felt woke up one morning and I felt really sad, I paint tears all over my face and I'd be a really sad little doll that day.

    ある朝起きて、本当に悲しいと思ったら、顔中に涙を描いて、その日は本当に悲しいお人形さんになってしまいます。

  • Or if I was feeling angry, I'd pay myself read and turned into a demon.

    あるいは、怒りを感じていたら、読んだ自分にお金を払って、鬼になってしまった。

  • It was just a good way of me feeling and looking, how I felt without telling people that I felt really sad or really angry.

    それは、本当に悲しいとか、本当に怒っているということを人に言わずに、自分がどう感じているのか、どう見ているのか、それだけで良かったのです。

  • But it really did grow me as a person.

    でも、本当に人として成長しました。

  • It it taught me a lot about myself, a lot about myself worth and a lot about HIV, and I don't think HIV has talked about.

    それは私に自分自身について多くのことを教えてくれた、自分自身の価値とHIVについて多くのことを教えてくれた、と私はHIVが話題になっているとは思わない。

  • You know, I feel like I can use my platform to educate others who feel how I felt six years ago when I got diagnosed.

    6年前に診断を受けた時に感じたことを他の人に教育するために自分のプラットフォームを使うことができると感じています。

  • I'm just adding more blue eye shadow under my eyes to deepen these socket.

    目の下にブルーのアイシャドウを多めに入れて、これらのソケットを深めています。

  • So one of the first times I got into drag I dressed as a lizard creature and looking in the mirror and not recognizing myself, not seeing any single part of me that reflected Harry.

    だから初めてドラッグにハマった時は、トカゲの格好をして鏡を見て、自分が分からなくなって、ハリーの姿が自分の一部にも見えなくなってしまったんだ。

  • It's that freedom of no one knows who I am.

    それは誰にも知られていないその自由さだ。

  • No one knows what's underneath here, and I first of all, I committed to doing a 100 days of drug challenge.

    ここの下は誰も知らないし、私はまず100日分の薬のチャレンジをすることを約束しました。

  • But I got picked up by a few different news outlets and magazines, and eventually it just seemed like it was a wasted opportunity to stop it 100 days.

    でも、色々な報道機関や雑誌に取り上げられて、結局100日で止めたのが無駄に思えてきた。

  • So I continued on to doing 365 days which it was a big commitment, and that kind of exposed me to more of an online audience and open up my opportunities to the drug industry.

    だから私は365日の仕事を続けましたが、それは大きなコミットメントであり、それは私をより多くのオンライン視聴者に露出し、薬物業界に私の機会を開くようなものでした。

  • And it also helped me in speed like I used to take three or four hours to do a full body look.

    また、全身を見て3~4時間かけてやっていたようなスピード感にも助けられました。

  • But now I'm practiced and I'm fast.

    でも、今は練習していて速いです。

  • So my next stage is to paint all of this section like a deep, well black charity Case really suited my character and me as a person because I'm not really into fast fashion.

    だから私の次のステージは、このセクションのすべてを深く、よく黒のチャリティーケースのようにペイントすることです本当に私は本当にファストファッションにはあまり興味がないので、私のキャラクターと人としての私に合っていました。

  • I'm quite advocate for the opposite of that into reusing fashion and reworking old garments into new things, which is exactly what my shop does.

    私はその逆で、ファッションをリユースしたり、古い服を新しいものに作り変えたりすることを提唱していますが、それはまさに私の店がやっていることなんです。

  • And so charity case seemed to fit quite well for me in that in that respect, after starting my 365 days, I started getting a few requests for shows and performances.

    そういう意味では、チャリティーケースは私にはとても合っていたようで、365日を始めてからは、ショーやパフォーマンスの依頼が何度か来るようになりました。

  • So it was a big deal for me getting on stage For the first time.

    だから初めてステージに立ったのは 大変だったわ

  • I was like a lumpy devil creature doing a striptease to Eartha Kitt.

    アース・キットにストリップティーズをしているゴツゴツした悪魔のような生き物でした。

  • I wanna be evil, and I threw a pie at someone in the audience.

    私は悪になりたい、と観客の誰かにパイを投げつけた。

  • Um, it was very chaotic and twisted since then, My performances have gone from like lip sinking, throwing pies at people to now making a potion as a witch out of toothpaste, beer, Cheetos and drinking it.

    それ以来、とても混沌としていて、ひねくれていて、私のパフォーマンスは、唇を沈めたり、人に向かってパイを投げつけたりするようなものから、今では、歯磨き粉、ビール、チートスから魔女のようにポーションを作って、それを飲むようになりました。

  • So my performances have taken more of an extreme, like freak show turn over the past couple of years, which I love being able to hold a room by doing something disgusting on stage.

    だから、ここ数年は見世物小屋のような極端なパフォーマンスをしていて、ステージ上で嫌なことをして部屋を押さえられるのが好きなんです。

  • I think that's really powerful.

    本当にパワフルだと思います。

  • My next step is to paint my teeth black so that they fit in with the illusion.

