Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Krystian Aparta

    書き手:イヴァナ・コロム レビュアークリスティアン・アパルタ

  • Simone Ross: Jack, I would love you to tell us what Esri is

    シモン・ロスジャック、私はあなたが私たちに教えてほしいのですが、Esriは何ですか?

  • and also why GIS is so important.

    また、なぜGISが重要なのか。

  • Jack Dangermond: So it is a company,

    ジャック・ダンガモンド会社なんですね。

  • it builds software products that are used by millions of people.

    は、何百万人もの人々に使用されるソフトウェア製品を構築しています。

  • Kind of like a platform technology,

    プラットフォーム技術のようなものだ

  • but not literally platform.

    しかし、文字通りのプラットフォームではありません。

  • It builds tools that help people do their work better.

    人々がより良い仕事をするためのツールを構築します。

  • And that's a very general statement,

    そして、それは非常に一般的な発言です。

  • but helps them do their work better using geography as a science

    地理を科学として使うことで、より良い仕事ができるようになります。

  • and visualization as a science and technology

    と科学技術としての可視化

  • to help them make better decisions,

    より良い判断をするための手助けをします。

  • or help them be more efficient

    または、より効率的になるように支援する

  • or help them communicate what they're doing better

    または、彼らが何をしているかをよりよく伝えるのに役立つ

  • It's kind of mapping.

    マッピングのようなものです。

  • I mean, the way normal people would think of it as map-making.

    普通の人が考えるマップメイキングの仕方だと

  • So this organization has 350,000 organizations that we support.

    この団体は35万の団体が支援しているんですね。

  • They're our customers, you might say.

    彼らはお客さんと言ってもいいかもしれません。

  • And they range from NGOs, thousands and thousands of them,

    そして、それらはNGOから何千、何千ものものまで様々です。

  • working in conservation or humanitarian affairs,

    保全や人道的な業務に従事している方。

  • to large corporations,

    大企業まで。

  • but our majority of users are in the public sector,

    しかし、私たちのユーザーの大半は公共部門にいます。

  • in cities and counties,

    市や郡では

  • in national government agencies,

    国の行政機関で

  • and they're basically running the world,

    彼らは基本的に世界を動かしている

  • that's the way I would say it.

    それが私の言い方です。

  • SR: So right now, we hear a lot about companies using tech

    SR: 今は、技術を使った企業の話をよく耳にします。

  • to improve the world,

    世界を良くするために

  • but it sounds like that has always been baked into your DNA.

    でもそれはあなたのDNAに 刻み込まれているように聞こえるわ

  • JD: I grew up as a young kid in a nursery,

    JD:私は幼い頃から保育園で育ちました。

  • my parents were servants,

    私の両親は使用人だった

  • and they started a little nursery to help put me through school,

    私を学校に通わせるために 小さな保育園を始めたのよ

  • that's the way I saw it.

    それが私の目に映ったのです。

  • They were immigrants and they grew plants.

    彼らは移民で植物を育てていました。

  • They were attracted to landscaping,

    造園に惹かれたそうです。

  • which I grew up understanding,

    理解するようになった。

  • so I went to design school,

    ということで、デザインの学校に行ってきました。

  • first environmental design school

    第一環境デザイン学校

  • and then landscape architecture and then city planning.

    そしてランドスケープ建築、そして都市計画。

  • And in that progression,

    そして、その進行の中で

  • I came to understand very clearly the idea of problem-solving,

    問題解決の考え方がとてもよくわかりました。

  • because that's what design really is about,

    デザインとはそういうものだからです。

  • you see a problem and you come up, creatively,

    問題を発見して創造的に考え出すんだ

  • with something that solves the problem.

    問題を解決するもので

  • And at Harvard,

    ハーバードでも

  • I started to get engaged with systems and computing.

    システムやコンピューティングに携わるようになりました。

  • And I realized, wow, this was in the '60s,

    それで気がついたんだが、これは60年代の話だ。

  • you know, when the environmental movement was still just in its birthing,

    環境運動がまだ産声を上げたばかりの頃の話だが

  • I saw, "Wow, you could actually apply tech to environmental design."

