Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The public loves an outlaw, often rooting for these charismatic criminals even as they

    世間は無法者を愛し、カリスマ的な犯罪者を応援している。

  • weave a trail of chaos across the country.

    国をまたいで混沌の軌跡を紡ぐ。

  • Who could forget the daring sky-high plane hijacking of the anonymous DB Cooper, who

    無名のDBクーパーによる 大胆な空飛ぶ飛行機のハイジャック事件を 誰が忘れることができるでしょうか?

  • collected his ransom money and escaped via parachute - never to be seen again?

    身代金を回収してパラシュートで逃亡して二度と姿を見せないのか?

  • Or the notorious Billy the Kid, who rose from being an orphaned petty crook to one of the

    または悪名高いビリー・ザ・キッドは、孤児になったケチな詐欺師から、その一人になった

  • most terrifying gunfighters in the wild west?

    西部劇で最も恐ろしいガンマンたち?

  • But those days of wild crime sprees are long gone...right?

    しかし、野蛮な犯罪の時代はとっくに終わっている......んだよな。

  • Not quite.

    そうでもない

  • In the early 2000s, a notorious criminal terrorized the Pacific Northwest, committing countless

    2000年代初頭、悪名高い犯罪者が太平洋岸北西部を恐怖に陥れ、数え切れないほどの

  • crimes of larceny, grand theft, and escapes from the authorities.

    窃盗罪、窃盗団、脱走罪など。

  • The only thing more shocking than his seemingly endless desire to break the law...was the

    法律を破ろうとする彼の果てしない欲望よりも衝撃的だったのは...

  • fact that he was only a kid.

    まだ子供だったという事実

  • The trouble started early for Colton Harris Moore when he was a boy growing up in Mount

    コルトン・ハリス・ムーアのトラブルは、彼がマウントで育った少年の頃、早くから始まっていた。

  • Vernon, Washington.

    ワシントン州バーノン

  • He grew up with his parents, but his father Gordon was a drug addict and spent time in

    両親のもとで育ったが、父親のゴードンは麻薬中毒者で、刑務所で過ごしていた。

  • prison before walking out on the family.

    家族を見捨てる前に刑務所へ

  • Neighbors worried that Colton's mother wasn't taking good care of him, and his teachers

    近所の人たちは、コルトンの母親が彼の面倒をよく見ていないことを心配していた。

  • were worried - he didn't like to listen to instructions and was constantly getting

    悩んでいました - 彼は指示を聞くのが好きではなかったし、常に

  • into fights.

    喧嘩になる

  • When he talked to a therapist, he said his mother was a drunk who would break his things.

    セラピストに相談すると、母親は自分の物を壊すような酔っ払いだと言っていた。

  • It wasn't long before Colton would find more serious trouble.

    コルトンがもっと深刻な問題を見つけるまで長くはなかった。

  • Tired of living at home with his troubled mother, Colton was living on his own by the

    問題を抱えた母親と一緒に家で暮らすことに疲れたコルトンは、一人で暮らしていました。

  • age of seven.

    七歳

  • He spent some of his time in the woods surrounding Mount Vernon, but there were more inviting

    彼はマウント・バーノン周辺の森の中で過ごしましたが、もっと魅力的な場所がありました。

  • targets - the many vacation homes near the city.

    ターゲット - 街の近くにある多くの別荘。

  • He would break into them for supplies, essentially building himself a little camp in the woods.

    物資を調達するために侵入して森の中に小さなキャンプを作っていました。

  • It wasn't long before the police caught up to him, and he became an unusually young

    警察に捕まるまでには時間がかからず、彼は異常なまでの若さで

  • convict for possession of stolen property.

    盗品所持で有罪判決

  • He had been arrested four times by thirteen, and with a young white criminal the authorities

    13歳までに4回逮捕されていて、若い白人の犯罪者と一緒に

  • are usually more interested in trying to help them stay out of trouble.

    は通常、トラブルに巻き込まれないようにしようとすることに興味があります。

  • He got ten days in juvenile detention, but that included meetings with therapists who

    彼は10日間の少年院生活を送っていましたが、それにはセラピストとの面談も含まれていました。

  • said he had depression, attention deficit disorder, and intermittent explosive disorder.

