Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hello and welcome to Little Learners. In this video I'm going to be talking about phonics and kind of going over a bit of an introduction to what phonics actually is.

    こんにちは、リトル・ラーナーズへようこそ。 この動画では、フォニックスについて話し、それがどういうものであるかについても少し紹介します。

  • You may have heard this word a lot if your child is a nursery or reception or they're about to go into one of those and you may have been thinking, 'What is phonics?'

    あなたの子供が保育園や託児所、またはそういった場所に入所するにあたり、この言葉をよく聞くかもしれません。そして、「フォニックスって何?」と思っているかもしれませんね。

  • Now when I was at school and I'm sure many of you as well, phonics was taught very differently so it can be quite confusing now to see the way that phonics is taught in schools and to really help your children with it when actually don't understand it because it's not the same as when you were at school.

    私が学校にいたとき、あなた方の多くもそうだと思いますが、フォニックスは非常に違う形で教えられていたので、現在学校でフォニックスが教えられている方法を見てかなり混乱するかもしれません。そして、自分が学校にいた時とは違うため、それをあまり理解できない場合、フォニックスをしている子供たちを助けることも、難しいでしょう。

  • So let's just break this down a bit.

    それでは、これを少し詳しくみていきましょう。

  • Primarily phonics is the study of sounds in the English language or any language for that matter.

    本来、フォニックスとは、英語またはその他の言語での音の研究です。

  • We use phonics to teach children how to identify different sounds so that they can read them and eventually write them.

    フォニックスを使用して、さまざまな音を識別し、最終的には書くことができるようにする方法を子供たちに教えます。

  • Now sometimes reading and understanding the different sounds in the English language is something that we can all take for for granted because we just know how to do it but it's actually quite complex and I will go over that in the next few videos.

    英語のさまざまな音を読んで理解することは、私たち全員が当然のことと思っています。なぜなら、私たちはそれを行う方法を知っているからです。 しかし、実際には非常に複雑なので、次のいくつかの動画でそれについて説明します。

  • So in this video I'm going to focus mainly on Jolly Phonics which is a scheme used to teach phonics throughout the United Kingdom although if your child does use a different scheme at their school this information will still be relevant.

    ですから、この動画では、主に英国全体でフォニックスを教えるために使用されるスキームであるジョリー・フォニックスに焦点を当てますが、子供が学校で別のスキームを使用する場合でも、この情報は関連性があります。

  • Okay so we all know that the English language has 26 letters in its alphabet, but there are more than 26 sounds in the English language.

    さて、英語のアルファベットは26文字だと誰もが知っていますが、英語には26を超える音があります。

  • Now I will just put a bit of a disclaimer here and say that phonics doesn't always cover everything and the English language is very complex it has lots of moving parts a lot of borrowed parts from other languages, so sometimes it doesn't always work but that's the English language for you.

    ここで少し免責事項を述べます。フォニックスは必ずしもすべてを網羅しているわけではなく、英語は非常に複雑です。 可動部分がたくさんあり、他の言語から借りた部分がたくさんあるので、常に機能するとは限りませんが、それが英語なんです。

  • So with the Jolly Phonics scheme every letter has a sound, an action and a song.

    ジョリー・フォニックス・スキームでは、すべての文字に音、アクション、および歌があります。

  • There is even a story to go with each sound.

    それぞれの音に合わせたストーリーまでもあります。

  • In my videos I'm going to mainly focus on the sounds and the actions.

    私の動画では、主に音とアクションに焦点を当てます。

  • So for example the letter A is 'ah' and the action to go with that is to pretend that there are ants crawling up your arm like this: ah, ah, ah, ah.

    たとえば、文字 Aは「ah」であり、それに伴うアクションは、次のようにアリが腕を這い上がっているふりをすることです:ah、ah、ah、ah。

  • Another example: B, which makes the sound 'buh' and you pretend that you're hitting a ball with a bat for this one so buh - buh - buh.

    別の例:B、これは音を「buh」にし、バットでボールを打っているふりをして、buh-buh-buh。

  • Some sounds lend themselves to more than one letter like /ck/ which can be used for either C or K.

    一部のサウンドは、C または K のいずれかに使用できる/ ck /のように、複数の文字に適しています。

  • Both C and K have their own songs to differentiate them but they both use the same action - ck, ck , ck - as if you're clicking castanets.

    C と K は区別するためにどちらも独自の曲を持っていますが、どちらもカスタネットをクリックしているかのように同じアクション(ck、ck、ck)を使用します。

  • So the main thinking behind all of this is that a range of different learners will be able to benefit from Jolly Phonics because you have the visual which is the letter and the pictures that you have and then you have the sound which is obviously the songs and the sound itself and you also have the action so you're using a movement as well.

    つまり、これらすべての背景にある主な考え方は、さまざまな学習者がジョリー・フォニックスから恩恵を受けることができるということです。 文字と絵であるビジュアルがあり、それから明らかに歌と音そのものがあり、アクションもあるので、動きも使用しているからです。

  • So combining all of that is a really strong learning tool.

    これらすべてを組み合わせることは、非常に強力な学習ツールです。

  • Now of course because it is the English language it's not quite as simple as all of that.

    もちろん、それは英語という言語ですから、それほど単純ではありません。

  • So for example you have digraphs which are two letters but one sound.

    たとえば、2文字で1音を表す二重字があります。

  • We see this in the likes of 'sh' and 'ch' and many others.

    これは、「sh」や「ch」など多くの場合に見られます。

  • There are also other sounds that lend themselves to three or even four letters all at once, but of course like everything in teaching and learning we start at the bottom and work our way up to those more difficult sounds.

