Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • -Eddie, part of being a legend means that you spend some time

    -エディー 伝説になるには時間が必要なのよ

  • with other legends, and I was thinking that I could say

    他のレジェンドと一緒に言ってもいいかなと思っていたのですが

  • maybe the name of another iconic person and you can tell me

    象徴的な人物の名前を教えてくれないかな?

  • the first memory or story that comes to your mind.

    最初に思い浮かんだこと

  • Is that okay?

    これでいいのかな?

  • -Yeah, sure, yeah.

    -そうだね、そうだね

  • I don't know how many legends I've met.

    何人の伝説に出会ったことか。

  • -I have 104 listed here.

    -ここには104件のリストがあります

  • -You have 104 actual legends?

    -実際の伝説が104個もあるんですか?

  • -No, no, no, I only have like five legends.

    -いやいや、伝説は5つしかないんだよ。

  • Alright. Here we go. Richard Pryor.

    よし始めるぞリチャード・プライヤー

  • -He was so nice and sweet to me, and I loved to make him laugh.

    -(徳井)優しくて優しくて 笑わせるのが好きだったんですよ

  • There was nothing more rewarding than to say something

    言うほどやりがいのあることはない

  • and have Richard Pryor -- [ Laughs as Pryor ]

    リチャード・プライヤーがいる

  • That's how he laughed. [ Laughs as Pryor ]

    彼はそうやって笑っていた。[ Laughs as Pryor ]

  • When Richard did that, you would be like...

    リチャードがそれをした時、あなたは...

  • To make Richard laugh? Yeah. -Right?

    リチャードを笑わせるために?(達也)そうだよね (みのり)でしょ?

  • -He was so, so, so sweet to me.

    -彼は私にとても優しくしてくれました

  • -How about Rodney Dangerfield?

    -ロドニー・デンジャーフィールドは?

  • -Rodney Dangerfield -- I met him when I was young.

    -ロドニー・デンジャーフィールド 若い頃に会ったんだ

  • He gave me, like, bad advice.

    彼は私に悪いアドバイスをした

  • I met him when I was like 17.

    17歳の時に出会いました。

  • I was 17. I played the Comic Strip down in Fort Lauderdale,

    私は17歳だったフォートローダーデールで コミックストリップに出演したの

  • and Rodney Dangerfield came in and bumped everybody.

    とロドニー・デンジャーフィールドが入ってきて、みんなをボコボコにした。

  • It was like, "Dangerfield's going up."

    "デンジャーフィールドが上がる "って感じで

  • And all the comics are like, "Dangerfield!"

    漫画では "デンジャーフィールド!"とか

  • He went up and did...

    彼は上に行って...

  • [ As Dangerfield ] Yeah, no, I tell you --

    ああ、いや、言っておくが...

  • [ Normal voice ] And all that stuff he was doing.

    彼がやっていた全ての事を。

  • And I was like, "Mr. Dangerfield, please,"

    "ミスター・デンジャーフィールドをお願いします "と

  • after he came off and he killed.

    降りてきた後、彼は殺した。

  • I said, "Please watch my show."

    "私の番組を見てください "と言ったら

  • I wanted to go up after him, right,

    追いかけて行きたかったんですよね。

  • 'cause I thought I was a hot shot.

    自分がホットショットだと思っていたからだ。

  • I went up there and I crushed it.

    上に行って潰しました。

  • And I came off and Dangerfield's like...

    私が降りるとデンジャーフィールドは...

  • [ As Dangerfield ] Yeah, you know, you use a lot of

    そうだな、君は色々使っている。

  • foul language and you say [bleep].

    腐った言葉で[ピッピッ]と言っています。

  • You use that language.

    その言葉を使うんですね。

  • Where are you gonna go talking that kind of stuff?

    どこでそんな話をするんだ?

  • [ Normal voice ] He gave me all this stuff.

    彼は私に全てを与えてくれた。

  • Like, all the wind came out of my sails.

    帆から風が吹いてきたように

  • I was like, "Ugh, Dangerfield."

    "うわぁ、デンジャーフィールド "って感じだった。

  • Then, you know, three years went by.

    そうこうしているうちに、3年が過ぎてしまった。

  • I get on "Saturday Night Live," and three years go by.

    サタデー・ナイト・ライブに出演して3年が経ちます。

  • I'm at Caesar's Palace in Las Vegas, and I'm at a urinal.

    ラスベガスのシーザーパレスで小便器で

  • And Dangerfield walks in,

    そして、デンジャーフィールドが入ってくる。

  • and he comes in the urinal right next to me.

    と言って、私のすぐ横の小便器に入ってくる。

  • And I look over and he looks over at me and says...

    そして、私を見渡して彼が言うには

  • [ As Dangerfield ] "Hey, who knew?"

