Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • competition in medical school and residency has been getting a bad rap.

    医学部とレジデンシーの競争は、悪い評判を得ています。

  • Systemic issues are being highlighted.

    体系的な問題がクローズアップされています。

  • US.

    アメリカのことです。

  • Emily Step one is becoming past fail, and some propose we abolish medical school grades entirely.

    エミリー ステップ1は 過去の失敗になりつつあります 医学部の成績を完全に 廃止することを提案する者もいます

  • Let's separate the signal from the noise and explore the reality of competition in the medical training system.

    シグナルとノイズを切り離し、医療研修制度における競争の実態を探ってみましょう。

  • Dr.

    博士

  • Duval medical insiders dot com In recent years, there has been an increased focus on the competitive nature of medical school and its downsides.

    Duvalの医学のinsidersのドット・コム 近年では、医学部の競争力のある性質とその欠点に焦点を当てた増加があった。

  • The line of thinking goes that high degrees of competition lead to increased stress, resulting in burnout and depression, which is the driving force of the mental health epidemic amongst medical trainees.

    考え方のラインとしては、高度な競争がストレスの増大につながり、燃え尽き症候群やうつ病を引き起こし、それが医学研修生の間でのメンタルヘルスの流行の原動力になっているということになります。

  • Many point to abolishing the numerical score for us, Emily Step one as a big step in the right direction.

    多くの人は、私たちのための数値スコアを廃止することを指摘している、エミリー・ステップ1は、正しい方向への大きな一歩として。

  • They argue this should reduce the overwhelming stress students face, given its importance in the residency selection process.

    彼らは、レジデント選考プロセスにおける重要性を考えると、これは学生が直面する圧倒的なストレスを軽減すべきであると主張しています。

  • Plus, the students who earned a seat in medical school have already proven themselves.

    加えて、医学部で席を得た学生は、すでに実績を積んでいます。

  • They're smart enough, So do we really need grades or scores at all?

    彼らは十分に頭がいい だから成績や点数は本当に必要なのか?

  • What's being pushed is an overly simplistic view of the problem with a half baked solution.

    押されているのは、中途半端に単純化しすぎた問題の見方です。

  • It's addressing a symptom rather than the root cause.

    根本的な原因ではなく、症状に対処しているのです。

  • First the burnout and depression epidemic is the most important issue, but it's not due to grades or us.

    まず燃え尽き症候群と鬱病の流行が最重要課題ですが、それは成績や私たちのせいではありません。

  • Emily Step one.

    エミリー ステップ1

  • It's something I deeply care about and is highly relevant to both doctors and patients alike.

    私が深く気にしていることであり、医師にも患者さんにも非常に関係のあることです。

  • I've spoken about it many times and even created the Save Our Doctors initiative to raise awareness.

    私は何度もその話をしてきましたが、意識を高めるために「Save Our Doctors」という取り組みを作ったこともあります。

  • But well intentioned medical students and residents are pointing at us.

    しかし、善意の医学生や研修医は私たちを指差しています。

  • Emily Step one grades and other downstream effects and not recognizing the root issue.

    エミリーステップワンの成績など下流への影響と根本的な問題を認識していない。

  • The problem isn't actually grades or U.

    問題は実際には成績やUではありません。

  • S.

    S.

  • M l E, but rather the culture of medicine.

    M l E、というよりも、医学の文化。

  • US.

    アメリカのことです。

  • Emily Step one.

    エミリー ステップ1

  • Becoming past fail doesn't change anything in the big picture.

    過去の失敗になっても大局的には何も変わらない。

  • Sure, you're less stressed as a medical student about Step one.

    確かに、医学生としてのストレスが少ないのは、ステップ1の方ですね。

  • But guess what?

    でも、何だと思う?

  • Residencies still need Cut offs.

    レジデンシーにはやはりカットオフが必要です。

  • Now they'll be putting greater weight into us.

    今では我々に体重をかけるようになっている。

  • Emily Step two CK or perhaps clinical grades or shelf exam scores, and you'll be more stressed about each of those in making step one pass fail.

