Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - [Reporter] As cancel culture

    - 記者】文化を取り消すように

  • is infiltrating everywhere.

    がいたるところに浸透しています。

  • And it doesn't even. - The way of me making change

    そして、それすらもしない。- 私が変化を起こす方法は

  • - And this cancel culture. - Is be as judgemental as

    - そして、このキャンセル文化。- 判断力がないと

  • possible about other people. - Cancel culture in a nutshell

    他の人のことを考えてみましょう。- 文化を一言で言えばキャンセル

  • Cancel culture actually. - Cancel culture.

    実際に文化をキャンセルします。- 文化をキャンセルします。

  • - Freedom of speech. - Cancel culture.

    - 言論の自由。- 文化を取り消す。

  • (dramatic music)

    劇曲

  • - Let's talk about cancel culture.

    - キャンセル文化の話をしよう。

  • I'm gonna assume you know that cancel culture is a form

    キャンセル文化というのを知っていると仮定して

  • of a boycott involving an individual.

    個人を巻き込んだボイコットの

  • Usually a celebrity, who is deemed to have

    と判断された芸能人は、通常は

  • had problematic behavior

    問題行動があった

  • or who has said something questionable and controversial.

    または何か疑わしいことや物議を醸していることを言った人。

  • There have been countless videos and numerous takes

    数え切れないほどの動画やテイクがあります。

  • on why cancel culture itself has become problematic.

    キャンセル文化そのものが問題になっている理由について

  • The way that we judge an entire flawed growing human being

    欠陥のある成長した人間全体を判断する方法

  • by one moment in time taken out of that time

    一刻を争って

  • social context, thanks to social media and the internet.

    ソーシャルメディアとインターネットのおかげで、ソーシャルコンテキスト。

  • Ironically enough, cancel cultures origins apparently come

    皮肉なことに、文化の起源をキャンセルすると、明らかに来る

  • from a misogynistic joke.

    女嫌いのジョークから

  • Possibly the first reference to canceling someone comes

    誰かをキャンセルすることについての最初の言及が来る可能性があります。

  • with the 1991 film, "New Jack City".

    1991年の映画「ニュー・ジャック・シティ」で

  • In which Wesley Snipes plays a gangster named Nino Brown.

    ウェズリー・スナイプスがニノ・ブラウンというギャングを演じています。

  • In one scene after his girlfriend breaks

    恋人が壊れた後のあるシーンでは

  • down because of all the violence he's causing.

    暴力を振るっているから倒れているのです。

  • He dumps her by saying,

    と言って彼女を捨てる。

  • "Cancel that bitch, I'll buy another one."

    "そのビッチをキャンセルして 別のを買う"

  • Jump to 2010 when Lil Wayne referenced the film

    リル・ウェインが映画に言及した2010年にジャンプ

  • and a line from his song, "I'm single".

    と彼の曲「I'm single」のセリフ。

  • "Yeah. I'm single, had to cancel that bitch like Nino."

    "ああ、俺は独身だ、ニノみたいなビッチはキャンセルした"

  • This callback to the earlier sexist cancel joke

    先の性差別キャンセルジョークへのコールバックです。

  • probably helped the phrase percolate for a while.

    しばらくはこのフレーズが浸透していたのかもしれません。

  • And then several decades later gained massive popularity

    そして、数十年後に大規模な人気を得た

  • in 2018 and 2019 as evidenced by this Google trends data.

    このGoogleトレンドデータからもわかるように、2018年と2019年は

  • Of course, there are certain cancel people

    もちろん、キャンセルする人は決まっています

  • who absolutely deserve to be stripped of their power

    剥奪されて当然の人間

  • and made to pay the consequences of their actions.

    そして、彼らの行動の結果を支払うように仕向けられた。

  • If you're a serial rapist,

    あなたが連続強姦魔なら

  • abuser, convicted pedophile, murderer

    虐待者、ロリコン、殺人犯

  • or someone who likes fucking cantaloupe

    またはクソカンタロープが好きな人

  • then you deserve to be canceled.

    ならキャンセルされて当然だ

  • And more importantly, probably serve jail time.

    そしてもっと重要なのは、おそらく刑務所に入ることだ。

  • 'Cause if you actually enjoy cantaloupe

    もしあなたが実際にカンタループを楽しんでいるのなら

  • you should not be free to walk the streets

    通りを歩くのは自由ではない

  • and there's something incredibly wrong with you.