    "おい、誰が知ってるんだ?"

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • [ Normal voice ] That's my Rodney Dangerfield story.

    これが俺のロドニー・デンジャーフィールドの話だ

  • -At least he was funny. -He was totally real with it.

    -(山里)面白かったですよね (徳井)面白かったですよね-(徳井)本気で言ってましたよね (馬場園)本気で言ってましたよね

  • He was totally funny with it.

    彼はそれで完全に面白がっていました。

  • -[ As Dangerfield ] Hey, who knew, huh?

    -誰が知ってるんだ?

  • -[ As Dangerfield ] Hey, who knew?

    -おい、誰が知ってるんだ?

  • -[ Normal voice ] My favorite Rodney joke, he goes,

    -私の大好きなロドニーのジョークだ。

  • "My wife's cooking is so bad. Are you kidding me?

    "妻の料理がめちゃくちゃまずい。冗談で言っているのか?

  • I mean, since when does toast have bones?"

    いつからトーストに骨があるんだ?"

  • -[ as Dangerfield ] You know?

    -知ってるか?

  • Since when does toast have bones, you know?

    いつからトーストに骨があるんだ?

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • -Oh, my gosh. -I went to my dentist.

    -歯医者に行ってきました

  • He told me my teeth are yellow.

    歯が黄色いと言われました。

  • He told me wear a brown necktie.

    茶色のネクタイをしろと言われました。

  • You know what I mean?

    意味がわかるかな?

  • [ Normal voice ] So to have that guy tell you,

    その男に言わせるために。

  • "I don't think you have a future, kid,"

    "君には未来がないと思うよ"

  • I was like, "What the [bleep]?"

    "何だよ?"って感じでした。

  • -Heartbreaking. -I was crestfallen.

    -(馬場園)心が折れそうになりました-(馬場園)心が折れそうになりました

  • But he kept it real.

    でも彼はそれを現実にしていた。

  • -"Hey, who knew?" is unbelievable.

    -"おい、誰が知ってるんだ?"は、信じられない。

  • That's perfect. -"Hey, who knew?"

    完璧だわ-(山里)"おい 誰が知ってるんだ?"

  • It was like the perfectly timed three-year gap.

    完全にタイミングの良い3年差のような感じでした。

  • Three-year buildup to that moment.

    その瞬間までの3年間の積み重ね

  • And right, you look over, he's right there.

    そして右、あなたが見て、彼はそこにいます。

  • "Hey, who knew?" Perfect.

    "誰が知ってるの?"完璧だ

  • -Good line.

    -いい線いってる

  • Muhammad Ali.

    モハメド・アリ

  • -Oh, Muhammad Ali is my hero.

    -モハメド・アリは私のヒーローだ

  • That's my hero.

    それが私のヒーローです。

  • -I remember you -- You did Ali, didn't you?

    -覚えてるよ アリソンをやったんだろ?

  • -Yeah, I've done impressions of him,

    -(山里)そうですね 印象操作をしたことがあります

  • but there's not another person that inspired me

    でも私を奮い立たせてくれた人は他にはいない

  • more in life than Muhammad Ali.

    モハメド・アリよりも人生で

  • I think he's the greatest African-American

    彼はアフリカ系アメリカ人の中で最も偉大な人だと思います。

  • that ever lived, that ever walked the Earth.

    今までに生きてきた者、今までに地球を歩いてきた者。

  • Like, no one had the impact like Muhammad Ali.

    モハメド・アリのようなインパクトのある選手はいませんでした。

  • -And you got to hang out with him?

    -(アルマン)それで付き合ったの?

  • -Oh, I didn't get to hang out with him.

    -彼とは付き合えなかったわ

  • I met him a couple of times. -Oh.

    何度か会ったことがある-ああ

  • -I met him a few times.

    -何度か会ったことがあります

  • And he gave me a really cool thing.

    そして、本当にかっこいいものをくれました。

  • For my 40th birthday, he gave me a plaque with a glove on it.

    40歳の誕生日には、グローブの入ったプラークをプレゼントしてくれました。

  • It was like, "From your brother Muhammad Ali."

    "お兄さんのムハンマド・アリから "って感じでした。

  • My most treasured thing is this cool little plaque from Ali.

    私の一番の宝物は、アリさんのこのクールな小さなプレートです。

  • -Gosh.

    -驚いたわ

  • Do you remember that Ed Bradley interview he did

    エド・ブラッドリーのインタビューを覚えていますか?

  • on "60 Minutes," him and Ed Bradley?

    "60ミニッツ "で彼とエド・ブラッドリーが?

  • It was later, as he --

    それは後になって、彼が...

  • -Oh, after, yeah, when he pretended he was sleeping?

    -寝たふりをした後?