    うつ病、注意欠陥障害、間欠性爆発性障害と言っていました。

  • They hoped his stays in juvie would set him on the straight and narrow.

    彼らは彼の少年院での滞在が、彼を真っ直ぐな道に導くことを望んでいた。

  • Colton had other plans.

    コルトンには別の計画があった

  • His petty crimes took a more serious turn when he was caught possessing a neighbor's

    些細な犯罪がさらに深刻になったのは、隣人の車を所持していたことが発覚した時だ。

  • stolen camcorder.

    盗まれたビデオカメラ

  • Eventually, he would be sentenced to a longer term of three months in a halfway house - but

    最終的には、中途半端な家で3ヶ月の長期刑を宣告されることになるが--。

  • that was too long for him to stay put.

    それは彼がじっとしているには長すぎた。

  • One day in 2008, he simply walked away and disappeared back into the wild.

    2008年のある日、彼はただ歩き去り、再び野生の中へと姿を消した。

  • Colton Moore was 17 now, and he was ready to take his criminal campaign to the next

    コルトン・ムーアは17歳になっていた 彼は犯罪キャンペーンを 次の段階に持っていく準備ができていました

  • level.

    のレベルになります。

  • The authorities of the Pacific Northwest were not ready to take on this precocious career

    太平洋岸北西部の当局は、この早熟なキャリアを引き受ける準備ができていませんでした。

  • criminal.

    犯罪者だ

  • Moore knew the area inside and out from his years slipping around the woods undetected.

    ムーアは森の中を何年も抜け出していたことを知っていました。

  • Now that he planned to live the outlaw life, he had no problem breaking into countless

    無法者の生活を送ることを計画していた今、彼は無数に侵入することに何の問題もありませんでした。

  • houses to get whatever he needed.

    必要なものは何でも手に入れるために

  • Sometimes he would take a bath.

    たまにお風呂に入ることもありました。

  • Sometimes he would steal ice cream - even outlaws need their sweet treats.

    時々彼はアイスクリームを盗みます - 無法者でも甘いものが必要です。

  • Other times he would take advantage in more expensive ways - he once stole a homeowner's

    他にも、彼はより高価な方法で利益を得ることがあります - 彼はかつて家の所有者の

  • credit card and snuck on their computer to order high-end night vision goggles and a

    クレジットカードを使ってパソコンに忍び込み、ハイエンドの暗視ゴーグルと

  • can of bear mace - a good investment for someone living in the Washington woods.

    熊のメイスの缶 - ワシントンの森に住んでいる人のための良い投資です。

  • But his tastes were getting more and more expensive.

    しかし、彼の好みはどんどん高くなっていった。

  • Moore was Washington's problem alone - until he wasn't.

    ムーアはワシントンだけの問題だった - そうでなくなるまでは。

  • Soon, in states including Idaho, South Dakota, Nebraska, and even as far east as Iowa and

    まもなく、アイダホ、サウスダコタ、ネブラスカ、さらにはアイオワや東側の

  • Illinois, the authorities were noticing a pattern.

    イリノイ州、当局はパターンに気づいていた。

  • Cars were going missing and showing up in completely different places.

    車は行方不明になったり、全く違う場所に現れたりしていました。

  • And everywhere these stolen cars popped up, burglaries soon followed.

    盗まれた車があちこちで出回っていて、すぐに強盗が入ってきた。

  • Authorities soon assumed that this mysterious burglar was taking cars from one place, driving

    当局はすぐに、この謎の強盗がある場所から車を奪って運転していると推測しました。

  • them to another and abandoning them, and picking up a new car in the area to drive on to parts

    買い替えて廃車にして、その地域で新車を拾って部品取りに行く。

  • unknown.

    不明。

  • Colton Moore had learned the criminal trade well, and this tactic made it very hard for

    コルトン・ムーアは 犯罪の取引を熟知していた この戦術は

  • anyone to keep tabs on him - because they never knew what he'd be driving.

    誰かが彼を監視するために 彼が何を運転していたか知らないからだ

  • But his riskiest heists were still ahead of him.

