Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • a white telephone box in a remote village of Japan has become an unlikely source of comfort for those grieving loved ones, survivors of the 2011 Fukushima disaster, So the unconnected phone line helps them keep in touch with those they have lost.

    日本の人里離れた村にある白い電話ボックスは、2011年の福島原発事故の生存者である愛する人を悲しんでいる人たちにとって、思いがけない慰めの源となっています。

  • Kazuyoshi Sasaki visits the boom in the town of Otsuki to speak to his late wife.

    佐々木和義が大月町のブームを訪れ、亡き妻に話を聞く。

  • She was one of nearly 20,000 people in northeastern Japan who were killed by the earthquake and tsunami that struck on March 11th, 2000 and 11.

    2000年3月11日、11日に発生した東日本大震災で2万人近くの犠牲者を出した一人である。

  • Dialing her now defunct cell, he breaks down in tears as he explains to her how he searched for her for days after the disaster.

    今はもう使われていない彼女の携帯に電話をかけると、彼は泣き崩れ、震災後何日も彼女を探していたことを彼女に説明する。

  • He goes on to update her on things that have happened in his life.

    彼は自分の人生で起こったことを彼女に更新するために進みます。

  • He's moved out of temporary housing.

    仮設住宅から引っ越してきた

  • Their son is building him a house, and he's lost a bit of weight.

    息子さんが家を建てていて、少し痩せてきたそうです。

  • For Sasaki, the phone booth is a source of solace.

    佐々木にとって、電話ボックスは慰めの場である。

  • This phone booth embraces all of me.

    この電話ボックスは、私のすべてを受け入れています。

  • It embraces various people like those affected by the disaster.

    被災された方など、様々な方を受け入れています。

  • It's a place that embraces not only the people who are alive, but also those who have passed away.

    生きている人だけでなく、亡くなった人も受け入れる場所です。

  • That's how I feel.

    そんな感じです。

  • Sachiko Okawa uses the phone to call her late husband, who she was married to for 44 years.

    大川幸子、44年間結婚していた亡き夫に電話をかけるために電話を使う。

  • She asks him what he's been doing since he was swept away all those years ago.

    彼女は彼が何年も前に流されてから何をしていたのかと尋ねる。

  • In the tsunami she often brings along her two grandsons so they can also talk to their grandfather on the phone now attracts thousands of visitors from all over Japan.

    津波では、彼女はしばしば二人の孫を連れてきているので、彼らはまた、電話で彼らの祖父と話すことができるように、今では日本中から何千人もの訪問者を魅了しています。

  • It is not only used by tsunami survivors, but also by people who have lost relatives to sickness and suicide.

    津波被害者だけでなく、病気や自殺で親族を失った人たちにも利用されています。

  • Known as the wind phone, it was built by Haru Sasaki, who created it after he lost his own cousin to cancer a year before the Fukushima disaster.

    風の電話として知られているのは、福島原発事故の1年前にいとこをガンで亡くした佐々木春さんが作ったもの。

  • Mm.

    うむ

a white telephone box in a remote village of Japan has become an unlikely source of comfort for those grieving loved ones, survivors of the 2011 Fukushima disaster, So the unconnected phone line helps them keep in touch with those they have lost.

日本の人里離れた村にある白い電話ボックスは、2011年の福島原発事故の生存者である愛する人を悲しんでいる人たちにとって、思いがけない慰めの源となっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 電話 ボックス 原発 福島 津波 慰め

日本の「風電話」は悲しむ人々の慰めになる (Japan's 'wind phone' offers solace to those grieving)

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 06 日
動画の中の単語