Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When we imagine the difficulties involved in  a so-called 'bad childhood', we most readily  

    いわゆる「悪い子供時代」の困難を想像するとき、私たちは最も容易に次のようなことを考えます。

  • think in terms of children who are physically  harmed - beaten, underfed, sexually abused - or  

    殴られたり、食べさせられたり、性的虐待を受けたりと、身体的に傷ついている子供のことを考える。

  • else treated with active contempt: screamed  at, blamed, put down, mocked and tormented.

    積極的に軽蔑して処理された他の人:叫んで、非難して、下に置かれ、嘲笑して、苦しめられた。

  • Such harrowing images make it hard for us  to picture that there might be another,  

    このような悲惨な映像を見ると、「もう一人いるかもしれない」ということを想像するのが難しくなります。

  • in many ways more prevalent yet just as  damaging form of injury to which children may  

    子供たちが受ける可能性がある傷害の中で、多くの方法でより一般的でありながら、同じように有害な形で損傷を受けています。

  • be exposed. In this case, there is no physical  violence, there is no taunting or shouting.  

    晒されるこの場合、身体的な暴力はなく、嘲笑や怒鳴り声もありません。

  • It looks - at first glance - as if all must be  well. But that would be to miss the particular  

    一見すると、すべてがうまくいっているように見えます。しかし、それは特定の

  • kind of wound that can be inflicted through  what psychologists term 'emotional neglect.'

    心理学者が言うところの「感情的無視」によって 引き起こされる傷のようなものです。

  • We're so used to focusing on abuses that  spring from interventions, we forget those  

    介入から生じる虐待に焦点を当てることに慣れているので、それを忘れてしまいます。

  • that can equally painfully flow from absence. The  emotionally neglected child isn't screamed at or  

    欠席からも同じように 痛みを伴うことがあります感情的に無視された子供は 怒鳴られたりしません

  • hit, locked up or jeered at. they are just - often  very subtly - ignored. A parent doesn't smile at  

    殴られたり、監禁されたり、嫉妬されたりすることもありますが、彼らはただ - 多くの場合、非常に微妙に - 無視されています。親は

  • them very much. There is never any time to take  a look at the drawing they just did or the story  

    彼らにはとても感謝しています。彼らが描いたばかりの絵を見たり、ストーリーを見たりする時間は決してありません。

  • they wrote. No one remembers their stuffed  animal's name. No one notices that they are  

    と書かれていました。誰もぬいぐるみの名前を覚えていません。誰も気づかない。

  • looking sad and that the first day at school might  have been very difficult. There's always something  

    悲しそうな顔をしていて 初登校の日は大変だったかもしれないと言っていましたいつも何か

  • more urgent to do than spend time with them  (perhaps another sibling to think about or the  

    彼らとの時間を過ごすよりも、緊急性の高いことをしなければなりません(おそらく、考えるべき別の兄弟や

  • demands of work or of their partner. There might  be a lot of parties as well). The parent seems in  

    仕事やパートナーの要求。当事者も多いかもしれません)。)親は

  • no way charmed or interested. There are no cuddles  or hair ruffles, there are no nicknames or terms  

    魅力も興味もない抱っこも髪の毛のフリルもないし、あだ名も用語もない。

  • of endearment. Birthdays get forgotten. Tears  aren't dried or consoled. The parent doesn't look  

    呼び捨てにされてしまう誕生日は忘れ去られる涙は乾かないし、慰められない。親は見向きもしない

  • the child in the eye. They might, shortly after  the birth, go off and live in another household.

    子供の目を見て出産して間もなく、他の家庭に出て行くかもしれません。

  • None of this may seem - at first  glance - to be especially bad,  

    どれもこれも、一見すると特に悪いことではないように見えるかもしれません。

  • particularly because the insidious  behaviour is largely invisible.  

    特に陰湿な行動はほとんど目に見えないからです。

  • It is compatible with all kinds of  outward signs of healthy family life.

    健全な家庭生活のあらゆる外見上のサインに対応しています。

  • But that isn't to say that no damage is being  done. The psychologist William James presciently  

    しかし、被害がないわけではありません。心理学者のウィリアム・ジェームズは

  • observed that it might as bad, if not worse, to  be on the receiving end of indifference as of  

    無関心の受信側にあることは、悪いことではないにしても、同じくらい悪いかもしれないと観察した。

  • physical torment: 'No more fiendish punishment  could be devised, were such a thing possible,  

    肉体的な苦痛:「これ以上の凶悪な罰は考えられないだろう。

  • than that one should be turned loose in society  and remain absolutely unnoticed by all the members  

    隴を得て人知れず

  • thereof. If no one turned around when we enteredanswered when we spoke, or minded what we did,  

    そのうちの一つです。我々が入った時に誰も振り向くことなく、我々が話した時に答えず、我々がしたことを気にすることもなかった。

  • but if every person we metcut us dead”,  and acted as if we were non-existent things,  

    しかし、会う人すべてが「私たちを殺す」と言って、私たちが存在しないものであるかのように振る舞ったとしたら。

  • a kind of rage and impotent despair  would before long well up in us,  

    怒りと無力な絶望のようなものが、いつの間にか私たちの中に湧き上がってきたのです。

  • from which the cruellest bodily  torture would be a relief.'