    しかし、彼の危険な強盗はまだ先を行っていた。

  • Moore was suspected of over a hundred thefts, including some in Canada, and he stole speedboats

    ムーアはカナダを含む100件以上の窃盗の容疑をかけられ、スピードボートを盗みました。

  • in addition to cars.

    車以外にも

  • But he had a taste for dangerous games, and that led him to an obsession - with aircraft.

    しかし、彼には危険なゲームの趣味があり、それが彼の強迫観念につながった。

  • He picked up books and DVDs on how to fly small airplanes, and eventually escalated

    小型飛行機の飛ばし方の本やDVDを手に取り、やがてエスカレートしていく。

  • to stealing privately owned planes and using them to fly to safety.

    民間所有の飛行機を盗み、安全に飛ぶために利用するために

  • He even managed to rip off a celebrity, taking the Cessna owned by rock radio personality

    ロックラジオのパーソナリティが所有するセスナ機で 有名人を騙し取ったこともあります

  • and novelty musician Bob Rivers.

    とノベルティミュージシャンのボブ・リバーズ。

  • The plane was eventually found - in a Yakama Indian reservation site on tribal land.

    飛行機は最終的に発見された-部族の土地のヤカマインディアンの保留地のサイトで.

  • But as extreme as his crimes got, Colton Harris Moore wasn't all bad.

    しかし、彼の犯罪は極端なもので、コルトン・ハリス・ムーアは悪いことばかりではありませんでした。

  • He liked stealing vehicles, making fast escapes, and taking what he needed from people's

    彼は車を盗むのが好きで、素早く逃げ、人から必要なものを奪うのが好きだった。

  • homes.

    ホームズ。

  • But there were things he didn't do in his crime spree.

    しかし、彼が犯罪を犯した時にしなかったことがありました。

  • He never hurt anyone.

    彼は誰も傷つけなかった

  • He never used a weapon to steal a car.

    彼は車を盗むために武器を使ったことはありません。

  • He never ripped off anyone just for money, only stealing essentials and supplies.

    彼は金のためだけに誰かを騙し取ったことはなく、必需品や消耗品を盗んだだけだ。

  • And he even seemed to have a soft spot for animals.

    動物が好きなようで

  • A veterinary clinic about two hours south of Seattle was surprised one day when they

    シアトルから南に約2時間の動物病院がある日、彼らが驚いたことがありました。

  • found a note from Colton in 2010, saying he had some extra money and wanted to help them

    2010年にコルトンからの手紙を見つけました 彼はいくつかの余分なお金を持っていて、彼らを助けたいと言っていました

  • take care of the animals.

    動物の世話をする

  • Surprisingly, it was signed, and even referred to himself by a nickname - the Barefoot Bandit,

    驚くべきことに、それは署名されていたし、自分自身をニックネームで呼んでいた - はだしのバンディット。

  • which he had picked up by reportedly committing some of his heists barefoot.

    裸足で強盗をしていたと報じられたことで、彼が拾ったものです。

  • Colton Harris Moore was getting bold - and that would be his undoing.

    コルトン・ハリス・ムーアは大胆になっていた。

  • Colton made a critical mistake when he started stealing vehicles and driving them across

    コルトンは重大なミスを犯した 車を盗み始めた時 車を横切って運転した

  • state lines, and especially when he started stealing aircraft.

    州の境界線、特に彼が飛行機を盗み始めたとき。

  • That got the attention of the federal government, and for the first time there was a concentrated

    それが連邦政府の目に留まり、初めて集中的に

  • law enforcement effort at tracking him down.

    彼を追跡しようとする法執行機関の努力

  • In July 2010, a federal Judge in Washington handed down an extensive indictment.

    2010年7月、ワシントンの連邦判事が大規模な起訴を言い渡しました。

  • Not only did it charge Moore with a federal crime related to his theft of a plane from

    ムーアを連邦犯罪で告発しただけでなく

  • Idaho, but it put out a ten thousand dollar bounty for information leading to his arrest.

    アイダホ州ですが、彼の逮捕につながる情報に対して1万ドルの懸賞金を出しています。

  • The walls were closing in on Colton's crime spree - so it was time for his most daring

    壁はコルトンの犯罪騒動に迫っていたので、それは彼の最も大胆な時間でした。

  • escape yet.