    エミリー ステップ 2 CK またはおそらく臨床成績または棚試験のスコアと、あなたはステップ 1 パス失敗を作ることにそれらのそれぞれについてより多くのストレスを感じるでしょう。

  • You don't fix the problem, you just shift it.

    問題を解決するのではなく、問題をずらすだけです。

  • We're playing whack a mole.

    モグラ叩きで遊んでるんだよ

  • I recently came across an article on Kevin MD written by a current medical student, putting forward the case to abolish medical school grades.

    先日、現役の医学生が書いたケビンMDの記事を見て、医学部の成績を廃止する件を前面に打ち出しました。

  • The author argues that grades feed competition, which feeds students lack of self worth, which threatens future doctors, compassion for patients and so on.

    著者は、成績は学生の自己価値の欠如を養う競争を養い、将来の医師、患者への思いやりなどを脅かすと主張しています。

  • To me, this seems to be more of an issue with the author's relationship to competition and self worth rather than a logically sound argument of the relationship of competition to practicing medicine compassionately during the 3rd and 4th year and medical school, also known as the Clinical Years, medical students receive most of their education through clinical rotations in the hospitals.

    私には、これは、3年目、4年目と医学部では、クリニカル・イヤーズとも呼ばれ、医学生は病院での臨床ローテーションを通じて教育のほとんどを受けています。

  • As he explains, When I was a third year student completing core clerkships, I found myself approaching each of my patients as a determinant in how I would do in a given clerkship.

    彼が説明しているように、私が3年生のときにコア・クラークシップを終えたとき、私は自分がどのようにクラークシップを行うかを決定づけるものとして、自分自身が患者の一人一人にアプローチしていることに気がつきました。

  • Imagine you are a patient, and your medical student frontline provider is sticking you with a butterfly needle three, maybe four times in a desperate search for a flash, because they want the president to know how competent they are.

    あなたが患者だと想像してみてください。医学生の最前線の提供者は、あなたに蝶の針を3回か4回刺して、フラッシュを必死に探しています。

  • The goal in medical school is to learn extensively and become the best future doctor you can be in focusing on this as your primary goal.

    医学部での目標は、広く学び、これを第一の目標として集中して将来最高の医師になることです。

  • During your clinical rotations, you'll end up getting favorable evaluations if you find yourself so stressed about your grades that you're sticking a patient four times to draw blood.

    あなたの臨床ローテーションでは、あなたが血を引くために患者を4回刺していることをあなたの成績にストレスを感じていることがわかれば、あなたは好意的な評価を得ることになります。

  • You should first go back to basics and practice.

    まずは基本に戻って練習した方がいいですよ。

  • And second, examine your relationship with your clerkship evaluations.

    そして第二に、クラークシップの評価との関係を調べてみましょう。

  • Because maintaining this attitude will compound and become dangerous for both yourself and your patients, the further along you go in medical training.

    この姿勢を維持することは、自分自身にとっても患者さんにとっても、複合的で危険なものになるので、医療研修を進めていくうちに、さらに危険なものになっていくのです。

  • The issue with blaming grades or competition is that it lacks deeper thought on the 2nd and 3rd order effects.

    成績や競争を責めることの問題点は、2次、3次効果についての深い考察が不足していることです。

  • By removing grades, how will medical schools ensure that their students are studying and learning to a sufficient capacity to become competent physicians?

    成績を落とすことで、医学部はどのようにして学生が十分な能力を持った医師になるための勉強や学習をしているのでしょうか。

  • How will residency programs select between candidates?

    レジデンスプログラムはどのように候補者を選択するのでしょうか?

  • Large swaths of society have been shifting toward the everyone is a winner philosophy.

    社会の大部分が「全員が勝者」という考え方にシフトしてきている。

  • Sure, we're all equally valuable as human beings, but that doesn't mean we each have to be a winner in everything we apply ourselves in.

