Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Once again you find yourself sitting  in front of the campfire with friends.  

    またしても友達とキャンプファイヤーの前に座っていることに気づく。

  • You told yourself that after the sleepless nights  from your last encounter with urban legends,  

    都市伝説との最後の出会いから眠れない夜を経て、自分に言い聞かせていたんですね。

  • you would be sure to steer clear of any more scary  stories. Everything is going according to plan,  

    これ以上の怖い話は避けた方がいいでしょう。すべては計画通りに進んでいる

  • you've been roasting marshmallows and eating  s'mores all night long without a scary story  

    マシュマロを焼いて一晩中スモアを食べていても怖い話はない

  • in sight. Then suddenly the person next to  you does the unthinkable. “Let's tell some  

    を目の前にしてすると突然隣の人が考えられないことをする。"いくつか話してみましょう

  • more urban legends!” they exclaim. You try  to interject, but another friend breaks in,  

    もっと都市伝説を!」と彼らは叫ぶ。あなたは口を挟もうとしたが、別の友人が割って入ってきた。

  • And let's make them even scarier  than last time! I'll start.”

    "前回よりももっと怖がらせてあげよう!"私が始めます"

  • Last time we talked about Bloody Mary,” says your  friend. “But have you all heard of the Candyman?”  

    "前回はブラッディメアリーの話をした" 君の友人は言う"でもキャンディマンは聞いたことある?"

  • The Candyman legend goes back all the way to  the 1800's. A black man was haneously killed for  

    キャンディマン伝説は1800年代までさかのぼります。黒人が殺されたのは

  • impregnating his white lover. Years later a group  of kids was playing around an abandoned building.  

    白人の恋人を孕ませた数年後 子供たちのグループが 廃ビルの周りで遊んでいました

  • It was run down, with graffiti all over the wallsand decaying garbage in the hallways. The kids  

    壁一面に落書きされ、廊下には腐敗したゴミが散乱していた。子供たちは

  • made their way into one of the apartments; all  the windows had been covered with newspaper so  

  • it was almost completely dark. The kids went  into the bathroom and looked at the mirror.

    ほとんど真っ暗になっていました。子供たちはトイレに入って鏡を見ていました。

  • Bet you won't say his name five times,”  says one of the children. “Don't do it,”  

    "彼の名前を5回は言わないでしょう "と子供の一人が言います。"言わないで"

  • says another. But the third child looks  directly into the mirror and says,  

    は別の人が言います。しかし、三人目の子は鏡を直視して言う。

  • Candyman, Candyman, Candyman, CandymanCandyman…” On the fifth saying of the name,  

    "キャンディマン、キャンディマン、キャンディマン、キャンディマン、キャンディマン..."名前の五言目について。

  • the undead corpse of the black man who was  murdered in the 1800's comes crashing out  

    1800年代に殺された黒人の死体が出てくる

  • of the mirror. He has a hook for a hand and  bees swarming around him. The kids all run,  

    鏡の中の手にはフックを持っていて、周りには蜂が群がっています。子供たちはみんな走っていく。

  • but the one who said his name is snatched  by the hook and murdered by the Candyman.

    でも名前を言った人はフックにひっかかれてキャンディマンに殺されてしまう。

  • Oh man, you think. Now I won't be able to look  into a mirror for a while. “That was pretty good,”  

    やれやれ、と思う。これでしばらく鏡を見ることができなくなりました。"かなり良かった"

  • one of your friends says. “But listen  to how terrifying this urban legend is.”

    あなたの友人の一人が言いました。"でも、この都市伝説の恐ろしさを聞いてくれ"

  • This is the legend of the Bunny Man. His name  might sound cute at first, but the legend is  

    これがバニーマンの伝説です。彼の名前は最初は可愛く聞こえるかもしれませんが、伝説は

  • anything but. There once was an escaped mental  patient who roamed the woods. He broke out of  

    何でもない昔、森を歩き回っていた脱走した精神病患者がいました。彼は脱走して

  • an asylum, but was never caught by the police. All  the authorities could turn up were the corpses of  

    亡命したが 警察には捕まらなかった当局が見つけ出すことができたのは

  • brutally murdered bunny rabbits. They knew it must  be the escaped patient, but he kept eluding them.  

