Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Ah, Haiti.

    ああ、ハイチか

  • One half of the island of Hispaniola, this Caribbean nation is one of the most diverse

    ヒスパニオラ島の半分がカリブ海に浮かぶこの国は、最も多様性に富んだ国の一つです。

  • nations on Earth.

    地球上の国々。

  • Visitors will find a unique cultural history, a beautiful landscape, and flavorful food.

    訪問者は、ユニークな文化的な歴史、美しい景観、風味豊かな食べ物を見つけることができます。

  • They'll also find a deep folklore that may hold some dark secrets.

    彼らはまた、いくつかの暗い秘密を保持している可能性があります深い民俗学を見つけるでしょう。

  • Haiti is one of the birthplaces of Vodou, an African diasporic religion that combines

    ハイチは、アフリカのディアスポリック宗教であるヴォドゥの発祥の地の一つです。

  • worship of Yoruba gods and Roman Catholic saints.

    ヨルバの神々とローマカトリックの聖人崇拝

  • But it also has a reputation surrounding the supernatural, with legends surrounding possession,

    しかし、超常現象にまつわる伝説が憑依しているという評判もあります。

  • exorcism, and magical healing.

    お祓い、魔法のヒーリング

  • Even possibly...zombies.

    もしかしたら...ゾンビ

  • Zombies!

    ゾンビが!

  • Well, maybe not the ones you're thinking of.

    あなたが考えているものとは違うかもしれませんが

  • Most modern depictions of zombies have them as part of a fast-spreading plague.

    現代のほとんどのゾンビの描写は、急速に広がる疫病の一部として描かれています。

  • When someone gets bitten by the undead, they soon become a slow-moving, hungry monster

    アンデッドに噛まれると、彼らはすぐにゆっくりと動き、飢えたモンスターになります。

  • themselves, seeking brains - and to spread the plague.

    脳みそを求めて 疫病を広めようとしている

  • But these weren't the first zombies.

    しかし、これは最初のゾンビではなかった。

  • The zombies first mentioned in Haitian folklore were the undead, but they weren't created

    ハイチの民話で最初に語られたゾンビはアンデッドだが、彼らは作られたわけではない。

  • by a virus.

    ウィルスによって

  • They were brought back from the dead by magic, usually to serve as a priest's slave.

    彼らは魔法で死から蘇り、通常は司祭の奴隷として仕えていました。

  • The fear of being turned into a zombie was widespread, and slave owners before slavery

    ゾンビにされる恐怖が蔓延していた、奴隷制度以前の奴隷所有者

  • was abolished used to threaten their captives that they would be kept around as a zombie

    が廃止された時には、ゾンビのように捕虜を脅していました。

  • if they committed suicide.

    自殺したら

  • But this isn't possible...is it?

    でも、こんなことはあり得ないですよね...。

  • The idea of raising the dead doesn't have any evidence in its favor, but another theory

    死者を蘇らせるという考えには何の根拠もないが、別の説では

  • about the existence of zombies has gained attention.

    ゾンビの存在について注目されています。

  • What if these undead weren't dead at all?

    もしアンデッドが死んでいなかったら?

  • What if they were captive, enslaved humans who had been turned into the living dead by

    彼らが捕らえられた奴隷にされた人間だったらどうだろう?

  • alchemy, poisons, and maybe a little magic we didn't understand?

    錬金術、毒、そして少しの魔法......私たちが理解していなかったことはありませんか?

  • It still seems rather far-fetched.

    今でもかなり遠回しな感じがします。

  • Except that there's one person who may have lived this nightmare.

    この悪夢を生きたかもしれない人が一人いることを除けばね

  • It was 1962 when a Hatian man arrived in a hospital deeply sick.

    ハティアンの男性が深い病気で病院に到着したのは1962年のことでした。

  • He was identified as Clairvius Narcisse, and it soon became clear that he likely wouldn't

    彼はクレアビウス・ナルシスと特定されたが、すぐに彼がそうでないことが明らかになった。

  • be leaving.

    出て行く

  • His fever got worse, and he began spitting up blood.

    熱がひどくなり、血を吐き始めた。

  • His condition deteriorated for a few days until he passed away, and this proceeded normally

    亡くなるまでの数日間は病状が悪化していましたが、その後は通常通りに進行しました。

  • from there.

