Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • -My next guest is a very talented actor and comedian.

    -次回のゲストは、とても実力のある俳優さんやお笑い芸人さんです。

  • He stars in the highly anticipated sequel

    待望の続編で主演を務める。

  • "Coming 2 America," which begins streaming

    "カミング2アメリカ "ストリーミング開始

  • on Amazon Prime Video this Friday.

    をAmazonプライム・ビデオで今週金曜日に配信します。

  • People cannot wait for this thing,

    人々はこれを待つことができません。

  • and there's a good reason -- 'cause it is unbelievably funny.

    それには正当な理由がある -- 信じられないほど面白いからだ。

  • He is great. Here's Jermaine Fowler.

    彼は素晴らしいこちらはジャーメイン・ファウラー。

  • Jermaine, thank you for being here, bud.

    ジャーメイン 来てくれてありがとう

  • -Hey, yo. Thanks for having me, Jimmy.

    -やあ呼んでくれてありがとう ジミー

  • I appreciate it, dude. Thank you.

    感謝するよありがとう

  • -I want to get into everything just to get to know you

    -あなたのことを知るためだけに 何にでも手を出したいの

  • a little bit better because this movie is going to be gigantic.

    この映画は巨大化しそうだから少しはマシになった。

  • I mean, I can tell you right now,

    つまり、今すぐにでも言えることなんです。

  • I don't know any inside info, except I just saw the movie,

    映画を見ただけで内部情報は知らない。

  • and it is unbelievably funny.

    と、信じられないほど笑えます。

  • -Thank you. -And you're great.

    -ありがとうございます-(達也)ありがとうございます (美月)ありがとうございます

  • -Thank you. -But I want to know about you.

    -(アルマン)ありがとうございます-(達也)でも 知りたいのは お前のことだよ

  • Your first love was writing movies.

    最初の恋は映画を書くことだったんですね。

  • Is that correct? -That is very correct, yes.

    そうなんですか?-(半田)はい、正解です。

  • -And you wrote your first screenplay when you were 11.

    -初めて脚本を書いたのは11歳の時ですよね?

  • And can you tell everyone what that was?

    それが何だったのか、みんなに教えてくれる?

  • -I wrote a sequel to that movie, "The Rock," with Sean Connery

    -その続編を書いたのが ショーン・コネリーとの「ロック」だ

  • and Nicolas Cage and Ed Harris when I was like 11 years old.

    とニコラス・ケイジとエド・ハリスが11歳くらいの時の話です。

  • [ Laughs ] -How does the sequel work even?

    続編もどうやってやるんだ?

  • [ Both laugh ]

    [ Both laugh ]

  • It didn't look like they got off, right?

    降りたようには見えなかったんですよね。

  • -They escaped Alcatraz.

    -アルカトラズを脱出した

  • They saved all the hostages. I remember all that.

    全ての人質を救った全部覚えています。

  • But the sequel, I think I wanted to go to different prisons

    でも、続編では、違う刑務所に行きたかったような気がします。

  • around the world and make it like a 007 sort of deal

    世界中を回って007のような取引をする

  • where Nicolas Cage had to save everybody from prison.

    ニコラス・ケイジは刑務所から皆を助けなければなりませんでした。

  • -Oh! That's a good idea.

    -それはいいね

  • -I mean, I was 11, and that's all I had.

    -私は11歳でそれしかなかったの

  • [ Laughs ] -I actually like this.

    実はこれが好きなんです。

  • -That was the best idea I could come up with.

    -それが一番のアイデアだったんですよ

  • Oh, thanks, man. I appreciate that.

    ありがとう感謝するよ

  • Thank you, dude. -This is a good idea.

    (YOU)ありがとうございます-(アルマン)これはいいね

  • And Nicolas watches our show, so it would be amazing.

    ニコラスも私たちの番組を見てくれているので、すごいことになっています。

  • If you got a call from Nicolas Cage,

    ニコラス・ケイジから電話があったら

  • and he was like, "Jermaine, I love it.

    と言っていて、「ジャーメイン、大好きだよ。

  • Let's do it." -I -- yes. I would say --

    "やろうぜ"-私は...私が言いたいのは...

  • I would love to work with Nic Cage in a heartbeat.

    ニック・ケイジとはすぐにでも一緒に仕事をしたいと思っています。

  • He's still one of my favorite dudes.

    彼は今でも私の好きな男の一人です。

  • -Me too. I love Nic Cage.