    ウサギを残酷に殺害した。彼らはそれが脱走した患者に違いないと知っていましたが、彼は彼らから逃げ続けていました。

  • He was given the nameBunny Manfor his affinity  for killing the furry creatures in terrible ways.

    恐ろしい方法で毛皮の生き物を殺すことに親和性があることから「バニーマン」の名を与えられた。

  • Eventually the Bunny Man started  getting even more gruesome. People  

    やがてバニーマンはさらにキモくなり始めた。人々は

  • would walk through the forest on nature  hikes and come across an old bridge.  

    自然の中をハイキングしながら森の中を歩いていると、古い橋を渡ってきます。

  • Hanging from the bridge were the mutilated  bodies of bunnies. A group of kids was curious,  

    橋の上にはバニーの切断された遺体がぶら下がっていました。子供たちのグループが興味津々でした。

  • and wanted to see the bunnies that  were strung up under the bridge;  

    と橋の下に吊るされているウサギを見てみたくなりました。

  • so late one night they snuck out into the woodsThey came across the bridge, and sure enough,  

    ある夜遅くに森の中に忍び込んだ 彼らは橋を渡って来て 確信しました

  • there were bunnies hanging under it. Howeverwhen they looked on top of the bridge they saw  

    橋の下にはうさぎがぶら下がっていました。しかし、橋の上を見ると、そこには

  • a man in a white suit, wearing bunny ears on top  of his head. The children shrieked in terror.

    白いスーツを着た男が頭の上にウサギの耳をつけていました。子供たちは恐怖で悲鳴をあげました

  • The next night a search party was sent  out to try and locate the children who  

    次の夜、捜索隊が出動し、子供たちの居場所を突き止めようとしました。

  • had never returned home. The party came to the  bridge where the bunnies were normally hanging,  

    帰ることはありませんでした。一行は普段はウサギがぶら下がっている橋の上までやってきました。

  • except this time it wasn't just rabbits

    今回はうさぎだけではなく...

  • That's awful!” you cry. “We're in the woodsand we definitely crossed under some bridges to  

    "それはひどい!"とあなたは泣く。"私たちは森の中にいて、確かにいくつかの橋の下を渡って

  • get here.” Your friends laugh because they  think you're joking, but you're not. “I've  

    "ここに来い"友達は冗談だと思って笑っていますが、そうではありません。"私は

  • got a good one!” declares another member of  your group. “This one's called The Beijing  

    いいものを手に入れた!」と、あなたのグループのもう一人のメンバーが宣言しています。"これは北京と呼ばれている

  • Ghost Bus. After you hear it, you probably won't  want to ride public transportation for a while.”

    ゴーストバス。それを聞いたら、しばらくは公共交通機関に乗りたくなくなるだろう。"

  • It is late one dark and stormy night.  A bus driver is making his rounds.  

    ある暗くて嵐のような夜の遅い時間。 バスの運転手が巡回しています。

  • Around midnight the bus driver spots three men  flagging him down. He is hesitant to pick them  

    夜中の12時頃、バスの運転手は3人の男を発見した。彼は彼らを選ぶのをためらっている

  • up because they are not at a bus stop, but he  figures that since the weather is so terrible,  

    バス停にはいないので、彼はそう思うが、天気がとても悪いので、彼はそう思うのだ。

  • he'll give them a break. The three men enter the  bus without a word and head to the back. The bus  

    彼は彼らを休ませてくれるだろう三人は何も言わずにバスに乗り込み 奥へと向かいますバスは

  • driver notices they are dressed in clothing  that looks like it's from a hundred years ago.  