    "環境デザインに技術を応用できる "と見たの

  • And so this idealism that often happens when you're in school,

    それで、学校にいるとよくあるこの理想論。

  • you know, "I can really do something!" --

    "私は本当に何かができる!"--

  • well, I loved the idea of taking systems theories

    システム理論を取り入れるアイデアが好きだった

  • and technology

    と技術

  • and applying it to environmental design problem-solving.

    と環境デザインの問題解決に応用しています。

  • SR: Do you call Esri a tech company?

    SR: Esriをテック企業と呼ぶのですか?

  • JD: We started doing little projects,

    JD:私たちは小さなプロジェクトを始めました。

  • you know, locating a new town,

    新しい町を探すのよ

  • locating a store,

    お店探し

  • locating a transmission line,

    送電線の位置を特定します。

  • doing environmental studies as a foundation, using tech,

    環境学を基礎にして、技術を駆使して

  • to be able to make decisions,

    を判断できるようにすること。

  • which were largely design decisions or planning decisions.

    これらは主に設計上の決定や計画上の決定であった。

  • And we did that for about 10 years.

    それを10年くらいやったんですよ。

  • Just gradually growing as a professional services company,

    専門サービス会社として少しずつ成長しているだけ。

  • all the time continuously innovating tools

    常にツールを革新し続けている

  • that would help us do our projects better.

    それは私たちのプロジェクトをより良いものにしてくれるでしょう。

  • And this idea of continuous innovation.

    そして、この継続的なイノベーションという考え方。

  • I mean, we invented some of the first digitizing tools for maps,

    地図のデジタル化ツールを発明したのは私たちです。

  • we invented some of the first computer map-making tools.

    私たちは、最初のコンピュータ地図作成ツールのいくつかを発明しました。

  • We invented the first spacial analysis tools

    私たちは、最初の空間分析ツールを発明しました。

  • that were commercial in nature.

    商業的なものであった。

  • And over that decade or so,

    そして、その10年ほどの間に

  • customers began to say,

    お客さんが言い始めました。

  • "Gee, I'd like to do that work that you're doing, Jack."

    "あなたがやっている仕事をしてみたいわ ジャック"

  • So we started to think about the idea of a product,

    そこで、商品のアイデアを考えるようになりました。

  • that is, our technology that we applied on project by project

    つまり、プロジェクトごとに適用してきた当社の技術を

  • could actually go into a product that people could use everywhere.

    実際には、人々がどこでも使えるような製品に入ることができました。

  • And the big idea of this product, Simone,

    そして、この商品の大本命、シモーネ。

  • was the integration of information using geographic principles.

    は、地理的原理を利用した情報の統合でした。

  • Bringing all the different factors together

    様々な要素をまとめて

  • to not only first help us do the projects,

    には、まずプロジェクトを手伝うだけでなく

  • but then build these systems that help other people do the projects,

    しかし、これらのシステムを構築することで、他の人がプロジェクトを行うのを助けることができます。

  • and then later build systems.

    で、後にシステムを構築します。

  • So we went from a project company to a product company

    プロジェクト会社から製品会社になったわけですが

  • that built systems that helped organizations do their work better.

    組織がより良い仕事をするためのシステムを構築していました。

  • SR: What you're doing, I believe,

    SR:何をしているかというと、そうだと思います。

  • is sort of the integration of human and built systems

    人間と構築されたシステムの統合のようなものです。

  • with natural systems.

    自然のシステムを使って

  • And then helping people visualize that

    そして、人々がそれを視覚化するのを支援することで

  • and figure out then how they can design and build for that

    そして、そのためにどのように設計し、どのように構築することができるのかを考えてみましょう。

  • in a better, smarter way.

    より良い方法で、よりスマートな方法で。

  • Is that accurate?

    それは正確なのか?

  • JD: That's one aspect of it.

    JD:そういう面もありますね。

  • We sometimes call that geodesign.

    それをジオデサインと呼ぶこともあります。

  • We digitize or abstract geography, the science of our world.

