Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Claudia Romeo: We're in San Nicandro Garganico, Italy,

    クラウディア・ロメオ私たちはイタリアのサン・ニハンドロ・ガルガニコにいます。

  • and today we're going to see

    そして今日は

  • how caciocavallo cheese is made.

    カシオカヴァロチーズの作り方

  • Caciocavallo is one of the most popular cheeses

    カチオカヴァッロは人気のチーズのひとつ

  • here in southern Italy,

    南イタリアのここで

  • and it's famous for its elongated shape.

    と細長いことで有名です。

  • What we're going to see today

    今日は何を見ようかな

  • is a special kind of caciocavallo, the Podolico kind,

    は、ポドリコ種の特別な種類のカチオカヴァッロです。

  • which is made with the raw milk of Podolica cattle,

    ポドリカ牛の生乳を使用しています。

  • a rare breed of cattle that is able to survive

    珍種牛

  • in the harshest conditions that we can find here.

    ここで見つけることができる最も過酷な条件の中で。

  • These conditions make their cheese

    これらの条件は、彼らのチーズを作る

  • one of the most expensive in Italy,

    イタリアでも有数の高級店。

  • sometimes even more expensive than the finest of Parmesans.

    最高級のパルメザンチーズよりも高価なこともあります。

  • Let's go find out more.

    もっと調べてみよう

  • The Podolica cows that make this seaside cheese

    この海辺のチーズを作るポドリカ牛

  • scatter all over as they roam,

    歩き回るように散らばっていく。

  • making it hard to tell that you're actually on a farm.

    実際に農場にいることがわからなくなってしまう

  • Meet Virginio, one of only a handful

    一握りの人の中の一人、ヴァージニオを紹介します。

  • of producers making the cheese we're here to learn about.

    ここで学ぶチーズを作っている生産者の方の

  • He uses a recipe that his grandparents taught him,

    祖父母が教えてくれたレシピを使っている。

  • though the most important element

    肝心なところでは

  • of this recipe is location.

    このレシピの

  • Here in San Nicandro Garganico,

    ここでは、サン・ニハンドロ・ガルガニコ。

  • we are only one kilometer from the sea

    海まで一キロ

  • and 100 meters above sea level.

    と海抜100メートル。

  • This is an important detail, and we'll soon know why.

    これは重要なディテールであり、その理由はすぐにわかります。

  • Claudia: The Podolica produce

    クラウディア:ポドリカのプロデュース

  • only 3 to 6 liters of milk a day,

    1日たったの3~6リットルの牛乳。

  • which is much less than the 30 liters

    30リットルよりもはるかに少ない

  • an average cow might produce.

    平均的な牛が生産するかもしれない

  • Today we're working with 50 liters.

    今日は50リットルで作業しています。

  • The environment in which the cows feed

    牛が餌を与える環境

  • gives this milk a rich, earthy flavor.

    濃厚で土っぽい味わいのミルクになります。

  • The whole cheesemaking process takes five hours.

    チーズ作りの全行程は5時間。

  • Virginio heats up the milk to 40 degrees,

    ヴァージニオは牛乳を40度まで温めます。

  • enough to warm it up but still keep it raw,

    温めても生のままで十分。

  • which is essential to make this type of caciocavallo.

    このタイプのカシオカバロを作るのに欠かせないのが

  • If the milk were to become too warm,

    牛乳が温かくなりすぎたら

  • it would scorch and kill off the unique flavor

    焦げ付いて独特の味を消してしまう

  • that the Podolica cows' milk brings to this special cheese.

    ポドリカ牛のミルクがこの特別なチーズにもたらすもの。

  • He then adds rennet and fermented whey

    その後、レンネットと発酵ホエーを加えています。

  • from yesterday's production,

    昨日の本番から

  • and after 20 minutes he starts cutting the curd.

    と、20分後には、カドを切り始めます。

  • He aims for the size of a grain of rice.

    米粒の大きさを狙っている。

  • To do that, he uses this mushroom-looking tool,

    そのために、彼はこのキノコのような道具を使っています。

  • which is called menaturo --

    メナトロと呼ばれる

  • a word that, as you may have guessed,

    お察しの通りの言葉。

  • comes from the local dialect.

    は現地の方言から来ています。

  • Claudia: Rather than slowly cutting the curd,

    クラウディア:ゆっくりとカドを切るというよりは。

  • to make caciocavallo,

    を使って、カシオカヴァロを作ります。

  • Virginio energetically slashes through it.

    ヴィルジニオはそれを精力的に切り裂く。

  • This breaks it up into the small pieces

    これで細分化されて

  • he is hoping to achieve.

    彼が望んでいるのは

  • We are used to seeing curd being extracted

    カルドが抽出されるのを見慣れている

  • and then shaped into cheese right away,

    で、すぐにチーズに形を整えます。

  • but here it actually rests further

    然しながら

  • with some of its own warm whey

    独自の温かいホエーを使って

  • to allow for more concentrated flavor to develop.

    を使用することで、より凝縮された味わいが展開されます。

  • Keeping the curd nice and warm

    カルドを美味しく温めておく

  • will facilitate its fermentation.

