Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the early 2000s, American fighter jets flying  off the coast of California encountered something  

    2000年代初頭、カリフォルニア沖を飛行するアメリカの戦闘機は、あるものに遭遇しました。

  • strange. A small, pill-shaped object  was observed close to the ocean surface,  

    奇妙な海面近くで小さなピル状の物体が観測された。

  • possibly rising up out of the water and  flying high up into the sky. Giving chase,  

    もしかしたら水の中から上がってきて 空高く飛んでいくかもしれません追いかけっこをする。

  • the F-14 pilots were completely blown away  by the strange craft's incredible speeds.

    F-14のパイロットは、その奇妙な船の信じられないような速度に完全に吹き飛ばされました。

  • Ever since the release of this and other videos  captured by American fighter pilots of strange  

    奇妙なアメリカの戦闘機パイロットによって捕獲されたこのおよび他のビデオのリリース以来

  • UFOs, speculation has swirled around their true  identity. The flight characteristics of the  

    UFO、その正体を巡って憶測が渦巻いている。の飛行特性については

  • craft in these videos are truly incredibleand if radar reports are to be believed,  

    これらのビデオのクラフトは本当に信じられないほどであり、レーダーのレポートが信じられている場合。

  • their acceleration abilities puts them light  years ahead of any earthly military tech.

    彼らの加速能力は、地球上のどんな軍事技術よりも何光年も先を行っています。

  • However, in 2019 investigative journalists  discovered patents filed by the United  

    しかし、2019年に調査ジャーナリストは、米国が出願した特許を発見しました。

  • States Navy, and one of those included  a craft capable of recreating the same  

    アメリカ海軍は、そのうちの1つには、同じことを再現できる船が含まれていました。

  • feats witnesses have been reporting for years.

    偉業の目撃者が何年も前から報道しています。

  • Dubbed the 'Ufo Patents', for the incredibly  advanced nature of the technology they claim to  

    Ufo特許」と呼ばれているのは、彼らが主張している技術の信じられないほど高度な性質のためです。

  • make possible, this series of patents run the  gamut from room-temperature superconductors,  

    この一連の特許は、常温超電導体から超電導体までを網羅しています。

  • to an aircraft capable of traveling through the  ocean, the air, and space in the same flight, and  

    海、空、宇宙を同一飛行で移動できる航空機と

  • even more far-fetched truly science fiction ideas  like an electromagnetic field generator that could  

    電磁界発生装置のような、さらに遠いSF的なアイデアがあります。

  • be used a a force field. If these ideas sound  completely far-fetched and out in left field,  

    フォースフィールドを使うこれらのアイデアが完全に先見の明のない、左分野の外に聞こえる場合。

  • you're not alone, with the US patent office  initially refusing to file these patents-  

    あなただけではありません 米国特許庁は 最初はこれらの特許の出願を拒否しています

  • until the United States Navy  stepped in and forced the issue.

    米海軍が踏み込んで問題を強行するまでは

  • Crazy patent ideas are nothing neweverything from perpetual motion  

    クレイジーな特許アイデアは新しいものではありません。

  • machines to wireless transmission of energy  devices have been patented from time to time,  

    機械からエネルギー装置の無線伝送までは、時々刻々と特許を取得しています。

  • and not one of them have ever achieved what  they claimed to be capable of. However,  

    と主張するようなことを達成した者は一人もいませんでした。しかし

  • none of these patents had the backing of the  United States Navy, and none of them came  

    これらの特許はどれも米海軍の支援を受けていないし、どれも

  • from top scientists working on some of the Navy's  most sensitive research and development programs.

