Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What if you could only eat one food for 17 years?

    17年間、1つの食べ物しか食べられなかったとしたら?

  • What food would you choose?

    あなたならどんな食べ物を選びますか?

  • No cheating either, it has to be the same exact food with no modifications.

    浮気もダメ、手を加えずに同じものを食べなければならない。

  • This may seem like an impossible question to answer, but for Austin Davis the only food

    答えようのない質問に見えるかもしれませんが、オースティン・デイビスにとって、唯一の食べ物は...

  • he has eaten in 17 years has been mac and cheese.

    彼が17年間に食べたものは、マックとチーズです。

  • His story is much more complicated than you might think.

    彼の話はあなたが思っているよりもずっと複雑です。

  • What causes someone to eat only mac and cheese for 17 years of their life?

    17年間マックとチーズばかり食べている人の原因とは?

  • Is it even possible?

    そんなことも可能なのか?

  • Will this diet cause lasting damage?

    このダイエットで永続的にダメージを受けることはあるのでしょうか?

  • Let's find out.

    調べてみましょう。

  • When you think of mac and cheese you may think of specialty dishes you can get in restaurants,

    マックやチーズといえば、レストランで手に入る名物料理を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

  • or a family recipe that includes breadcrumbs and bacon, but this is not the type of mac

    またはパン粉とベーコンを含む家族のレシピですが、このタイプのマックではありません。

  • and cheese Austin has been eating.

    オースティンが食べてたチーズも

  • Instead, he only eats boxed mac and cheese.

    その代わり、箱入りのマックとチーズしか食べない。

  • Not only that, but 9 times out of 10, the mac and cheese is just traditional Velveeta

    それだけではなく、10のうち9回は伝統的なヴェルヴェータのマカロニとチーズです。

  • Shells and Cheese.

    貝殻とチーズ。

  • Imagine only eating the same brand, and type, of mac and cheese every day for 17 years.

    17年間、毎日同じブランド、同じ種類のマカロニチーズだけを食べていたと想像してみてください。

  • This may seem unthinkable to you, but for Austin it is reality.

    あなたには考えられないことかもしれませんが、オースティンにとってはこれが現実なのです。

  • Austin is addicted to mac and cheese.

    オースティンはマカロニとチーズにはまっています。

  • He has Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder, which in his case, was brought on by events

    彼の場合は出来事が原因で発症したものです。

  • from his past.

    彼の過去から

  • But before we get into the surprising reasons about how and why this man came to only eat

    しかし、この男がどのようにして、どのようにして、なぜ食べるようになったのかについての驚くべき理由に入る前に

  • mac and cheese, let's take a look at what his diet actually consists of.

    マックとチーズ、彼の食事が実際に何で構成されているかを見てみましょう。

  • Austin prefers Velveeta Shells and Cheese, but in dire situations he will eat other types

    オースティンはベルベータの殻とチーズが好きだが、危機的状況では他の種類を食べるだろう。

  • of mac and cheese.

    マックとチーズの

  • The reason he prefers Velveeta is because it consistently tastes the same, there has

    彼はヴェルヴェータを好む理由は、それが一貫して同じ味があるためです。

  • been little to no change in recipe for 17 years apparently.

    17年間、レシピはほとんど変わっていないようです。

  • When in dire straits, Austin will eat Deluxe four cheese and Kraft mac and cheese, but

    窮地に陥ったオースティンは、デラックス4種のチーズとクラフトのマック&チーズを食べますが

  • for 17 years Velveeta has been his go to.

    ヴェルヴェータは17年前から彼のお気に入りだ

  • Austin has never bought anything other than mac and cheese for himself at the grocery

    オースティンは自分のために マックとチーズ以外のものを 買ったことがありません

  • store.

    ストアを参照してください。

  • Even while standing in line he is never tempted by impulse items like candy bars or bags of

    行列に並んでいても、お菓子や袋物のような衝動的なものに誘惑されることはありません。

  • chips.

    チップスだ

  • Austin eats mac and cheese, and only mac and cheese.

    オースティンはマカロニとチーズを食べて、マカロニとチーズだけを食べる。

  • When describing his eating habits there are some foods that cause him more anxiety than

    彼の食生活を説明するとき、彼の不安を煽る食べ物がいくつかあります。

  • others.

    他の人たちのことを考えてみましょう。

  • For example, there is something about meat that Austin finds particularly hard to stomach.