    私たちは地理学、つまり世界の科学をデジタル化したり、抽象化したりしています。

  • You know, Simone, all of the factors that you think about,

    シモーネさんが考えている要素は全て

  • I think of as layers.

    私はレイヤーとして考えています。

  • Physical features, environmental features,

    物理的特徴、環境的特徴。

  • demographic features.

    人口統計学的特徴。

  • We bring all of those things together in a GIS

    これらをすべてGISにまとめています。

  • and then by overlaying those things, we can actually do better designs.

    それを重ね合わせていくことで、より良いデザインができるようになります。

  • We design with all the factors holistically.

    全ての要素を総合的に考えて設計します。

  • That's what actually, as a student, got me excited,

    それが実は学生時代の私をワクワクさせてくれたんです。

  • because I saw you could bring all of the "ologies,"

    あなたが「オロジー」を全部持ってこれるのを見たからです。

  • all the geology, the sociology, the climatology, all together,

    地質学も社会学も気候学も、すべて一緒に。

  • and then make better decisions on that,

    で、その上でより良い判断をする。

  • so I think of geography as the mother of all sciences,

    だから私は地理学をすべての科学の母と考えています。

  • because it's an integrative technology.

    統合技術だから

  • And then digital geography, what we call GIS,

    そして、デジタル地理学、いわゆるGISと呼ばれるものです。

  • allows us to be able to use that instrument

    を使用することができます。

  • to empower the transformation of how people make decisions.

    人がどのように意思決定をするかの変革を力づけるために。

  • They can look at the whole, not just one factor,

    一つの要素だけではなく、全体を見ることができます。

  • not just making money, not just conserving land,

    お金を稼ぐだけでなく、土地を守るだけでなく

  • not just this or that.

    あれやこれやではなく

  • It's optimizing many factors at the same time.

    同時に多くの要素を最適化しているのです。

  • Yeah, so in the retail sector,

    ああ、小売業ではね。

  • people like Starbucks or Walgreens or Walmart,

    スターバックスやウォルグリーンやウォルマートが好きな人は

  • all the big retailers,

    大手小売店は全て

  • both here in the US but in the UK, all around the world,

    アメリカでもイギリスでも、世界中でも。

  • use geographic factors to pick the right location.

    地理的な要因を使用して適切な場所を選択します。

  • They look at the demographics,

    彼らは人口統計を見ています。

  • the traffic,

    トラフィックが

  • and then the large insurance companies and reinsurance companies

    そして、大手保険会社や再保険会社の

  • look at all the different factors that are necessary to understand risk.

    リスクを理解するために必要なさまざまな要因をすべて見てみましょう。

  • And they overlay them and they model them

    そして、それらを重ね合わせてモデル化する

  • and they visualize high-risk areas or low-risk areas.

    と、リスクの高いエリアやリスクの低いエリアを可視化してくれます。

  • In disaster response,

    災害時の対応で

  • whether it's fire, or like today, the big earthquake in Turkey,

    火事なのか、今日のようなトルコの大地震なのか。

  • there's a whole cycle of work that has to happen

    しごとの連鎖が起きている

  • when disasters happen.

    災害が起こると

  • You know, response, recovery,

    反応とか回復とか

  • all these work activities are underpinned by having good information.

    これらの業務活動はすべて、良い情報を持っていることに支えられています。

  • And that information is geographic in nature.

    そして、その情報は地理的なものです。

  • So disaster response, public safety,

    だから災害対応、公安。

  • health and looking at issues today that are troubling all of us

    健康と私たちを悩ませている今日の問題に目を向けて

  • in the areas of social equity.

    社会的公平性の分野で

  • Where is there disparity?

    どこに格差があるのか?

  • And when something like the pandemic happens,

    パンデミックのようなことが起こると

  • or unemployment due to the economy happens,

    または景気による失業が起こる。

  • we can look geographically and see these factors all coming together.

    私たちは地理的に見て、これらの要因がすべて一緒になっているのを見ることができます。

  • So it's like your mind does in many ways.