    そこから

  • His body was placed in the morgue, and he was later buried.

    遺体は死体安置所に置かれ、後に埋葬された。

  • That seemed to be the end of the story.

    それはそれで終わりかと思われました。

  • But it wasn't.

    しかし、そうではなかった。

  • And eighteen years later, it took a bizarre turn.

    そして18年後、それは奇妙な展開を迎えた。

  • It was 1980, and Angelina Narcisse had long ago mourned her brother and moved on with

    それは1980年のことで、アンジェリーナ・ナルシスはとっくの昔に兄を追悼していました。

  • her life.

    彼女の人生

  • She was shocked when a mysterious man arrived in the city of L'Estere and proclaimed himself

    レステールの街に謎の男が現れ、自分を宣言した時、彼女はショックを受けた。

  • to be Clairvius.

    クレアビウスになるために

  • She had no reason to believe him - until he told her his childhood nickname, and proceeded

    彼女は彼を信じる理由がありませんでした - 彼が子供の頃のニックネームを話すまでは。

  • to give her and other villagers information he would have no way of knowing if he wasn't

    彼女や他の村人に情報を提供するためには、自分がそうでなければ知る由もない。

  • who he claimed to be.

    彼が主張していた人物

  • But he had been dead and buried.

    しかし、彼は死んで埋葬されていた。

  • What could explain his bizarre resurrection?

    彼の奇妙な復活を説明できるのは何でしょうか?

  • The story he would tell was even stranger than his return.

    彼が語るであろう話は、彼の帰還よりもさらに奇妙なものだった。

  • He had been buried, but he hadn't been dead.

    埋葬されていたが、死んではいなかった。

  • Clairvius claimed that he had undergone a mysterious illness that left him completely

    クレアヴィアスは、謎の病気にかかったと主張していた。

  • paralyzed and appearing dead, but he was fully conscious as they buried him in the ground.

    麻痺して死んだように見えたが、彼は完全に意識があり、土に埋められていた。

  • Then, after he was given up for dead, he had been dug up from the ground and force-fed

    そして、死んだと諦めていた彼は、地面から掘り起こされ、強制的に食べさせられていた。

  • a mysterious paste by a bokor, or witch doctor.

    ボコー(魔術師)による謎のペースト。

  • The doctor had plans for him, and he was soon introduced to his new place in life - as a

    医者は彼のために計画を立てていたが、彼はすぐに新しい人生の場所を紹介された。

  • slave on a sugar plantation.

    砂糖プランテーションの奴隷

  • But why didn't he escape?

    しかし、なぜ逃げなかったのか?

  • The bokor kept him and all the other slaves pacified with regular doses of a mysterious

    ボコールは彼と他の全ての奴隷を 鎮静化させていた 不思議な薬の定期的な投与で

  • drug.

    ドラッグ。

  • It made him hallucinate, caused him to lose his memories, and kept him in a fugue state

    幻覚を起こし、記憶を失い、遁走状態が続いた。

  • that he could barely remember - along with dozens of other captives.

    他の数十人の捕虜と一緒に、彼はかろうじて覚えていた。

  • He couldn't even realize he was a prisoner and scheme to escape, because his mind was

    自分が囚人であることに気づかず、脱獄を企てることすらできなかったのは、彼の頭の中が

  • no longer his own.

    もはや自分のものではない

  • The only saving grace?

    唯一の救いの恵み?

  • The witch doctor was a mortal, and no potion could fix that.

    魔女の医者は死を免れなかったどんな薬もそれを治すことは出来なかった

  • Eventually, after sixteen long years of slavery, Clairvius' enslaver died and there was no

    結局、16年間の長い奴隷生活の後、クレアヴィアスの奴隷商人は死んでしまい、そこには

  • one left to give him the drug that took away his mind.

    彼の心を奪う薬を与えるために 残った者はいない

  • The witch doctor's wife then fed salt to the enslaved and released them from the curse.

    その後、魔術師の妻は奴隷に塩を与え、呪いから解放しました。

  • Clairvius remembered everything and ran back to his hometown to find his family.

    クレアヴィアスはすべてを思い出し、家族を探すために故郷へと走って帰った。

  • With such a wild story, it's unlikely people would believe him - right?