    例えば、肉には、オースティンが特に胃にきついと感じるものがある。

  • When he is in the meat section of the grocery store, he sees it as a form of hell.

    八百屋の肉売り場にいると、それを地獄のように見てしまう。

  • When he describes meat, he talks about how eating muscle and veins freaks him out.

    肉の話をすると、筋肉や静脈を食べるとビクビクするという話をする。

  • Plenty of people are vegetarians and live healthy lives, so meat isn't absolutely

    多くの人がベジタリアンで健康的な生活を送っているので、肉は絶対ではありません。

  • necessary, but what about fruits and vegetables?

    必要ですが、果物や野菜はどうでしょうか?

  • Austin doesn't eat those either.

    オースティンはそれも食べない

  • Fruits and veggies are less repulsive than meat to him, but he will still only eat mac

    果物や野菜は肉よりも反発が少ないですが、彼はまだマックしか食べません。

  • and cheese.

    とチーズ。

  • His doctor unsurprisingly warned him that as he gets older a broader diet will be necessary.

    彼の主治医は意外にも、年を取るにつれて、より広い範囲の食事が必要になるだろうと警告した。

  • Only eating mac and cheese can sustain the body for a time, but needs to be supplemented,

    マックやチーズを食べるだけでも、一時的には体を維持することができますが、補う必要があります。

  • and this is where Austin runs into trouble.

    ここでオースティンはトラブルに巻き込まれる

  • He is literally addicted to mac and cheese.

    彼は文字通りマックとチーズにはまっています。

  • It is like an addiction to alcohol or drugs, his brain is chemically wired to only see

    それはアルコールやドラッグの中毒のようなもので、彼の脳は化学的に見えるものだけを見るように配線されています。

  • mac and cheese as a viable option.

    実行可能な選択肢としてのマックとチーズ。

  • There are a few more idiosyncrasies that we need to explore before going more in depth

    もっと深く掘り下げていく前に、さらにいくつかの特殊性を探っていく必要があります。

  • as to what caused Austin to develop this eating disorder.

    オースティンがこの摂食障害を 発症させた原因は?

  • The mac and cheese is almost always cooked in the same pot.

    マックとチーズはほとんど同じ鍋で調理しています。

  • It is Austin's go to pot.

    オースティンのお鍋です。

  • In special circumstances he will use his Grandma's pot, but this is rare, and changes the taste

    特殊な状況では、おばあちゃんの鍋を使うこともありますが、稀に味が変わってきます。

  • slightly.

    を少しだけ。

  • If someone else makes mac and cheese for him not using his pan, he can tell.

    自分のフライパンを使わずに他の人がマカロニチーズを作ってあげればわかる。

  • Austin admits he will still eat it, but it is not the same.

    オースティンは、それでも食べることを認める。

  • It is also important to Austin that he keeps a week of mac and cheese stocked in the cabinet

    オースティンが1週間分のマカロニとチーズをキャビネットにストックしておくのも重要なポイントです。

  • at all times.

    常に。

  • It would be disastrous to run out, because his body physically wouldn't let him eat

    体力的に食べられないので、使い切ると悲惨なことになる。

  • anything else.

    他には何もない

  • Austin explains experiencing other foods in this way.

    オースティンはこのように他の食べ物を体験していると説明しています。

  • He starts by stressing over trying something new.

    新しいことに挑戦することにストレスを感じることから始める。

  • This ramps up into full blown anxiety, even before the food touches his lips.

    食べ物が彼の唇に触れる前から、不安が募ります。

  • His gag reflex is ready to kick in at a moment's notice.

    彼のギャグ反射は一瞬にして発動する準備ができています。

  • The way that Austin describes trying new food is like a bell curve of anxiety.

    オースティンが新しい食べ物を試している様子は、不安のベルカーブのようです。

  • The closer the new food comes to his mouth, the higher up the anxiety curve he gets.

    新しい食べ物が口の中に近づけば近づくほど、彼は不安曲線を上に上げていきます。

  • The pinnacle happens once the food enters his mouth.

    食べ物が彼の口に入ると、頂点は起こる。

  • Regardless of if he likes the taste or texture, he starts to gag.

    味や食感が好きなのかどうかはともかくとして、彼はギャグを始めます。

  • If he does not like the taste or texture he vomits.

    味や食感が気に入らないと吐いてしまう。

  • Either way his body rejects the food.

