Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • in today's lesson, We're going to look at a basic lesson in matching verbs.

    今日のレッスンでは、動詞のマッチングの基本的なレッスンを見ていきます。

  • Two subjects.

    2つの科目。

  • We're going to look at some pronouns and we're going to look at the preparatory subject there.

    代名詞をいくつか見ていきますが、そこで準備主語を見ていきます。

  • Okay, I'll get to I'll explain what that means.

    では、その意味を説明します。

  • So, generally speaking, you've learned from basic classes your verb will match the subject, right?

    一般的には、動詞と主語が一致することを基礎の授業で習っていますよね?

  • If the subject is singular, the verb will be singular.

    主語が単数形の場合、動詞は単数形になります。

  • If the subject is over, If the subject is plural, the verb will be plural.

    主語がオーバーの場合は、主語が複数の場合は動詞が複数になります。

  • Right now, here we have a little bit of a problem.

    今、ここでちょっとした問題が発生しています。

  • Why?

    なぜ?

  • Because the word there is not actually the subject of the sentence.

    そこにある言葉が実際には文の主語になっていないからです。

  • This is called a preparatory subject laboratory, this case preparatory subject picnic, which means that it's taking the place of the subject, which comes later, which it comes after the verb.

    これは準備主語研究室と呼ばれ、この場合は準備主語ピクニック、つまり動詞の後に来る主語の代わりをしていることを意味しています。

  • The reason we do that is because to begin the sentence with a long subject doesn't feel comfortable.

    なぜそうするかというと、長い主語で文を始めると違和感があるからです。

  • So we move it to the end of the sentence, and we put there in its place.

    そこで、文末に移動させて、そこに配置します。

  • So generally, now what you have to understand is that when you use there is or there are the verb matches, the noun after it, which is the subject, right?

    そこで、一般的に理解しておかなければならないのは、動詞のthere isやthere areを使うときには、その後の名詞が主語になりますよね?

  • So there is a person.

    人がいるんですね。

  • There is a man in the room.

    部屋の中に男がいる。

  • There are people in the room, so a man is singular.

    部屋には人がいるので、男は単数です。

  • Is people plural are right But then you have a sentence like this.

    Is people plural are right でも、こんな文章がありますよね。

  • There is or are a chair, a table and a TV in the room.

    部屋の中に椅子とテーブルとテレビがある、またはある。

  • So a lot of people get confused.

    だから、多くの人が混乱してしまう。

  • They're not sure.

    彼らは確信がない

  • Do I match it to the chair, which is singular, or do I match it to 123 things which create a compound subject and is plural?

    単数形である椅子に合わせるのか、複合主語を作って複数形になる123のものに合わせるのか。

  • Now, if you hear native speakers speaking, most of them will use is there is a chair, a table and a TV in the room.

    さて、ネイティブスピーカーが話しているのを聞くと、ほとんどの人が使うのは、部屋に椅子、テーブル、テレビがあります。

  • It just sounds more natural.

    ただ、その方が自然な感じがします。

  • But technically, the correct verb is our because a chair, a table and the T V are in the room.

    しかし、技術的には、正しい動詞は私たちのもので、椅子とテーブルとT Vが部屋にあるからです。

  • This is your subject.

    これがあなたのお題です。

  • It is a plural subject.

    複数の主語になります。

  • You're going to need the plural verb to complete the sentence.

    文章を完成させるには複数の動詞が必要です。

  • So one way to test if your if your verb should be a singular or plural is to rearrange the sentence, put the actual subject before the verb and then match the verb to the subject.

    そこで、あなたの動詞が単数形か複数形かをテストする一つの方法は、文を並べ替えて、実際の主語を動詞の前に置き、動詞と主語を一致させることです。

  • Don't match it to there because there is nothing.

    何もないからそこに合わせるな。

  • Okay, So now, speaking of rearranging, the best way to not have any confusion or to not feel awkward is not to use sentences.

    さて、並べ替えといえば、混乱しない、気まずくならないための一番の方法は、文章を使わないことです。

  • Beginning with there is there are Most writers and editors will tell you that sentences beginning with there is there are are weak sentences.

    Beginning with there is there are there are ほとんどのライターや編集者は、there is thereで始まる文章は弱い文章だと言うでしょう。

  • They're not powerful sentences and you should try to avoid them.

    迫力のある文章ではないので、なるべく避けた方がいいでしょう。

  • So a chair, a table and a TV are in the room.

    椅子とテーブルとテレビが入っているんですね。

  • Okay?

    いいですか?

  • Or I walked into the room and I saw a TV, a chair and, uh, sorry.

    それか部屋に入ったらテレビがあって、椅子があって、あー、ごめんね。

  • I chair a table on TV, make a new sentence, put the thing, the items as objects, Put something else as a subject.