    そんな荒唐無稽な話をしていては、信じてもらえないでしょうね......。

  • Surprisingly, no.

    意外にも、ない。

  • Many people familiar with the stories around voodoo magic in Haiti were familiar with the

    ハイチのブードゥー教の魔法をめぐる話でおなじみの人も多かったのは

  • legends around zombies and thought his story was entirely possible.

    ゾンビの周りの伝説と彼の物語は完全に可能性があると思っていました。

  • Complicating it, there were stories that those who violated the rules of society were more

    ややこしいことに、社会のルールに違反した人の方が

  • vulnerable to the punishment of being turned into a zombie - and Narcisse was notorious

    ゾンビにされるという罰に弱く、ナルシスは悪名高い

  • for fathering children and abandoning them.

    子供を父親にして育児放棄したことに対して

  • He claimed his soul had been taken by the sorcerer, and even accused his estranged brother

    彼は自分の魂が魔術師に奪われたと主張し、別居していた弟まで非難した。

  • of masterminding his poisoning to get an inheritance.

    遺産を得るために毒を盛っていたことを

  • But one thing was sure - the villagers did recognize Clairvius Narcisse, and everyone

    しかし、一つだけ確かなことは、村人たちはクレアビウス・ナルシスを認識していたということです。

  • was sure this was actually him, returned from the dead.

    死から蘇った彼だと確信した

  • The only question was - how?

    唯一の問題は、どうやって?

  • While stories like this may have circulated for centuries before, this was 1980 and news

    このような話は何世紀も前から出回っていたかもしれませんが、これは1980年のことであり、ニュースでもあります。

  • traveled fast.

    速く旅をしていた。

  • The strange story of Clairvius Narcisse reached foreign shores, and doctors wanted to investigate.

    クレアヴィウス・ナルシスの奇妙な物語は外国の海岸に達し、医師は調査を希望していた。

  • The first to look into the case was Haitian psychiatrist Lamarque Douyon, who firmly rejected

    この事件を最初に調査したのはハイチの精神科医ラマルク・ドゥヨンで、彼は断固としてこれを否定した。

  • the idea of any supernatural influence.

    超自然的な影響力の考え

  • However, there were too many stories of zombies around Haiti for it to simply be a coincidence.

    しかし、ハイチ周辺ではゾンビの話が多すぎて、単純に偶然とは言えない。

  • He believed this was a case of poisoning and kidnapping.

    毒殺・誘拐事件だと信じていた。

  • There was just one unanswered question - how did Narcisse escape death.

    ただ一つだけ答えのない疑問があった - ナルシスはどうやって死から逃れたのか。

  • The hospital he had died in was operated by American medical staff, and there were strong

    彼が亡くなった病院はアメリカの医療スタッフによって運営されていたそうで、そこには強力な

  • records of his decline, death, and storage for burial.

    衰弱、死亡、埋葬のための保管記録。

  • Was there a poison out there that could simulate death itself?

    死そのものをシミュレートする毒があったのか?

  • There was much debate, but one figure in particular emerged as a voice of belief.

    多くの議論がありましたが、特にある人物が信仰の声として現れました。

  • Wade Davis, a Harvard ethnobotany student from Canada, had devoted his studies to the

    カナダのハーバード大学の民族植物学の学生であるウェイド・デイビスは、その研究に専念していました。

  • unique properties of plants and how they're used in traditional medicine and religion.

    植物の固有の性質と伝統医学や宗教での利用方法をご紹介します。

  • He studied the documents surrounding Narcisse's supposed death and communicated with Dr. Douyon.

    ナルシスの死をめぐる文書を研究し、ドゥヨン博士と連絡を取り合った。

  • He knew he would have to travel to Haiti to investigate this bizarre case personally.

    彼はこの奇妙な事件を個人的に調査するためにハイチに行かなければならないことを知っていました。

  • He soon developed a theory that was scary for how plausible it was.

    彼はすぐに、それがいかにもっともらしいかが怖い理論を展開した。

  • Davis' background in botany led him to believe that the chemical properties of plants could

    植物学を専攻していたデイヴィスは、植物の化学的性質が

  • create a state that would duplicate the effects of supposedly supernatural zombies.

