Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Between 1860 and 1861, 11 southern states withdrew from the United States

    1860年から1861年の間に、南部11州がアメリカから撤退しました。

  • and formed the Confederate States of America.

    を設立し、アメリカ合衆国連合国を結成した。

  • They left, or seceded, in response to the growing movement

    彼らは、運動の拡大に対応して離脱、または分離しました。

  • for the nationwide abolition of slavery.

    全国的な奴隷制廃止のために

  • Mississippi said,

    ミシシッピが言ってた

  • our position is thoroughly identified with the institution of slavery.”

    "我々の立場は奴隷制度と 徹底的に一致している"

  • South Carolina citedhostility on the part of the non-slaveholding states

    サウスカロライナ州は、「非奴隷保有国側の敵意」を挙げた。

  • to the institution of slavery.”

    "奴隷制度に"

  • In March 1861, the Vice President of the Confederacy, Alexander Stevens,

    1861年3月、南軍副大統領のアレクサンダー・スティーブンスは

  • proclaimed that the cornerstone of the new Confederate government

    南部新政府の礎となるものと宣言した

  • was white supremacy, or as he put it,

    白人至上主義、彼が言うところの白人至上主義でした。

  • slaveryandsubordinationto white people

    "奴隷従属

  • was thenatural and normal conditionof Black people in America

    は、アメリカの黒人の「当たり前で当たり前の状態」だった。

  • and theimmediate cause of the late rupture and present revolution.”

    と "後期破局と現在の革命の当面の原因 "を指摘した。

  • Three weeks after the now-infamous Cornerstone Speech,

    有名な礎石演説から3週間後に

  • the American Civil War began.

    アメリカ南北戦争が始まった。

  • The conflict lasted four years, had a death toll of about 750,000,

    紛争は4年間続き、約75万人の死者を出した。

  • and ended with the Confederacy's defeat.

    と、南軍の敗北で終わりました。

  • By 1866, barely a year after the war ended,

    1866年には、かろうじて終戦後1年が経過していた。

  • southern sources began claiming the conflict wasn't actually about slavery.

    南部の情報源は、紛争は実際には奴隷制ではないと主張し始めた。

  • Meanwhile, Frederick Douglass,

    一方、フレデリック・ダグラスは

  • a prominent abolitionist and formerly enslaved person, cautioned,

    著名な奴隷廃止論者で元奴隷の人が注意を促した。

  • the spirit of secession is stronger today than ever.”

    "分離独立の精神は今まで以上に強くなっている"

  • From the words of Confederate leaders,

    南部連合の指導者の言葉から

  • the reason for the war could not have been clearerit was slavery.

    戦争の理由は明確ではありませんでした-それは奴隷制でした。

  • So how did this revisionist history come about?

    では、この修正主義的な歴史はどのようにして生まれたのでしょうか?

  • The answer lies in the Lost Cause— a cultural myth about the Confederacy.

    その答えは「失われた原因」にあります。

  • The term was coined by Edward Pollard, a pro-Confederate journalist.

    親米派ジャーナリストのエドワード・ポラードが造語。

  • In 1866, he publishedThe Lost Cause:

    1866年、『失われた原因』を出版。

  • A New Southern History of the War of the Confederates.”

    南部連合戦争の新南部史"

  • Pollard pointed out that the U.S. Constitution gave states

    ポラードは、米国憲法が州を与えたことを指摘した。

  • the right to govern themselves independently in all areas

    全面的に独立して統治する権利

  • except those explicitly designated to the national government.

    国に明示的に指定されたものを除く。

  • According to him, the Confederacy wasn't defending slavery,

    彼によると、南部連合は奴隷制を擁護していたわけではないという。

  • it was defending each state's right to choose whether or not to allow slavery.

    それは、奴隷制を認めるかどうかを選択する各州の権利を擁護していた。

  • This explanation effectively turned white southerners' documented defense

    この説明は、事実上、白人南部人の文書化された防衛を転換させた。

  • of slavery and white supremacy into a patriotic defense of the Constitution.

    奴隷制と白人至上主義の愛国的な憲法擁護へと発展させた。

  • The Civil War had devastated the country,

    南北戦争は国を荒廃させた。

  • leaving those who had supported the Confederacy

    連合国を支持していた人たちを残して

  • grasping to justify their actions.

    自分たちの行動を正当化するために把握している

  • Many pro-Confederate writers, political leaders, and others

    親米派の作家や政治指導者などが多く

  • were quick to adopt and spread the narrative of the Lost Cause.

