Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this video was created in partnership with Bill Gates.

    このビデオはビル・ゲイツとのパートナーシップで制作されました。

  • Inspired by his new book How to Avoid a Climate Disaster, You can find out more about how we can all work together to avoid a climate disaster in the link below.

    彼の新刊『気候災害を回避する方法』に触発されて、以下のリンクから気候災害を回避するために私たちが協力する方法についての詳細を知ることができます。

  • There are 1.2 billion vehicles that exist across the world today, and nearly all of them consume a form of gasoline or fossil fuels to power themselves.

    現在、世界には12億台の自動車が存在していますが、そのほとんどがガソリンや化石燃料を使って動力を得ています。

  • We are all incredibly familiar with gasoline and diesel powered cars.

    私たちはガソリン車やディーゼル車には驚くほど慣れ親しんでいます。

  • They've been a part of nearly every person's life in the developed world now for decades and decades.

    彼らは今の先進国ではほぼ全ての人の生活の一部として何十年も何十年も前から存在しています。

  • But the age of fossil fuel powered cars is likely coming to an end a lot sooner than many of us would like to believe.

    しかし、化石燃料を動力源とする自動車の時代は、私たちの多くが信じたいと思うよりもずっと早く終わりを迎えそうです。

  • I'm making this video, after all.

    結局、この動画を作っているんです。

  • As a huge fan of the internal combustion engine and the car, I made an entire secondary channel a while back where I drove and reviewed cars, and my favorites have always been high power big engine gas guzzlers like the Dodge Viper, a Corvette or others like them.

    内燃機関と車の大ファンとして、私はしばらく前に私が運転し、車をレビューし、私のお気に入りは常にダッジバイパー、コルベットやそれらのような他の人のような高出力のビッグエンジンのガスガズラーだったセカンダリーチャンネル全体を作りました。

  • However, I do recognize where society and the future is headed and it's headed doors, electric vehicles, and here's why.

    しかし、私は社会と未来がどこに向かっているかを認識しており、それはドア、電気自動車、そしてここに理由があります。

  • It's unfortunately, just a fact of reality that fossil fuel powered vehicles are contributing substantially to the overall global climate crisis.

    残念ながら、化石燃料を動力源とする自動車が地球規模の気候危機全体に大きく貢献しているのは、現実の事実にすぎません。

  • The transportation industry in general is currently contributing around 16% of all the world's greenhouse gas emissions, but that could be broken down into several different cars.

    現在、運輸業全般が世界の温室効果ガス排出量の約16%を占めていますが、これは数種類の自動車に分解される可能性があります。

  • Rail accounts for a measly 1% of the transportation industries emissions as a whole, while cargo and cruise ships account for 10% aviation ads in another 10% while the overwhelming majority is contributed from vehicles driving on the road.

    圧倒的な大部分は、道路上を運転する車両から貢献している間、貨物やクルーズ船は別の10%で10%の航空広告を占めながら、全体として輸送産業の排出量のわずか1%を占めています。

  • Garbage trucks, Busses and 18 wheelers contribute 30% nearly three times as many emissions as the entire aviation industry does.

    ごみ収集車、バス、18輪車は、航空業界全体の3倍近い排出量の30%を排出しています。

  • While cars, SUVs and motorcycles contribute a further 47% or nearly five times as many emissions as the shipping in cruise line industries do combined, this means that 7.5% of the entire world's emissions are coming just from traffic on our roads.

    自動車、SUV、オートバイはさらに47%、つまりクルーズラインの海運業の5倍近くの排出量を排出していますが、これは世界全体の排出量の7.5%が道路の交通だけから来ていることを意味しています。

  • Further, the demand for transportation is going to be substantially increasing in the future as the world's population continues to explode to new records and his poverty is reduced.

    さらに、世界の人口が爆発的に増え続けて新記録を更新し、彼の貧困が軽減されていく中で、輸送需要は今後も大幅に増加していくことでしょう。

  • Mawr and Maurin, newer places more people want and can actually afford cars than in any other previous time in history.

    モーアとモーリン、新しい場所より多くの人々が欲しいと実際に車を買うことができます歴史の中で他の任意の以前の時間よりも。

  • The International Energy Agency expects the number of vehicles in the world to more than double by 2060 while demand for aviation will more than triple by 2070.