    何か信じられないほどおかしい。

  • What I do wanna add

    追加したいのは

  • to the cancel culture conversation are three things.

    をキャンセルする文化の会話には、3つのことがあります。

  • One, how cancel culture is weaponized against others.

    一つは、いかにキャンセル文化が他人に対して武器にされているか。

  • Two, how we weaponize cancel culture for ourselves

    2つ目は、自分たちのために文化をキャンセルすることを武器にする方法

  • and three, how we can actually fix

    そして3つ目は、実際にどのようにして

  • this monster that we have created.

    私たちが作ったこの怪物を

  • Though cancel culture began with good intentions

    キャンセル文化は善意で始まったが

  • and undeniably has brought some predators to light.

    と、紛れもなくいくつかの捕食者を明るみに出しました。

  • We're now witnessing the intentional weaponization

    意図的な兵器化を目の当たりにしています。

  • of cancel culture against others.

    他者に対するキャンセル文化の

  • Some people use this

    使っている人もいます。

  • to their own advantage, hurling accusations

    誹謗中傷

  • in order to get revenge for personal matters.

    私事で復讐するために

  • If you're not familiar

    馴染みのない方は

  • with the Tati Westbrook and James Charles drama,

    タティ・ウェストブルックとジェームズ・チャールズのドラマで

  • Westbrook insists her video calling James Charles

    ウェストブルックがジェームズ・チャールズを呼んでいるビデオを主張

  • out a video that used language to insinuate

    言葉を使ったビデオを出して

  • that he was a sexual predator,

    性犯罪者であることを

  • was because Westbrook thought this was the only way

    これが唯一の方法だと ウェストブルックが考えたからだ

  • to get Charles the help he needed

    チャールズが必要としていた助けを得るために

  • and not because she was upset

    怒られたからではなく

  • that he promoted vitamins that weren't hers.

    彼女のものではないビタミン剤の宣伝をしていたことを

  • You can watch the hours

    時間を見ることができます。

  • of videos if you want they'll dissect this topic to all hell

    この話題を地獄まで解剖してくれる動画を見たいなら

  • but I can tell you, it was about the vitamins.

    でも言えるのは、ビタミン剤のことです。

  • This weaponization of cancel culture is not exclusive

    このキャンセル文化の武器化は排他的ではない

  • to individual against individual.

    を個人に対して個人へ。

  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • Fandoms rally against properties they aren't satisfied with.

    ファンダムは、自分たちが納得できない物件に対抗するために結集します。

  • Most notably the "Sonic the Hedgehog" film.

    最も顕著なのは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の映画。

  • Now, when the trailer came out in April of 2019

    さて、2019年4月に予告編が出てきた時には

  • it was heavily roasted online

    ネットで酷評された

  • and had a nearly 50% dislike ratio.

    と嫌悪感の割合が50%近くありました。

  • And I mean, yeah, he looks horrifying.

    つまり、そう、彼は恐ろしい顔をしている。

  • The reaction of the internet was not wrong here.

    ネットの反応はここでは間違っていませんでした。

  • I mean, he had a human freaking teeth for crying out loud

    つまり、彼は人間の歯を持っていました大声で言うと

  • this a creepy boy, but the Twitter outrage mob

    これはキモオタだけどツイッターの暴徒化で

  • on Sonic was according to the Hollywood reporter.

    ソニックではハリウッドの記者によると

  • So immediate and loud that Paramount pushed the release date

    パラマウント社が発売日を延期したほどの即効性と声の大きさ

  • and had the VFX team redesign Sonic

    とVFXチームにソニックを再設計させた。

  • with an appearance that matched the Sega games.

    セガのゲームにマッチした外観で

  • It's hard to argue that this weaponization

    この兵器化は議論が難しい

  • and power of the internet of Fandom was necessarily wrong

    とファンダムのインターネットの力は必ずしも間違っていた

  • because when you compare the two designs

    なぜなら、2つのデザインを比較すると

  • one is clearly way less creepy.

    1の方が明らかに気持ち悪い

  • I think we can all agree that the redesign is cuter

    リデザインの方がかわいいというのは誰もが認めるところだと思います。

  • and more approachable and feels less

    より親近感が湧いてきて

  • like a creature who eats and enjoys cantaloupe.

