Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • 2020 was a boom year for buyout barons.

    2020年はバイアウトバロンズのブームの年でした。

  • But beneath the surface as signs of an industry that is running out of ways to generate returns on its money, private equity firms by a company spruce it up and try and sell it on for a higher price.

    しかし、そのお金でリターンを生成する方法を実行している業界の兆候として表面の下には、会社によってプライベートエクイティ企業は、それをスプルスアップし、より高い価格のためにそれを販売しようとします。

  • Its most prominent figures.

    その最も著名な人物。

  • Blackstone's Steve Schwarzman and KKR's Henry Kravis.

    Blackstone の Steve Schwarzman と KKR の Henry Kravis。

  • Last year, the industry spent a pandemic defying $592 billion according to the consultancy Bain and company.

    昨年、業界はコンサルタント会社のベインと会社によると、5920億ドルのパンデミックに逆らって過ごした。

  • Debt levels and valuation multiples will also at or close to record highs.

    債務水準や評価倍率も過去最高値を更新するか、それに近い水準になるだろう。

  • The Bane analysis shows that the likes of Schwartzman and Kravice are increasingly reliant on revenue growth rather than cutting costs in order to make a return on their investments.

    ベインの分析によると、シュワルツマンやクラビスのように、投資のリターンを得るためにコストを削減するのではなく、収益の増加に依存する傾向が強まっていることがわかります。

  • That strategy has clear upsides.

    その戦略には明確な利点があります。

  • First, it shows that the industry may be moving on from this historic image as rapacious cost cutters and asset strippers.

    第一に、この業界は、このような歴史的なイメージである、強欲なコストカットや資産のストリッパーとしてのイメージから脱却しつつある可能性があることを示しています。

  • But the new growth obsession also has some downsides.

    しかし、新たな成長への執着にはマイナス面もあります。

  • For deals to work, private equity barons must increasingly find companies that are capable of outgrowing their rivals.

    取引を成功させるためには、プライベート・エクイティ・バロンは、ますますライバルを凌駕する企業を見つける必要があります。

  • Those targets are scarce and very expensive.

    それらのターゲットは希少で非常に高価です。

2020 was a boom year for buyout barons.

2020年はバイアウトバロンズのブームの年でした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ベイン リターン 会社 プライベート イメージ コスト

ブレイキングビューズTV。プライベートな痛み (Breakingviews TV: Private pain)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 03 日
動画の中の単語