Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Pride, greed, lust, envy, gluttony, wrath, and  sloth; these are the seven deadly sins as declared  

    高慢、貪欲、欲望、妬み、大食、怒り、怠惰、これらは宣言されている七つの大罪です。

  • by Pope Gregory the I in the 6th century A.D.  We all try our best to steer clear of sinning,  

    紀元6世紀の教皇グレゴリー1世によって。

  • just to stay out of trouble, or to save our  mortal souls. Therefore, you might assume  

    トラブルに巻き込まれないようにするため、あるいは人間の魂を救うために。それゆえ、あなたは仮定するかもしれませんが

  • that the pope of the Catholic Church should  be the embodiment of what it means to be good.  

    カトリック教会の法王は、それが善であることを意味するものの体現者であるべきであることを。

  • They do after all have a direct connection to GodBut you might be surprised to learn that not all  

    彼らは結局のところ、神との直接的なつながりを持っています。 しかし、あなたは驚くかもしれません。

  • popes avoided the seven deadly sins, in fact, some  popes even went as far as to indulge and enjoy  

    七つの大罪を忌避した教皇もいたが、実際には七つの大罪を忌避して楽しんだ教皇もいた。

  • every single one of them. Let's take a look at  some of the most sinful Popes and the atrocities  

    一人残らず最も罪深い教皇と残虐行為を見てみましょう

  • they committed. The craziest part is that there is  at least one pope we know of who ended up in hell.

    彼らが犯した狂っているのは、地獄に落ちた法王が少なくとも一人はいるということです。

  • Since there are seven deadly sins we thought it  appropriate to talk about seven sinful popes.  

    7つの大罪があるので、7つの罪深い教皇について話すのが適切だと考えました。

  • The things they did would have gotten any  normal person excommunicated from the Church.  

    彼らがしたことは、普通の人なら誰でも教会から破門されてしまうようなことでした。

  • But when you're God's right hand man, one  of the perks is being able to do pretty  

    しかし、あなたが神の右腕であるとき、特典の1つは、かなりのことができることです。

  • much whatever you wantfor a timeWe are going to start with a pretty  

    はるかに何でもいいから...一時期は まずは、かなりの

  • mild sinner and work our way through  popes who did things you won't believe.  

    穏やかな罪人と、あなたが信じないようなことをした教皇たちを 通して仕事をしています。

  • The horrors you are about to witness were  done by men who were believed to be closer  

    あなたが目撃しようとしている恐怖は、より近いと信じられていた男たちによって行われました。

  • to God than anyone else- well, by politicians of  the time anyways. It's a cringeworthy thought.

    誰よりも神に向かって...まあ、とにかく当時の政治家には。ぞっとするような考えですね。

  • Pope John the XII was born in Rome with the name  Ottaviano. He was elected as head of the Catholic  

    教皇ヨハネ12世はローマでオッタビアーノという名前で生まれた。カトリック教皇に選出された。

  • Church in 955 and reigned until 967. John the XII  was one of the youngest popes to ever be elected.  

    955年に教会に就任し、967年まで君臨しました。ヨハネ12世は、これまでに選出された教皇の中で最も若い教皇の一人でした。

  • Records of his birthdate are disputed, but  he became pope when he was between 18 and  

    生年の記録には争いがあるが、18歳から18歳の時に教皇になった。

  • 25 years old. John ran the church just like you'd  expect a young man full of power to, full of sin.

    25歳ヨハネはあなたが期待するような教会を運営していた力に満ちた若者が罪に満ちていた

  • John the XII threw lavish parties with  indulgence such as alcohol and orgies.  

    ヨハネ12世は、酒や乱交などの贅沢なパーティーを開いた。

  • For a man who was supposed to remain  celebate, and give his entire life to God,  

    セレブのままで、神に全人生を捧げるはずだった男のために。

  • he may have enjoyed earthly pleasureslittle too much. He consistently lied to  

    彼はこの世の喜びを 味わいすぎていたのかもしれない彼は一貫して

  • the cardinals and church members about  his sinful activities, and continued on  

    彼の罪深い活動について枢機卿や教会のメンバーに説明し、続けた。

  • with them until his death. He sold lands owned  by the church to wealthy associates to collect  

    彼は死ぬまで彼らと一緒にいました彼は教会が所有していた土地を裕福な仲間に売って

  • money and favors to support his frat boy  lifestyle. Unfortunately for John the XII,  

    彼の社交クラブの生活を支えるために 金と好意を持っていましたジョン12世には不幸なことに

  • his promiscuity eventually caught up with him. It  is said that he was killed by a man in cold blood  

    彼のプロミスは結局彼に追いつきました彼は男に冷酷に殺されたと言われています

  • when he found the pope in bed with his wifeAt least John the XII died doing what he loved.