    運転手は、彼らが100年前のような服を着ていることに気づく。

  • The men are very pale, but the bus driver just  assumes the men are actors from some show.

    男たちは非常に青ざめているが、バスの運転手は男たちをどこかの番組の俳優だと思い込んでいるだけだ。

  • The other passengers on the bus slowly  disembark at the next few stops until  

    バスの他の乗客は、次の数カ所の停留所でゆっくりと降りていきます。

  • only a handful of people remain. The three oddly  dressed men are standing in the back of the bus.  

    残っているのはほんの一握り。バスの後ろには変な格好をした三人が立っている。

  • Someone pulls the cord to signal they  will be getting off at the next station.  

    誰かが次の駅で降りる合図をするためにコードを引っ張る。

  • The driver pulls up, and the bus hisses to  a stop. The man who pulled the cord hurries  

    運転手が停車し、バスはヒスを鳴らして停車する。コードを引っ張った男は急いで

  • off the bus. Once on the sidewalk he turns  around with a frightened look on his face.  

    バスを降りる。歩道に出ると、彼は怯えた表情で振り向く。

  • Those men in the back of the bus are  floating above the floor,” he says.

    "バスの後ろにいた男たちは、床の上に浮いている。"

  • The bus driver gives him an odd look and  closes the door in the crazy man's face.  

    バスの運転手は変な顔をして、キチガイの顔でドアを閉める。

  • The bus drives off with only the driver  and three floating passengers in it.  

    バスは運転手と浮いている乗客3人だけを乗せて走り去る。

  • That was the last time anyone ever  saw the bus or the bus driver.

    バスやバスの運転手を見たことがある人はそれが最後だったな。

  • Ghosts on a bus!” you shout. What will  they think of next, serpents on a jet?  

    "バスに乗った幽霊!"と叫ぶ。次は何を考えているのかな?ジェット機に乗った蛇かな?

  • Everyone laughs and you shake your  head. “I think that's enough scary  

    みんなが笑って、あなたは首を振る。"私はそれだけで十分怖いと思います

  • stories for tonight,” you say. But one of  your friends stands up. “Wait! I am about  

    今夜のネタ」とあなたは言う。しかし、あなたの友人の一人が立ち上がった。"待って!

  • to tell you the most eerie urban legend of  alland it involves a vintage video game.”

    最も不気味な都市伝説をお伝えします...ビンテージのビデオゲームが関係しています。"

  • Back in the 80's people would flock to arcades  to get their fill of coin operated video games.  

    80年代になると、人々はコイン式のビデオゲームで一杯になるためにアーケードに群がるようになります。

  • One game in particular was addictive, but had  an ominous side to it. The game was called  

    特にあるゲームは中毒性がありましたが、それには不吉な面がありました。そのゲームは

  • Polybius. Whenever someone would drop a coin  into the game, and begin playing, they would  

    ポリビウス誰かがゲームにコインを落として遊び始めると

  • feel disoriented. But this feeling eventually  passed, and the person would continue on.

    混乱した気分になる。しかし、この感覚はやがて過ぎ去り、その人は続けていくことになる。

  • They would become addicted; always thinking about  Polybius, always wanting to go another round on  

    彼らは中毒になり、いつもポリビウスのことを考え、もう一周したいと思っていました。

  • the video game. Sometimes men in all black suits  would come in and open up the Polybius cabinet,  

    ビデオゲームのたまに黒ずくめのスーツを着た男たちが入ってきて、ポリビウスのキャビネットを開けることがありました。

  • as if they were extracting some kind of  information from it. Then they would close  

    そこからある種の情報を 抽出しているかのようにそれから彼らは

  • the cabinet up and let the line of eager  players back at the game. Then something  

    キャビネットを上げ、熱心な選手のラインをゲームに戻しました。その後、何か

  • even more strange began to happen. The people  who played the game started to get amnesia.  

