Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Leslie Gauthier Reviewer: Camille Martínez

    書き手: Leslie Gauthierレビュアー: Leslie Gauthierカミーユ・マルティネス

  • If you're in charge of a major metropolitan city,

    大都市圏を担当しているのであれば

  • it's almost a must these days to be sustainable.

    最近では持続可能であることがほぼ必須となっています。

  • Us city dwellers pride ourselves

    都会の住人は自負している

  • on living in places that are taking action on climate change

    気候変動対策に取り組んでいる場所での生活について

  • and achieving net zero.

    とネットゼロを達成しました。

  • But what if you're Don Iveson?

    でも あなたがドン・イヴソンだったら?

  • You're the mayor of oil and gas town Edmonton, in northern Alberta, Canada.

    カナダのアルバータ州北部にある石油とガスの町エドモントンの市長ですね。

  • Or across the Atlantic,

    あるいは大西洋の向こう側。

  • Holly Mumby-Croft,

    ホリー・マンビー・クロフト

  • UK member of parliament for Scunthorpe,

    イギリスのスカンソープの国会議員。

  • home to one of the last steel plants of Britain.

    イギリス最後の製鉄所の一つがあります。

  • Or much smaller,

    あるいはもっと小さい。

  • you're Dave Smiglewski.

    デイブ・スミグルスキーだな

  • You're the mayor of the little city of Granite Falls, Minnesota,

    ミネソタ州グラナイトフォールズの市長だな

  • with a large-scale ethanol production facility nearby.

    近くに大規模なエタノール製造施設を持つ

  • All these places,

    ここら辺は全部

  • no matter how far apart and how different in size,

    どんなに離れていても、大きさが違っていても

  • have something big in common:

    には大きな共通点があります。

  • millions of tons of greenhouse gas emissions

    百万トン

  • linked to significant local employment.

    地元の重要な雇用につながっている。

  • And we're going to have to find a way

    そして、私たちは方法を見つけなければなりません。

  • to maintain the critical economic and social functions of these towns

    これらの町の重要な経済的・社会的機能を維持するために

  • if we're to have any hope of combating climate change.

    気候変動との戦いに希望を持てるのであれば

  • Not an easy feat,

    簡単なことではない

  • if you think that we can't really put a solar panel on a gas processing facility

    ガス処理施設に太陽光パネルを設置できないと思ったら

  • or a steel mill.

    または製鉄所。

  • Fortunately, these places have another interesting thing in common,

    幸いなことに、これらの場所には、もう一つ興味深い共通点があります。

  • which might offer some hope to these local officials.

    地元の役人に希望を与えてくれるかもしれません。

  • The main sources of pollution in their areas

    その地域の主な汚染源

  • are in close proximity to rock formations

    岩盤に近い

  • with the ability to trap carbon dioxide,

    二酸化炭素をトラップする能力を持つ

  • the greenhouse gas we often call CO2.

    私たちがよくCO2と呼ぶ温室効果ガス。

  • And this puts into reach a potential solution to both their problems:

    そして、これは彼らの問題の両方の潜在的な解決策に到達することになります。

  • pollution and employment.

    公害と雇用。

  • It's called "carbon capture and storage."

    "炭素の捕獲と貯蔵 "と呼ばれています。

  • It's the process whereby we capture the CO2,

    それは、CO2を捕獲するためのプロセスです。

  • which results from burning fossil fuels,

    化石燃料を燃やすことで生じる

  • before it's emitted into the atmosphere

    大気中に放出される前に

  • and instead bury it underground.

    と言って、代わりに地中に埋める。

  • Effectively, we take part of what we've extracted from the earth --

    事実上、我々は地球から抽出したものの一部を利用しています。

  • the carbon --

    炭素

  • back to where it came from.

    元の場所に戻って

  • Now, this is not a new idea.

    さて、これは新しいアイデアではありません。

  • People have been experimenting with this technology for decades.