    まだ逃げる。

  • The Bloomington, Indiana airport wasn't usually a hub of activity, but it became the

    インディアナ州のブルーミントン空港は、通常は活動の中心地ではありませんでしたが、ここが

  • center of a federal investigation when a Cessna 400 airplane went missing - matching the pattern

    セスナ400型機が行方不明になり、連邦捜査の中心になっています。

  • of thefts of the barefoot bandit.

    裸足盗賊の窃盗事件の

  • This attracted even more attention when the plane was found crashed in the waters by the

    によって海に墜落した飛行機が発見されたとき、これはさらに注目を集めました。

  • Bahamas.

    バハマ

  • Had the pilot survived?

    パイロットは生き残ったのか?

  • No one was sure at first - but they got a clue when a series of break-ins happened on

    最初は誰も確信が持てなかったが、強盗事件が発生した時に手掛かりを掴んだ。

  • Great Abaco Island.

    グレートアバコ島。

  • Colton had fled the country, and was now continuing his crime spree in the Caribbean island nation.

    コルトンは国外逃亡し、カリブ海の島国で犯罪を続けていた。

  • But not for long.

    しかし、長くはない。

  • It was one week after the plane disappeared in Indiana, and authorities zeroed in on Harbour

    飛行機がインディアナ州で消えた一週間後に当局はハーバーに狙いを定めた

  • Island in the Bahamas.

    バハマの島。

  • The local officers had been keeping track of thefts about the island, and when they

    地元の警察官が島内での窃盗事件を把握していたが、その時には

  • found a power boat stolen from another island, they were on the trail.

    別の島から盗まれたパワーボートを発見した彼らは 痕跡を辿っていた

  • Things moved fast, as Colton attempted to flee on a stolen boat.

    コルトンは盗まれたボートで逃げようとしたので、物事は急速に動いた。

  • Police took aim - and shot out the motor of his boat!

    警察が狙いを定め、彼のボートのモーターを撃ち抜いた。

  • Colton was stranded and surrounded, but he wasn't going easily.

    コルトンは取り残され、囲まれていたが、簡単には行かなかった。

  • He threw his computer into the water, making sure his secrets would sink to the bottom

    彼は自分の秘密が底に沈むことを確認して、水の中に彼のコンピュータを投げ込んだ。

  • of the sea, and pulled out a gun.

    海の中で、銃を引き抜いた。

  • In a tense standoff, the police managed to talk him out of shooting himself, and he was

    緊迫した睨み合いの中、警察は何とか彼を説得して自分を撃つのをやめさせ、彼は

  • taken into custody.

    拘留されています。

  • He had planned to flee to Cuba, which had no extradition treaty, but instead he would

    引き渡し条約のないキューバへの逃亡を計画していたが、その代わりに

  • be headed back to the United States to face trial for a long list of crimes.

    アメリカに戻って長い罪の裁判を受けることになる。

  • But the drama in his case was far from over.

    しかし、彼の場合のドラマはまだまだ先の話だった。

  • Five people, including three police officers and a security guard, split the reward money

    警察官3人と警備員など5人が謝礼金を山分け

  • for Moore's capture, and Moore knew he was caught red-handed.

    ムーアが捕まったことで ムーアは現行犯逮捕されたことを知っていた

  • After being charged for illegal entry in the Bahamas and paying a fine, he was deported

    バハマへの不法入国で起訴され、罰金を支払った後、強制送還されました。

  • to the United States.

    をアメリカに送りました。

  • At his trial, he was sent back to Washington to face federal and local charges.

    彼の裁判では、連邦と地方の罪に直面するために、ワシントンに送り返されました。

  • After a partner of his with the unique name of Harley Davidson Ironwing pled guilty, Moore

    ハーレーダビッドソンアイアンウィングのユニークな名前を持つ彼のパートナーが有罪を宣告した後、ムーアは

  • had little chance of success at trial.

    裁判での成功の可能性はほとんどありませんでした。

  • He ultimately decided to plead guilty to all the counts against him and hope for leniency.

    彼は最終的には、彼に対するすべての訴因に対して有罪を認め、寛容を望むことにしました。

  • It turns out, Colton Moore's good luck wasn't quite over yet.