    はすぐにロストコーズの物語を採用し、広めました。

  • One organization, the United Daughters of the Confederacy,

    一つの組織、連合娘同盟。

  • played a key role in transmitting the ideas of the Lost Cause

    ロストコーズの思想を伝える上で重要な役割を果たした

  • to future generations.

    を後世に伝えていきます。

  • Founded in Nashville, Tennessee, in 1894,

    1894年にテネシー州ナッシュビルで創業。

  • the UDC united thousands of middle and upper class white southern women.

    UDCは何千人もの中上流階級の白人南部の女性を団結させた。

  • The UDC raised thousands of dollars to build monuments to Confederate soldiers.

    UDCは数千ドルを集めて南部連合軍の兵士の記念碑を建てた。

  • These were often unveiled with large public ceremonies,

    これらは大規模な公共の儀式でお披露目されることが多かった。

  • and given prominent placements, especially on courthouse lawns.

    と、特に裁判所の芝生に目立つ場所に配置されています。

  • The Daughters also placed Confederate portraits in public schools.

    また、娘たちは公立学校に南軍の肖像画を配置した。

  • They monitored textbooks to minimize the horrors of slavery,

    彼らは奴隷制の恐ろしさを最小限に抑えるために教科書を監視していました。

  • and its significance in the Civil War,

    と南北戦争におけるその意義を説明しています。

  • passing revisionist history and racist ideology down through generations.

    修正主義的な歴史と人種差別的なイデオロギーの継承

  • By 1918, the UDC claimed over 100,000 members.

    1918年までに、UDCは10万人以上の会員を獲得した。

  • As their numbers grew, they increased their influence outside the South.

    彼らの数が増えるにつれ、彼らは南部以外での影響力を強めていった。

  • Presidents William Howard Taft and Woodrow Wilson

    ウィリアム・ハワード・タフト、ウッドロー・ウィルソン両大統領

  • both met with UDC members and enabled them to memorialize

    両者はUDCのメンバーと出会い、追悼することを可能にしました。

  • the Confederacy in Arlington National Cemetery.

    アーリントン国立墓地にある 南部連合軍だ

  • The UDC still exists and defends Confederate symbols

    UDCはまだ存在しており、南部連合のシンボルを擁護しています。

  • as part of a noble heritage of sacrifice by their ancestors.

    彼らの祖先による犠牲の高貴な遺産の一部として。

  • Despite the wealth of primary sources

    一次資料が豊富にあるにもかかわらず

  • showing that slavery was the root cause of the Civil War,

    奴隷制が南北戦争の根本原因であることを示した。

  • the myth about states' rights persists today.

    国家の権利に関する神話は今日も根強く残っています。

  • In the aftermath of the war,

    戦争の余波で

  • Frederick Douglass and his abolitionist contemporaries

    フレデリック・ダグラスと奴隷制廃止論者の同時代人たち

  • feared this erasure of slavery from the history of the Civil War

    南北戦争の歴史から奴隷制が消されることを恐れて

  • could contribute to the government's failure

    政府の失敗の一因になりかねない

  • to protect the rights of Black Americans

    黒人の権利を守るために

  • a fear that has repeatedly been proven valid.

    何度も有効であることが証明されている恐怖

  • In an 1871 address at Arlington Cemetery, Douglass said:

    1871年のアーリントン墓地での演説で、ダグラスは次のように述べています。

  • We are sometimes asked in the name of patriotism

    "愛国心 "という名のもとに問われることがあります。

  • to forget the merits of this fearful struggle,

    この恐るべき闘争の功罪を忘れるために。

  • and to remember with equal admiration those who struck at the nation's life,

    国の命を奪った者たちを称賛して覚えている。

  • and those who struck to save it

    そして、それを救うために戦った人々は...

  • those who fought for slavery and those who fought for liberty and justice. [...]

    奴隷制のために戦った者と自由と正義のために戦った者。[...]

  • if this war is to be forgotten, I ask in the name of all things sacred,

    この戦争が忘れ去られるのであれば、私はすべての神聖なものの名の下にお願いします。

  • what shall men remember?”

    人は何を思い出すだろうか

Between 1860 and 1861, 11 southern states withdrew from the United States

1860年から1861年の間に、南部11州がアメリカから撤退しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 南部 連合 戦争 白人 ダグラス

ロストコーズの神話を論破する。アメリカの歴史に埋め込まれた嘘 - カレン・L・コックス (Debunking the myth of the Lost Cause: A lie embedded in American history - Karen L. Cox)

  • 7 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 25 日
動画の中の単語