    I chair a table on TV, make a new sentence, put the thing, the items as objects, Put something else as subject.

  • Make sure your verbs match or agree, and then you avoid all the awkwardness.

    あなたの動詞が一致しているか、同意しているかを確認して、すべての気まずさを避けることができます。

  • Now, another.

    さて、もう一つ。

  • Before I go on, let me give you another example.

    その前に、もう一つ例を挙げてみましょう。

  • There's all types of people.

    いろんなタイプの人がいます。

  • There are all types of people now, all types of people.

    今はいろんなタイプの人がいて、いろんなタイプの人がいます。

  • This is a plural, and you should say there are all types of people, but people native speakers don't like the r R.

    これは複数形で、すべてのタイプの人がいると言うべきですが、人々のネイティブスピーカーはrのrが好きではありません。

  • There are there are right.

    そこにはそこにはそこには正しいことがあります。

  • It's a little bit uncomfortable for the tongue to say.

    舌で言うのはちょっと違和感があります。

  • Plus, it's two syllable two syllables.

    しかも、2音節2つなんです。

  • There's is one syllable and easier to say.

    一音節で言いやすくなっています。

  • Easier for the mouth.

    口の中が楽になる。

  • So many, if not most native English speakers will say There's all types of people.

    だから、ほとんどのネイティブスピーカーではないにしても、多くの人はThere's all types of peopleと言うでしょう。

  • There's five cars in the parking lot.

    駐車場には5台の車が停まっています。

  • There's a There's a few people at the bar.

    バーには何人かの人がいます。

  • Whatever the situation is, even though it's not correct, people will say this more often than not.

    どんな状況であれ、それが正しくなくても、こういうことを言う人は少なくないでしょう。

  • Okay, so now what do you have to understand about English?

    さてさて、次は英語について何を理解しなければならないのでしょうか?

  • There is correct English, and then there is commonly used English.

    正しい英語があって、それから一般的に使われている英語があります。

  • They're not always the same.

    いつも同じとは限らない。

  • Okay, native speakers basically make grammar mistakes all the time, and it's acceptable.

    ネイティブは基本的に文法を間違えることはありませんし、それは許容範囲内です。

  • It's accepted because so many people do it now.

    今は多くの人がやっているから受け入れられている。

  • Another thing to keep in mind spoken English written English.

    もう一つ注意したいのが、英語で書かれたスピーキング英語です。

  • If you say there's all types of people, if you say there's five cars in the parking lot, nobody will even think twice.

    いろんなタイプの人がいると言えば、駐車場に5台もあると言えば、誰も思わずにはいられないでしょう。

  • The conversation will continue in writing.

    文章で会話が続きます。

  • It's a problem in writing.

    文章の問題です。

  • You can confuse the reader because remember, when you're speaking to someone you're using your hands.

    読者を混乱させることができるのは、自分の手を使って誰かと話しているときに覚えておくことです。

  • You're using your face to basically convey some meaning in writing.

    基本的に文章で何かしらの意味を伝えるために顔を使っているんですね。

  • There's only the reader and the words.

    そこには読者と言葉しかない。

  • If you make grammar mistakes in written English, you can make it very difficult for the reader when you're writing, be correct when you're speaking, be comfortable.

    文章を書くときに文法を間違えてしまうと、書いているときに読み手に非常に負担をかけてしまいますし、話しているときに正しく、心地よく、ということになります。

  • That's the key point here and in writing and speaking, if you're not comfortable, if you're not sure, change the sentence around.

    ここがポイントであり、文章を書いたり話したりする上で、不安があれば、文章を変えてみましょう。

  • Make a new sentence, but keep the same meaning.

    新しい文章を作りますが、意味は同じままです。

  • Now I want to look at some of these pronouns because sometimes these give people a little bit of a confusion right.

    今、私はこれらの代名詞のいくつかを見てみたいと思います、なぜなら、これらの代名詞が人々に少し混乱を与えることがあるからです。

  • Each or every person each and every will always take a singular.

    一人一人が必ず単数を取る。

  • Each person means each individual.

    一人一人というのは、一人一人という意味です。

  • Every basically means all the individual people.

    Everyは基本的には個々の人全員を指します。

  • So we're still talking about every person in the group.

    だから、まだグループ内の全員の話をしているんです。

  • We're not talking about the whole group as one group.

    グループ全体を一括りにして話しているわけではありません。

  • We're talking about all the individuals in the group, and that's why we're using the singular verb.

    集団の中のすべての個人の話をしているわけですから、単数形の動詞を使っているわけです。

  • Okay, so each and every we're talking about each individual in the group because we're talking about each individual we're using is on the other hand, when we look at all, we're still looking at all the individuals, but we're looking at them as a collection.

