Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • just a few years after going undrafted.

    落ちてから数年後には

  • Duncan Robinson hasn't just proven NBA scouts wrong.

    ダンカン・ロビンソンはNBAのスカウトが間違っていることを証明しただけではありません。

  • He's also emerged as one of the finest three point shooters in the world, and his signature shot, his catch and shoot three is among the most dangerous weapons in the NBA.

    彼はまた、世界で最も優れたスリーポイントシューターの一人として浮上しており、彼のシグネチャーショットであるキャッチ&シュートスリーは、NBAで最も危険な武器の一つとなっています。

  • Mhm double team out Robinson Robinson for three.

    MMHMダブルチームアウトロビンソンロビンソンを3人分。

  • Hang Duncan Robinson from downtown.

    ダンカン・ロビンソンをダウンタウンから吊るせ

  • Last season, the Miami Heat came out of nowhere to go all the way to the NBA Finals.

    昨シーズン、マイアミ・ヒートはどこからともなくNBAファイナルへの道を歩んできた。

  • Duncan Robinson was one big reason why his incredible breakout performance from beyond the arc provided Miami with the exact kind of shooting that is so important in the league right now during the 2019 20 NBA season.

    ダンカン・ロビンソンは、アークの向こう側からの信じられないほどのブレイクアウトパフォーマンスで、マイアミに2019年20NBAシーズン中に、今リーグで重要なシュートの正確な種類を提供した大きな理由の1つだ。

  • Robinson log What might go down as one of the greatest catch and shoot seasons ever?

    ロビンソンのログ 史上最高のキャッチ&シュートのシーズンの一つになるかもしれないものは何ですか?

  • In case you think that's an exaggeration, these are the five most accurate catch and shoot seasons in three point shooting history.

    大げさだと思うかもしれませんが、これらは3点シュートの歴史の中で最も正確なキャッチ&シュートの5つのシーズンです。

  • Not only is that splashy company Robinson is on top of that list, he truly lifted up from everywhere he was elite from pretty much the entire arc.

    そのスプラッシュな会社のロビンソンがそのリストのトップにいるだけでなく、彼は本当に彼がかなり全体のアークからエリートだったどこからでも持ち上げた。

  • Pretty good for an undrafted player who started his college career division three Williams College and just two years ago was trying to find his way in the G League is Duncan Robinson, who will fire for three and hits the top three point shooter in the NBA G League.

    かなり良い彼の大学キャリア部門 3 ウィリアムズ カレッジを開始し、ちょうど 2 年前に G リーグで彼の方法を見つけようとしていた未ドラフト選手のための 3 つのために発射し、NBA G リーグでトップ 3 ポイント射手を打つダンカン ・ ロビンソンです。

  • The league is an incredible opportunity, you know, it's maybe not the glitz and glamour of the NBA, but it's an opportunity to prove yourself and showcase your abilities.

    リーグは信じられないほどのチャンスだよ、NBAのような華やかさはないかもしれないけど、自分を証明して実力をアピールするチャンスだよ。

  • It didn't take long for Heat coach Erik Spoelstra to realize that Robinson was one of the most potent threats on his roster.

    ヒートコーチのエリック・スポルストラは、ロビンソンが彼のロスターの中で最も強力な脅威の一つであることを理解するのに時間はかかりませんでした。

  • And it's no secret why the dude can flat out shoot.

    そして、それは男がフラットな撮影ができる理由は秘密ではありません。

  • That's the guy that you want shooting at Dunkin Robinson.

    ダンキンロビンソンで撃ちたい奴だな

  • Now you gotta shoot or cooking a little bit.

    今度は撮影か料理を少ししないといけない。

  • After starting only one game in 2018 19, appearing in just 15 and shooting just 35 threes, Robinson started 68 games last season and launched the ridiculous 606 triples.

    2018年19日に1試合のみ先発し、わずか15試合に出場し、わずか35本のスリーを放ったロビンソンは、昨季68試合に先発し、とんでもない606本のトリプルを放った。

  • And while Robinson's ability to knock down jumpers gets a lot of headlines, his ability to get those shots in the first place deserves just as much attention.

    そして、ロビンソンのジャンパーを倒す能力は多くの見出しをつけていますが、最初の場所でそれらのショットを取得する彼の能力も同様に注目されるべきです。

  • Simply put, the guy's a nightmare off the ball.