    カンタロープを食べて楽しむ生き物のように

  • But nonetheless, this is still weaponization.

    しかし、それにもかかわらず、これはまだ兵器化されています。

  • And in this case, things came seemingly all

    そして、この場合、物事は一見してすべての

  • out for the better

    よかれと思って

  • given that it set the record for the biggest opening weekend

    最大のオープニングウィークエンドの記録を打ち立てたことを考えると

  • for a video game film in the United States

    アメリカのゲーム映画のために

  • and Canada hauling an estimated 57 million.

    とカナダが推定5700万人を輸送しています。

  • I mean, Sonic ultimately ended

    というか、ソニックは最終的に終わった

  • up grossing over 319 million worldwide.

    全世界で3億1,900万人以上の興行収入を記録しています。

  • And even with the redesign, the budget was about 95 million.

    そして、再設計でも予算は約9500万でした。

  • So this entire debacle had a happy ending

    この大失態にはハッピーエンドがあった

  • but I would argue that it sets a pretty dangerous precedent.

    しかし、それはかなり危険な前例を作ると主張します。

  • I mean, how much

    つまり、どのくらい

  • of a say should audiences have over creative choices?

    観客は創造的な選択に対してどの程度の発言権を持つべきなのでしょうか?

  • How many times have we seen movies canceled based

    映画は何度見てきたことか...

  • on their trailers, which by the way

    予告編には

  • most filmmakers have no control

    撮れても撮れなくても

  • over the way that their movie is marketed.

    彼らの映画が市場に出回っている方法を超えて。

  • Usually, it's at the discretion of the film distributor

    通常は映画配給会社の判断で

  • and we all know how misleading trailers can be

    予告編がどれだけ誤解を招くか みんな知っています

  • in order to get us to watch the movie.

    映画を見てもらうために

  • And though this Sonic incident turned out well

    そして、このソニック事件はうまくいったとはいえ

  • we've seen outrage mobs in other contexts,

    他の文脈で暴徒を見たことがあります

  • particularly academics.

    特にアカデミックな

  • And these mobs have often succeeded in silencing professors,

    そして、これらの暴徒はしばしば教授を黙らせることに成功しています。

  • philosophers and journalists.

    哲学者やジャーナリスト

  • Take the case of Rebecca Tuvel

    レベッカ・トゥーベルの場合を考えてみましょう。

  • who in 2017, published an article, addressing the question

    2017年に記事を発表した人は、この問題に取り組んでいます。

  • of transracialism, which was relevant at the time

    当時関係していた異人種主義の

  • because of the news coverage of Rachel Dolezal,

    レイチェル・ドレザルの報道があったからだ。

  • a white woman who claimed black identity.

    黒人のアイデンティティを主張した白人女性

  • In the paper, in defense of transracialism.

    論文では、異人種主義を擁護しています。

  • Tuvel examined the arguments

    Tuvelは議論を検討しました。

  • you use to defend a transgender identity

    擁護する

  • and applied these to the question of transracialism.

    と、これらを異人種主義の問題に応用しました。

  • This is a very common technique among philosophers,

    これは哲学者の間ではごく一般的な手法です。

  • testing if reasoning used on one issue would apply equally

    推理合戦

  • to a different issue that appeared to close parallel.

    を並列に近いように見えた別の問題に変更しました。

  • The negative social media response to Tuvel's article, huge.

    トゥベルの記事に対するソーシャルメディアのネガティブな反応、巨大。

  • An open letter with 500 signatures

    500人の署名を集めた公開書簡

  • which apparently was mostly signed by non-academics was sent

    学者ではない人がほとんど署名したものが送られてきました。

  • to the publication, demanding that the article be retracted

    に記事の撤回を要求した。

  • and it was, an unprecedented move.

    前例のない動きだった

  • Now the academic community itself largely supported Tuvel.

    今では学術界自体がトゥベルを大きく支持しています。

  • Pointing out how several statements

    いくつかの記述がどのように行われているかを指摘する

  • in the open letter were false and misleading

    公開書簡に書かれていたのは虚偽であり、誤解を招くようなものでした。

  • and did not reflect the actual content of Tuvel's paper.