    法王が妻とベッドで寝ているのを 見つけた時には 少なくともヨハネ12世は 彼が愛したことをして死んだ

  • Popes are supposed to be forgiving. They  absolve people of their sins, but what  

    ローマ法王は寛容であるべきだ彼らは人々の罪を赦してくれますが

  • happens when a pope is so unforgiving that he  becomes sinful? You get Pope Stephen the VI.  

    法王が罪深い者になるように 寛容ではないときに何が起こるのでしょうか?あなたは教皇ステファン6世を得る。

  • He was voted into the papacy in 896, but  lasted less than a year as the Holy Father.  

    彼は896年に法王に投票されたが、聖父としての任期は1年足らずであった。

  • In the little time he was pope he didn't do  anything of note that was good for the church or  

    ローマ法王になって間もない頃、彼は教会や教会のためになるような特筆すべきことは何もしませんでした。

  • its people. Instead, Stephen the VI spent his  papacy getting revenge on his predecessor,  

    その民衆のために。その代わりに、ステファン6世は前任者への復讐のために教皇職に就きました。

  • who had just passed away. Pope Stephen did not  get along with Pope Formoses who held the position  

    が亡くなったばかりだった。教皇ステファンは、その地位を保持していた教皇フォルモーセと仲良くしていませんでした。

  • before him. They constantly were in disagreement  and Stephen the VI took it very personally.

    彼の前では彼らは常に意見の相違があり、ステファン6世はそれを非常に個人的に受け止めました。

  • When he became pope Stephen had his predecessor's  body dug up and had his corpse stand trial for  

    彼が法王になったとき、ステファンは彼の前任者の遺体を掘り起こし、彼の遺体を裁判にかけさせました。

  • blasphemy. Obviously this was not a fair trialand accounts state that it was pretty much just  

    冒涜ですこれは明らかに公正な裁判ではありませんでした。

  • Stephen the VI screaming at the old pope's corpse  for a couple of hours. Formosus' only crime  

    ステファン6世が老法王の死体に数時間叫び続けるフォルモサスの唯一の罪

  • was that he agreed with a different faction of  cardinals within the Vatican than Stephen the VI  

    彼はステファン六世とは異なるバチカンの枢機卿の派閥に同意していた。

  • did. Formosus' corpse was given a lawyer during  the trial who remained silent the entire time,  

    しました。フォルモサスの死体は 裁判の間ずっと黙っていた弁護士に 弁護を依頼されていた

  • which was probably the smart choice. After  Stephen the VI found Formosus guilty he  

    それが賢明な選択だったのでしょうステファン6世がフォルモサスを有罪にした後、彼は

  • had all of his vestments removed, cut  off three fingers on his right hand,  

    法衣を全て脱ぎ捨て、右手の3本の指を切り落とした。

  • and dragged the corpse through the streets of Rome  until it was finally dumped in the Tiber river.

    とローマの街中で死体を引きずって、最終的にテベレ川に捨てられるまで引きずっていました。

  • Stephen the VI was clearly not a forgiving  person, but neither were his enemies.  

    ステファン6世は明らかに寛容な人ではありませんでしたが、敵も寛容ではありませんでした。

  • Less than a year after becoming the popeStephen the VI was strangled to death by  

    教皇になってから1年も経たないうちに、ステファン6世は絞殺されました。

  • members of the opposing faction, bringing his  short reign over the Catholic Church to an end.

    彼は反対派のメンバーの一員となり、 カトリック教会の短い統治に終止符を打つことになりました。

  • You have probably heard of, or rememberthe Medici family from your history classes.  