    人々はこの技術を何十年も実験してきました。

  • Today, however, there are very few operational carbon capture facilities

    しかし、現在、稼働中の炭素回収施設は非常に少ない。

  • in the world,

    世界の中で

  • capturing about 14 million tons of CO2 equivalent per year.

    CO2換算で年間約1,400万トンのCO2を捕獲しています。

  • And while that may sound like a big number,

    それは大きな数字のように聞こえるかもしれないが

  • it's less than .1 percent of global greenhouse gas emissions.

    世界の温室効果ガス排出量の0.1%以下です。

  • The International Energy Agency predicts

    国際エネルギー庁が予測

  • that we need to capture between four and seven gigatons --

    4〜7ギガトンの間で捕獲する必要があることを

  • that's four to seven billion metric tons --

    40億から70億トンの...

  • of CO2 per year by 2040

    2040年までに年間CO2

  • to stay at or below two degrees Celsius warming.

    2℃以下の温暖化にとどまるように

  • And that's a more than 100 to 200 times increase

    それが100倍から200倍以上になって

  • in today's carbon capture capacity.

    今日の炭素回収能力では

  • To get us there will definitely require a price on greenhouse gas pollution.

    そこに私たちを得るためには、間違いなく温室効果ガス汚染の価格が必要になります。

  • There is a cost, and it needs to be settled.

    費用が発生しますので、それを精算する必要があります。

  • And if we're not smart about it,

    そして、私たちが賢くなければ

  • the price could be very high.

    価格が非常に高くなる可能性があります。

  • Should we then solely rely on the future improvements

    今後の改善だけに頼るべきか

  • in the fundamental technology?

    基礎技術の中で?

  • No.

    駄目だ

  • There is another way.

    別の方法があります。

  • And it's the need for well-thought-through rollouts

    そして、よく考え抜かれたロールアウトが必要なのです。

  • of what might be called CO2 networks.

    CO2ネットワークと呼ばれるものの

  • In BCG, I lead a team of consultants,

    BCGでは、コンサルタントのチームを率いています。

  • analysts and data scientists

    アナリストとデータサイエンティスト

  • whose focus is on advancing carbon capture utilization and storage.

    炭素回収の利用と貯蔵の推進に力を入れている。

  • By our estimates,

    我々の予想では

  • if we want to hit the IEA forecast,

    IEA予想を当てるなら

  • we need at least 110 billion dollars per year for the next 20 years

    今後20年は最低でも年11000億ドルは必要

  • to build out the required carbon capture and storage infrastructure.

    必要な炭素回収・貯蔵インフラを構築する。

  • And there's only one way to bring down this essential but hefty price tag,

    そして、この本質的ではあるが高額な値札を下げる方法は一つしかありません。

  • which is to share the cost through networks.

    これは、ネットワークを介してコストを共有することです。

  • Consider it the waste disposal service for CO2.

    CO2の廃棄物処理サービスと考えてください。

  • Our research suggests that policymakers and companies can learn a lot

    私たちの調査では、政策立案者や企業が多くのことを学べることが示唆されています。

  • by looking at a map --

    地図を見ながら

  • lots of maps, actually,

    沢山の地図がある

  • both the ones that you and I look at on our smartphones

    あなたも私もスマホで見ているものと

  • as well as the less common ones

    と同様に、あまり一般的ではないもの

  • that show what lies below the surface in terms of depleted oil and gas fields

    枯渇した油田やガス田から見て地表の下にあるものを示す

  • and saline aquifers with the ability to trap CO2 underground.

    と塩類帯水層の地下にCO2をトラップする能力を持っています。

  • And by looking at these maps,

    そして、これらの地図を見ることで

  • we can look for the optimal distances between both the sources of emissions,

    排出源の両方の間の最適な距離を探すことができます。

  • like Scunthorpe's steel plant,

    スカンソープの製鉄所のように

  • and the sinks, like the saline aquifers of Alberta.

    と、アルバータ州の塩水帯水層のようなシンク。

  • We had a first go,

    先行しました。

  • and it yields interesting results.