    と、Tuvelの論文の実際の内容を反映していなかった。

  • The Intelligencer has a great breakdown

    Intelligencerには素晴らしい内訳が記載されています。

  • of Tuvel's paper that debunks most

    ほとんどのことを否定するTuvelの論文の

  • of the assertions in the open letter

    公開書簡の主張の

  • and I'll link it if you wanna read it.

    読んでみたい方はリンクしておきますね。

  • Tuvel herself went on the record to say

    トゥベル自身は、次のように述べています。

  • that she had written the article from a place

    某所から記事を書いていたという

  • of support for those with non-normative identities

    非規範的なアイデンティティを持つ人への支援について

  • because she saw transphobic logic lay

    彼女はトランスフォビックロジックを見たから

  • at the heart of the attacks against Dolezal.

    ドレザルへの攻撃の中心にある

  • Now I'm not here to comment on who was right

    今は誰が正しかったかコメントするために来たわけではありません

  • or who was wrong 'cause I'm not an academic

    学者ではないので誰が間違っていたのか

  • or a transgender person or a transracial person.

    またはトランスジェンダーの人や人種を超えた人。

  • My only thought on the entire controversy

    この論争についての私の唯一の考えは

  • of this, is that if people found fault with it

    と言うことは、人のせいにすると

  • they should have addressed it critically

    批判的に対処すべきだった

  • with critical thought.

    批判的な思考で

  • The level of outrage

    怒りのレベル

  • and personal attacks that Tuvel faced was not warranted

    Tuvel が直面した個人的な攻撃は正当なものではありませんでした。

  • for an academic article rooted in philosophical thought

    哲学的思考に基づいた学術論文のために

  • and examination, because this is what philosophy is

    哲学とは何かというと、これが哲学だからです。

  • for - to examine why we think the things we think

    なぜ私たちが考えることを考えるのかを調べるために

  • and bring different viewpoints to the discussion for debate.

    と、さまざまな視点からの議論を展開していきます。

  • But the culture we live in is moving at such a rapid speed.

    しかし、私たちが生きている文化は、そのようなスピードで動いています。

  • What is socially acceptable

    社会的に受け入れられるものとは

  • or not changes incredibly quickly.

    かどうかは、信じられないほど早く変化します。

  • The norms around gender

    ジェンダーをめぐる規範

  • and identity are in flux and philosophy.

    とアイデンティティは流動的であり、哲学的である。

  • You know, they got a lot to examine right now.

    今すぐにでも調べないといけないことがたくさんあるんだよ

  • And if we find fault with one of those assertions

    その主張の一つに誤りがあるとしたら

  • we should make sure to note the context is

    コンテキストが

  • within academic speculation and address it accordingly

    学術的な推測の中で、それに応じて対処する

  • without threatening someone's life or family or employment

    闇雲に

  • when they're doing the very thing

    行うときには

  • that they're employed to do.

    そのために雇われているのだから

  • Now, if Tuvel's article was like a hate piece

    さて、トゥベルの記事がヘイトピースのようなものだったとしたら

  • that attempted to invalidate trans identity

    トランスのアイデンティティを無効にしようとした

  • and was laid in with obscenities

    卑猥な言葉を浴びせられ

  • like that's a different story, but it wasn't.

    それは別の話のような気がしますが、そうではありませんでした。

  • And I'm very curious how many people who signed

    そして、サインをした人が何人いるのか非常に気になります。

  • that open letter one, actually read Tuvel's article

    そのオープンレター1 実際にトゥベルの記事を読んでみてください

  • and not just the provocative headline

    と挑発的な見出しだけでなく

  • and two, have the academic background

    そして、2つは学歴があること。

  • to even understand why the explorative article was written

    探索的な記事がなぜ書かれたのかを理解するためにも

  • as a parallel to trans racial identity

    トランス系人種のアイデンティティの並列として

  • and the conclusions it made.

    とそれが出した結論。

  • Now the weaponization of cancel culture

    今やキャンセル文化の武器化

  • against a myriad of others seems like a no-brainer.

    他の無数の人たちに対抗するのは当然のことのように思えます。

  • But the second, and I think more harmful effect is

    しかし、第二の、そして私が思うに、より有害な影響は

  • that we weaponize it for ourselves.