    さらに奇妙なことが起こり始めましたゲームをしていた人たちが記憶喪失になり始めたのです。

  • They couldn't remember who they were, or where  they were from, only that they wanted to play  

    自分たちが誰なのか、どこから来たのかは覚えていませんでしたが、ただ遊びたいということだけは覚えていました。

  • Polybius. This odd behavior would culminate  in the unexplained death of the player.

    ポリビウス。この奇妙な行動は、プレイヤーの原因不明の死で最高潮に達するだろう。

  • When this happened the Polybius video  game would disappear, but only for a time.  

    そうなるとポリビウスのビデオゲームは消えてしまうのだが、それは一時的なものだった。

  • Eventually the all black cabinet  would reappear in another arcade,  

    やがてオールブラックのキャビネットは別のゲーセンで再登場することになる。

  • somewhere far away where the legend of the  Polybius video game had not yet been heard.

    どこか遠く、まだポリビウスのビデオゲームの伝説を聞いたことがないところで

  • Well thanks a lot, now I'm afraid  to play my own video games,”  

    "そうか......ありがとう、今は自分のビデオゲームをプレイするのが怖いんだ"

  • you say as the fire flickers and cast shadows  onto the forest trees around you. One of your  

    火が揺らめき、周りの森の木々に影を落としながら、あなたは言います。あなたの

  • friends rubs his hands together. “You've all  heard of the genie in the magic lamp right?  

    友達は彼の手をこすり合わせる。"魔法のランプの精霊 "って聞いたことあるよね?

  • But do you know the urban legend of the jinnwhich is what the genie is based off of?” You look  

    "ジンの都市伝説を知っているか?" "精霊の元になっているものだ"あなたの顔を見ると

  • at your friend. “You're not going to ruin Aladdin  for me are you?” you ask. Your friend just smiles.

    友達に向かって"私のためにアラジンを台無しにするつもりはないでしょうね?" とあなたは尋ねる。友達はただ微笑む

  • Deep in the Arabian desert a man has lost his wayHe runs out of water, and is severely dehydrated.  

    アラビアの砂漠の奥深くで一人の男が道に迷った。 彼は水がなくなり、深刻な脱水症状に陥っています。

  • The man collapses from exhaustion and falls  face first into the sand. He manages to pick  

    男は疲れ果てて倒れ、砂の中に真っ先に顔を落とす。彼はなんとか

  • his head up to look around. In front of him stands  a beautiful woman. She holds a jug full of water.  

    彼は頭を上げて周りを見回した。彼の前には美しい女性が立っています彼女は水の入った水差しを持っています

  • The man scrambles to his feet and takes the water  from her. He drinks until he almost throws up.

    男は立ち上がり、彼女から水を奪う。吐きそうになるまで飲んだ。

  • How can I ever repay you?” asks the man. The  woman removes her face covering to reveal a mouth  

    "どうやって恩返しすればいいの?"と男は問いかける。女は顔のカバーを外して口元を見せる。

  • full of serrated teeth. She contorts her body, and  changes from a beautiful woman into a terrifying  

    鋸歯状の歯が生えている。彼女は体を変形させ、美しい女性から恐ろしいものへと変化していきます。

  • monster, with horns coming out of its head and  smoke filling the space around it. The man screams  

    怪物の頭から角が出て煙が充満しています男は叫ぶ

  • and pleads for mercy. The jinn opens its gaping  maw and consumes the man whole. Then it transforms  

    そして慈悲を請うジンは口を開けて男を丸ごと食べ尽くすそれからそれは変身して

  • back into the beautiful woman, and waits for  the next unsuspecting victim to cross its path.

    美女に戻り、次の犠牲者が現れるのを待ちます。

  • You shudder at the thought of the friendly genie  from the Disney films being a man eating monster.  

    ディズニー映画に出てくる人懐っこい精霊が化け物を食っていると思うと戦慄しますね。

  • Don't be such a scaredy cat,' one of your other  

    "そんな怖がりな猫にならないで "と、他の人の一人が言っていました。

  • friends says. “Besides if you think that  was bad, wait until you hear this one.”