    確かに、私たちは皆、人間として平等に価値のある存在ですが、だからと言って、私たちが自分自身を適用するすべてのことで勝者でなければならないということではありません。

  • Imagine if I raced Michael Phelps in the swimming pool and we both received equivalent blue ribbons because everyone's a winner.

    もし私がマイケル・フェルプスとプールでレースをした場合を想像してみてください。

  • It's a slippery slope and dangerous way of thinking.

    滑りやすくて危険な考え方です。

  • When people focus on equal outcome as opposed to equal opportunity, the two are very different and should not be confused.

    人々が機会均等とは対照的に結果均等を重視するとき、この2つは非常に異なるものであり、混同してはならない。

  • Life is competitive and life is hard.

    人生は勝負であり、人生は苦しい。

  • Trying to shield ourselves from this truth isn't doing ourselves any favors.

    この真実から自分たちを守ろうとすることは、自分たちのためになることではありません。

  • Just because losing doesn't feel good.

    負けても気分が良くならないからって

  • That doesn't mean we must abolish losing altogether.

    だからと言って、負けを完全に廃止しなければならないわけではありません。

  • There's value in both winning and losing in the swimming pool or in any competition, just as there is value in Excel ng or falling short in the classroom.

    プールでもどんな競技でも、勝ち負けに価値があるのと同じように、ExcelでNGを出したり、授業で失敗したりすることにも価値があるのです。

  • During my time in medical school, I worked my tail off.

    医学部時代は尻尾を巻いて働いていました。

  • I didn't relax as much as most of my classmates.

    他の同級生と比べてもあまりリラックスできなかった。

  • I studied harder and spent less time relaxing and having fun because I wanted to get into something competitive like plastic surgery.

    整形外科のような競争力のあるものに入りたいと思っていたので、もっと勉強して、リラックスして楽しい時間を過ごしていました。

  • One of my good friends, on the other hand, had decided on family medicine since the first day of class.

    一方、仲の良い友人の一人は、授業初日から家庭の医学を決めていました。

  • He had also maintained that life is short, and he didn't want to sacrifice his work life balance for getting higher grades in class or scoring higher on Step one.

    また、「人生は短い」ということを維持していた彼は、クラスで成績を上げたり、ステップ1で高得点を取ったりするために、ワークライフバランスを犠牲にしたくないと思っていました。

  • We were two people with two different approaches to medical school.

    医学部へのアプローチが違う二人でした。

  • Neither approach was right or wrong.

    どちらのアプローチが正しいか間違っているかではありませんでした。

  • We simply had to different priorities.

    私たちは単に優先順位が違っていただけです。

  • By the end of medical school, I had stronger preclinical and clinical grades.

    医学部が終わる頃には、前臨床と臨床の成績が強くなっていました。

  • A higher US Emily score more publications and was a stronger residency candidate again.

    米国のエミリーのスコアが高い方が出版物が多く、再び強い残留候補となりました。

  • Neither is right or wrong.

    どちらが正しいとか間違っているとかではありません。

  • It's simply a trade off.

    単純にトレードオフなんだよ。

  • He probably enjoyed medical school more and definitely had a less stressful and more balanced life.

    おそらく彼は医学部をもっと楽しんでいたし、ストレスが少なく、バランスのとれた生活を送っていたことは間違いないでしょう。

  • But I was a more compelling applicant or something like plastic surgery.

    でも、私はもっと説得力のある応募者というか、整形外科のようなものでした。

  • If you want to reduce competition, it needs to be less competitive to secure a residency position.

    競争を減らしたいのであれば、レジデントのポジションを確保するための競争を減らす必要があります。

  • To do that, we must open more residency positions.

    そのためには、より多くのレジデントの募集をしなければなりません。

  • The greater the discrepancy there is between the number of medical school graduates and residency positions, the greater the degree of competition.

    医学部卒業者数とレジデントの数の差が大きいほど、競争の度合いが大きくなります。

  • Making us Emily Pass fail or abolishing greats doesn't remove the fact that residencies need to rank and filter applicants for a limited number of positions.