    国際エネルギー機関は、世界の自動車の数が2060年までに2倍以上になると予想する一方で、航空需要は2070年までに3倍以上になると予想している。

  • All of these increases are going to dramatically increase the rate of global emissions, and they simply aren't compatible with international climate agreements.

    これらの増加はすべて、地球規模での排出量を劇的に増加させるものであり、単に国際的な気候変動協定との整合性が取れていないだけです。

  • The most widespread of these agreements, the Paris climate accord, has been ratified by nearly every country in the world and aims at preventing the world from heating beyond two degrees Celsius over preindustrial levels in the 19th century.

    これらの協定の中で最も普及しているのがパリ協定で、世界のほぼすべての国が批准しており、19世紀の産業革命以前のレベルを2度以上上回る世界の加熱を防ぐことを目指しています。

  • Ideally, the agreement would actually restrict heating to just 1.5 degrees Celsius over the era before the Industrial Revolution.

    理想的には、この協定により、産業革命以前の時代に、実際には暖房をわずか1.5℃に制限することになります。

  • But we've already reached one degree warmer in orderto limit, the increase to just 1.5 degrees.

    しかし、我々はすでに1度に達しています制限するために、ちょうど1.5度に増加します。

  • Every country around the world has to make significant cuts to their emissions over the next decade, and one of the most obvious ways to do that is by reducing the emissions from the transportation industry.

    世界中のどの国も、今後10年間で排出量を大幅に削減しなければなりませんが、そのための最も明白な方法の一つが、運輸業からの排出量を削減することです。

  • And the most obvious way to do that is by getting more and more people to adopt electric vehicles or e V s you've maybe heard that E.

    そのための最も明白な方法は、より多くの人に電気自動車を採用してもらうことです。

  • V s air justice polluting or even more so than conventional fossil fuel vehicles.

    Vの空気の正義は、従来の化石燃料車よりも汚染している、あるいはそれ以上のものです。

  • But the simple fact is that that's just wrong.

    しかし、単純にそれが間違っているということです。

  • It's true that Evie's produce more of a carbon footprint to actually create than fossil fuel vehicles, dio.

    確かにイーブイは化石燃料の車よりも実際に作成するためのカーボンフットプリントの方が多いのは事実です、ディオ。

  • But in the long run, their farm or ecological, let's take the E V Pole star to and the Volvo XY 40 as two examples made by the same company, the pole star, to create the 26 ton carbon footprint before leaving the factory, which is substantially more than it takes to create the C 40.

    しかし、長期的には、彼らの農場や生態学的には、E Vポールスターを取ることができ、同じ会社によって作られた2つの例としてボルボXY 40は、C 40を作成するためにかかるよりも実質的に多くの工場を離れる前に26トンのカーボンフットプリントを作成するために、ポールスター。

  • However, the pole star to could be powered completely on renewable energy sources, which means that at 50,000 kilometers of driving, their carbon footprints equal out, and from that on the XY 40 is the more polluting vehicle.

    しかし、ポールスターを完全に駆動の 50,000 キロで、彼らの炭素排出量が等しいことを意味する再生可能エネルギー源に電源を供給することができるし、XY 40 より多くの汚染車両であることから。

  • This is consistently true across all E V s.

    これは、すべての E V s に一貫して当てはまります。

  • They're generally more polluting to create at first, but over time they will be significantly less polluting than fossil fuel vehicles are.

    一般的には最初は作る方が汚染度が高いですが、時間が経てば化石燃料車よりもかなり汚染度が低くなります。

  • And because of that simple fact, governments and countries around the world are making plans right now to completely change their societies into abandoning fossil fuel vehicles and making the switch to electrification in order to reduce their own emissions.

    その単純な事実から、世界中の政府や国が、化石燃料車を捨てて電動化に切り替え、自らの排出量を減らすために社会を完全に変えようと、今まさに計画を立てています。

  • So here is a general timeline of thes plans.

    ここでは、これらの計画の一般的な年表をご紹介します。

  • So far, several cities across the European Union already have some form of restrictions in place for petrol and diesel powered vehicles.