    友達が言うには"悪いことだと思うなら これを聞くまで待ってくれ"

  • Everyone has nightmares about something under  the bed. But The Body Under the Bed legend is  

    誰もがベッドの下で何かに悪夢を見ることがあります。しかし、「ベッドの下の身体」の伝説は

  • said to be true. It goes like this. One night  a couple is on vacation. They are having the  

    と言われています。それは次のようなことです。ある夜 カップルが休暇中です彼らは

  • time of their life and fall asleep afterlong day of fun activities. In the middle  

    人生の時間、長い一日の楽しい活動の後に眠りに落ちる。中には

  • of the night they are awoken by a horrible  smell. It reeks as if something, or someone,  

    夜になると恐ろしい臭いで目が覚めます。それはまるで何か、誰かのような悪臭です。

  • has died in the room. They try to sleep  through it, but can't get past the smell.

    が部屋の中で死んでしまいました。二人はそれを通り越して寝ようとしますが、臭いが抜けません。

  • The couple calls down to the lobby  and informs the concierge of the odor.  

    夫婦はロビーに電話をかけ、コンシェルジュに臭いを伝える。

  • The hotel staff come up to the room and  check everywhere for the source of the smell,  

    ホテルのスタッフが部屋に上がってきて、臭いの元がないかあちこちチェックしてくれます。

  • but they can't find it. The hotel is  completely booked, so they do a quick  

    と言っても見つからないそうですホテルは完全に予約で埋まっているので、彼らは素早く

  • cleaning of the room and spray air freshenerThe smell seems to have subsided for now.

    部屋の掃除と芳香剤のスプレーをしました。 今のところ臭いはおさまっているようです。

  • The next day the hotel crew takes apart the  room looking for the source of the smell.  

    翌日、ホテルのスタッフが部屋を分解して臭いの元を探します。

  • They clean under the bed and all around  the hotel room. The smell still lingers.  

    ベッドの下やホテルの部屋のあちこちを掃除してくれます。まだまだ臭いが残っています。

  • The hotel crew takes the mattress off of  the bed and unzips the mattress cover.  

    ホテルのスタッフがベッドからマットレスを外し、マットレスカバーを外す。

  • They slide the cover off to unveildead body within the mattress cover.  

    彼らはマットレスのカバーをスライドさせて、マットレスのカバーの中の死体を披露します。

  • The couple had been sleeping on top  of the dead body the entire night.

    夫婦は一晩中、死体の上で寝ていた。

  • That's gross,” says everyone around  the campfire. “Oh I'm not done yet,  

    "キモい "とキャンプファイヤーを囲んでみんなが言う。"あ、まだ終わってないよ。

  • says the storyteller. Things are  about to get so much grosser.”

    語り部は言う。物事はとてもグロいものになりそうだ。"

  • This one is called The Licked Hand. One  night a young girl awakens to the sound  

    これは「舐められた手」と呼ばれています。ある夜、少女は音で目覚めました

  • of dripping water. It is the first time her  parents have left her all alone at night,  

    滴る水の彼女の両親が夜に一人で放置したのは初めてのこと。

  • while they enjoy a weekend away. Howeverthe girl has her faithful dog to protect her.

    週末を楽しみながらしかし、女の子は彼女を守るために彼女の忠実な犬を持っています。

  • The night is cloudy. The wind howls. From the  bathroom down the hall the little girl hears  

    夜は曇っている。風が遠吠えしている。洗面所から廊下の先で少女が耳にするのは

  • a dripping noise. It sounds like the sink hasn't  been turned off all the way. She cautiously gets  

    滴るような音がする。シンクの電源が完全に切れていないような音がします彼女は慎重に

  • out of bed and makes her way to the bathroom  with the dog by her side. She enters and is  

    ベッドから出て、犬を横目にトイレに行きます。彼女が入ると

  • startled by something moving. She slams her  hand against the light switch on the wall,  

    何かが動いているのに驚いた。彼女は壁の照明スイッチに手を叩きつけた。

  • and when the light comes on, she laughs at  herself. It was only her reflection in the mirror.