    自分たちのために武器にする

  • We weaponize cancel cultures that we feel better

    自分たちの気分が良くなるような文化のキャンセルを武器にする

  • about ourselves, because feeling angry

    自分自身について、怒りを感じているから

  • and feeling superior and feeling outraged

    驕り高ぶって憤慨する

  • feels fucking great.

    最高の気分だ

  • - But I do get a sense sometimes now

    - でも今は時々感じるんだ

  • among certain young people, and this is accelerated

    特定の若者の間では、これが加速されています。

  • by social media, there is this sense sometimes

    ソーシャルメディアによって、時々このような感覚があります。

  • of the way of me making change is to be as judgmental

    私の変化の仕方は、私が判断しているように

  • as possible about other people.

    他の人のことを可能な限り

  • And that's enough.

    そして、それだけで十分です。

  • Like if I tweet or hashtag

    私がツイートやハッシュタグをつけたら、みたいな。

  • about how you didn't do something right

    怠け者のくせに

  • or use the word wrong verb

    または言葉を間違える動詞を使う

  • or then I can sit back and feel pretty good about myself.

    そうでなければ、座って自分のことを考えることができる。

  • 'Cause man, you see how woke I was?

    俺がどれだけ起きていたか見たか?

  • I called you out

    私はあなたを呼び出しました

  • - Yeah. Calling someone out makes us feel real good.

    - そうだな誰かを呼び出すと、私たちは本当に良い気分になる。

  • It automatically places us above the person who did wrong.

    自動的に悪いことをした人の上に私たちを置きます。

  • The problem is, we forget

    問題は、私たちが忘れていることです

  • that we do wrong shit all the time.

    私たちはいつも間違ったことをしている

  • - This idea of purity and you're never compromised

    - この考えは、純粋さとあなたが妥協しないことを意味します。

  • and you're always politically woke

    と、いつも政治的に目が覚めている

  • and all that stuff you should get over that quickly.

    とか、そういうのは早く乗り越えた方がいいよ。

  • (audience laughing) The world is messy.

    観客の笑い声)世界はごちゃごちゃしています。

  • There are ambiguities,

    曖昧さがあります。

  • people who do really good stuff have flaws.

    本当に良いことをする人には欠点があります。

  • - There's a wonderful book it's called

    - という素晴らしい本があります。

  • "So You've Been Publicly Shamed" by Jon Ronson

    "So You've been Been Publicly Shamed" by ジョン・ロンソン

  • and it examines the Twitter outrage mob

    とツイッターの暴徒化を検証しています。

  • and the real life effects that this digital judge

    と、このデジタルジャッジがもたらす実生活への影響

  • jury and executioner have had.

    陪審員と死刑執行人が持っていた

  • Some of my favorite standout quotes are,

    私の好きな目立つ名言のいくつかは

  • "The snowflake never needs to feel responsible

    "雪の結晶は責任を感じる必要はない

  • for the avalanche."

    "雪崩のために"

  • And, "We were creating a world where the smartest way

    そして、「私たちが作っていたのは、最もスマートな方法である

  • to survive is to be bland".

    to survive is to be bland" 生き残るためには、当たり障りのないことが必要なのです。

  • Cancel culture in its most extreme form

    最も極端な形で文化を取り消す

  • often forgets that we judge an entire person based

    人は人を見る目を忘れている

  • on one moment in time, out of context

    刹那的

  • of actually knowing that individual's background,

    実際にその個人の背景を知っていることの

  • exposure, upbringing, and growth.

    露出、育ち、成長。

  • And if cancel culture's goal is to make people more aware

    そして、文化を取り消すことが目的であるならば

  • of their harmful behaviors.

    その有害な行動の

  • Yeah. It's succeeding.

    ああ 成功してる

  • But if its ultimate goal is

    しかし、その究極の目的が

  • for those harmful behaviors to be adjusted

    それらの有害な行動を調整するために

  • so that people can move forward

    人が前に進むことができるように

  • in their lives and integrate that awareness and get rid

    彼らの生活の中で、その意識を統合し、取り除くことができます。

  • of that problematic behavior, then it's fucking failing.

    その問題行動のうち、クソ失敗しているということです。

  • I think Sarah Silverman put it the most eloquently

    サラ・シルバーマンが最も雄弁に表現していると思います。

  • on an episode of her podcast.

    彼女のポッドキャストのエピソードで