    どちらにしても彼の体は食べ物を拒絶する。

  • Once he moves away from other foods and back to mac and cheese the anxiety slides back

    彼が他の食べ物から離れて マカロニチーズに戻ると 不安が戻ってくる

  • down the bell curve and dissipates.

    ベルカーブを下降して散逸します。

  • You might have some questions right now like why does Austin's body only allow him to

    疑問に思うかもしれないが... オースティンの体はなぜ彼だけを 許しているのか...

  • eat mac and cheese, and can he survive on just that diet for much longer?

    マックとチーズを食べて、その食事だけで長く生きていけるのか?

  • Or maybe you're wondering what changed in his life that caused him to stop eating all

    それとも、彼の人生の中で何が変わったのか気になりますか?

  • other food except mac and cheese?

    マックとチーズ以外の食べ物?

  • These are questions that have answers, but the answers might surprise and shock you.

    これらの質問には答えがありますが、その答えはあなたを驚かせ、ショックを与えるかもしれません。

  • The reason that Austin's body will not allow him to eat anything but mac and cheese is

    オースティンの体がマカロニチーズ以外のものを食べさせない理由は

  • because he has Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder.

    なぜなら、彼は回避性/制限的な食物摂取障害を持っているからです。

  • This is a rare eating disorder where the brain has been programmed to only eat one particular

    これは、脳が特定のものだけを食べるようにプログラムされている珍しい摂食障害です。

  • food.

    を食べてみましょう。

  • It is like a very extreme case of addiction to one specific thing.

    一つの特定のものに依存してしまうという、非常に極端なケースのような気がします。

  • It was not until Austin was out of high school that he found out about the disorder.

    オースティンが障害を知ったのは 高校を出てからだ

  • The way he explains finding out about Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder is that it was like a

    彼の説明によると、回避食・制限食摂取障害のことを知ったのは

  • huge weight had been lifted off of him, because now maybe he could be treated.

    彼の体から大きな重さが取り除かれたのです。

  • Until that point he thought that he was just quirky or an incredibly picky eater.

    それまではただの気まぐれか、信じられないくらいの食いしん坊だと思っていたそうです。

  • Austin did not choose to only eat mac and cheese, and as you can imagine this diet caused

    オースティンはマカロニとチーズだけを食べようとはしませんでした。

  • stresses in his social life.

    社会生活でのストレス

  • He didn't feel comfortable eating out, or around other people, because he would have

    彼は外食や他の人の周りにいるのが嫌で

  • to explain that he could only eat that one food.

    と説明するために、彼はその1つの食べ物しか食べられないことを説明しました。

  • When he found out about Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder his life changed.

    避妊・制限食摂取障害を知ったとき、彼の人生は変わった。

  • He reached out to therapists who specialized in eating disorders.

    摂食障害を専門とするセラピストに手を伸ばした。

  • Unfortunately, living in the United States, it is hard for Austin to find a specialist

    残念ながらアメリカに住んでいると、オースティンでは専門家を見つけるのは難しいです。

  • who will take his insurance.

    誰が彼の保険に入るのか

  • Insurance companies often times market mental health as more of a luxury than a necessity.

    保険会社は、メンタルヘルスを必需品というよりは贅沢品として売り込むことが多いです。

  • So, although Austin had pinpointed the problem that was restricting from eating other foods,

    つまり、オースティンは他の食べ物を食べることを制限している問題をピンポイントで指摘していたにもかかわらず、その問題を解決することができなかったのです。

  • he could not afford the solution.

    彼は解決する余裕がありませんでした。

  • Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder is a mental block, but can Austin survive

    避妊/制限的な食物摂取障害は精神的なブロックですが、オースティンは生き延びることができます。

  • on eating only mac and cheese for the rest of his life if he has to?

    残りの人生をマカロニとチーズだけを食べるのか?

  • What are the negative effects of this one food diet?

    このワンフードダイエットの悪影響とは?

  • Surprisingly, Austin's doctor informed him that for now his diet was okay, as long as

    驚いたことに、オースティンの主治医は、今のところ食生活は問題ないと告げた。

  • he took some vitamins to supplement it.

    彼はそれを補うためにビタミン剤を飲んだ

  • However, as he gets older, his diet of strictly mac and cheese will end up killing him.

    しかし、年齢を重ねるにつれ、厳格なマックとチーズの食生活は、彼を殺してしまうことになる。

  • There are a couple of problems with only eating mac and cheese, or just one food in general.