    コルトン・ムーアの幸運はまだ終わっていないことが判明した。

  • While the judge saw a 20-year-old convicted of serious crimes, she also took into consideration

    重大な犯罪で有罪判決を受けた20歳を見ながら、裁判官は次のことも考慮した。

  • his troubled childhood and his statements of remorse.

    悩んでいた幼少期と反省の弁。

  • While she did sentence him to seven years in prison - less than the ten years the prosecutors

    彼女は彼に7年の刑を宣告しましたが、検察側の10年よりも少ない懲役刑でした。

  • wanted - she also allowed him to serve them consecutively with his state prison sentence,

    彼女はまた、彼が州の刑期と連続して服役することを許可しました。

  • allowing him to be out of prison before his twenties were over.

    20代が終わる前に刑務所から出られるようにした。

  • Moore vowed to make the most of his time in prison, bettering himself - by studying aeronautical

    ムーアは、自分自身を向上させるために、刑務所での時間を最大限に活用することを誓いました。

  • engineering.

    エンジニアリング。

  • What could go wrong with the Barefoot Bandit learning how to build his own plane?

    はだしのバンディットが自分の飛行機を作る方法を学んで何がうまくいかないのか?

  • Colton's flashy crimes and young age led many people to compare him to an even more

    コルトンの派手な犯罪と若さで多くの人が彼をより多くの人と比較しました

  • high-profile outlaw - the legendary Frank Abagnale, who started a crime spree of forgery

    贋作事件を起こした伝説の無法者フランク・アバニャーレ

  • and impersonation when he was only 15 in the 1960s.

    と、1960年代にまだ15歳だった頃のなりすまし。

  • Abagnale posed as a doctor, a prison official, a lawyer, and even an airplane pilot several

    アバニエールは医者、刑務所の役人、弁護士、飛行機のパイロットなどを装っていました。

  • times before he was finally caught - even escaping from federal prison once.

    彼は最終的に捕まるまでに何度も逮捕され、一度は連邦刑務所から脱獄したこともあります。

  • While his crimes eventually caught up to him, he cut a plea deal with the federal government

    最終的には罪がバレてしまったが、連邦政府と司法取引をした。

  • and went to work for them - serving only five years in prison and beginning a lifelong career

    そして、彼らのために働きに出て、わずか5年の刑期を終え、生涯のキャリアをスタートさせました。

  • as an associate of the FBI.

    FBIの仲間として

  • His story was even made into a movie starring Leonardo Di Caprio.

    彼の物語はレオナルド・ディカプリオ主演で映画化もされた。

  • So will a similar fate await the Barefoot Bandit?

    はだしのバンディットにも同じような運命が待っているのでしょうか?

  • Outlook so far is...cloudy.

    今のところの見通しは...曇り。

  • Moore served less than five years of his seven-year sentence, being released from custody in 2016

    ムーアは7年の刑期のうち5年弱を務め、2016年に釈放されました。

  • at only twenty-five years old.

    わずか25歳で

  • He went to a halfway house in Seattle, was given a job as a clerk by his defense attorney,

    シアトルの中途半端な家に行き、弁護人から事務員の仕事を任された。

  • and had to start paying off the $129,000 in money he owes to the many, many people he

    彼は多くの人に借りている12万9千ドルの返済を始めなければなりませんでした

  • stole from.

    盗んだんだ

  • He even made an attempt to raise money for flight school - but his parole officer put

    彼は飛行学校の資金を集めようともしたが、仮釈放係官に言われた。

  • the kibosh on that, ordering the social media campaign taken down and any money raised to

    ソーシャルメディアのキャンペーンを中止して金を集めるように命令する

  • be sent to pay his debts.

    彼の借金を返済するために送られてきます。

  • The Barefoot Bandit would have to wait longer before getting back to the air.

    はだしのバンディットは、空気に戻る前にもっと待たなければならないだろう。

  • That didn't mean his reputation wasn't still sky-high.

    だからといって、彼の評判がまだ高くないわけではない。

  • Colton Harris Moore may have been caught and sent to pay his debt to society, but he had

    コルトン・ハリス・ムーアは捕まって社会への借りを返すために送られたかもしれないが、彼にはそれがあった。

  • already become immortal.