    超自然的なゾンビの効果を 複製するような状態を作る

  • He met with experts in traditional medicine, listened to stories of zombie folklore, and

    彼は伝統医学の専門家に会い、ゾンビの伝承の話を聞いた。

  • learned of a supposedzombie powderthat was used to poison people.

    人を毒殺するのに使われたとされる「ゾンビパウダー」の存在を知りました。

  • It had a bizarre list of ingredients.

    奇妙な食材の羅列がありました。

  • It included puffer fish, lizards, a toad, a dried sea worm, the species of several plants

    それはフグ、トカゲ、ヒキガエル、乾燥海虫、いくつかの植物の種が含まれていました。

  • from Haiti, and material from a corpse.

    ハイチからの死体の材料だ

  • Davis spoke of how he witnessed the skull of a dead infant be used in the potion.

    デイビスは、死んだ幼児の頭蓋骨が薬に使われるのを 目撃したと話していました。

  • However, he soon zeroed in on one ingredient in particular.

    しかし、彼はすぐにある食材に目をつけた。

  • Pufferfish are strange creatures which are a delicacy in some cultures.

    フグはある文化圏では珍味とされている不思議な生き物です。

  • But they have to be eaten very carefully, because parts of them contain tetrodotoxin.

    しかし、それらの一部にはテトロドトキシンが含まれているため、非常に慎重に食べなければなりません。

  • This highly potent neurotoxin is found in some of the most poisonous animals on Earth

    この非常に強力な神経毒は、地球上で最も有毒な動物の一部に含まれています。

  • - and even a small amount can have a devastating effect.

    - と少量でも壊滅的な効果があります。

  • The fast-acting poison blocks the sodium channels in the nervous system, which keeps the signals

    即効性のある毒は、神経系のナトリウムチャネルをブロックし、信号を保持します。

  • between the body and the brain from transmitting.

    体と脳の間の伝達から

  • The victim is slowly paralyzed, with the poison eventually affecting the muscles that control

    被害者はゆっくりと麻痺し、毒は最終的に制御する筋肉に影響を与えます。

  • breathing and killing them.

    息をして殺してしまう。

  • There is no antidote, but people have recovered when medical help is available to keep them

    解毒剤はありませんが、医学的な助けがあれば回復しています。

  • alive until the poison wears off.

    毒が消えるまで生きている

  • Could Narcisse's “deathhave been a close call with tetrodotoxin?

    ナルシスの "死 "はテトロドトキシンとの接戦だった可能性も?

  • It's possible, because someone can be exposed through many means - through ingestion, injection,

    誰かが摂取したり、注射したりと、様々な手段で暴露される可能性があるからです。

  • through a wound in the skin, or even through breathing in a powder.

    皮膚の傷口から、あるいは粉を吸い込むことでも。

  • It's not clear if Narcisse could have survived a near-death experience without medical intervention,

    ナルシースが医療介入なしで臨死体験を乗り越えられたかどうかは不明です。

  • but the symptoms were similar enough that Davis believed it was the likeliest situation.

    しかし 症状は類似していたので デイビスはそれが最も可能性の高い状況だと考えていました

  • Bufotoxin, a toxin derived from toads, may have also been involved.

    ヒキガエル由来の毒素であるブフォトキシンも関与している可能性があります。

  • Narcisse didn't waver from his story and the medical reports seemed clear - but it

    ナルシスは彼の話を揺るがなかったし、医学的な報告書は明らかになったように見えた--しかし、それは

  • didn't explain everything.

    はすべてを説明していませんでした。

  • How would someone be mind-controlled for sixteen years?

    16年間もマインドコントロールされている人がいるとは。

  • Davis soon came to believe that Narcisse's time as a zombie may have been related to

    デイヴィスはすぐにナルシースのゾンビとしての時間が

  • another poison - one that can be found in many of our backyards.

    もう一つの毒 - 私たちの裏庭の多くにあるものです。

  • Datura, a poisonous plant also known as jimsonweed, has a long history of being used as a hallucinogen

    ダチュラという毒のある植物は、ジムソンウィードとしても知られており、幻覚剤として使われてきた長い歴史があります。

  • and a poison.