    マックやチーズだけを食べるのも、一概に一つの食べ物だけを食べるのも、いくつかの問題があります。

  • There is no single food that has all of the nutrients and vitamins that your body needs

    体に必要な栄養素やビタミンが全て揃っている食品は1つではありません。

  • to survive.

    生き残るために

  • In the case of mac and cheese there are a lot of fats and cholesterol associated with

    マックやチーズの場合は、多くの脂肪とコレステロールが関連しています。

  • it.

    それを

  • Austin's diet was causing him to gain weight at an alarming rate.

    オースティンのダイエットのせいで、彼は驚くべき速さで太っていた。

  • In order to combat the weight gain Austin took up boxing.

    オースティンは体重増加に対抗するため、ボクシングを始めました。

  • He sticks to a work out regimen that is rigorous and high intensity.

    彼は厳格で高強度のワークアウトレジメンに固執しています。

  • This allows him to burn hundreds of calories every time he works out, offsetting what he

    これにより、彼はワークアウトするたびに何百ものカロリーを燃やし、彼が何をしているかを相殺することができます。

  • takes in by only eating mac and cheese.

    マックとチーズだけを食べることで摂取します。

  • Unfortunately, this workout routine will not be sustainable forever.

    残念ながら、このワークアウトルーチンは永遠に持続しません。

  • There was a period of time when Austin stopped boxing; he immediately started gaining weight.

    オースティンがボクシングをやめた時期があり、すぐに体重が増え始めた。

  • He reached an unhealthy weight level, and out of necessity, returned to his boxing routine.

    彼は不健康な体重レベルに達し、必要に迫られて、彼のボクシングのルーチンに戻った。

  • Eating only mac and cheese requires a lot of exercise just to keep the weight down.

    マックやチーズばかり食べていると、体重を抑えるためだけにかなりの運動が必要になります。

  • At this point boxing is not optional for Austin, but necessary.

    この時点では、ボクシングはオースティンにとってオプションではなく、必要なものです。

  • So what caused Austin to go from eating a variety of food to solely mac and cheese 17

    オースティンが様々な食べ物を食べていたのが、マックとチーズだけになってしまった原因は何だったのでしょうか。

  • years ago?

    何年も前に?

  • Unfortunately, as with most eating disorders, Austin's is connected to childhood trauma.

    残念ながら摂食障害の多くと同様に オースティン病は幼少期のトラウマが関係している

  • During his childhood Austin was diagnosed with PTSD from a number of altercations in

    オースティンは幼少期にPTSDと診断された。

  • his home.

    彼の家だ

  • He was removed from the toxic environment by the Department of Children and Families.

    彼は児童家庭局によって有害な環境から追い出された。

  • He was then placed in the custody of his grandparents, who raised him, and helped him through the

    その後、彼を育てた祖父母の保護下に置かれ、彼を助けるために

  • rest of his formative years.

    彼の形成期の残りの時間を

  • It was around this time that Austin's Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder for only mac and cheese

    マックとチーズだけのオースティンの回避食・制限食摂取障害が出てきたのもこの頃

  • manifested itself.

    顕在化した。

  • It is not one hundred percent clear why Austin's brain retreated to the comforts of mac and

    オースティンの脳がマックに戻った理由は100%解明されていません。

  • cheese, but the way Austin describes his memories, it probably has to do with a sense of control.

    チーズだけど、オースティンの記憶の描写からすると...多分、コントロールしている感覚と関係があるんだと思う。

  • Austin remembers mac and cheese always being something he could look forward to and could

    オースティンは、マカロニとチーズをいつも楽しみにしていたことを覚えています。

  • make himself during turbulent times.

    激動の時代に自分を作る。

  • Austin knew that no matter what was happening that day, he could always look forward to

    オースティンは、その日何が起ころうとも、いつも楽しみにしていた。

  • a bowl of mac and cheese for dinner.

    晩御飯にマカロニとチーズの器。

  • He also describes mac and cheese as a comfort food.

    また、マックやチーズをコンフォートフードと表現している。

  • He says there is something about the texture and way it looks that is appealing to him;

    質感や見え方に魅力があるそうです。

  • something that other food just doesn't have.

    他の食べ物にはないもの

  • The causes of Austin's Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder are connected to his

    オースティンの回避・制限的な食物摂取障害の原因は

  • childhood trauma and the comfort that mac and cheese gave him.