    海軍の最も機密性の高い研究開発プログラムのいくつかに従事している一流の科学者から。

  • The man behind these revolutionary patents isDr. Salvatore Cezar Pais, and unlike most garage  

    これらの革命的な特許の背後にいるのはサルヴァトーレ・セザール・パイズ博士であり、他のガレージとは異なります。

  • wanna-be Ricks (note to animators, this character  should look like Rick from Rick and Morty),  

    wanna-be Ricks (アニメーターへの注意事項。このキャラクターはRick and MortyのRickに似ていなければならない)。

  • this Dr. has some serious credentials. He's  worked at the Naval Air Warfare Center for years,  

    この博士には重大な資格があります彼は何年も海軍航空戦センターで働いていました

  • developing aerospace technologies to be used both  on jet fighters and intercontinental ballistic  

    ジェット戦闘機と大陸間弾道ミサイルの両方の航空宇宙技術を開発しています。

  • missiles. Today Dr. Pais works for the US  Navy Strategic Systems Programs, which is  

    ミサイル現在、ペイス博士は米海軍の戦略システムプログラムで働いています。

  • responsible for the US Navy's nuclear missiles and  the ballistic missile submarines that carry them.  

    米海軍の核ミサイルとそれを搭載する弾道ミサイル潜水艦の責任者。

  • However, this office also investigates a wide  range of global strike technologies, including a  

    しかし、この事務所では、以下のようなグローバルストライク技術も幅広く調査しています。

  • hypersonic weapon now in development that could  strike any target in the world within an hour.

    1時間以内に世界中のあらゆる標的を攻撃することができる超音速兵器が開発されています。

  • Not much else is known about Dr. Pais, who  has declined interviews on his patents. Other  

    パイス博士については、他にあまり知られていませんが、彼の特許についてのインタビューを辞退しています。その他の

  • scientists who have reviewed his filed patents  claim that they violate the laws of physics,  

    彼の出願した特許を審査した科学者は、物理学の法則に違反していると主張しています。

  • and call them absurd- yet that doesn't change  the fact that the US Navy has so far stuck to  

    艦これを不条理と呼んでいるが、米海軍がこれまでのところ、艦これに固執していることに変わりはない。

  • its guns in support of these patents. And what's  more, leaked internal emails show that at least  

    これらの特許を支持していますさらに、リークされた内部の電子メールによると、少なくとも

  • one of these revolutionary ideas was  already prototyped and tested successfully.

    これらの革命的なアイデアの一つは、すでにプロトタイプ化され、テストに成功していました。

  • First though, let's go over  all of Dr. Pais patents.

    まず、ペイス先生の特許を全部調べてみましょう。

  • By far the most eye-catching patent is for a craft  that if it performs as stated, would very closely  

    最も人目を引く特許は 工芸品のためのものです もしそれが記載されている通りに実行されるならば 非常に密接に

  • mirror the flight characteristics often observed  from UFOs by eyewitnesses. Named the Hybrid  

    目撃者によってUFOからしばしば観察される飛行特性を反映しています。ハイブリッドと名付けられた

  • Underwater Aerospace Craft, this vehicle comes  equipped with an 'inertial mass reduction device',  

    水中航空宇宙探査機では、「慣性質量低減装置」を搭載しています。

  • which we suppose is what would allow this craft  to perform the incredible feats of acceleration  

    この船が加速の信じられないような偉業を実行することを可能にするものであると我々は仮定しています

  • and maneuverability Dr. Pais claims it's capable  of. Able to launch from land or from under water,  

    と操縦性があると ペイス博士は主張しています陸上や水中からの発射が可能です

  • fly into the ocean, back out, and up into spacethis man-made UFO would not just revolutionize air  

    海に飛び、海に戻り、宇宙に飛び、この人工のUFOは空気に革命を起こすだけではありません。

  • warfare, it would instantly make every other  nation's fighter and bomber fleets obsolete.  

    戦争になれば、他のすべての国の戦闘機や爆撃機の艦隊を即座に廃止することになります。

  • By generating a quantum vacuum state around  itself, the craft repels air and water molecules,  

    自分自身の周りに量子真空状態を発生させることで、空気や水分子を反発させる。

  • essentially completely ignoring the effects of  friction. As an added benefit, the craft would  

    本質的に摩擦の影響を 完全に無視しています追加の利点として、工芸品は

  • be almost undetectable- or at least fly too  fast to make detection completely meaningless.