    と興味深い結果が得られます。

  • By building up a detailed database of emitters

    エミッタの詳細なデータベースを構築することで

  • as well as potential sinks,

    と同様に、潜在的なシンクにもなります。

  • we found up to 200 clusters

    最大200個のクラスターを発見しました。

  • that have the ability to be scaled up to low-cost carbon networks.

    低コストのカーボンネットワークにスケールアップする能力を持っています。

  • And they can capture more than one gigaton of emissions,

    そして、1ギガトン以上の排出量を捕捉することができます。

  • a big step to the four to seven gigatons that we need.

    必要な4~7ギガトンへの大きな一歩です。

  • And when we dig a little deeper,

    そして、もう少し掘り下げてみると

  • we find that optimization of distances between sinks and sources matters.

    我々は、シンクとソース間の距離の最適化が重要であることを発見した。

  • It matters a lot in terms of the cost.

    コスト的にはかなり重要です。

  • Network effects,

    ネットワーク効果。

  • which is the mechanism whereby the benefits of a system to a user

    これは、システムの利点をユーザーに提供するためのメカニズムである。

  • increases with the amount of others' use of it,

    他の人の使用量に応じて増加します。

  • can reduce the capture and storage cost of many emitters by up a third,

    は、多くのエミッターの捕捉・貯蔵コストを最大3分の1に削減することができます。

  • to below 100 dollars per ton of CO2 captured,

    を捕獲したCO2の1トンあたり100ドル以下にする。

  • based on current costs of technology.

    現在の技術コストに基づいています。

  • And while that is still a substantial cost,

    そして、それはまだかなりのコストではありますが。

  • it starts to get in the range of carbon taxes and market mechanisms

    炭素税や市場メカニズムの範囲に入ってきます。

  • that governments of Western economies are starting to think about

    西欧経済の政府が考え始めていること

  • or have already put in place.

    または既に設置している。

  • And we would not be able to achieve it

    そして、私たちはそれを達成することができないだろう

  • without collaboration and sharing of infrastructure

    インフラの連携と共有がなければ

  • between neighboring emitters.

    隣接するエミッター間で

  • Let us walk through some of the cities I mentioned.

    私が挙げたいくつかの都市を歩いてみましょう。

  • In assessing areas to build CO2 networks,

    CO2ネットワークを構築するエリアの評価において

  • we look for three different things.

    私たちは3つの異なるものを探しています。

  • Firstly, proximity to storage.

    まず、収納の近さ。

  • Secondly, a cluster of at least a few sources

    第二に、少なくともいくつかのソースのクラスタ

  • with high amounts of CO2 in their flue gas;

    排ガス中に多量のCO2が含まれています。

  • the more CO2 in the exhaust,

    排気中のCO2が多いほど

  • the cheaper it is to capture.

    の方が安く捕獲できます。

  • And thirdly, an ability to scale up the network and lower the cost quickly

    そして第三に、ネットワークをスケールアップし、コストを迅速に下げる能力です。

  • with few emitters.

    エミッタの少ない

  • Edmonton and its surrounding areas provide a good example

    エドモントンとその周辺地域は良い例を提供しています。

  • of this idea at work.

    この考えが働いています。

  • Suitable underground rock layers that can trap CO2 are abundant,

    CO2をトラップするのに適した地下の岩盤層が豊富にある。

  • well exceeding what is needed,

    必要なものを十分に超えています。

  • and it also meets the second and third criteria

    そして、それはまた、第二および第三の基準を満たしています

  • in that it has a good combination

    それは良い組み合わせを持っているという点で

  • of both high- and low- concentration CO2 streams

    高濃度と低濃度の両方のCO2ストリームの

  • associated with different industrial processes.

    異なった産業プロセスに関連付けられています。

  • And it can scale up to low cost quickly.