    と毒がある。

  • Many traditional religions took controlled amounts of this plant as part of religious

    多くの伝統的な宗教では、宗教の一環としてこの植物の管理された量を取りました。

  • rites, despite it being a gamble every time.

    儀式は毎回ギャンブルであるにもかかわらず。

  • The plant is psychoactive and can cause delirium, hallucinations, and even psychosis - and overdoses

    植物は精神作用があり、せん妄、幻覚、さらには精神病を引き起こす可能性があります - と過量投与

  • can cause death.

    は死を招く可能性があります。

  • Those who become intoxicated by it become unable to tell fantasy from reality.

    それに酔いしれた者は、空想と現実の区別がつかなくなる。

  • Could a consistent dose of this poison, administered by someone who knew how to avoid a fatal dose,

    致死量を避ける方法を知っている人に投与されたこの毒の一貫した投与量は可能だったのだろうか。

  • keep someone in a perpetual state of delirium that would make them a zombie-like slave?

    ゾンビのような奴隷になるような錯乱状態に陥らせておくのか?

  • That depends on who you ask.

    それは誰に聞くかによります。

  • Wade Davis' theory of the strange case of Clairvius Narcisse made him famous, and he

    ウェイド・デイヴィスのクレアビウス・ナルシスの奇怪な事件説で有名になり

  • soon published a book titledThe Serpent and the Rainbow”, which he claimed to be

    やがて彼は「蛇と虹」という本を出版しました。

  • a true story of how a man was turned into a zombie.

    男がゾンビになってしまった実話。

  • It became a best-seller and was even turned into a horror movie of the same name by horror

    ベストセラーとなり、ホラーで同名のホラー映画化までされた

  • legend Wes Craven - although the movie fictionalized the case significantly and received mediocre

    仝それにしても、この映画は、この事件を大幅にフィクション化し、平凡な評価を得ています。

  • reviews.

    レビューをしています。

  • But not everyone was buying Wade Davis' conclusions.

    しかし、誰もがウェイド・デイビスの結論を信じていたわけではありません。

  • Scientists studied Davis' theories about tetrodotoxin and found that there was very

    科学者たちは、テトロドトキシンについてのデイヴィスの理論を研究し、非常に存在することを発見しました。

  • little evidence of the presence of the poison in the samples he brought back from Haiti.

    ハイチから持ち帰ったサンプルには 毒があったという証拠は ほとんどありませんでした

  • While in theory it could have the effect he claimed, there have been no studies due to

    理論的には彼が主張した効果があるかもしれませんが、そのための研究は行われていません。

  • the extremely dangerous nature of experimenting with the poison.

    毒物実験の危険極まりない性質

  • Likewise, there are no studies on the long-term impact or survivability of datura poisoning,

    同様に、ダチュラ中毒の長期的な影響や生存率に関する研究はない。

  • and no other reports of people being kept in dreamlike states indefinitely.

    と、人々が無期限に夢のような状態に保たれているという報告はありません。

  • Kao and Yatsumoto, a pair of researchers who studied the case after Davis, believed that

    デイビスの後の事件を研究した花王と八本は、次のように考えていた。

  • Davis had falsified many of his conclusions in order to write his book.

    デイヴィスは自分の本を書くために、多くの結論を改竄していた。

  • He was also criticized for ethics breaches in his investigation in Haiti, for taking

    また、ハイチでの調査で倫理違反を犯したことで批判されたこともありました。

  • extreme measures like being involved in the exhumation of an infant corpse for the making

    僵屍累々

  • of the powder.

    の粉末を使用しています。

  • The case is debated to this day, and no one really has an answer to the question - do

    このケースは今日まで議論されており、誰も本当に質問に対する答えを持っていません。

  • zombies exist?

    ゾンビは存在するのか?

  • It turns out, the answer is yes - but maybe only in the animal kingdom.

    答えはイエスですが、動物界だけかもしれません。

  • In recent years, scientists have made some disturbing discoveries about organisms that

    近年、科学者たちは、以下のような生物について、いくつかの不穏な発見をしています。

  • can enslave other beings to their will.

    自分の意志で他の存在を奴隷にすることができます。

  • One such slaver isn't an animal at all - but a fungus.