    -私もよニック・ケージが好きなんだ

  • I also read that you were voted class clown

    私はまた、あなたがクラスのピエロに投票されたと読みました

  • when you were in high school,

    高校生の時に

  • but you had something switched around.

    でも、何かが入れ替わっていたんですよね。

  • Can you explain why?

    理由を説明できますか?

  • -I would always make my siblings laugh.

    -(徳井)いつも兄弟で笑わせてましたね

  • Like, I would always try to make them laugh,

    笑わせようと思ってたんだよね

  • whether it's, you know, telling 'em jokes or, you know,

    ジョークを言ったり、

  • putting on plays at home that I came up with or whatever,

    自分で思いついた芝居を家でやってみたり。

  • and I was always trying to just, you know,

    と、いつも心がけていました。

  • lighten the mood in the house. -Yeah.

    家の中の雰囲気を明るくしてくれる-(アルマン)うん

  • -But my mom always told me, "You want people

    -でも母はいつも言ってた "人が欲しいんでしょ "って

  • to laugh with you, not at you," and that was her thing,

    "あなたと一緒に笑うために" それが彼女のやり方でした

  • just to make that, you know, a point of pride for me.

    それを自分の誇りにするために

  • And I remember, 12th grade -- 12th grade I got voted

    12年生の時のことを覚えています -- 12年生の時に投票されました

  • class clown as a high school superlative,

    高校の最上級としてのクラスピエロ

  • and I was offended.

    と怒られました。

  • I was really mad. I was like, "What?

    本当に頭にきていました。私は「え?

  • I'm not a clown," and I just marched on down...

    私はピエロではありません」と言って行進しただけなのに...。

  • -Wow. -...to my vice principal's

    -わあ-副校長先生のところへ

  • office, and I told her, I was like,

    と事務所に言ってみた。

  • "Hey, look, my mom, she told me that I want people

    "ほら、見て、私の母は、私は人が欲しいと言われました。

  • to laugh with me, not at me, and clowns are

    私と一緒に笑うためではなく、私と一緒に笑うために、ピエロは

  • the complete opposite of what my mom taught me to be.

    母に教わったこととは真逆のことをしている。

  • So could we switch this to something else,

    だから、これを他のものに変えてもいいのでは?

  • maybe The Funniest?"

    "もしかしたら一番面白いかも?"

  • And my vice principal said, "That makes a lot of sense."

    副校長は "それは理にかなっている "と言っていました

  • And I was like, "You damn right it does."

    "その通りだ "と思ったんだ

  • So, she basically switched over the superlative to my liking,

    なので、基本的に彼女は私の好みに合わせて超級を切り替えてくれました。

  • and I became my 2006 class funniest student

    と私は2006年のクラスで一番面白い生徒になりました。

  • of Northwestern High School in Hyattsville, Maryland.

    メリーランド州ヒャッツビルにあるノースウェスタン高校の

  • -I wish I had the confidence to go to my principal,

    -自信を持って校長先生のところに行けたらいいなと思います。

  • but I also was class clown.

    しかし、私もまた、クラスのピエロでした。

  • -[ Laughs ] -But now I feel like

    -でも、今の気分は

  • I should have got changed to class funniest.

    クラスで一番面白いのに変えてもらえばよかった。

  • -No, listen, the reason why I did that was I didn't

    -いや、聞いてくれ、なぜそんなことをしたかというと...

  • want a whipping from my mom when I got home.

    家に帰ったらママにムチで叩かれたい

  • It was basically to save me from an ass whipping.

    基本的にはお尻を叩かれないようにするためのものでした。

  • That's all it was. [ Both laugh ]

    それだけだった。[ Both laugh ]

  • -You're like, "Look, mom, they're laughing with me.

    -あなた「ほら、お母さん、一緒に笑ってるよ。

  • Trust me, trust me." -"I swear to God, Mom.

    私を信じて、私を信じて」-"神に誓うよ、ママ

  • Please don't hurt me.

    私を傷つけないで

  • -I want to talk about "Coming 2 America."

    -"カミング・ツー・アメリカ "の話をしたい

  • This is the sequel.

    これが続編です。

  • The original came out the year that you were born, in 1988.

    オリジナルが出てきたのは、あなたが生まれた年の1988年です。

  • -Yeah. -And now, check this out.

    -これを見てくれ

  • -Ah, man.

    -(山里)あーあ...

  • -Now, when you see this magazine cover,

    -(達也)今 この雑誌の表紙を見て

  • what goes through your mind?

    何を考えているのか

  • -A lot. A lot.