    そうですか、私たちはグループ内の各個人について話しているので、私たちが使用している各個人について話していますが、一方で、私たちがすべてを見るとき、私たちはまだすべての個人を見ていますが、私たちはそれらをコレクションとして見ています。

  • So now there's not one person individually, there are many people in the group and we're looking at all of them and so we're using the plural verb are All the people are welcome to join the conversation.

    今は一人一人ではなく、グループの中にたくさんの人がいて、その人たち全員を見ているので、複数形の動詞 are を使っています。

  • Okay, on the other hand, the whole now the whole This is not a pronoun you're now on.

    さて、一方で、全体の今 これは、あなたが今乗っている代名詞ではありません。

  • Your subject is going to be here, the whole group.

    あなたのお題はここにあります、グループ全体で。

  • So now we're taking all the people, but we're not looking at.

    だから今は全員連れて行っているが、見ていない。

  • The people were looking at the collection, The group, the one unit, even though it has all the little different pieces in it.

    人が見ていたのは、コレクション、グループ、一個のユニット、少しずつ違うピースが入っているのにも関わらず。

  • So the whole group is welcome to join us for lunch.

    ということで、グループ全員でお昼ご飯を食べに行きましょう。

  • Okay, So whole singular.

    単数形でいいわ

  • All plural.

    すべて複数形。

  • Okay, so remember that then we have none.

    わかった、それでは何もないことを覚えておいてくれ。

  • None basically means no one single person or no one single thing.

    Noneとは、基本的には「一人の人間が一人もいない」「一人のものが一人もいない」という意味です。

  • Now, generally, we use it with none of okay.

    さて、一般的にはどれもOKのない状態で使用しています。

  • None of the students, for example.

    生徒の中には、例えば誰もいない。

  • So similarly to there is or there are there is the correct way.

    だから、あるのと同じように、あるのとあるのが正しい方法です。

  • And then there's the common way in correct English.

    あとは、正しい英語の一般的な方法ですね。

  • None is always singular.

    どれも常に単数ではありません。

  • Especially when you have of okay.

    特にあなたが大丈夫な時に。

  • None of the students is not any single student we're talking about.

    私たちが話している生徒は誰一人としていません。

  • The individuals is, uh, excused or free to go.

    その個人は、あー、言い訳してもいいし、自由にしてもいい。

  • But again, in informal speech, you will hear many people say none of the students are free to go.

    しかし、繰り返しになりますが、インフォーマルなスピーチでは、学生は誰一人として自由に行けないという声が多く聞こえてきます。

  • Very common.

    非常によくあることです。

  • Technically not correct.

    技術的には正しくありません。

  • Is this correct?

    これは正しいのか?

  • But in spoken English, if you use are okay and written English you should try to use is be correct.

    しかし、話し言葉の英語では、あなたが使用している場合は大丈夫ですが、あなたが使用するようにしてみてください書かれた英語は正しいです。

  • Now, sometimes you'll see none without the of.

    さて、時々、あなたはのなしでどれもが表示されます。

  • So I invite.

    だから私が招待します。

  • I asked some of my staff to volunteer for this project, but none are interested again.

    何人かのスタッフにボランティアをお願いしたのですが、誰もまた興味を持ってくれません。

  • Most people will use our because we're talking about a few people.

    少数の人の話なので、ほとんどの人が利用してくれます。

  • But technically none is interested is the correct way now spoken English say whichever one you feel comfortable with, if you're going to be taking a university entrance exam like the S, A T or the G.

    しかし、技術的にはどれも興味はありませんが、あなたがS、A TまたはGのような大学入試を受けようとしている場合は、あなたが快適に感じるいずれかのいずれかを言う今話された英語の正しい方法です。

  • Matt.

    マット

  • Okay, these have grammar.

    よし、これには文法がある

  • A grammar section.

    文法編です。

  • Each of these exams has a grammar section in it.

    それぞれの試験には文法の項目があります。

  • On this grammar section, you have to be correct.

    この文法のセクションでは、あなたは正しくなければなりません。

  • They're testing your knowledge of correct grammar spoken English, whatever you want.

    彼らはあなたの正しい文法の知識をテストしています。

  • When you need to be correct, be singular for none.

    正しさが必要なときは、何もないときは単数形にしましょう。

  • Okay.

    いいわよ

  • And same with neither or either.

    どっちもどっちも同じ

  • Neither is or are again spoken English.

    どちらも英語を話すことはありませんし、再び英語を話すこともありません。

  • Neither I asked the two of them to come to the party, but neither is available.

    どちらも誘ったわけではありませんが、どちらも空いています。

  • Neither are available.

    どちらも利用できません。

  • Neither is coming.

    どちらも来ない

  • Neither are coming.

    どちらも来ない

  • And I know that only one of them is will come.