    私たちをエミリー・パスの失敗者にしたり、偉人を廃止したりすることは、レジデンシーが限られた数のポジションのために応募者をランク付けし、フィルタリングする必要があるという事実を取り除くことはできません。

  • Life is hard and life isn't fair.

    人生は苦しいし、人生は不公平だ。

  • There are two mindsets with which we can approach the current dialogue.

    現在の対話にアプローチできるマインドセットは2つあります。

  • Option one is to point the finger at other people and systemic failures for your problems.

    選択肢1は、自分の問題を他の人やシステムの失敗を指弾することです。

  • You lament that if only X and why were different, then you'd be successful or happy.

    Xと理由さえ違えば成功したり幸せになったりすると嘆いていますね。

  • Option two is to be proactive, make the most of the situation and even help move the needle and spark change in productive ways.

    選択肢2は、積極的に、状況を最大限に活用して、生産的な方法で針を動かし、変化に火をつけることさえ助けることです。

  • The student that subscribes to option one is dissatisfied with his academic performance and complains that grades cause them to be stressed.

    オプション1を契約している生徒は、学業成績に不満があり、成績がストレスの原因になっていると訴えています。

  • The student that subscribes to option two questions why he isn't achieving the marks he desires and seeks out ways to improve his study strategies or test taking skills.

    彼はなぜ彼が望むマークを達成していないのか、オプション 2 の質問を購読している学生は、彼の学習戦略やテストの受験スキルを向上させる方法を模索しています。

  • The student with a victim mindset seeks to quash discomfort and negativity in his life by changing the world around him without examining himself.

    被害者意識を持つ学生は、自分を吟味せずに周りの世界を変えていくことで、自分の人生の不快感やネガティブさを打ち消そうとします。

  • The student with an empowered mindset understands it is far more effective to improve and adapt himself first.

    エンパワーメントされた考え方を持つ学生は、まず自分自身を改善し、適応させることがはるかに効果的であることを理解しています。

  • Only then can he best assess the situation around him and begin working towards meaningful change.

    その時になって初めて、彼は自分の周りの状況を最もよく見極め、意味のある変化に向かって努力を始めることができるのです。

  • We need more people who are willing to speak out against the cultural issues in medicine.

    医療における文化的な問題に反対の声を上げてくれる人がもっと必要です。

  • Physicians are who we look to for guidance on how to live healthier lives.

    健康的な生活を送るための指導を期待しているのが医師です。

  • Yet many physicians leave terribly imbalanced lives themselves.

    しかし、多くの医師は、ひどく不均衡な生活を自ら放置しています。

  • We can only do so much through our own efficiency and optimization.

    自分たちの効率化と最適化でしかできないことです。

  • Yet we continue to propagate an antiquated training culture that does more harm than good.

    それなのに私たちは、良いことよりも悪いことをする時代遅れの訓練文化を広め続けています。

  • Knowing what we know about sleep, why is it the norm to be sleep deprived beyond belief in medical school, clerkship, rotations and residency by using loopholes like home called residents are often expected to work for 30 hours straight or longer and then expected to return back the next day after less than 18 hours off.

    私たちが睡眠について知っていることを知っていると、なぜそれがホームと呼ばれるような抜け穴を使用して、医学部、クラークシップ、ローテーション、レジデンシーでは、信じられないほど睡眠不足になることが標準的なのです。

  • And yes, I've had to do that more times than I would like to admit our grades really the issue, or are there bigger issues that deserve more attention?

    そして、はい、私は私たちの成績が本当に問題であることを認めたいと思うよりも多くの時間をしなければならなかった、またはより多くの注意に値する大きな問題があるのですか?

  • On the other hand, we shouldn't fool ourselves into thinking that all medical students or residents have the same priorities, same work ethic or same level of mastery.

    一方で、医学生や研修医はみんな同じ優先順位、同じ労働倫理、同じレベルの習熟度を持っていると思って誤魔化してはいけません。

  • Not everyone needs to work their tail off to be a great physician, but those who are willing to make the sacrifices and work harder will continue to outshine those who don't, regardless of what metrics are used to assess.