    だから、あなたの心はいろんな意味でそうなんですね。

  • I mean, we built a tool that allows you to abstract reality

    つまり、現実を抽象化できるツールを作ったのです。

  • and see it,

    と見てみましょう。

  • and then look at all the relationships between these factors

    そして、これらの要因の間のすべての関係を見てみましょう。

  • in order to create understanding.

    理解を生み出すために

  • So Richard Saul Wurman, the founder of TED

    そこでTEDの創始者であるリチャード・ソール・ウルマン氏は

  • often describes us as an understanding organization.

    理解ある組織であるとよく表現されています。

  • "You're all about understanding, Jack, it's not about technology.

    "理解することばかりだな、ジャック、それは技術の問題ではない。

  • Your users use your tools to create better understanding."

    あなたのユーザーはあなたのツールを使って、より良い理解を生み出しています。"

  • And the way he describes it is understanding precedes action.

    そして、彼の説明の仕方は、理解が行動に先行するということです。

  • This is essential to our work.

    これは、私たちの仕事には欠かせないことです。

  • SR: And it is a platform that you're building,

    SR:そして、それはプラットフォームを作っているということですね。

  • so you're sort of connecting all these different areas of knowledge, right?

    知識の異なる分野を 繋げているんですね?

  • JD: Today, we have what we call Web GIS.

    JD:今日では、Web GISと呼ばれるものがあります。

  • So GIS lives in the web

    GISはウェブの中で生きているのですね

  • with distributed centers of information that are pulling data out,

    データを引っ張り出している分散型情報センターと

  • georeferencing,

    地理参照。

  • and using location as a way to do the integration.

    と場所を利用して統合を行う方法です。

  • We might call it mashing up different layers

    異なる層をマッシュアップすることを、マッシュアップと呼ぶかもしれません。

  • from distributed services or distributed sources of information.

    分散されたサービスや分散された情報源から

  • And our users are now bringing this knowledge together dynamically

    そして、私たちのユーザーは、この知識を動的にまとめています。

  • in things like smart cities

    スマートシティのようなものに

  • or the popular vernacular these days is digital twins.

    またはこれらの日の一般的な言葉は、デジタル双子です。

  • So all of that geographic reality

    だから地理的な現実はすべて

  • can now be beamed into organizations,

    を組織内に転送することができるようになりました。

  • whether they be emergency response organizations

    緊急時対応機関を問わず

  • or utility organizations or government.

    またはユーティリティー団体または政府。

  • And any of the different departments,

    そして、異なる部署のいずれか。

  • whether they be law enforcement

    法の執行機関であろうとなかろうと

  • or you know, science, climate change, biodiversity,

    科学とか気候変動とか生物多様性とか

  • all of that series of issues that we're facing today

    今日直面している一連の問題のすべて

  • can be enriched by not only bringing together the information in real time,

    は、リアルタイムに情報をまとめるだけでなく、情報を充実させることができます。

  • real-time measurement seen on maps,

    地図で見るリアルタイム計測

  • but also integrating those like using spatial analysis

    空間分析を利用して、それらを統合することもできます。

  • or location analysis to look at the relationships and patterns.

    または場所の分析で関係性やパターンを見ることができます。

  • You see, it's not just seeing it,

    見ているだけではダメなんです。

  • it's also explicitly understanding

    露骨に理解している

  • the relationships between something like breast cancer and pollution

    乳がんと公害の関係

  • that might exist in a particular geography.

    特定の地理に存在するかもしれない。

  • And saying, "Aha,

    とか言って、「あはは。

  • we can quantitatively understand these different factors

    これらの異なる要因を定量的に理解することができます。

  • and, as a result, respond."

    と、結果的に反応してしまいます。"

  • SR: So you can do that

    SR:だからできるんですね。

  • because you are putting all these different layers on

    なぜなら、あなたは様々なレイヤーを重ねているからです。

  • and then you help visualize that.

    そして、あなたはそれを視覚化するのを助ける。

  • JD: Visualize it, but also spatially relate them

    JD: 可視化するだけでなく、空間的にも関連付ける

  • with math and modeling.