    そして、そのうちの一人だけが来ることを知っています。

  • But I don't know, uh, if it's either her or him that is going to come singular.

    でも、彼女か彼のどちらかが単数形で来るのかはわからない。

  • So these, because it's one or the other singular or singular correct, is commonly used or acceptable are neither of us is coming.

    だからこれらは、それが1つまたは他の単数形または単数形の正しいので、一般的に使用されているか、または許容されているので、私たちのどちらも来ていません。

  • Neither of us are coming again.

    二人とも二度と来ない。

  • Although it's a plural, correct is commonly acceptable.

    複数形ではありますが、正しいのが一般的です。

  • Is our your choice rate in English?

    私たちの選択率は英語ですか?

  • Be correct is for this pronoun.

    Be correctはこの代名詞のためのものです。

  • We're going to look at a few of the indefinite pronouns, different pronouns and see how they work as well.

    不定詞の代名詞をいくつか見ていきましょう、代名詞の違いも見ていきましょう。

  • Okay, so now we have these other pronouns.

    他にも代名詞があるわね

  • These are called indefinite pronouns.

    これらを不定代名詞と呼びます。

  • Everybody or everyone, somebody, anybody, nobody.

    誰でも、誰でも、誰でも、誰でも、誰でもない。

  • Whenever you're using these as subjects of your sentence, they're always going to be singular.

    これらを文章の主語にするときは必ず単数形になります。

  • Always, everybody is never everybody are now.

    いつも、みんなが、みんなが、今は、みんなが、決して、みんなが、いない。

  • If you want to say, are you say all the people right, then you have to split it up and use the word, the pronoun all.

    あなたが言いたいのであれば、あなたはそれを分割して、単語、代名詞allを使用して、すべての人が正しいと言います。

  • But as soon as you're using it as one word, everybody, somebody, anybody and nobody you're using is on the other hand, something is.

    しかし、一つの言葉として使っているとすぐに、あなたが使っているeverybody, somebody, anybody, nobodyは一方で、何かがあります。

  • We don't know what it is.

    それが何なのかはわかりません。

  • It's an indefinite pronoun, but it's one.

    不定代名詞ですが、1つです。

  • Something is if you want to use plural.

    何かは複数形にしたい場合です。

  • Don't forget to words.

    言葉を忘れてはいけません。

  • Some things are it's no longer a pronoun.

    もはや代名詞ではないものもあります。

  • Now you have a qualifier and you have an actual noun subject.

    これで、修飾語と実際の名詞の主語ができました。

  • Okay, Everything is all things are two words.

    よし、万物は万物とは、二つの言葉だ。

  • This is a noun.

    これは名詞です。

  • This is a pronoun is our anything and nothing is okay.

    これは代名詞は私たちのanything and nothingで大丈夫です。

  • These you can't split are split up and they're always going to be singular.

    分割できないこれらは分割しても必ず単数化されます。

  • So when you have indefinite pronouns, singular when you want plural, split them up into towns and qualifiers.

    だから不定代名詞、複数形にしたいときは単数形、複数形にしたいときはタウンと修飾語に分けて。

  • Okay, that's basically it.

    よし、基本的にはそれだ。

  • So if you have any questions about this, please go to invade dot com and ask in the comments section.

    ということで、ご質問があればinvade dot comに行ってコメント欄で質問してみてください。

  • There is also a quiz on the site where you can test your understanding of the verb matching with these pronouns.

    サイト内には、これらの代名詞と動詞が一致するかどうかの理解度をテストするクイズもあります。

  • And, uh, if you like the video, please subscribe to my YouTube channel.

    そして、もしこの動画が気に入ったら、私のYouTubeチャンネルを購読してください。

  • Don't forget to watch other videos on Ingrid.

    イングリッドの他の動画を見るのをお忘れなく。

  • We have over 1000 videos to help you improve your English.

    1000本以上の動画を用意していますので、英語力の向上にお役立てください。

  • I have over 100 videos that you can watch grammar vocab, all kinds of things in writing.

    文法ボキャブラ、ライティングのあらゆることが見られる動画が100本以上あるんです。

  • Etcetera.

    等々...

  • Go there, watch, Ask improve your English Slowly but surely.

    そこに行って、見て、聞いて、ゆっくりと、しかし確実に英語を上達させる。

  • So I'll see you again very soon with some new lessons.

    では、またすぐに新しいレッスンでお会いしましょう。

  • Bye bye.

    バイバイ

in today's lesson, We're going to look at a basic lesson in matching verbs.

今日のレッスンでは、動詞のマッチングの基本的なレッスンを見ていきます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 主語 単数 名詞 動詞 文章 英語

"ある "か "ある "か?英語のマッチング動詞 (“There is” or “there are”? Matching Verbs in English)

  • 5 1
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 26 日
動画の中の単語