    簡単に言えば、ボールを外した悪夢のような奴だ。

  • He's constantly moving, cutting through defenses and looking for shooting space.

    常に動き続け、ディフェンスを切り裂き、シュートスペースを探している。

  • Spoelstra has designed countless screening actions that are engineered to create clean looks for his young sharpshooter and defenders hoping to stop.

    スポルストラは、彼の若いシャープシューターとそれを止めることを望んでいるディフェンダーのためにクリーンなルックスを作るために設計された無数のスクリーニングアクションを設計しています。

  • Robinson not only have to chase him around screens, they also must stay right on his tail.

    ロビンソンはスクリーンの周りを追いかけるだけでなく、彼の尻尾の上にいなければならない。

  • Because Duncan has one of the fastest and one of the highest releases in the week, his release is just incredible.

    ダンカンのリリースは週に1度の最速、最高クラスのリリースを持っているので、彼のリリースはただただ驚くばかりです。

  • How quickly he gets it off.

    如何に早く外すか。

  • One of the most important stats that explains his incredible success is this.

    彼の驚異的な成功を説明する最も重要な統計の一つがこれです。

  • He's 6 ft seven inches tall.

    彼の身長は6フィート7インチ。

  • His shot is hard to block, in part because he's simply taller than Clay Thompson and J.

    彼のショットはブロックされにくい。クレイ・トンプソンやJ.

  • J.

    J.

  • Redick pair that with his tireless off ball movement and Robinson becomes one of the toughest and most important defensive assignments in the league.

    レディックと彼の疲れ知らずのオフボールの動きとロビンソンのペアは、リーグで最もタフで最も重要な守備の課題の一つになります。

  • When defenders get caught on a screen or just turn their heads to look elsewhere, it's already too late.

    ディフェンダーがスクリーンに捕まったり、他の場所を見ようと首をかしげたりした時には、もう手遅れです。

  • Robinson's hyper fast release means he's open when other shooters are not.

    ロビンソンの超高速リリースは、他のシューターがいないときに彼がオープンになることを意味します。

  • It only takes fractions of a second for him to turn from a receiver into one of the most dangerous perimeter shooters in the NBA.

    彼がレシーバーからNBAで最も危険なペリメーターシューターの1人になるのは、わずか1秒の端数である。

  • Even when you think you have prevented Robinson three, his off ball savvy proves you wrong here, Victor Oladipo does a great job stifling Robinson.

    ロビンソン 3 を防止していると思う場合でも、彼のオフボールの精通はここで間違って証明する、ビクター オラディポはロビンソンを押しとどめる素晴らしい仕事をしています。

  • Three point try, but the play isn't over.

    3点トライだが、プレーはまだ終わっていない。

  • Duncan adjust and improvises a give and go relocation to get a second bite of the apple, and Oladipo can't get back to contest again.

    ダンカンは、リンゴの第二の一口を得るためにギブアンドゴーの再配置を調整し、即興で、Oladipoは再びコンテストに戻って取得することはできません。

  • Bucket, Robinson's catch and shoot mechanics are near perfect from the ground up from the moment he set up his base until the moment he releases the shot.

    バケット、ロビンソンのキャッチ&シュートのメカニックは、ベースを構えてからシュートを放つまで、ほぼ完璧に近い。

  • His technique is impeccable.

    彼の技術は非の打ち所がない。

  • I prefer, probably catch and shoot the rhythm, and timing is a little bit different, but and kind of get your base a little bit more prepared when you see the ball coming their way.

    私は、おそらくキャッチし、リズムを撮影し、タイミングは少し異なっていますが、種類のあなたのベースを取得し、ボールが彼らの方法を来て参照してくださいするときにもう少し準備。

  • There was a time when catch and shoot specialists were relatively obscure role players.

    キャッチ&シュートのスペシャリストが比較的無名のロールプレイヤーだった時代がありました。

  • Think about John Paxson and Steve Kerr on Jordan's Bulls teams or Byron Scott or Danny Ainge in those old school Lakers Celtics battles.

    ジョーダンのブルズチームのジョン・パクソンやスティーブ・カー、昔のレイカーズ・セルティックスの戦いでのバイロン・スコットやダニー・エイジのことを考えてみてください。

  • But those days are gone, folks.