    幼少期のトラウマと マックとチーズが与えた快適さ

  • This is an incredibly rare, and extreme, reaction to events by his brain, but it was never within

    これは信じられないほど稀な、極端な、彼の脳による出来事への反応ですが、それは決して内にはありませんでした。

  • his control.

    彼の支配下にある

  • It is important to remember that Austin didn't choose to be like this, and that his eating

    重要なのは、オースティンがこんな風になることを 選んだわけではないということと、彼の食事が

  • habits have negatively impacted several parts of his life.

    その習慣は彼の人生のいくつかの部分に悪影響を与えています。

  • Now you may be wondering if there are other people who have similar eating disorders as

    今、あなたは同じような摂食障害を持っている他の人がいるかどうか疑問に思うかもしれません。

  • Austin.

    オースティン

  • Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder is extremely uncommon, but it does happen.

    回避・制限的食物摂取障害は極めて稀ですが、実際に起こります。

  • There are other people around the world who only eat one or two foods.

    他にも世界には一食か二食しか食べない人がいます。

  • We know that someone can survive off of mac and cheese for 17 years as Austin has.

    オースティンのように17年間 マックチーズだけで生き残れた人がいるのよ

  • We also know that trauma can induce eating disorders, and that the brain can exert immense

    私たちはまた、外傷が摂食障害を誘発することができることを知っています。

  • control over someone's body and eating habits.

    しょくせつをつかさどる

  • Let's take a look at a few more examples of people only eating one type of food.

    1種類の食べ物しか食べていない人の例をもう少し見てみましょう。

  • If you found Austin's story of only eating mac and cheese for 17 years surprising, then

    オースティンが17年間 マックチーズだけを食べていたという話を 驚かれたのであれば

  • you won't believe some of these other people's eating habits.

    他の人の食生活を信じられないでしょう。

  • Jay Campbell only ate french fries for 15 years.

    ジェイ・キャンベルは15年間 フライドポテトしか食べていない

  • Unlike Austin, Jay had a physiological issue that led her down the path of only eating

    オースティンと違ってジェイは生理的な問題を抱えていて、食べることしかできない道を歩んでいた。

  • one type of food.

    1種類の食べ物です。

  • At age 12, Jay was diagnosed with gastroesophageal reflux.

    12歳の時、ジェイは胃食道逆流症と診断された。

  • This meant that when she ate, her body would experience intense burning pain as the stomach

    これは、彼女が食べたときに、彼女の体は、胃として強烈な灼熱の痛みを経験することを意味しました。

  • acid flowed up into the esophagus.

    酸が食道に流れ込みました。

  • It is like having intense acid reflux every time you eat.

    食事のたびに強烈な酸が逆流しているようなものです。

  • For Jay the only food that did not cause her stomach to flare up was french fries, and

    ジェイにとって胃がもたれない食べ物はフライドポテトだけだった。

  • for 15 years that is all she ate.

    15年間、彼女が食べていたのはそれだけだった。

  • Recently she was diagnosed with a phobia of food and worked with psychologists to expand

    最近、彼女は食物恐怖症と診断され、心理学者と協力して拡大していきました。

  • her diet.

    彼女の食生活。

  • Although Dave Nunely does not eat the mac part of mac and cheese, he does eat the cheese

    デイブ・ヌンリーはマックの部分を食べないが、チーズは食べる。

  • part.

    の部分である。

  • In fact Dave only eats cheese.

    実際、デイブはチーズしか食べない。

  • His diet consists of plates of grated cheese, and like Jay, has been diagnosed with Cibophobia,

    彼の食事はおろしチーズの皿で構成されており、ジェイのように、シボフォビアと診断されています。

  • or a phobia of foods.

    または食品恐怖症。

  • This phobia can manifest itself as only being afraid of certain types of foods, or, as in

    この恐怖症は、特定の種類の食品を恐れているだけであるかのように、それ自体を明らかにすることができます。

  • Dave's case, all types of food except one.

    デイブの場合、1種類を除いて全ての種類の料理が食べられます。

  • Now imagine eating only chicken nuggets every day.

    今、毎日チキンナゲットだけを食べることを想像してみてください。

  • This was the diet of Stacey Irvine for 15 years.

    これが15年間のステイシー・アーバインの食生活でした。

  • At the age of 17 she collapsed at work and had to be rushed to the hospital.