    これまでのところ、欧州連合(EU)のいくつかの都市では、すでにガソリン車やディーゼル車に何らかの規制が設けられている。

  • But the first national level restriction on the books that will go into effect is going to be in Norway, where the country is presently planning on banning the sale of all new diesel and petrol vehicles by 2025 or in other words, just four years from now.

    しかし、最初の国家レベルの規制が発効するのはノルウェーで、現在、2025年までにディーゼル車とガソリン車の新車販売をすべて禁止しようと計画しています。

  • Currently, existing diesel and petrol vehicles will, of course still be able to be driven.

    現在のところ、既存のディーゼル車やガソリン車は、もちろん今まで通り走行可能です。

  • You just won't be able to buy and newly manufactured one the only new vehicles you'll be allowed to buy our non fossil fuel vehicles, and it's already begun to affect the country.

    あなたが買えなくなるだけで、新たに製造された1台だけが、私たちの非化石燃料車を購入することが許されるようになり、それはすでに国に影響を与え始めています。

  • Over 60% of new car purchases in Norway are already E V s, which is the highest market share of any country in the world so far, but they're far from the only place that's planning on restricting the sale of fossil fuel vehicles in the future.

    ノルウェーの新車購入の6割以上はすでにE Vのもので、これまでのところ世界のどの国よりも高いシェアを誇っていますが、将来的に化石燃料車の販売を制限しようと考えているのは彼らだけではありません。

  • There just the first Austria plans on limiting the registration of new taxis and right shares.

    そこにちょうど最初のオーストリアは、新しいタクシーや権利の株式の登録を制限することを計画しています。

  • TV's only by 2027 by 2030.

    テレビは2030年までに2027年までにしか見られないからな

  • Denmark, Sweden, Iceland, the United Kingdom, Ireland, the Netherlands, Slovenia and India all have some kind of plan right now to join Norway in eliminating the sale of any newly produced non electric vehicle.

    デンマーク、スウェーデン、アイスランド、イギリス、アイルランド、オランダ、スロベニア、インドのすべてが今、ノルウェーに参加して、新たに生産された非電気自動車の販売を排除するために何らかの計画を持っています。

  • In addition, Israel also has plans by 2030 to eliminate the importation of any newly produced petrol or diesel vehicle.

    また、イスラエルは2030年までに、新たに生産されたガソリン車やディーゼル車の輸入を排除する計画を立てている。

  • And a whole host of cities plan on restricting the use of petrol and or diesel vehicles inside of them by 2030 as well, including London, Bristol, Madrid, Barcelona, Paris, Amsterdam, Eindhoven, Utrecht, The Hague, Copenhagen, Oslo, Heidelberg, Milan, Athens, Los Angeles, Seattle, Mexico City, Cape Town, Auckland and surely more to come by then by 2035.

    ロンドン、ブリストル、マドリード、バルセロナ、パリ、アムステルダム、アイントホーフェン、ユトレヒト、ハーグ、コペンハーゲン、オスロ、ハイデルベルク、ミラノ、アテネ、ロサンゼルス、シアトル、メキシコシティ、ケープタウン、オークランドなど、2030年までにガソリン車やディーゼル車の車内での使用を制限することを計画している都市が多数あり、2035年までにはさらに多くの都市が計画されている。

  • Japan is also planning on eliminating the sale of new petrol and diesel vehicles, and this will certainly end up having the most profound effect on the automotive industry.

    日本もガソリン車やディーゼル車の新車販売をなくそうとしており、自動車業界に最も大きな影響を与えることは間違いありません。

  • Yet as the Japanese automobile market is among the largest and most influential in the world, with huge brands like Toyota, Honda, Nissan, Subaru, Mazda and others becoming highly affected by the policy, the United Kingdom is also intending on eliminating the sale of plug in hybrid vehicles by this point as well.

    しかし、日本の自動車市場は世界最大級の規模と影響力を持ち、トヨタ、ホンダ、日産、スバル、マツダなどの巨大ブランドがこの政策の影響を大きく受けていることから、イギリスもこの時点でプラグインハイブリッド車の販売を排除しようとしています。

  • And despite the transportation industry taking up 30% of all of America's greenhouse gas emissions, the United States doesn't currently have any plans at the federal level to eliminate new fossil fuel vehicle sales.