    そして、すぐに低コストにスケールアップすることができます。

  • In one of the clusters,

    クラスターの一つに

  • we find the number of emitters with very low capture and storage cost

    我々は、捕捉・蓄積コストが非常に低いエミッタの数を見つけます。

  • in the range of 40 to 50 dollars per ton,

    トンあたり40〜50ドルの範囲で。

  • but they only represent 1.2 megatons per year.

    しかし、それらは年間1.2メガトンしか代表していません。

  • The total cluster, however, can scale up to 12 megatons --

    しかし、全体のクラスターは12メガトンまでスケールアップすることができます。

  • up to 10 times its original size.

    元のサイズの10倍まで。

  • But those first megatons of emissions played a crucial role

    しかし、最初に排出されたメガトンの排出量は重要な役割を果たしました。

  • in scaling up the network

    ネットワークをスケールアップする際に

  • and reducing the cost and risk for others down the line.

    と、他の人のコストとリスクを削減することができます。

  • That's your network effect in action.

    それがあなたのネットワーク効果です。

  • And it's not just Edmonton.

    そして、エドモントンだけではありません。

  • If we take Scunthorpe in Lincolnshire in the UK,

    イギリスのリンカンシャー州にあるScunthorpeを取ると

  • we see similar dynamics and potential.

    私たちは似たようなダイナミクスと可能性を見ています。

  • The North Sea offers sufficient storage,

    北海には十分な蓄えがあります。

  • and while storing CO2 offshore is more expensive than onshore,

    と、陸上よりも沖合でCO2を貯めておく方がコストがかかる一方で

  • there's the potential to reduce this cost

    このコストを削減できる可能性がある

  • by reusing and repurposing existing oil and gas infrastructure.

    既存の石油・ガスインフラを再利用し、再利用することで

  • If the steel mill standalone would have to capture and store its CO2,

    製鉄所単体では、そのCO2を回収して貯めなければならない。

  • it would prove very costly.

    それは非常に高価であることが証明されます。

  • But it can reduce this cost by sharing the infrastructure

    しかし、インフラを共有することで、このコストを削減することができます。

  • with refining and chemical emitters en route to the North Sea.

    精製や化学物質の排出源と一緒に北海に向かう途中で

  • Many of them have cheaper capture cost

    キャプチャコストが安いものが多い

  • with the ability to improve the overall economics

    総合的な経済性を向上させることができる

  • and kick-start a network that has the ability to scale up to 28 megatons.

    と、28メガトンまで拡張可能なネットワークをキックスタートさせます。

  • Two examples in two different countries with 14 megatons of potential --

    14メガトンの可能性を秘めた2つの異なる国での2つの例--。

  • already double versus what we have today.

    今あるものと比較して、すでに2倍になっています。

  • And this network effect applies anywhere

    そして、このネットワーク効果はどこでも適用されます。

  • and is actually not uncommon

    珍しくもなんともない

  • when it comes to building out infrastructure.

    インフラを構築することになると

  • In fact, CO2 networks could very much follow the principles of the past

    実際には、CO2ネットワークは、過去の原則に非常に従っている可能性があります。

  • in terms of how our energy and utility infrastructure was developed around us,

    私たちの身の回りのエネルギーとユーティリティのインフラがどのように整備されてきたかという点で。

  • whether it's water, gas, electricity, local supply chains --

    水でもガスでも電気でも、地域のサプライチェーンでも...

  • all these networks apply local economies of scale

    これらのネットワークはすべて、地域の規模の経済を適用しています。

  • and were built up over time with favorable, marginal cost

    と、有利な限界コストで時間をかけて築き上げられたものです。

  • of adding new connections.

    新しい接続を追加することの

  • The big difference here is we're reversing the flow.

    ここでの大きな違いは、流れを逆にしていることです。

  • And these networks have the potential to enable future innovation

    そして、これらのネットワークは、将来のイノベーションを可能にする可能性を秘めています。

  • of using CO2 in chemical processes to make, for example, building materials

    CO2を利用した建築材料の製造

  • instead of burying the CO2 underground.