    灯りが点くと、彼女は自分を見て笑っています。それは鏡に映った彼女の姿でしかありませんでした

  • The girl checks the faucet, but it's not drippingShe shrugs, turns off the light, and heads back to  

    少女は蛇口をチェックしますが、それは滴っていない。 彼女は肩をすくめて、ライトを消して、戻って向かう

  • her room. The girl climbs into bed and tries  to fall back asleep, but the dripping sound  

    彼女の部屋少女はベッドに登り、眠りに戻ろうとするが、滴るような音が......。

  • continues. She curls up under the covers and  slowly drifts off. The girl is awakened later  

    が続く。彼女は布団の下で丸くなり、ゆっくりと漂っていく。少女は後に目を覚ました。

  • that night by a nightmare. She reaches down to pet  her faithful dog who licks her hand reassuringly.  

    その夜、悪夢にうなされて彼女は忠実な犬を撫でようと手を伸ばすが、彼女は安心して手をなめる。

  • The dripping sound seems to have gotten louderThe girl squeezes her eyes shut and wills the sun  

    滴る音が大きくなったようだ。 少女は目をぎゅっと閉じて、日向ぼっこをする。

  • to rise. Eventually, due to the intermittent licks  of her trustworthy dog, she falls back asleep.

    が起き上がる。やがて、信頼する犬の断続的な舐め合いのせいで、彼女は眠りについてしまう。

  • In the morning the girl wakes up and decides  to do a more thorough sweep of the house.  

    朝、少女は目を覚まし、家の中をもっと徹底的に掃除することにしました。

  • She steps out of bed and notices her dog  isn't there anymore. She calls for him,  

    彼女はベッドから出て、犬がもうそこにいないことに気づきます。彼女は彼を呼んだ

  • but the dog doesn't come. The girl walks down  the hall to the bathroom. The door is shut.  

    と言っても犬は来ない。少女は廊下を歩いてトイレに行きますドアは閉まっています

  • She turns the handle and slowly opens it. When  she turns on the light she screeches in horror.  

    彼女はハンドルを回し、ゆっくりとそれを開ける。ライトをつけると、彼女は恐怖の悲鳴を上げた。

  • In the bathtub lies the remains of her mutilated  dog. It has been slaughtered during the night.  

    浴槽には彼女の犬の遺体が横たわっている。それは夜の間に屠殺された。

  • On the bathroom wall, written in bloodare the words: “humans can lick hands too.”

    浴室の壁には、血で書かれた言葉があります。"人間は手も舐めることができます。"

  • What is wrong with you people?” you shout.  “I'm never going to be able to sleep again.”  

    "お前らどうしたんだ?"って叫ぶんだよ "もう二度と眠れなくなる"

  • Everyone laughs and reassures you that  they are just urban legends, and none of  

    誰もが笑って、ただの都市伝説だと安心させてくれます。

  • it is real. But you can't help but feel that  all urban legends originated from somewhere.  

    というのが現実です。しかし、都市伝説はすべてどこかから生まれたものだと感じずにはいられません。

  • You know that behind every  legend, there is a hint of truth.

    すべての伝説の背後には真実のヒントがあることを知っています。

  • Now check outScary Urban Legends That  Will Keep You Up At Night.” Or watch  

    "夜も眠れない怖い都市伝説 "を チェックしてくださいまたは、以下をご覧ください。

  • Terrifying Urban Legends  That Turned Out To Be Real.”

    "恐ろしい都市伝説が現実になった"

Once again you find yourself sitting  in front of the campfire with friends.  

またしても友達とキャンプファイヤーの前に座っていることに気づく。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 伝説 バス 少女 臭い 都市 運転

あなたを興奮させる怖い都市伝説 (Scary Urban Legends That Will Freak You Out)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 24 日
動画の中の単語