    でも、もうそんな時代は終わったんだよ、皆さん。

  • This is the three point era now, and players like Robinson have never been so valuable.

    今は3点の時代だが、ロビンソンのような選手はかつてないほど貴重な存在だ。

  • It's kind of indicative of the times and the way the game is going, and that I go games without even thinking of taking a two point or so.

    時代やゲームの流れを表しているようなもので、2点を取ろうとも思わずに試合に出てしまうこともあります。

  • You know, if I played in a different area.

    別の地域で遊んでたら

  • I probably wouldn't be jacking, you know, 10 threes a game.

    俺なら1ゲームに10本のスリーはしないな

  • But it's my job on this team and, uh, take it with pride.

    でも、このチームでの仕事だし、誇りを持ってやるよ。

  • The numbers back up that pride.

    そのプライドを裏付ける数字。

  • An average Duncan Robinson three point attempt is a great outcome for Miami.

    平均的なダンカン・ロビンソンの3ポイントトライはマイアミにとって素晴らしい結果となった。

  • Think about it this way.

    このように考えてみてください。

  • Last season, an average heat possession yielded 1.12 points.

    昨シーズンは平均的な熱量所持で1.12点。

  • That made them a top 10 NBA offense.

    そのせいでNBAオフェンスのトップ10になってしまった。

  • It's pretty good, however.

    しかし、なかなか良いですね。

  • An average Robinson three point try yielded 134 points, which is incredibly efficient.

    ロビンソンの平均的な3点トライは134点で、これは信じられないほど効率的である。

  • Not only with Spoelstra cool with him launching 606 triples, he designed his offense around getting him all those looks.

    スポルストラが606本のトリプルを放ったことに満足していただけでなく、彼は彼がそれらのルックスを得ることを中心にオフェンスを設計しました。

  • Robinson's numbers are incredible, but just how did he get so good?

    ロビンソンの数字はすごいですが、どうやってあんなに良くなったんでしょうか?

  • How did your jumper get so wet?

    ジャンパーはどうやって濡れたの?

  • 2000 at a time?

    一度に20000?

  • There's no secret sauce shooting wise.

    秘伝のソース撮影ワザがない。

  • You've got to find something that's comfortable to you and something that you can repeat and then just wrap it out over and over again until, uh, it just becomes muscle memory, Um, to the to the highest degree.

    自分に合ったものを見つけて 何度も何度も繰り返して それが筋肉の記憶になるまで... 最高レベルで

  • So, uh, yeah, there's there's no secret.

    だから、ええと、ええ、秘密はないんです。

  • People are always looking for one.

    人は常に探しています。

  • But the secret is just in the sweat.

    でも、秘密は汗の中にあるんです。

  • All that sweat equity is paying huge dividends in big moments.

    すべての汗の株式は、大きな瞬間に莫大な配当を支払っています。

  • For Miami, check out this example from Game six of last year's Eastern Conference finals.

    マイアミの場合は、昨年のイースタン・カンファレンス・ファイナルの第6戦からこの例をチェックしてみてください。

  • After bam out of bio slips, a screen set for Tyler Hero.

    バイオスリップをバンバン出した後、タイラーヒーローのスクリーンセット。

  • Robinson's defender, Jalen Brown makes a big mistake.

    ロビンソンのディフェンダー、ジャレン・ブラウンが大きなミスをする。

  • He drifts too far away from Robinson in the corner.

    コーナーでロビンソンから離れすぎてドリフトしてしまう。

  • Hero sees it, and it's over.

    ヒーローがそれを見て終わり。

  • The best part is you can hear one of Brown's teammates call him out.

    一番いいのはブラウンのチームメイトの一人が彼を呼び捨てにしているのが聞こえてくるところです。

  • Change be Even.

    変化はイーブンだ

  • The Lakers, who had the best defense in the league last year, had trouble with Robinson, especially in Game five, when Robinson exploded for seven threes and powered the short handed Heat to a three point win.

    昨年リーグ最高のディフェンスを誇ったレイカーズは、特に第5戦でロビンソンが7つのスリーを爆発させ、短手のヒートを3点差の勝利に導いた時には、ロビンソンとのトラブルに見舞われた。

  • Take your eyes off him for a second.

    ちょっと彼から目を離して

  • You're gonna get beat like Kentavious Caldwell.