  • -[ Laughs ] Yeah.

    -そうだな。

  • -[ Laughs ]

    -[ Laughs ]

  • And then he acted like he was having fits.

    そして、彼は発作を起こしているように振る舞った。

  • Yeah, it was very funny. -He's, like, punching.

    (山里)そうですよね 面白いですよね-(徳井)殴ってるんですよ (YOU)殴ってるんですよ

  • -And that's one of the things that was beautiful about Ali,

    -そこがアリさんの美しさの一つですよね

  • that he always had --

    彼はいつも...

  • he was always Ali, even when his health started to fail.

    彼は健康を害し始めた時でさえ、いつもアリだった。

  • He was never -- That spirit was still there.

    彼は決して...その精神はまだそこにあった。

  • He was always Ali.

    彼はいつもアリだった。

  • -That's so cool.

    -(美咲)カッコいいね

  • -I love Muhammad Ali so much.

    -モハメド・アリが大好きです。

  • -Well, Stevie Wonder.

    -スティービー・ワンダー

  • You must have met Stevie Wonder. You sang with him.

    スティービー・ワンダーに会ったことがあるでしょう。彼と一緒に歌ったんですね。

  • -Yeah, I met Stevie.

    -スティービーに会った

  • Yeah, Stevie's an old friend, and I love Steve.

    スティーブは昔からの友人で スティーブが大好きなんだ

  • And he's a true genius.

    そして、彼は真の天才です。

  • Stevie's the genius -- You know how you hear people say

    スティービーは天才だと言われている

  • somebody's a genius or this person's a genius?

    誰かが天才なのか、この人が天才なのか。

  • Stevie Wonder is a real genius.

    スティービー・ワンダーは本物の天才です。

  • If you're around him, it's like, okay, that's what a genius is.

    周りにいたら、よし、天才とはそういうものだ、という感じです。

  • It's like, okay, I never seen one before.

    一度も見たことがない

  • And when you see him, especially if you're around him

    そして、彼を見たとき、特に彼の周りにいると

  • and he's doing something with music, then it's --

    彼は音楽で何かをしていて、それは...

  • then you're really blown away by it.

    とか言ってたら、ほんとにボケるんですよね。

  • But it don't even have to be that.

    しかし、それはそれである必要はありません。

  • Just be around him and he's just a genius.

    周りにいるだけで、ただの天才です。

  • -Yeah, it's almost insane when you get to really see,

    -(徳井)本当に見ると めちゃくちゃだよね (馬場園)うん

  • like, someone like that and you're just like --

    そのような人がいて、あなたはただ...

  • You go, "Yeah," and notes just start playing like...

    "そうだ "と言って音符を弾き始めると...

  • [ Vocalizing ]

    [ ボーカライズ ]

  • -Yeah, I think of all the artists I've met ever in life,

    -今までの人生で出会ったアーティストのことを考えてみると

  • the two that I've met felt, like, you know,

    会ったことのある二人は、なんとなく感じていました。

  • this otherworldly amount of talent and genius

    此の世の才色兼備

  • was Stevie and Prince.

    はスティービーとプリンスだった。

  • They were like, okay, this is a genius.

    彼らは、OK、これは天才だと言っていました。

  • -Yeah, and Prince --

    -プリンスも...

  • We talked a little bit about Prince last time you were here.

    前回来た時にプリンスの話を少ししましたね。

  • And he was on our show a bunch of times.

    彼は私たちの番組に何度も出ていたわ

  • I always tell people if they ask me about him

    私はいつも彼のことを聞かれたら、人に言うんです

  • that he was actually funny.

    彼は実際には面白かった

  • He loved to laugh.

    笑うのが好きだった。

  • -Yeah, yeah, sense of humor, yeah.

    -そうそう、ユーモアのセンスがね。

  • Oh, another genius is McCartney.

    あ、もう一人の天才はマッカートニー。

  • -Yeah. Of course.

    -(アルマン)そうだよね(アルマン)そうだよね (政子)そうだよね

  • -I've been around -- Yeah, those three.

    -この3人だよ

  • You know, those three.

    あの3人は

  • Prince, McCartney, and Stevie.

    プリンス、マッカートニー、スティービー。

  • I was like, "I'm in the presence of a genius."

    "天才の目の前にいる "って感じで

  • -Did the story that your brother Charlie --

    -チャーリーの兄さんの話は...

  • which, again, I'm sorry to hear about his passing --

    彼の死はお気の毒に...

  • the story about Prince challenging you

    プリンスが挑戦する話

  • to a game of pickup basketball that he told on "Chappelle,"

    チャペルで話したバスケの試合のことを

  • I'm sure that really happened, but --

    本当にそうだったと思いますが...

  • -That is totally and absolutely accurate.