    あなたは歴史の授業でメディチ家のことを聞いたことがあるか、覚えているでしょう。

  • So it should come as no surprise that  Pope Leo the X, born Giovanni de' Medici,  

    だから、教皇レオ・ザ・Xは、ジョヴァンニ・ド・メディチの生まれであることは驚くべきことではありません。

  • is on our list for the popes who committed the  greatest sins. The Medici family had tastes  

    最大の罪を犯した教皇のリストに載っていますメディチ家は

  • for the finer things in life, and even though  Leo the X was supposed to give up all worldly  

    人生のより良いもののために、そしてレオ・ザ・Xは世俗的なものをすべて手放すことになっていたのに

  • possessions to become the pope, he decided  to indulge in greed and gluttony instead.

    教皇になるために所有物を持っていたが、代わりに貪欲と大食漢にふけることにした。

  • Leo the X commissioned, bought, and sold massive  amounts of artwork during the Renaissance.  

    レオ・ザ・Xはルネッサンス期に大量の美術品を依頼、購入、販売した。

  • He did not use his family's wealth howeverinstead he used the Church's money to pay for his  

    しかし,彼は家族の財産を使わず,代わりに教会のお金を使って自分の生活費を賄った。

  • expensive taste in the fine arts. This caused the  Catholic Church to go almost completely bankrupt.  

    美術品に高価な嗜好を持ちました。これにより、カトリック教会はほぼ完全に破綻してしまいました。

  • Leo the X was going through money much faster than  the Church was bringing it in. That being said,  

    レオ・ザ・Xは教会が金を持ち込むよりもずっと早く金を使い果たしていた。そうは言っても

  • some of the greatest works of art, especially  those created by Raphel, were funded by Leo the X.

    いくつかの偉大な芸術作品、特にラフェルによって作成されたものは、レオ十世によって資金提供されました。

  • In order to bring in more money to the churchLeo began selling indulgences. Indulgences are  

    教会にもっとお金を入れるために、レオは至福の品を売り始めました。嗜好品とは

  • basically the forgiveness of sin from the church  in exchange for money. For those who were wealthy  

    基本的にはお金と引き換えに教会から罪の赦しを受けることです。裕福な人たちにとっては

  • enough, deadly sins were no longer a hindranceAll they needed to do was spend a little money,  

    充分に、大罪はもはや邪魔ではありませんでした。 彼らが必要としたのは 少しの金を使うことだった

  • buy an indulgence, and instantly they'd be  forgiven by the church. It was definitely a  

    耽溺を買えば、すぐに教会から許される。それは間違いなく

  • shady business. So shady in fact that this is what  caused Martin Luther to write his 95 Theses and  

    怪しい商売だ実際のところ これが マルティン・ルターが95のテーゼと

  • pin them to the door of the church. Pope Leo thehad gone too far, and had become too sinful. Large  

    教会のドアにピンで固定した教皇レオ十世は行き過ぎて罪深い存在になっていました大規模な

  • groups of people broke away from the Catholic  Church during his reign and started the Protestant  

    帝政時代にカトリック教会から離脱してプロテスタントを始めた人たちがいます。

  • religion. You have to ask yourself: is there  anything more sinful than selling forgiveness?

    宗教のことです。赦しを売ることほど罪深いものはないのか?

  • Like Leo the X, Pope Urban the VI also  tore people away from the church. However,  

    レオ十世と同じく、教皇ウルバン六世もまた、人々を教会から引き離しました。しかし

  • what happened under Pope Urban was so much  worse. He was born Bartolomeo Prignano in Naples,  

    ウルバン法王の下で起こったことは、あまりにも悪いことでした。彼はナポリのバルトロメオ・プリニャーノに生まれました

  • Italy and became pope in 1378. He continued  to lead the Catholic Church until 1389.  

    イタリアで教皇となり、1378年に教皇となった。1389年までカトリック教会を指導した。

  • It was under Urban the VI that the Western Schism  occurred. This dismantling of the Catholic Church  

    それは、西洋のスキズムが発生したことをアーバン6世の下にあった。カトリック教会のこの解体

  • ended with two popes competing for the right  to be the one true ruler ordained by God.