    ケンタビウス・コールドウェルみたいに 叩かれるぞ

  • Pope does here.

    ローマ法王はここでやっている。

  • Robinson notices K C.

    ロビンソンはK・Cに気づく。

  • P s gaze drift off of him and he slides into a clean shooting zone.

    Pの視線が彼を漂い、彼はクリーンなシュートゾーンに滑り込む。

  • Kicks it out.

    蹴り出す。

  • Robinson left wide open nails the three different look.

    ロビンソンは大きく開いた左のネイルを、3つの異なる表情に。

  • But same result here.

    しかし、ここでも同じ結果。

  • KCP collides with Alex Caruso, and that slip up proves costly.

    KCPはアレックス・カルーソと衝突し、そのスリップアップは高価なことが証明されます。

  • Tom Robinson puts up the three that's good in this one.

    トム・ロビンソンがいい感じのスリーを放っています。

  • Robinson starts in the corner with KCP attached to his hip.

    ロビンソンはKCPを腰に付けてコーナーでスタート。

  • But then he dances through a gauntlet of human bodies.

    しかし、彼は人間の体のガントレットを通り抜けて踊る。

  • K C P gets caught up in that traffic, and it's another wide open look.

    K・C・Pはその渋滞に巻き込まれて、またしても広い目で見られてしまう。

  • My favorite example from this game illustrates just how fluid he is.

    このゲームの中で私のお気に入りの例は、彼がいかに流動的であるかを示しています。

  • He morphs from an off ball sprinter into a catch and shoot sniper with remarkable speed.

    彼はオフボールのスプリンターからキャッチ&シュートのスナイパーに変身し、驚くほどのスピードを持っています。

  • Duncan Robinson again.

    またダンカン・ロビンソンか

  • That's good.

    それは良いことです。

  • I'm the foul.

    私は反則者です。

  • Duncan Robinson from downtown.

    ダウンタウンのダンカン・ロビンソン。

  • This kind of body control just isn't fair.

    この手のボディコントロールはフェアじゃないな

  • It's shots like these that command the ultimate respect from opposing defenses, even on the possessions.

    このようなショットで、相手の守備陣から究極の尊敬を受けるのは、たとえ持ち物であってもだ。

  • When he doesn't end up shooting, the sheer gravity of his constant threat demands defensive attention and opens up scoring opportunities elsewhere on the floor.

    彼が撮影を終了しない場合、彼の一定の脅威の深刻さは、守備的な注意を要求し、床の他の場所でのスコアリングの機会を開きます。

  • And that might be Robinson's most valuable contribution.

    それがロビンソンの最も貴重な貢献かもしれません。

  • Sure, he launched 606 threes last year and made over 45% of them.

    確かに、彼は昨年606本のスリーを打ち上げ、45%以上を稼いだ。

  • But by taking defenders away from the action, he assisted his team and countless other possessions to Robinson has emerged as one of the best shooters in the world, which is a huge reason why Miami became Eastern Conference champions in the bubble.

    しかし、アクションから守備を取ることによって、彼は彼のチームを支援し、ロビンソンに無数の他の所持は、マイアミがバブルでイースタン カンファレンス チャンピオンになった理由は巨大な理由である世界で最高のシューターの 1 つとして浮上しています。

  • Whether he's shooting or just running around his NBA value far exceeds the expectations of an undrafted player who was a G leader just two years ago.

    彼がシュートを打っているのか、それともただ走り回っているだけなのか、彼のNBAの価値は、わずか2年前にGリーダーだったドラフト外の選手の期待をはるかに超えています。

  • Robinson deserves all the credit for his breakout, but his emergence as such a force in the NBA also proves that three pointers and the players that can sink them are only getting more important in this league.

    ロビンソンは彼のブレイクアウトのためのすべてのクレジットに値するが、NBA でこのような力として彼の出現も 3 ポインターとそれらをシンクすることができます選手は、このリーグでより重要になっていることを証明しています。

just a few years after going undrafted.

落ちてから数年後には

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロビンソン ダンカン シュート キャッチ nba マイアミ

ダンカン・ロビンソンの3ポイントシュートでGリーグから記録更新|サインショット (Duncan Robinson's 3-point shooting took him from the G-League to the record books | Signature Shots)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 03 日
動画の中の単語