    発酵が促進されます。

  • And while some other cheesemakers might use a steel vat

    また、他のチーズメーカーの中にはスチール製の桶を使う人もいるかもしれませんが

  • for this process, here,

    このプロセスについては、こちらをご覧ください。

  • Virginio uses a maple vat to ferment the cheese.

    ヴァージニオはメープルの小桶を使ってチーズを発酵させています。

  • This also impacts the flavor, adding notes of acidity

    これも味に影響を与え、酸味のノートを加えています。

  • that tickle your tongue as you eat.

    食べながら舌をくすぐるような

  • Virginio tells us this takes about one hour,

    ヴァージニオが言うには1時間ほどかかるとのこと。

  • but because it's winter, we ended up waiting

    でも、冬なので結局待つことになりました。

  • for three hours instead.

    代わりに3時間。

  • [liquid slooshing]

    [リキッドスロッシング]

  • The curd is ready to be stretched.

    カルドを伸ばすことができました。

  • Virginio takes out a bit of whey

    ヴィルジニオはホエーを少し取り出す

  • to keep as ferments for tomorrow.

    明日のために発酵させておくために

  • He then slices the curd in smaller parts,

    そして、彼は、豆腐を小さくスライスしていきます。

  • which will then be kneaded in hot water.

    これは、その後、お湯の中で練られます。

  • In comparison to the stretched curd of mozzarella,

    モッツァレラの伸びたカドに比べて

  • this one will be harder.

    こっちの方が難しいだろうな

  • This is due to the waiting time

    これは、待ち時間の関係で

  • as well as the size of the curd when it was cut.

    切った時のカドの大きさもそうですが。

  • Virginio then adds some hot water to the curd.

    ヴィルジニオはそう言って、豆腐にお湯を足します。

  • He will shape it into two cheeses,

    2つのチーズに形を整えてくれます。

  • each weighing 2.5 kilos.

    それぞれ2.5キロ

  • This process will be done completely by hand,

    この作業は完全に手作業で行います。

  • so let's get comfortable.

    ということで、気楽にいきましょう。

  • He tells me this water is 100 degrees. Yes, Celsius.

    この水は100度だそうですそう、摂氏です。

  • And judging by the color of his hands

    手の色から判断して

  • and the smoke around us, I don't envy him.

    と周りに煙が立ち込めていて羨ましくない。

  • Each cheese goes through different shapes

    それぞれのチーズは、さまざまな形を経て

  • before reaching its final one.

    その最後の1つに到達する前に。

  • Virginio has his personal signature shape, too.

    ヴィルジニオも個人的なサインの形をしています。

  • When Virginio's happy with the shape of the caciocavallo,

    ヴィルジニオがカシオカヴァロの形に満足していると

  • he places it in cold water to set the shape

    冷水に入れて形を整える

  • and stop the fermentation.

    と発酵を止めます。

  • He then adds a rope around the cheeses' heads

    そして、チーズの頭の周りにロープを付けてくれます。

  • to tie the pair together.

    を使ってペアを結びます。

  • Once paired, the two cheeses move to bathe in brine.

    ペアになったら、2つのチーズは塩水に浸かるように移動します。

  • The time they spend here depends on weight.

    ここで過ごす時間は体重に左右されます。

  • Every kilo needs 24 hours.

    1キロごとに24時間必要です。

  • These two new entries weigh 2.5 kilos,

    この2つの新しいエントリーは2.5キロの重さです。

  • so they'll stay here for 60 hours.

    60時間はここにいるだろう

  • And when that time is over,

    そして、その時間が終わると

  • their next destination is something unexpected.

    彼らの次の目的地は予想外のものです。

  • "A cavallo" means "over the hook,"

    "キャバロ "は "フックの上に "という意味だ

  • hence the name of the cheese.

    それゆえにチーズの名前になっています。

  • The tree is actually the only time

    ツリーは実はこの時だけ

  • the cheeses will see some sunlight,

    チーズは日光を浴びる

  • as the pair will spend the rest of

    ペアが残りの期間を過ごすことになるので

  • their aging days in caves.

    洞窟の中での老いの日々。

  • The minimum aging is six weeks,

    最低年齢は6週間です。

  • and the maximum two years.

    と最長2年。

  • Today, Virginio has prepared

    本日、ヴァージニオが用意したのは

  • a 6-month-old caciocavallo for us to taste.

    生後6ヶ月のカシオカヴァロを試食させていただきました。

  • A cheese this old is worth $40 a kilo,

    この古いチーズは1キロ40ドルの価値があります。

  • which translates into just over $100 a piece.

    1枚100ドル以上に換算すると

Claudia Romeo: We're in San Nicandro Garganico, Italy,

クラウディア・ロメオ私たちはイタリアのサン・ニハンドロ・ガルガニコにいます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 チーズ 発酵 キロ クラウディア リットル ペア

カシオカヴァッロチーズはイタリアでどのように作られているのか? (How Caciocavallo Cheese Is Made In Italy | Regional Eats)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 06 日
動画の中の単語