    すでに不死身になっている

  • His daring thefts, unique shoeless style, and animal-friendly nature led to him gaining

    大胆な窃盗、ユニークな靴なしのスタイル、そして動物に優しい性格が、彼の人気を高めた。

  • a huge fanbase.

    巨大なファン層

  • During his crime spree, websites were started by his fans, T-shirts were printed with his

    彼の犯罪行為の間、彼のファンによってウェブサイトが立ち上げられ、Tシャツには彼の名前がプリントされていました。

  • face on it, and folk songs were written about him - both supporting him, and by locals from

    彼を応援したり、地元の人たちが彼のことを歌ったフォークソングが書かれていました。

  • the Bahamas complaining about him.

    バハマで文句を言っていた

  • They even tried to raise money to hire a bounty hunter.

    賞金稼ぎを雇うために金を集めようともした。

  • While Moore can't earn any money off his story due to his plea deal, a book was written

    ムーアは司法取引で話を聞いても稼げませんが、本は書かれています。

  • about him, and the rights were quickly sold to 20th Century Fox while Colton was still

    コルトンがまだ生きている間に、権利はすぐに20世紀フォックスに売却されました。

  • on the run.

    逃走中。

  • In 2014, a documentary about the case premiered at a film festival and featured interviews

    2014年には、この事件のドキュメンタリーが映画祭でプレミア上映され、インタビューが掲載されました。

  • with his mother and the FBI agents who captured him.

    母親と彼を捕らえたFBI捜査官と一緒に。

  • A Canadian documentary soon followed, as he had picked up a lot of attention during his

    カナダのドキュメンタリーがすぐに公開されました。

  • brief foray into the county.

    郡内への小旅行

  • All these were done without Colton's direct involvement.

    これらは全てコルトンの直接の関与なしに行われた。

  • But what of the man behind the crime spree?

    しかし、犯罪の背後にいる男はどうなっているのか?

  • Where is he now?

    彼は今どこにいるの?

  • Colton was never one to shy away from the limelight, and even while still in prison

    コルトンは脚光を浴びるのをためらわなかった刑務所にいても

  • he briefly released a controversial blog going into his political views.

    彼は、彼の政治的見解に入る物議を醸しているブログを簡単に公開しました。

  • And now that he's out, he's stayed out of trouble with the law - for the longest

    彼が出てきた今、彼は法律の問題から逃れてきました。

  • stretch in his life - and was looking forward to getting started on a promising career in

    でのキャリアをスタートさせることを楽しみにしていました。

  • public speaking.

    人前で話すこと。

  • There was just one problem - his probation.

    一つだけ問題があった 彼の執行猶予だ

  • The terms of his release meant he had to obey strict travel restrictions until 2019.

    釈放の条件は、2019年まで厳しい渡航制限に従わなければならないことを意味していた。

  • When he asked a judge to release him early, he brought dozens of letters of support including

    裁判官に早期釈放を求めた際には、以下のような数十通の支援の手紙を持参していた。

  • from a famous conservative radio host - and the man who owned the airplane he crashed

    有名な保守派ラジオ司会者と彼が墜落させた飛行機の所有者から

  • in the Bahamas.

    バハマで

  • His probation was set to expire in late 2019.

    彼の執行猶予は2019年末に切れることになっていた。

  • And that means the Barefoot Bandit could be coming to an airport near you.

    はだしのバンディットが 近くの空港に来るかもしれない

  • For more on other notorious cases where kids got into trouble with the law, check outWeird

    子供が法律でトラブルを起こした悪名高い事件については、「変な事件」をチェックしてください。

  • Times Police Arrested Kids”, or check out this video instead.

    タイムズポリスが子供を逮捕した」、または代わりにこの動画をチェックしてみてください。

The public loves an outlaw, often rooting for these charismatic criminals even as they

世間は無法者を愛し、カリスマ的な犯罪者を応援している。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ムーア 犯罪 飛行 バハマ 刑務 強盗

10代の無法者が非常識な警察の追跡で飛行機を盗む (Teenage Outlaw Steals Plane in Insane Police Chase)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 27 日
動画の中の単語