    2人の教皇が神の勅命を受けた唯一の真の支配者になる権利を競い合って終わりました。

  • Leading up to Pope Urban the VI's papacy there  had been different factions in the upper ranks  

    ウルバン六世の教皇に至るまで、上層部には異なる派閥が存在していました。

  • of the church. Pope Urban intensified this divide  by using extreme violence to remove those who  

    教会のウルバン法王は極端な暴力を用いて、以下のような人々を排除することで、この分裂を激化させました。

  • opposed him. If a group of cardinals did not agree  with Urban the VI he would sentence them to death,  

    彼に反対した。ウルバン6世に反対する枢機卿たちには 死刑を宣告することになっていました

  • using brutal killings to send a messageIt was recorded that when watching his  

    残忍な殺人を使ってメッセージを送っています。 それは記録されていました

  • adversaries be tortured he complained  that their screams weren't loud enough.  

    敵は拷問される 彼は彼らの叫び声が十分に大きくないと文句を言った

  • It should come as no surprise to you that  killing and torturing are considered sins.

    殺害や拷問が罪とされていることは驚くべきことではありません。

  • Urban the VI vicious behavior led to the  wars being waged, people assassinated, and  

    アーバン6世の悪質な行動は、人々が暗殺された、とされている戦争につながった

  • the congregants losing their faith in the churchAll of this was due to Pope Urban VI's power lust.

    信徒は教会への信頼を失いました すべては教皇ウルバン六世の権力欲のせいです

  • Another sinful pope was Pope Benedict the  IX who was described as a “demon from hell.”  

    もう一つの罪深い法王は教皇ベネディクト9世で、"地獄からの悪魔 "と表現されていました。

  • He was so vile and sinful that he actually  had his papacy stripped from him. However,  

    彼はとても卑劣で罪深い人だったので、実際に教皇権を剥奪されてしまいました。しかし

  • he somehow kept weaseling his way back into  power. Benedict the IX's first reign over the  

    彼はどうにかして 権力を取り戻しましたベネディクト9世の最初の治世は

  • Catholic Church lasted from 1032 to 1044. He had  been grinding Catholic followers into the ground,  

    カトリック教会は1032年から1044年まで続いた。カトリックの信奉者を粉砕していた。

  • trying to get every ounce of  money and resources out of them  

    金と物を削ってまでも

  • by using any means necessary. This  often resulted in violence and death.  

    必要な手段を使ってこれは多くの場合 暴力と死をもたらしました

  • In 1044 the people of Rome were so fed up with  this sinful behavior that they rebelled and drove  

    1044年、ローマの人々はこの罪深い行動に辟易し、反乱を起こして追い出しました。

  • Benedict out of the city. For many cardinals  and members of the church this was a relief.

    ベネディクトは街から出て行った。多くの枢機卿や教会のメンバーにとって、これは安堵の出来事でした。

  • However, in 1045 Benedict the IX came back and  reclaimed the papacy. He quickly found that the  

    しかし、1045年にベネディクト9世が戻ってきて、法王権を取り戻しました。彼はすぐに

  • Church would not provide him enough money to  continue the lifestyle he had become accustomed  

    教会は、彼が慣れ親しんだライフスタイルを続けるのに十分なお金を提供してくれませんでした。

  • to, so he sold the papacy to his godfather who  became Pope Gregory the VI. Again, the whole  

    そのため、彼は教皇権を教皇グレゴリー6世となった彼の名付け親に売却しました。繰り返しになりますが、全体の

  • of the Catholoic world sighed in relief, but  they were not rid of Benedict the IX quite yet.

    カトロイド世界の人々は安堵のため息をついたが、彼らはまだ9世ベネディクトを追い払ったわけではなかった。

  • In 1047 he once again came back to  reclaim the title of pope. After a year,  

    1047年、彼は再び教皇の称号を取り戻すために戻ってきた。1年後に

  • the people of the Catholic faith had had  enough. Benedict the IX was merciless and  

    カトリック信仰の人々は十分に持っていた。ベネディクトIXは無慈悲であったと

  • clearly did not take the responsibilities of  being pope seriously. A German army led the  

    はっきり言って、教皇であることの責任を真剣に考えていなかった。ドイツ軍が主導して

  • charge to remove Benedict the IX as pope once  and for all. Many people joined the army in  

    ベネディクト9世をローマ法王としてきっぱりと排除するためにで多くの人々が軍隊に参加しました。

  • hopes that this would be the last they'd see of  Pope Benedict. He was successfully removed from  

    これが教皇ベネディクトの最後の姿になることを期待していました。彼は無事に

  • the papacy and lived the rest of his life  as a priest at the Abbey of Grottaferrata.