    17歳の時に仕事中に倒れ、病院に運ばれる羽目になった。

  • You're probably not surprised that the reason she collapsed was because of the unhealthiness

    倒れた理由が不健康だったからといっても不思議ではないでしょうが

  • of her diet.

    彼女の食生活の

  • The human body cannot survive on chicken nuggets alone.

    人間の体はチキンナゲットだけでは生きていけない。

  • In fact, the diet caused Stacey to develop anemia and for her veins to swell.

    実はこのダイエットのせいで、ステイシーは貧血を起こしてしまい、静脈が腫れてしまいました。

  • This caused constriction of blood vessels to vital organs, and eventually led to her

    これは、重要な臓器への血管の収縮を引き起こし、最終的には彼女の

  • body shutting down until she was treated at the hospital.

    病院で治療を受けるまで体をシャットダウンしていました。

  • The doctors were horrified to find out what her diet consisted of, and told her that if

    医者は彼女の食事の内容を知って愕然とし、もしもの時には

  • she did not start eating fruits and vegetables, she would die.

    彼女は野菜や果物を食べ始めなければ、死んでしまう。

  • Derek Nance has taken the Paleo diet to a whole new level.

    デレク・ナンスは、パレオダイエットを全く新しいレベルに引き上げました。

  • He only eats raw meat.

    彼は生肉しか食べない。

  • Unlike Austin this diet is by choice.

    オースティンと違って、このダイエットは選択制だ。

  • Derek was battling constant nausea and found that eating raw meat helped with the symptoms.

    デレクは一定の吐き気と闘っていて、生肉を食べることで症状が改善されることがわかりました。

  • He now eats every part of an animal, so his diet is not just one specific type of food.

    今では動物のあらゆる部位を食べるようになったので、彼の食生活は特定の一種類だけではありません。

  • However, he does not eat fruits or vegetables.

    しかし、果物や野菜は食べない。

  • To get probiotic nutrients Derek will even eat rotten meat, so technically he eats bacteria

    プロバイオティクスの栄養素を得るためにデレクも腐った肉を食べますので、技術的に彼は細菌を食べる

  • as well.

    と同様に。

  • This brings us back to Austin.

    オースティンに戻ってきました。

  • Eating mac and cheese for 17 years is not healthy, but it is also not by choice.

    17年もマックやチーズを食べるのは健康的ではありませんが、それも仕方がないことではありません。

  • Austin's Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder developed because of childhood trauma,

    オースティンの回避/制限的食物摂取障害は、幼少期のトラウマが原因で発症しました。

  • so there is very little he can do to force his body to change its behavior.

    だから、彼の体を強制的に行動を変えることはほとんどできません。

  • That being said, Austin has been working with therapists to find ways to manage the anxiety

    だからこそ、オースティンはセラピストと一緒に不安を管理する方法を見つけてきました。

  • of eating other foods, so hopefully one day he can expand his diet.

    他のものを食べるようになったので、いつか食生活の幅が広がるといいなと思っています。

  • He has said that his goal is to be able to go to a restaurant with friends, order a meal

    友達と一緒にレストランに行って、食事を注文できるようになるのが目標だそうです。

  • other than mac and cheese, and eat it.

    マックとチーズ以外のものを食べて

  • Mental health is important and often not talked about enough.

    メンタルヘルスは重要であり、十分に語られていないことが多い。

  • If you or someone you know has an eating disorder please reach out to a doctor or therapist

    もしあなたやお知り合いの方が摂食障害を抱えている場合は、医師やセラピストに相談してください。

  • for help.

    助けを求めて

  • You are not alone.

    あなたは一人ではありません。

  • Now check outWhat Would Happen If You Only Ate Meat and Nothing Else?”

    "肉だけを食べて何もしなかったらどうなる?"をチェックしてみてください。

  • Or watchDo These Bipolar Disorder Symptoms Sound Familiar?”

    "Do These Bipolar Disptoms Symptoms Sound Familiar? "を見るか?

  • Thanks for watching, and, as always, don't forget to like, share, and subscribe.

    ご覧いただきありがとうございます。

  • See you next time!

    また次回お会いしましょう!

What if you could only eat one food for 17 years?

17年間、1つの食べ物しか食べられなかったとしたら?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 オースティン チーズ マック 食べ マカロニ 食べる

男性が17年間、マックとチーズだけを食べ続けた結果、こうなった (Man Eats Only Mac and Cheese for 17 Years and This Happens)

  • 5 1
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 20 日
動画の中の単語