    一度に3文字または4文字で表すような他の音もあります。 しかしもちろん、すべての教育と学習のように、私たちは一番簡単なところから始めて、それらのより難しい音に向かって進んでいきます。

  • Once children have some sounds under their belt they can then try to read some words.

    子供たちがいくつかの音をマスターしたら、彼らはいくつかの単語を読むことに挑戦できます。

  • The way the Jolly Phonics works is children don't learn the sounds in order of the alphabet they actually learn them in a way that will help them decipher words more quickly.

    ジョリー・フォニックスの仕組みは、子供たちがアルファベット順に音を学習するのではなく、単語をより早く解読するのに役立つ方法で学習するようになっています。

  • So for example if you did learn /a/, /b/ and /c/, you wouldn't really be able to make any words from that.

    つまり、たとえば a 、 b 、および c を学習した場合、それから実際に単語を作成することはできません。

  • 'Cab' (pause) I think it's just cab.

    「キャブ(cab)」(一時停止)・・・キャブしかないと思います。

  • So in Jolly Phonics we actually learn /s/ /a/ and /t/ first. You then go on to learn /p/ /i/ and /n/ as well.

    ですから、ジョリー・フォニックスでは実は/ s / ・/ a /と/ t /を最初に学習します。 次に、/ p /・ / i /と/ n /も学習します。

  • This means that you have two vowels and some consonants and you can make some really good three-letter words.

    これは、2つの母音といくつかの子音があり、非常に優れた3文字の単語を作成できることを意味します。

  • We call these CVC words because they are a consonant, a vowel and then a consonant.

    これらは「Consonant(子音)」、「Vowel(母音)」、そして「Consonant(子音)」で出来ているので、「CVCワード」と呼びます。

  • For example you have the word 'cat'. /c/ /a/ /t/. Cat. You have a consonant, vowel and a consonant.

    たとえば、「cat(ねこ)」という単語があります。 /c/・/a/・/t。 Cat。 子音、母音、子音があります。

  • With these six letters that we learn first you can make a range of different words.

    最初に学ぶこれらの6文字を使用して、さまざまな単語を作成できます。

  • So that's why we learn these first instead of going through the alphabet.

    そのため、アルファベットではなく、最初にこれらを学習するのです。

  • As a teacher I've found Jolly Phonics to be a fantastic tool for teaching children to read and as with everything in early learning, practice and repetition are key.

    教師として、私はジョリー・フォニックスが子供たちに読書を教えるための素晴らしいツールであり、すべての早期学習と同様に、練習と繰り返しが重要であることに気づきました。

  • So if your child is in Nursery or Reception you should expect to hear these sounds and songs and see the actions very frequently.

    ですから、お子さんが保育園や託児所にいる場合は、これらの音や歌を聞いて、これらのアクションを頻繁に見るでしょう。

  • I mean a lot. You will be dreaming about them.

    たくさんです。夢に見るくらいね。

  • So once children can successfully identify different sounds, they move on to reading and start to stick all of those sounds together.

    子供たちがさまざまな音をうまく識別できるようになると、子供たちは読書に移り、それらすべての音をくっつけ始めます。

  • We call this 'segmenting' and 'blending'.

    これを「セグメンテーション」および「ブレンディング」と呼びます。

  • Segmenting is when we break up the word - /c/ /a/ /t/ - and blending is when we bring all of those sounds together to read the whole word: cat.

    セグメンテーションとは、単語(/ c / / a / / t /)を分解することであり、ブレンディングとは、これらすべての音をまとめ、単語全体を読み取ることです。「cat」

  • Now what I've just done with my arms are 'robot arms' and we often use that with children to help them really break up the word so: /c/ /a/ /t/ - cat.

    今、私が腕でやったことは「ロボットアーム」といい、子供たち言葉を分解するのに役立つので、私たちはしばしばそれを子供たちと一緒にやります。:/ c / / a / / t /-猫。

  • If you'd like to know more about Jolly Phonics, the different sounds that we learn, how to help your child start reading and all the other fun that comes with phonics, please check out my other videos because you will find it all there.

    ジョリー・フォニックス、私たちが学ぶさまざまな音、子供が読み始めるのを助ける方法、そしてフォニックスに関係する他のすべての楽しいことについてもっと知りたい場合は、他の動画をチェックしてください。

  • I hope you found this video helpful if you have please click that like button.

    この動画がお役に立てば幸いです。 もし役に立ったなら、いいねボタンをクリックしてください。

  • If you want to see more of my videos make sure to click Subscribe.

    私の動画をもっと見たいなら、必ず【チャンネル登録】をクリックしてください。

  • Don't forget to click that little Bell icon down there so you get a notification every time I post a new video.

    新しい動画を投稿するたびに通知が届くように、この下にある小さなベルのアイコンをクリックすることを忘れないでください。

  • These are my social media handles please feel free to contact me via those or the comments below to let me know if there are any videos that you'd really find beneficial on this channel.

    これらは私のソーシャルメディアのハンドルネームです。これらまたは以下のコメント欄で私に連絡して、このチャンネルで本当に有益だと思う動画があれば知らせてください。

  • Thank you for watching and I will see you next time.

    ご覧いただきありがとうございます。また次回お会いしましょう。

Hello and welcome to Little Learners. In this video I'm going to be talking about phonics and kind of going over a bit of an introduction to what phonics actually is.

こんにちは、リトル・ラーナーズへようこそ。 この動画では、フォニックスについて話し、それがどういうものであるかについても少し紹介します。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 学習 単語 子供 子音 文字 動画

英語の発音が劇的に良くなる!「フォニックス」を習得しよう

  • 1518 97
    Miho Ishii に公開 2021 年 03 月 09 日
動画の中の単語