    -たくさんたくさん

  • I, uh -- I get really emotional.

    私は...本当に感情的になってしまう

  • I get really emotional, man. -Good.

    感情的になっちゃうんだよね-いいね

  • -Seeing the three of us on -- [ Sighs ]

    -3人を見ていると...

  • Well, one, 'cause Eddie's, like, just my idol.

    エディは私のアイドルよ

  • He's just my idol, and I've watched him and Arsenio

    彼はただのアイドルで、私は彼とアーセニオを見てきました

  • do everything growing up and to be, you know --

    何でもやって大人になってから、その...

  • to join them on an "Essence" cover is just huge to me.

    エッセンス」のカバーに参加することは、私にとってはとても大きなことです。

  • It just means so much to me, man.

    俺にはとても意味があるんだよ

  • When I first saw it, I cried like a bitch.

    初めて見た時は泣きそうになりました。

  • [ Both laugh ]

    [ Both laugh ]

  • -That was -- How was Eddie on set when you met him?

    -エディに会った時はどうだった?

  • Were you cool, or were you too nervous?

    かっこよかったのか、緊張しすぎたのか。

  • -There were moments when he was in his zone.

    -彼のゾーンにいる瞬間があったんですよね

  • Like, seeing Eddie get into his -- like, the genius zone,

    エディが天才ゾーンに 入り込むのを見たように

  • seeing him dive into the characters.

    登場人物の中に飛び込んでいくのを見て

  • -Just flip the switch?

    -スイッチを入れるだけ?

  • -Yeah, those are moments where I forget I had scenes with him.

    -(山里)そうですよね (徳井)そういうのがあったことを 忘れてしまう瞬間があるんですよね (YOU)そうですよね

  • I forget, like, I had to do lines,

    忘れてしまった、セリフをしなければならなかったような。

  • and my co-stars, like, Nomzamo or KiKi would have to

    共演者のノムザモとかKiKiとかは

  • hit me in the shoulder, like, "Do your line."

    肩を叩かれたんだ "自分のセリフを言え "みたいに

  • I'm like, "Oh, I'm sorry."

    私は "あ、ごめんね "って感じです。

  • It's just mesmerizing, dude. It doesn't feel real.

    魅惑的なんだよ現実とは思えない

  • -I want to show everyone a clip.

    -(達也)みんなに見せたいんだよね

  • Here's Jermaine Fowler in "Coming 2 America."

    これはジャーメイン・ファウラーの "カミング2アメリカ "だ

  • Take a look at this.

    これを見てください。

  • -I've come back for my son.

    -息子のために戻ってきました

  • -Zamunda, Wakanda, Connecticut --

    -ザムンダ、ワカンダ、コネチカット州...

  • I don't know where you from. -Exactly.

    どこから来たのか知らないけど-その通り

  • But I've been enforcing this boy's life since he was born.

    でもこの子が生まれた時からずっと強制してきました。

  • -I'm Lavelle Junson, all right?

    -私はラヴェル・ユンソンよ

  • I don't need no hand-out.

    ハンドアウトはいらない

  • [ Briefcase latch clicks, gold bars clattering ]

    [ ブリーフケースの掛け金がカチッと音を立てて金塊が鳴る ]

  • [ People murmuring ]

    [ People murmuring ]

  • -Ooh. Gold bars.

    -(YOU)おー!金の延べ棒

  • Are those quarters? Are those gold bars?

    その四分の一は?金の延べ棒か?

  • Is this cash?

    これは現金ですか?

  • -Hey, yo, uh...

    -ヘイ、ヨーヨー...

  • You know, I'm thinking,

    考えていることがあります。

  • who am I to say no to becoming a prince?

    王子様にならないわけにはいかない

  • -Jermaine Fowler, everybody. "Coming 2 America"

    -ジェメイン・ファウラーです"カミング・ツー・アメリカ"

  • begins streaming on Amazon Prime Video this Friday.

    今週金曜日からAmazonプライム・ビデオでストリーミング配信を開始します。

-My next guest is a very talented actor and comedian.

-次回のゲストは、とても実力のある俳優さんやお笑い芸人さんです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TheTonightShow ピエロ 続編 ニコラス クラス 達也

ジャーメイン・ファウラー、エディ・マーフィーと雑誌の表紙を見て泣いた|ザ・トゥナイト・ショー (Jermaine Fowler Cried When He Saw His Magazine Cover with Eddie Murphy | The Tonight Show)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 02 日
動画の中の単語