    誰もが名医になるために尻尾を振る必要はありませんが、犠牲を払って頑張ろうとする人は、どのような評価基準で評価されようとも、そうでない人を凌駕し続けるでしょう。

  • Residency candidacy decide on what it is that you want to optimize for for those that want to match into something hypercompetitive, like dermatology or plastic surgery.

    レジデンシー候補は、皮膚科や形成外科のような何か超競争力のあるものにマッチしたい人のために最適化したいことを決定します。

  • Yes, you'll certainly have to work harder.

    はい、確かに頑張らないといけませんね。

  • But even if you're going into something less competitive, like pediatrics or family medicine, but want to match at prestigious academic programs like UCSF or MGH, you'll have to work harder than your colleagues who are perfectly content going to a community programme.

    しかし、小児科や家庭医学のような競争力の低いものに行っているが、UCSFやMGHのような一流の学術プログラムで一致するようにしたい場合でも、あなたは完全にコミュニティプログラムに行くコンテンツですあなたの同僚よりもハードに動作する必要があります。

  • One is not better than the other.

    どちらかが優れているわけではありません。

  • It all depends on your value system and what you prioritize.

    すべてはあなたの価値観と何を優先するかにかかっています。

  • Whatever you decide, my mission with med school insiders is to help you realize that dream.

    あなたが何を決めたとしても、医学部のインサイダーとの私の使命は、あなたがその夢を実現するためのお手伝いをすることです。

  • We're in this to create a generation of happier, healthier and more effective future doctors, and I'm not afraid to show you some tough love.

    私たちは、より幸せで健康で有能な未来の医師の世代を作るためにこの仕事をしているのですから、あなたに厳しい愛を見せることを恐れてはいません。

  • If you complain grades are evil and causing you to lose compassion for your future patients.

    成績が悪いと文句を言うと、将来の患者さんへの思いやりを失う原因になります。

  • Maybe you don't want to be at the top of your class, But by honing your study strategies and time management, you'll save a couple hours every day, which means you can explore other hobbies or be a gunner end.

    クラスのトップにはなりたくないのかもしれませんが、勉強の戦略や時間管理を磨くことで、毎日数時間は節約できますので、他の趣味を探求したり、ガンナーエンドになったりすることができます。

  • Put that extra time into securing some publications if you want to go into neurosurgery.

    あなたが脳神経外科に行きたい場合は、いくつかの出版物を確保するために余分な時間を入れてください。

  • But don't consider yourself the smartest.

    しかし、自分が一番賢いと思うな。

  • Understand that it's not about how smart you are.

    自分の頭の良さが問題ではないことを理解してください。

  • It's about how intelligently you approach studying time management and effort allocation.

    それは、時間管理や努力配分の勉強をいかに知的にアプローチするかということです。

  • In summary, it's important we question the medical training establishment and seek to improve it in meaningful ways.

    まとめると、医療研修の確立に疑問を持ち、有意義な改善を求めることが重要である。

  • At the same time, we must be careful not to fall into a victim mentality and always maintain an empowered frame.

    同時に、被害者精神に陥らないように気をつけ、常にエンパワーメントされたフレームを維持しなければなりません。

  • If you came this far, check out my weekly newsletter where I explore these and similar topics, visit medical insiders dot com forward slash newsletter to sign up or click the card in the middle of the screen.

    あなたがここまで来た場合は、私はこれらおよび類似のトピックを探索する私の週刊ニュースレターをチェックアウトし、サインアップするか、または画面の中央のカードをクリックするために医療インサイダーズドットコム前方スラッシュニュースレターを訪問してください。

  • Much love, and I'll see you guys in that next one.

    次の作品でお会いしましょう

competition in medical school and residency has been getting a bad rap.

医学部とレジデンシーの競争は、悪い評判を得ています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 医学 成績 競争 エミリー 研修 患者

医学部の成績を廃止するケース (The Case to Abolish Medical School Grades)

  • 7 1
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 27 日
動画の中の単語