    次は歯を黒く塗って、錯視になじむようにしています。

  • When I put my lips on later on.

    後日、唇をつけると

  • And to do this, I'm gonna use this tooth pain.

    そのためには、この歯の痛みを利用して

  • Uh oh.

    あーあ...

  • There we go.

    さあ、行くぞ。

  • Got dry out here, so I'm just putting in my contact lenses.

    乾いてきたから コンタクトレンズを入れてるんだ

  • It's nice to be showing a different side to drag as well.

    ドラッグとはまた違った一面を見せてくれるのも嬉しいですね。

  • I feel like most of the drag queens around the world tend to show the generic side of beauty rather than this.

    世の中のドラッグクイーンの多くは、これよりも一般的な美しさの一面を見せる傾向があるような気がします。

  • So this is just a head sock, which I've made.

    ということで、これは私が作ったヘッドソックスだけです。

  • It's kind of a nice way to just cover up my hat.

    帽子をかぶっているだけで、なんだかいい感じですね。

  • Next, I'm going to start adding some crystals to my face like fantasy magical dreamworld realism.

    次はファンタジー・マジカル・ドリームワールド・リアリズムのように、顔にクリスタルを付けていきます。

  • I think I've always dressed quite extreme, like even in casual day clothes.

    普段のカジュアルな服装でも、かなり過激な格好をしていると思います。

  • Dressing up makes me feel good.

    おめかししていると気分が良くなる。

  • And I'm never gonna, like, stop doing that because it feels like an opportunity missed every day to be feeling myself and having a nice time and catch my reflection in the window and like, Oh, yes, like I don't want to go that feeling away And the experience itself is quite adrenaline fueled.

    毎日自分を感じて楽しい時間を過ごせる機会を 逃したような気がするし 窓に映った自分の姿を見て その気持ちを忘れたくないし 体験自体がアドレナリンを出してくれるんだ

  • I know that there's probably going to be pointing and laughing.

    指さして笑うこともあるだろうけど

  • I do tend to scare quite a lot of Children with my looks.

    私は自分の容姿で多くの子供たちを怖がらせる傾向があります。

  • So I've now stood quite a lot of crystals on my head and my cheeks, and I'm quite happy with how it's going.

    ということで、今では頭と頬にかなりの量のクリスタルが立っていて、その様子にはかなり満足しています。

  • I've got some thins to stick on my ears.

    耳に貼るシンがあるんですが、これはどうなんでしょうか?

  • So I think I'm gonna do that next.

    だから次はそれをやろうと思っています。

  • Yeah, I'm going to add on my eyelashes next, just like really big, extreme, glamorous slashes.

    ああ、次はまつげを付けようと思ってるんだ、本当に大きくて、極端で、グラマラスなスラッシュのようにね。

  • So this is my mask, which I made this morning out of some foam and some pink tights, which I so tubes in and stuffed.

    だからこれは、私はいくつかの泡といくつかのピンクのタイツのうち、今朝作った私のマスクです。

  • So I'm gonna hook it around my ears to finish off my fish fantasy.

    ということで、耳の周りに引っ掛けて魚の妄想を終わらせます。

  • The Scottish face complete time to get dressed and I'll be right back.

    スコットランド人の顔が服を着てすぐに戻る。

  • Yeah, welcome back.

    お帰りなさい

  • I just put a little number on for the disco tonight we have my gorgeous sparkly fins with this stunningly Adar, my beautiful queen of the ocean crowd.

    私はディスコのために少し番号を付けただけです 今夜のディスコのために......私のゴージャスなキラキラしたフィンを持っています......この見事にアダーと、私の美しい海の群衆の女王を持っています。

  • And, you know, just a little Parker to keep me warm on a nice evening.

    そして、あなたが知っているように、ちょっとしたパーカーは、素敵な夜に私を暖めるために私を暖めてくれます。

  • Yeah, I think the limit is your imagination.

    うん、想像力が限界だと思う。

  • If you've got a good imagination and your creative, then you should be able to make anything like fantastical or mythical.

    想像力と創造力があれば、幻想的なものや神話的なものでもなんでも作れるはずです。

  • I found a way to live my life as a new character every single day.

    毎日新しいキャラクターとして生きていく方法を見つけました。

  • I like to escape from the world that we live in by being a monster from another realm.

    異世界の怪物になって、自分たちのいる世界から脱出するのが好きなんです。

  • Mhm.

    Mhm.

  • Yeah.

    そうだな

  • Mhm.

    Mhm.

  • Uh huh.

    ええと、ハァッ。

  • No.

    駄目だ

Mhm.

Mhm.

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ディスコ ドラッグ 本当 hiv クリスタル ケース

ドラァグスターが魅惑のディスコ・フィッシュに変身するまで。|エクストリームビューティ|VOGUE JAPAN (ドラァグスターが魅惑のディスコ・フィッシュに変身するまで。| Extreme Beauty | VOGUE JAPAN)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 08 日
動画の中の単語