    その後、ローマ教皇に就任し、残りの人生をグロッタフェラータ修道院の司祭として過ごしました。

  • Pope Alexander the VI was a Borgia. That's  right, he was part of the family that has  

    教皇アレクサンダー6世はボルジア人だった。そうです、彼は一族の一員でした。

  • their own series about corruption and sin on  Showtime. Alexander the VI lived a life full of  

    腐敗と罪をテーマにした独自のシリーズをShowtimeで放送しています。アレクサンダー6世の人生は

  • every single one of the deadly sinsHe already had the groundwork set by  

    大罪の一つ一つにも 彼はすでに

  • his uncle Pope Callixtus III when he bought the  papacy. Nepotism ran deep in the Borgia family.  

    叔父のカリクストゥス3世が ローマ法王になった時にはボルジア家には 深いネポティズムがありました

  • Continuing on with this tradition Alexander  put family members in positions of power all  

    この伝統を引き継いで、アレクサンダーは、家族のメンバーをすべての権力の位置に置いた。

  • around him. When a spot was filled by  someone less sympathetic to his cause,  

    彼の周りで彼の大義に同情的でない人にスポットが当たったとき。

  • Alexander the VI was not above killing them  off and replacing them with a family member.

    アレクサンダー6世は、彼らを殺して家族の一員に置き換えることを超えていませんでした。

  • This happened even in the cardinal chambersHe would have rival cardinals murdered just  

    これは枢機卿室でも起きたことだ 彼はライバルの枢機卿を殺害させただけで

  • to claim their property for himself. He  amassed wealth through sinister means,  

    自分のために彼らの財産を主張するために彼は不吉な手段で富を集めた

  • and then used that wealth to live a life  of luxury. He also did not believe in  

    そして、その富を使って贅沢な生活をしていました。また、彼は信じていませんでした

  • remaining celibate for God. He was often  found having carnal relations with women,  

    神のために独身であり続けた彼はしばしば女性と肉食関係を持っているのを発見されました。

  • and even fathered several illegitimate childrenIt has also been suggested that Alexander the VI  

    そして、何人かの隠し子の父親を作ったことさえある。 また、アレクサンダー6世が

  • even had incestual relations with his  own daughter. If there was ever a pope  

    自分の娘と近親相姦の関係にあったこともあるもしローマ法王がいたとしたら

  • who should have been sentenced to hell…  Alexander the VI should have been it.

    地獄に送られるべきだったのは、アレクサンダー6世だ。

  • Although, there was one Pope who was hated  so much for the sins he committed that he  

    しかし、彼が犯した罪のために、あまりにも嫌われていた教皇がいました。

  • was actually placed in a sort of hell. In  Dante's Inferno there is a Pope who was  

    は実際にある種の地獄に置かれましたダンテのインフェルノには、ある教皇がいます。

  • relegated to the eighth circle of hell. His name  was Pope Boniface the VIII and he sinned a lot.

    地獄の第八の輪に追いやられた彼の名前は教皇ボニファチェ8世でした 彼は多くの罪を犯しました

  • Boniface the VIII was born Benedetto Cartaniand was the pope from 1294 to 1303. Boniface made  

    ボニファティウス8世はベネデット・カルタニに生まれ、1294年から1303年まで教皇を務めました。ボニファイスは

  • a lot of enemies, but his biggest one was King  Philip the IV of France. In 1302 Boniface the VIII  

    多くの敵がいましたが、彼の最大の敵はフランスのフィリップ4世でした。1302年にボニファテウス8世

  • issued a papal bull that placed the kings of  Europe and their armies under his control.  

    ヨーロッパの王たちとその軍隊を彼の支配下に置くローマ法王の強気を発行した。

  • Basically Boniface made himself emperor  of Europe under the name of God, his lust  

    基本的にボニファスは神の名の下にヨーロッパの皇帝になりました。

  • for power knew no bounds. This led to harsh  pushback from the kings around the continent.