    CO2を地中に埋めるのではなく

  • Our analysis is a pure economic one.

    私たちの分析は純粋な経済学的なものです。

  • It does not account for political and local geographical barriers,

    政治的・地域的な地理的障壁を考慮していない。

  • but creating a favorable regulatory environment

    しかし、有利な規制環境を作る

  • and removing these barriers will be critical.

    と、これらの障壁を取り除くことが重要になります。

  • Take these two neighboring states in the US, for example:

    例えば、アメリカのこの2つの隣の州を見てみましょう。

  • North Dakota,

    ノースダコタ州

  • with ample, cheap storage and existing CO2 pipelines,

    豊富で安価なストレージと既存のCO2パイプラインで

  • and the state has put in place tax incentives

    州は税制上の優遇措置を設けています。

  • and financial assistance to use it.

    と、それを利用するための資金援助があります。

  • Go next door to Minnesota:

    隣のミネソタに行け

  • no storage within several hundred miles,

    数百マイル以内に保管場所がない

  • but home to 18 large-scale ethanol production facilities,

    しかし、18の大規模なエタノール生産施設があります。

  • including the one in Granite Falls,

    グラニット・フォールズのものも含めて

  • all of which create a highly concentrated stream of CO2 emissions.

    そのすべてが、高濃度のCO2排出の流れを生み出します。

  • Can the blue and the red state work together to add 40 megatons

    青州と赤州が協力して40メガトンを追加することができる

  • to our carbon capture tally?

    私たちの炭素捕獲の集計に?

  • We have no more than 20 years to bend the curve

    曲線を曲げるのに20年以上かかることはない

  • and combat climate change --

    と気候変動との戦い--。

  • potentially less.

    潜在的にはもっと少ない。

  • The gas networks in my two home countries of the Netherlands and the UK

    私の母国であるオランダとイギリスのガスネットワーク

  • were built in similar time frames after the Second World War --

    は第二次世界大戦後、同じような時期に建てられたものである--。

  • massive undertakings in infrastructure buildup

    インフラ整備

  • and at a time of similar high national debt.

    と同じように国の借金が多い時期に

  • It's time to build another network,

    別のネットワークを構築する時が来た

  • one for CO2.

    CO2のための1つ。

  • It does not need to last forever.

    長持ちする必要はありません。

  • It can be there just for the transition away from fossil fuels.

    化石燃料からの移行のためだけに存在することができる。

  • But we need it now to preserve local manufacturing jobs

    しかし、地元の製造業の雇用を維持するためには、今すぐにでも必要です。

  • and our communities

    と私たちのコミュニティ

  • and provide a hope for a better and more sustainable future.

    と、より良い、より持続可能な未来への希望を提供します。

  • It is critical that governments,

    政府の対応は非常に重要です。

  • both local and national,

    地元でも全国でも

  • as well as companies,

    企業だけでなく

  • assess the potential for carbon capture at a local level,

    地域レベルでの炭素回収の可能性を評価する。

  • start to capture the cheapest sources of CO2

    最も安価なCO2源の捕捉を開始する

  • and build up the network from there.

    と、そこからネットワークを構築していきます。

  • Only in that way can local communities

    そのようにして初めて、地域社会は成り立つのです。

  • like the ones in Edmonton, Granite Falls, Scunthorpe and beyond

    エドモントン、グラニット・フォールズ、スカンソープ、そしてその先にあるもののように

  • thrive both economically and sustainably.

    経済的にも持続的にも繁栄しています。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

Transcriber: Leslie Gauthier Reviewer: Camille Martínez

書き手: Leslie Gauthierレビュアー: Leslie Gauthierカミーユ・マルティネス

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED co2 ネットワーク コスト 炭素 ガス

炭素回収ネットワークが気候変動の抑制に貢献するには|Bas Sudmeijer (How carbon capture networks could help curb climate change | Bas Sudmeijer)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 02 日
動画の中の単語