    ほとんど検出されないか、少なくとも、検出を完全に無意味にするためにあまりにも速く飛んでいます。

  • Another of Dr. Pais patents includes  room-temperature superconductors,  

    ペイス博士の他の特許には、室温超伝導体が含まれています。

  • which in and of themselves would berevolutionary scientific leap for mankind.  

    それ自体が、人類にとって革命的な科学的飛躍となるでしょう。

  • Current superconductors must operate at  extremely low temperatures, greatly losing  

    現在の超電導体は非常に低温で動作しなければならず、そのためには

  • efficiency as they warm up. This has prevented  their use in anything but extremely niche,  

    暖まると効率が悪くなります。これは、非常にニッチなもの以外での使用を妨げています。

  • and very expensive technologies- room temperature  superconductors promise to change all of that.

    と非常に高価な技術-室温超伝導体は、それをすべて変えることを約束します。

  • Able to transmit electricity without resistancesuperconductors would create an energy revolution,  

    抵抗なく電気を伝えることができる超伝導体は、エネルギー革命を起こす。

  • dramatically lowering the price of  electricity. These superconductors  

    電気料金を劇的に下げることができます。これらの超伝導体

  • would make incredible breakthroughs in maglev  mass-transit technology and magnetic resonance  

    磁気浮上式の大量輸送技術と磁気共鳴で信じられないほどのブレイクスルーをもたらすでしょう。

  • imaging possible, among a host of other  revolutionary effects on human society.  

    画像化を可能にし、人間社会に革命的な効果をもたらします。

  • Interestingly, Dr. Pais' all-American UFO depends  on room-temperature superconductors to operate.

    興味深いことに、ペイス博士の全米UFOは室温超伝導体の動作に依存しています。

  • Dr. Pais' third patent is for a high frequency  gravity wave generator, a device which if  

    ペイス博士の3つ目の特許は、高周波重力波発生装置である。

  • possible, seems to indicate Pais and the US Navy  know more about the fundamental nature of gravity  

    可能であることは、ペイスと米海軍が重力の基本的な性質についてより多くのことを知っていることを示しているようだ

  • than the global physics community. Gravity waves  pass through us from time to time, typically as  

    世界的な物理学のコミュニティよりも重力波は時々私たちを通過しますが、典型的には

  • a result of two massive stars crashing into each  other millions of light years away. These gravity  

    2つの大質量星が何百万光年も離れた場所に 衝突した結果ですこれらの重力

  • waves could be considered very low frequency  though, and what Dr. Pais' patent proposes is the  

    波は非常に低周波であると考えられますが、ペイス博士の特許が提案しているのは

  • generation of very high frequency gravity waveswhich could have a wide range of applications.

    非常に高い周波数の重力波を発生させることで、幅広い応用が可能になります。

  • As gravity waves propagate, they compress matter  in front of them and expand it behind them in the  

    重力波が伝搬すると、前の物質は圧縮され、後ろの物質は膨張します。

  • same way a surf wave does to water. The waves  that occasionally wash over our planet from far  

    波が水に与えるのと同じように時折 遠くから地球上に押し寄せる波は

  • away in space are so low frequency, that even just  detecting them requires one of the most sensitive  

    宇宙空間では低周波なので、ちょうどそれらを検出するだけでも、最も敏感なの1つを必要とします。

  • instruments mankind has ever built. Yet if you  were to generate gravity waves of a high enough  

    人類がこれまでに作ってきた装置ですしかし、もしあなたが十分な高さの重力波を発生させることができたとしたら

  • frequency, you could potentially wreak havoc  on anything you aimed your gravity wave gun at,  

    重力波動砲を狙ったものに大混乱をもたらす可能性があります。

  • destroying even the most well protected and  armored installation. In Dr. Pais' patent though,  

    最もよく保護された装甲された施設でさえも破壊してしまいますペイス博士の特許では

  • he claims that he can use his high frequency  gravity wave generator to facilitate  

    彼は高周波重力波発生器を使って

  • superconductivity, and perhaps this is the secret  behind his room-temperature superconductors.