    "残酷な拷問を受けても 解放されるだろう

  • A crucial fact of psychological life is the  disinclination of any child to think there is  

    心理的生活の重要な事実は、どんな子供でも、あると思うことを嫌がることです。

  • something wrong with its parent; it will go to  almost any lengths to prevent the idea emerging  

    おやのあやしいところはおやのあやしい

  • that its parent may be mentally  unwell or fundamentally brutish.  

    親が精神的に病んでいたり、根本的に残忍だったりすることを

  • It will remain attached and obsessed  by the most vicious and uncaring figure  

    最も悪辣で無慈悲な姿に執着し続ける

  • whom an objective observer  might see through in an instant.

    客観的に見ても一瞬で見破られそうな人。

  • The child will do anything rather than  entertain the idea that an injury has been  

    子供は、怪我をしたという考えを受け入れるのではなく、何でもするでしょう。

  • done to it by its own progenitor - especially  if the parent is charming to other people  

    おやが人に媚びている場合はなおさら

  • and impressive in the professional sphereThe child will just assume that there must  

    と専門的な分野で印象的なことを言っています。 子供はただ、そこにあるに違いないと思い込んでしまいます。

  • be something deeply wrong with itself to justify  the indifference. It must have failed in some way,  

    無関心を正当化するためには それ自体に何か深い問題があるはずです何らかの方法で失敗したに違いありません

  • it must in its essence be profoundly  ugly, repulsive, deformed or lacking.  

    本質的には、深く醜く、反発的で、変形していたり、欠けていたりするものでなければなりません。

  • This is the only conceivable explanation for the  blankness with which their existence is received.

    これは、彼らの存在が受け取られている空白のための唯一の考えられる説明です。

  • The adult who emerges from such a complicatedveiled childhood is likely to be in a confused  

    そんなベールに包まれた複雑な幼少期から出てきた大人は、混乱の中で

  • state. On the surface, they may experience  only good will and a continued desire to  

    の状態になっています。表面上は、善意と継続的な欲求だけを経験しているのかもしれません。

  • please their early caregivers. But deep within  themselves, they may feel lacerating doubt,  

    初期の介護者を喜ばせるためにしかし、自分自身の心の奥底では、彼らは、はげしいほどの疑いを感じているかもしれません。

  • paranoia and self-contempt. To numb such feelingsthey may take to drink or develop numbing, calming  

    被害妄想と自己軽蔑。そのような感情を麻痺させるために、彼らは飲むか、麻痺を開発することができます。

  • addictions to keep themselves from constant  encounters with their perceived repulsiveness.

    自分の知覚された反発性との一定の出会いから自分自身を保つために中毒。

  • A measure of resolution comes when we can  take on board the term 'emotional neglect'  

    感情的な無視という言葉を受け入れた時、解決の尺度が生まれる。

  • and treat it, and thereby our own stories, with  requisite seriousness. Our childhood sorrows may  

    そして、それによって、私たち自身の物語を、必要な真剣さをもって扱うのです。私たちの子供時代の悲しみは

  • not rank among the most obvious or newsworthy, but  they may be substantial and genuine nevertheless.  

    しかし、彼らはそれにもかかわらず、実質的で本物かもしれません。

  • Our levels of shame attest as much. We were not  hit, but we were injured. We failed to receive  

    我々の恥のレベルがそれを証明している。殴られたわけではありませんが、怪我をしていました。私たちは

  • the love that makes people firm and whole, that  allows them to feel authentic and deserving,  

    人を堅固で全体的なものにする愛、それは彼らが本物であると感じることができ、彼らが値することができます。

  • that prevents them from being  impressed by those who mistreat them  

    虐げられても感心しない

  • and that stops them wanting to  kill themselves when they mess up.  

    失敗した時に自殺したくなるのを止めてくれる。

  • We hear so much about the virtues of braverywe miss out on the importance of learning more  

    勇敢さの美徳についてよく耳にしますが、私たちはもっと学ぶことの重要性を見落としています。

  • regularly to feel - with appropriate cathartic  intent - usefully sorry for ourselves.

    定期的に自分自身を反省していると感じるために、適切なカタルシス的な意図を持って

When we imagine the difficulties involved in  a so-called 'bad childhood', we most readily  

いわゆる「悪い子供時代」の困難を想像するとき、私たちは最も容易に次のようなことを考えます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子供 しれ 無視 感情 心理 嘲笑

感情的ネグレクトとは何ですか?そしてどのように対処するか (What Is Emotional Neglect? And How to Cope)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 03 日
動画の中の単語