    数学とモデリングで

  • So it's not just a matter of visually overlaying material,

    だから、ただ視覚的に素材を重ねるだけではない。

  • it's a matter of connecting the geometries

    幾何学を繋げればいい

  • or the factors or the features on these maps to each other,

    または、これらのマップ上の要因や特徴をお互いに比較することができます。

  • like your mind does.

    あなたの心がそうであるように

  • SR: I have to read this, because I don't want to get it wrong.

    SR:間違えないように読まないといけませんね。

  • You had said at some event last year, the Geodesign Summit --

    昨年のジオデサインサミットというイベントで言っていましたね。

  • which sounds fascinating to me -- you said,

    私には魅力的に聞こえるが...

  • "Transformation is not just about change,

    "変容 "とは、単に変化することだけではありません。

  • it's about leaving behind the past to focus on the future."

    "過去を捨てて未来に目を向けることだ"

  • So can you talk a little bit about that?

    で、その辺の話を少ししてもらえますか?

  • JD: Historically, we have been at the effect of the environment.

    JD:歴史的には環境の影響を受けてきました。

  • I mean, this is the history of the world.

    つまり、これが世界の歴史なんです。

  • The world constrains us in what we can do as human beings

    世間は人として何ができるかを制約している

  • and we often adapt and adopt to various environmental situations.

    と、様々な環境状況に適応して採用することが多いです。

  • This field of geodesign

    ジオデサインのこのフィールド

  • is about bringing geographic systems and knowledge

    は、地理的システムと知識をもたらすことを目的としています。

  • into the design process

    設計プロセスに

  • so that we can actually be guided by nature

    自然に導かれるように

  • and be more sensitive to it

    敏感になる

  • so that we can be responsive to the greater forces of the environment

    環境の大きな力に対応できるように

  • and do it in such a way that we can take --

    そして、そのような方法で...

  • it's thinking of the world as a garden.

    世界を庭と考えているのです。

  • It's like gardening,

    ガーデニングのようなものです。

  • you must pull out the weeds, you nurture your plants,

    雑草を抜かなければならない、あなたは植物を育てる。

  • you take care of certain things,

    あなたは特定のことに気をつけています。

  • you make sure things are watered.

    水を与えているかどうか確認してください。

  • And at this point,

    そして、この時点で

  • because of the way we are organized, and the way we think

    整理整頓や考え方のせいで

  • and the way our information is brought to us,

    そして、私たちの情報がどのように運ばれてくるのか。

  • we don't think as a garden,

    私たちは庭として考えていません。

  • we don't think holistically,

    私たちは全体的には考えていません。

  • we don't think of the relationships that are in our lives,

    人間関係を考えることはありません。

  • that are affecting our lives.

    私たちの生活に影響を与えている

  • And as a result, we're careless,

    そして結果的には不注意です。

  • we're polluting the environment, we're messing it up.

    環境を汚しているし、めちゃくちゃにしている。

  • I mean, on steroids,

    つまり、ステロイドで

  • I mean, the world is really in trouble at this particular point.

    つまり、この時点で世界は本当に困っているのです。

  • I mean we have the crisis of COVID,

    つまりCOVIDの危機があるんです。

  • but my God, COVID is just a little wave.

    が、なんとCOVIDはちょっとした波で

  • What's coming behind us is the climate change issue,

    後ろに来ているのは気候変動の問題です。

  • which is not so easy to fix.

    というのは簡単には直せません。

  • There's no vaccine that's simply applied.

    単純に適用されるだけのワクチンはありません。

  • And then behind that, there's the loss of biodiversity

    そして、その裏には生物多様性の喪失があります。

  • and behind that,

    とその背後にある。

  • it's sort of unraveling what has taken billions of years

    何十億年もかかってきたことを解明しているようなものだ

  • to be able to put together.

    をまとめることができるように

  • And so, as human beings,

    そして、人間として

  • my sense is we've got to be more responsive to take care of our place.

    私の感覚では、私たちの場所を大切にするために、もっと対応しなければならないと思っています。

  • SR: It's transformation with science and design

    SR: それは科学とデザインによる変革です。

  • as opposed to transformation

    へんかにたいして