    これが彼の室温超伝導体の秘密なのかもしれません。

  • As if the previous three patents weren't  outlandish enough, Dr. Pais' third patent  

    これまでの3つの特許が十分に突飛なものではなかったかのように、パイス博士の3つ目の特許は

  • could literally save the earth- or destroy it. His electromagnetic field generator is claimed  

    文字通り地球を救うか 破壊するかのどちらかです彼の電磁場発生器は

  • to be able to deflect, or destroy an asteroid  over the 100 meter size limit that current  

    現在の100メートルを超える大きさの小惑星を偏向させたり、破壊したりすることができること

  • asteroid deflection methods are thought to be  able to protect the earth from. By generating  

    小惑星偏向法は地球を守ることができると考えられています。を発生させることで

  • an extremely powerful electromagnetic field that  can interact with an object at the quantum level,  

    量子レベルで物体と相互作用することができる非常に強力な電磁場。

  • Dr. Pais' asteroid destroyer could obliterate  an incoming asteroid- or as his patent very  

    ペイス博士の小惑星駆逐艦は 入ってくる小惑星を破壊することができます 彼の特許では

  • omniously describes, “The present invention may  also deflect or destroy any other type of object.”

    "本発明はまた、他の任意のタイプの物体を偏向させたり、破壊したりすることができる "と全知全能に記載されている。

  • However, Dr. Pais' asteroid death ray is more than  an offensive weapon, as he claims that this device  

    しかし、パイス博士が主張するように、この装置は攻撃的な兵器ではない。

  • can also be used as an impenetrable shield capable  of protecting facilities, vehicles, individuals,  

    また、施設、車両、個人を保護することができる不可侵のシールドとして使用することができます。

  • or even spacecraft from everything from  ballistic missiles to coronal mass ejections.

    あるいは、弾道ミサイルからコロナ質量放出まで、すべてのものから宇宙船まで。

  • Dr. Pais' patents seem to indicate  truly revolutionary technologies  

    ペイス博士の特許は、真に革命的な技術を示しているようです。

  • that would fundamentally change the human  race- or at least, America. However,  

    それは人類を根本的に変えることになるでしょうし、少なくともアメリカを変えることになるでしょう。しかし

  • many physicists note that these patents seem to  completely violate the laws of physics as known,  

    多くの物理学者は、これらの特許が既知の物理学の法則に完全に違反しているように見えると指摘しています。

  • and don't lend these outlandish inventions any  real credence. Despite this, Dr. Pais continues  

    このような突飛な発明には何の信憑性もありませんにもかかわらず、パイズ博士は続けます。

  • to receive the full support of the United States  Navy, and as we mentioned before, leaked internal  

    米海軍の全面的な支援を受けるために、前にも述べたように、リークされた内部の

  • emails seem to indicate that at least one of  these devices was successfully prototyped.

    メールは、これらのデバイスのうち少なくとも1つの試作に成功したことを示しているようです。

  • Perhaps, it's all a shell game put on  by the US military to throw potential  

    おそらく、それはすべて米軍が潜在的な

  • adversaries like Russia and China off the trail of  

    露中の敵を追い払う

  • real technological breakthroughs. Orperhaps the United State military is  

    真の技術的なブレークスルーですあるいは、おそらく米軍は

  • about to completely revolutionize the state  of mankind's technology. Only time will tell.

    人類の技術状態に革命を起こそうとしています時が経てば分かるだろう

  • Now go watch Iran Military Intercepts Alien  UFO- or click this other video instead!

    今すぐイラン軍がエイリアンUFOをインターセプトするのを見に行くか、このビデオをクリックしてください。

In the early 2000s, American fighter jets flying  off the coast of California encountered something  

2000年代初頭、カリフォルニア沖を飛行するアメリカの戦闘機は、あるものに遭遇しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 特許 博士 海軍 重力 伝導 ufo

米海軍「UFO特許 (US Navy "UFO Patents")

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 03 月 04 日
動画の中の単語