    そのような奴隷商人の一人は、動物ではなく、菌類である。

  • Massospora cicadina is a spore that has a very limited target - periodical cicadas that

    マッソスポラセミは、非常に限られたターゲットを持つ胞子、つまり周期的なセミが

  • only emerge every thirteen or seventeen years.

    13年か17年に一度しか出てこない。

  • These spores can go dormant with the cicada and infect the abdomen of the insect.

    これらの胞子はセミと一緒に休眠状態になり、昆虫の腹部に感染します。

  • The spores eventually grow and take over the whole abdomen of the cicada, turning the back

    胞子はやがて成長してセミの腹部全体を支配し、背中を回します。

  • half of the insect into a chalky plug.

    虫の半分をカルキ栓にする。

  • As the cicada flies around, it spreads the fungus.

    蝉が飛び回ると、菌を撒き散らします。

  • Studies even show that the cicada drags its abdomen more than usual, making sure it sheds

    研究によると、セミはいつも以上に腹部を引きずっていて、確実に脱皮していることがわかっています。

  • as many spores as possible.

    できるだけ多くの胞子を

  • While the cicada is still alive, the fungus seems to compel it to do whatever it can to

    蝉が生きている間は、菌が何をしてもいいように強制しているようです。

  • make sure it infects others.

    他の人に感染するようにしてください。

  • But this fungus isn't the only being that can create its ownZombies”.

    しかし、この菌だけが「ゾンビ」を作り出すことができる存在ではありません。

  • University of British Columbia researchers who were observing spiders discovered something

    クモを観察していたブリティッシュ・コロンビア大学の研究者が発見したことがあります。

  • disturbing when they noticed spiders abandoning their colony and spinning strange webs.

    蜘蛛がコロニーを捨て、奇妙な巣を作っているのに気付いた時、彼らは不穏な気持ちになりました。

  • They discovered that the spiders were infected with parasitic larva of a Zatypota wasp.

    クモがザティポタスズメバチの寄生幼虫に感染していることを発見した。

  • These newly discovered wasps would lay an egg on the stomach of the spider, which would

    これらの新たに発見されたスズメバチは、クモの胃の上に卵を産み付けます。

  • hatch and attach itself to the spider.

    孵化してクモにくっつく。

  • As it grew, the spider would be compelled to spin a web around itself, containing it

    蜘蛛が成長すると、蜘蛛は自分自身の周りに蜘蛛の巣を回転させて、それを含むように強制されます。

  • for the larva to consume it before it turned into an adult.

    幼虫が成虫になる前にそれを消費するために。

  • Thesezombie spidersnot only were made to do their bidding by the wasp, but to essentially

    これらの「ゾンビ蜘蛛」は、スズメバチの命令に従わせただけでなく、本質的には

  • commit suicide.

    自殺する

  • Not the undead, but nature is scary.

    アンデッドではないが、自然は怖い。

  • But did we ever get answers about what happened to Clairvius Narcisse?

    しかし、クレアビウス・ナルシスに何が起こったのか、答えは出たのだろうか?

  • After his brush with fame, Narcisse faded into obscurity and little is known about his

    有名になった後、ナルシースは無名になり、彼のことはほとんど知られていません。

  • later days.

    後日談。

  • He lived another fourteen years after his shocking return, but he eventually took the

    彼は衝撃的な復帰からさらに14年生きましたが、最終的には

  • secrets of his mysterious absence with him to the grave.

    謎の不在の秘密を墓場まで持っていく。

  • And this time, it's unlikely dead men will be telling any tales.

    そして今回は、死んだ男が何かを語るとは思えない。

  • For more on the walking dead, check outCould You Survive a Zombie Attack?”, or for more

    ウォーキングデッドの詳細については、"ゾンビの攻撃を生き残ることができますか?"をチェックしてください。

  • on unusual poisons, why not watchDeath Apple - The Most Dangerous Tree in the World”?

    珍しい毒については、「デスアップル-世界で最も危険な木」をご覧になってみてはいかがでしょうか?

Ah, Haiti.

ああ、ハイチか

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ゾンビ ハイチ 植物 蜘蛛 研究 クモ

死んだ男は20年後に家族に戻る (Dead Man Returns To Family After 20 Years)

  • 2 2
    Summer に公開 2021 年 02 月 22 日
動画の中の単語