    また、アメリカの温室効果ガス排出量の30%を運輸業が占めているにもかかわらず、アメリカでは現在、連邦レベルで化石燃料車の新規販売をなくす計画はありません。

  • But a few states do.

    しかし、いくつかの州ではそうなっています。

  • Both California and Massachusetts have so far made plans to eliminate new fossil fuel vehicle sales by this point, as well as the Canadian province of Quebec, and other states and provinces are likely to follow them by 2040.

    カリフォルニア州もマサチューセッツ州も、これまでに化石燃料車の新車販売をこの時点までにゼロにする計画を立てており、カナダのケベック州も同様で、他の州や州も2040年までにはこれに追随する可能性が高いという。

  • The entirety of Canada is expected to eliminate new fossil fuel vehicle sales, while the province of British Columbia is taking it a step further, with plans to eliminate all existing fossil fuel vehicles by this point, with plans to rely exclusively on E V s by then, Egypt, France, Spain and Taiwan all have the same goal is Canada for ending new fossil fuel vehicle sales by 2040 while Sri Lanka and Singapore have the goal to completely eliminate all internal combustion engine vehicles from the country by the same year, new or used New York City intends on converting all city owned vehicles TVs by 2040 as well, and the final country with a firm plan on eliminating new petrol and diesel vehicle sales.

    カナダ全体で化石燃料車の新規販売をゼロにするとしているが、ブリティッシュコロンビア州はさらに一歩進んで、これまでに既存の化石燃料車をすべてゼロにし、それまでにEVのみに依存する計画で、エジプト、フランスなどが計画している。スペインと台湾はすべて同じ目標を持っているカナダで、スリランカとシンガポールは同じ年までに国からすべての内燃機関車を完全に排除するという目標を持っている間に、2040年までに化石燃料車の新規販売を終了させるために、新しいまたは中古のニューヨーク市は、同様に2040年までにすべての都市所有

  • It's Costa Rica, which they plan on doing by 2050.

    2050年までにやる予定のコスタリカです。

  • The Chinese government is currently investigating a timetable of eliminating new petrol and diesel vehicle sales, but they don't have anything solid yet.

    中国政府は現在、ガソリン車やディーゼル車の新車販売をなくすスケジュールを調査しているが、まだ確たるものはないという。

  • However, China is already by far the world's biggest market for E V s, with over half of the world's total being located inside of the country.

    しかし、中国はすでに世界最大の市場となっており、世界全体の半分以上が中国国内にあります。

  • But the developed world, simply ditching their petrol and diesel cars and replacing them with TVs, presents additional and perhaps unexpected challenges As laws related to petrol and diesel vehicles become more stringent in the developed world and the demand for any vehicles becomes greater in the developing one, more and more people and companies air going to just begin dumping and pawning off their used petrol or diesel vehicles to the developing world, who may not be financially capable of investing into TVs.

    しかし、先進国では、単にガソリン車やディーゼル車を捨ててテレビに置き換えるだけで、追加の、おそらく予想外の課題を提示します。ガソリン車やディーゼル車に関連する法律が先進国でより厳しくなり、どのような車の需要も発展途上国で大きくなると、より多くの人々や企業は、テレビに投資することが財政的に可能ではないかもしれない発展途上国に彼らの中古のガソリン車やディーゼル車を捨てて質入れを開始しようとしています。

  • In the nearest future, we might end up seeing a starkly contrasted world where most vehicles in the developed world are electric, while most vehicles in the rest of the outside world will remain powered by fossil fuels, thus limiting the climate saving impacts of ditching internal combustion engine vehicles in places like the European Union or Japan.

    近い将来、先進国ではほとんどの自動車が電気自動車であり、それ以外の国ではほとんどの自動車が化石燃料を動力源としたままであるという、対照的な世界を目にすることになるかもしれません。

  • But thankfully, there are already some forward thinking solutions to fixing this problem, like some proposals in the EU to ban the export of used internal combustion engine vehicles or in other countries like Israel to ban the importation of them, along with mandatory recycling programs for used cars and government sponsored incentives for scrapping them.