    -(徳井)それは完全に正確ですね (山里)そうですね

  • -But he gave you outfits?

    -衣装はもらったんですか?

  • -No, we had on stuff from the club, you know.

    -いや、クラブで買ってきたものを持ってきたんだ。

  • So we had on club clothes, and Prince had on that outfit

    私たちはクラブの服を着ていて、プリンスはその服を着ていました。

  • that was in the "Kiss" video

    それは「キス」のビデオにあった

  • where he had the little, like, short shirt

    彼は短いシャツを着ていた

  • and the leather jacket with the buttons and stuff.

    と、ボタンなどがついた革ジャンを着ています。

  • He had that outfit on

    彼はその服を着ていた

  • and a little gold chain around his waist.

    と腰に小さな金のチェーンを巻いていました。

  • A waistlet, I think. He had on a waistlet.

    ウェストレットだと思います。彼はウエストレットを履いていた

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • And he was like, "Yo, want to play some basketball?"

    彼は "よ、バスケしないか?"って言ってた

  • We was like, "What the [bleep]?

    私たちは、「なんだ[ピッ]?

  • You want to play some basketball?"

    "バスケしないか?"

  • It was like, "Alright, let's play."

    "よし 遊ぼう "って感じで

  • My brother was -- It was Prince and some dude,

    兄貴は プリンスと他の男だった

  • a dude named Micki Free that used to hang out.

    ミッキー・フリーという男が よく遊びに来ていました。

  • They used to all kind of wear their kind of Prince clothes.

    昔はみんな王子様の服を着ていました。

  • So my brother was like,

    だから弟はこうだった。

  • "Alright, it's gonna be shirts against blouses."

    "シャツとブラウスの対決だ"

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • -And who won?

    -誰が勝ったの?

  • -And they teamed up and the blouses won.

    -チームを組んでブラウスが勝ちました

  • They beat the [bleep] out of us.

    彼らは私たちを叩きのめした。

  • But you know what I think?

    でも、私の考えを知っていますか?

  • We had one dude on our squad that could play named Larry,

    うちのチームにはラリーという名の選手がいた

  • and he didn't have no shoes, so Prince said --

    彼は靴を持っていなかったので プリンスは...

  • gave him some sneakers, right?

    スニーカーをくれたんだよな?

  • And Prince wore, like, maybe two, three sizes

    プリンスが着ていたのは 2、3サイズくらいだったかな

  • smaller than Larry, but Larry was so excited

    ラリーより小さいけど ラリーは興奮してた

  • to have Prince's sneakers on, he put them tiny sneakers

    プリンスのスニーカーを履かせるために、彼は小さなスニーカーを履いた。

  • on his feet, so he couldn't do his game.

    足元が悪くてゲームができなかった。

  • -Toes all crammed up.

    -(山里)足の指が詰まってる (徳井)足の指が詰まってる

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • -Yeah, so he couldn't execute. So we lost.

    -(YOU)そうそう... (徳井)実行できなかったんですよね負けたんだよね

  • The one dude that could play,

    演じることができる唯一の男。

  • Prince's shoes had him shut down, so he couldn't execute.

    プリンスの靴でシャットダウンされていて、実行できなかった。

  • -That's genius!

    -(徳井)天才だね (YOU)天才だね

  • That's the genius move.

    天才的な動きですね。

  • Eddie, I always love talking to you.

    エディ 君と話すのが大好きだ

  • I'm so happy. Congrats on everything.

    うれしいわおめでとうございます

  • Congrats on "Coming 2 America."

    "カミング・ツー・アメリカ" おめでとうございます

  • I can't wait for the world to see it.

    早く世間に見てもらいたいです。

  • It's gonna stream on Amazon Prime Video

    アマゾン・プライム・ビデオで配信される

  • beginning next Friday.

    来週の金曜日から

  • Thanks again for coming by. Come whenever.

    (南上)いつもありがとうございますいつでも来てください。

  • -Yeah, man, I'm gonna come by.

    -ちょっと寄ってみるよ

  • I can't wait to come by when it's all safe to come.

    無事に来れるようになったら、早く来たいですね。

  • -Yep. Oh, you're always welcome. -Yeah, man.

    -(美月)うんいつでも歓迎するよ-(アルマン)そうだね

  • -Thank you so much. Congrats.

    -(達也)ありがとうございます (みのり)ありがとうございますおめでとうございます

-Eddie, part of being a legend means that you spend some time

-エディー 伝説になるには時間が必要なのよ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TheTonightShow プリンス 天才 アリ 徳井 山里

エディ・マーフィー、プリンスとのバスケットボール対決の詳細を発表|ザ・トゥナイト・ショー (Eddie Murphy Details His Iconic Basketball Match Against Prince | The Tonight Show)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 26 日
動画の中の単語