    力の限界を知らなかったこれが大陸の王たちからの厳しい反発を招いたのです

  • Not only was Boniface the VIII  power hungry, but he used the  

    ボニファテウス8世が権力に飢えていただけでなく、彼は

  • armies and resources he had claimed for  conquest of lands and to gain riches;  

    征服と富を得るために彼が主張していた軍隊と資源。

  • two things that a pope was not supposed to covetWhen King Philip IV did not relent his power,  

    法王が欲しがるべきではなかった二つのものです フィリップ四世が権力を放棄しなかったとき

  • or give his army to Boniface the VIII, he was  excommunicated. When King Philip got wind of this,  

    またはボニファテウス8世に軍を提供したため、彼は破門された。フィリップ王がこのことを知ったとき

  • he and his allies sent their armies to Rome to  force Boniface the VIII to abdicate his papacy.

    彼と彼の同盟者はローマに軍隊を送り、ボニファテウス8世に教皇を退位させた。

  • Accounts vary from a single slap to the brutal  beating of Boniface the VIII when the French  

    フランス人がフランス人に襲われたときに、一回の平手打ちからボニファス8世の残忍な殴打に至るまで、様々な言い伝えがあります。

  • soldiers eventually captured him. But what  we do know is that because of his sins,  

    兵士が彼を捕らえましたしかし、私たちが知っているのは、彼の罪のせいであるということです。

  • Boniface the VIII was removed as the  pope and died only a month later.

    ボニファチェ8世は教皇として解任され、わずか1ヶ月後に亡くなりました。

  • This brings us to Boniface the VIII in hellWhile he was the pope he became mortal enemies  

    これは地獄のボニファテウス8世に私たちをもたらします。 彼が法王であった間、彼は死すべき敵になりました。

  • with Dante Alighieri. Boniface the VIII did  not like Dante's criticisms of the church,  

    ダンテ・アリギエーリとボニファテ8世はダンテの教会批判を好まなかった。

  • even though they were true. Boniface had  his men forcibly remove Dante from the  

    たとえそれが真実であってもボニファイスはダンテを強制的に

  • city of Florence and sent him into  exile. Dante would not forget this,  

    フィレンツェの都市に追放された。ダンテはこのことを忘れませんでした。

  • and when he wrote Divine Comedy, he placed  Boniface the VIII in the eighth circle of hell.  

    彼は神曲を書いたとき、ボニファテウス8世を地獄の第8の輪の中に入れた。

  • Another French writer named Francois Rabelais  also relegated Boniface to hell in his works.  

    フランソワ・ラブレーという別のフランス人作家も、作品の中でボニファスを地獄に降格させた。

  • His punishment there was to "skim the  scum off soup pots" for all eternity.

    そこでの彼の罰は、永遠に「スープポットのカスを取る」ことだった。

  • These seven popes most definitely  indulged in the seven deadly sins.  

    この7人の教皇は間違いなく7つの大罪にふけっていた。

  • They embodied everything that the Catholic Church  told its congregations not to be. That being said,  

    彼らは、カトリック教会は、その信徒がないように言ったことをすべて体現しています。それは言われている。

  • there were plenty of popes who lived pious  lives and followed the teachings of God.  

    敬虔な生活を送り、神の教えに従う教皇はたくさんいました。

  • If hell does exist, then these seven  popes most definitely are there right now.

    もし地獄が存在するとしたら この7人の教皇は 間違いなく今そこにいるはずだ

  • Now check outHow Much Power  Does The Vatican Have?” Or watch  

    "How Much Power Does The Vatican Have? "をチェックしてください。または、以下をご覧ください。

  • the videoMost Evil Pope in History  - Alexander VI The Devil Pope.”

    "史上最も邪悪なローマ法王 アレクサンダー6世 悪魔の法王 "の動画

Pride, greed, lust, envy, gluttony, wrath, and  sloth; these are the seven deadly sins as declared  

高慢、貪欲、欲望、妬み、大食、怒り、怠惰、これらは宣言されている七つの大罪です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 教皇 教会 カトリック ローマ ベネディクト レオ

教皇が犯した大罪 (The Greatest Sins Committed by Popes)

  • 1 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 08 日
動画の中の単語