    しかしありがたいことに、EUでは中古内燃機関車の輸出を禁止したり、イスラエルのような他の国では輸入を禁止したり、中古車のリサイクルプログラムを義務化したり、政府がスポンサーとなって廃車を奨励したりするなど、この問題を解決するための先見の明のある解決策がすでに存在します。

  • The world is at the tipping point for the widespread adoption of electric vehicles, and it's going to happen steadily over the course of the 20 twenties.

    世界は電気自動車の普及の転換点にあり、20代の間に着実に起きようとしています。

  • And every company can see the writing on the wall.

    そして、どの会社も壁に書かれた文字を見ることができます。

  • With Volkswagen, the world's largest automobile manufacturer, pledging to transition to an all electric line up by the end of the decade and with Tesla's surging ahead to become the world's most valuable car company, the internal combustion engine will stick around for a while longer.

    世界最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが10年末までにオール電化ラインアップへの移行を約束し、テスラが世界で最も価値のある自動車会社に躍進していることから、内燃機関はもうしばらくの間、存在し続けることになるでしょう。

  • But it's almost certain that the future is going to be almost entirely electric.

    しかし、将来はほぼ確実に電動化されていくことは間違いありません。

  • The world stands at a crossroads.

    世界は岐路に立っている。

  • If humanity doesn't do anything to address the growing climate crisis that we can expect, global temperatures to increase well beyond two degrees Celsius over preindustrial levels by the end of the century, which will have catastrophic consequences for all of us.

    もし人類が予想される気候危機の拡大に対処するために何もしなければ、今世紀末までに世界の気温は産業革命前のレベルを2度以上も上回る上昇を遂げ、私たち全員に壊滅的な結果をもたらすことになるでしょう。

  • Governments, corporations and individuals like you and me have to do what we can to reduce and mitigate this catastrophe from happening.

    政府や企業、個人は、あなたや私のように、この大災害を減らし、軽減するために、私たちにできることをしなければなりません。

  • And reducing our emissions is just one of the many steps we have to take.

    そして、排出量を減らすことは、私たちが取らなければならない多くのステップの一つに過ぎません。

  • If you're curious to learn more about the growing climate calamity and how humanity can optimistically win the fight in the future, the night strongly recommend you check out the new book written by Bill Gates, titled How to Avoid a Climate Disaster.

    あなたが成長している気候の災害についての詳細と、どのように人類は楽観的に将来の戦いに勝つことができるかを学ぶことに興味がある場合は、夜は強く、ビル-ゲイツによって書かれた新しい本をチェックすることをお勧めします、気候災害を避ける方法というタイトル。

  • I am tremendously grateful to have collaborated directly with Gates Ventures on this important project, and the figures and numbers that you just listen to me talk about have been taken directly from the book, which dives into tremendously more detail than this video has on where we stand on climate change right now and the steps we can take to avoid a total disaster in the future.

    この重要なプロジェクトでゲイツ・ベンチャーズと直接協力できたことを大変感謝しています。私の話を聞いていただいている数字は、この本から直接引用したものです。

  • It's an absolutely fascinating read.

    絶対に魅力的な読み物です。

  • It heavily inspired the production of this video, and it will help you learn more about what's at stake and what we're doing is a species toe.

    それは重くこのビデオの制作を触発し、それはあなたが何が危機に瀕しているかについての詳細を学ぶのに役立ちますし、私たちがやっていることは種のつま先です。

  • Win the battle for the planet.

    地球のための戦いに勝つ。

  • If that sounds like something you'd be interested in reading than please go ahead and check it out by following the link in the description.

    もし、あなたが読みたいと思うもののように聞こえるならば、先に行って、説明のリンクをたどって、それをチェックしてください。

  • And thank you so much for watching.

    そして、見てくださった方、本当にありがとうございます。

this video was created in partnership with Bill Gates.

このビデオはビル・ゲイツとのパートナーシップで制作されました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 化石 燃料 ガソリン ディーゼル 販売 世界

自動車の未来が必然的に電動化される理由 (Why the Future of Cars is Inevitably Electric)

  • 15 2
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 20 日
動画の中の単語