Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • (♪ The Old Garden Gate, Bea Hankey ♪)

    (♪オールド・ガーデン・ゲート、ビー・ハンキー♪)

  • One and a half miles from the medieval town  of Saffron Walden in Essex we find a true East  

    エセックス州の中世の町サフランウォルデンから1.5マイルほど離れたところに、真の東の町があります。

  • Anglian treasure: Audley End. A stone-clad  mansion surrounded by sumptuous gardens  

    アングリアの宝物オードリーエンド豪華な庭園に囲まれた石造りの邸宅

  • which witness an explosion of colour every  spring as 19,000 bulbs burst from the soil.

    毎年春になると、19,000個の球根が土の中からはじけて、色の爆発を目撃します。

  • In the early days of summer, a walled kitchen  garden packed with organic produce witnesses  

    夏の初めには、有機野菜を詰め込んだ壁付きのキッチンガーデンが目撃されています。

  • thousands of brightly-coloured irises and  peonies in a cascade of purples and pinks.

    鮮やかな色の花菖蒲と牡丹が、紫やピンクのカスケードの中に何千もの花を咲かせています。

  • Meanwhile, all year round, the  River Cam glides gracefully by.

    一方、一年中、リバーカムは優雅に滑空しています。

  • When first built, Audley End was one of the  largest and most opulent houses in Britain.  

    最初に建てられたオードリー・エンドは、イギリスでも最大級の豪邸でした。

  • It was a fantastic Jacobean mansion that was for  a time even a royal palace and it speaks to us of  

    それは時間のために王宮でさえあった幻想的なジャコベ王朝時代の邸宅であり、それは私たちに語りかけています。

  • grand families and the rise and fall of fortunesIt's filled with beautiful art, furniture and some  

    大家族や富の栄枯盛衰を描いています。 美しい美術品や家具、そしていくつかの

  • of the most remarkable collections that still fill  the rooms and the halls here. But it's also filled  

    今でもここの部屋やホールを埋め尽くしている 最も注目すべきコレクションの一つですしかし、それはまた

  • with extraordinary human storiesThe house sits in a Capability Brown  

    非日常的なヒューマンストーリーで この家は、ケイパビリティ・ブラウンの

  • landscape and while the grounds themselves  look tranquil today, the relationship between  

    景観と、敷地自体は今は静かに見えますが、その中での関係は

  • Capability Brown and Sir John Griffin Griffinthe owner at the time, was far from tranquil and  

    ケイパビリティ・ブラウンとサー・ジョン・グリフィン・グリフィン(当時のオーナー)は、静謐な雰囲気からは程遠く

  • it's clear from their letters that they had  some serious disagreements and fallings-out.  

    手紙を見れば明らかですが、彼らは深刻な意見の相違や喧嘩をしていました。

  • Thankfully for us today, those fallings out and  that enmity doesn't seem to have translated into  

    今日の私たちにとってはありがたいことに、そのような落ちこぼれや敵意が

  • the landscape that we see around us. In the 19th  century the house was significantly remodelled  

    私たちの身の回りにある風景を19世紀には、この家は大幅に改装されました。

  • giving us the treasure house that we  see today where features from throughout  

    現在のような宝の持ち腐れになっています。

  • the house's long history are still visible and  we really get that sense of the different phases,  

    長い歴史を持つこの家は、今もなおその姿を見せてくれていて、様々な局面を感じさせてくれます。

  • the different fortunes that the house had been  through. They're all here. We can read them all.  

    この家の様々な運勢を 知ることができました全部ここにあります全部読める

  • During the Second World War Audley End was home  to Polish soldiers of the Special Operations  

    第二次世界大戦中、オードリー・エンドは特殊作戦部隊のポーランド兵の本拠地でした。

  • Executive who trained here in secret before being  dropped behind enemy lines in occupied Poland.  

    ここで秘密裏に訓練を受けた幹部が 占領下のポーランドで敵陣に落とされる前に

  • It's an interesting recent story  and again it tells us of these  

    それは興味深い最近の話であり、再びそれはこれらのことを教えてくれます。

  • extraordinary human stories that  are associated with this place.

    この場所にまつわる並々ならぬ人情話。

  • Away from the lavish reception rooms and  the elaborately-decorated royal apartments,  

    豪華な応接室や精巧に装飾された王室の居室から離れた場所にあります。

  • you step into the Service Wing.

    サービスウイングに入るんだ

  • This was the engine of the house where around  30 servants worked day in day out in addition  

    これはこの家のエンジンで、約30人の使用人が毎日働いていました。

  • to another 80 or so staff who worked across the  estate. These people were just as much a part  

    団地内で働いていた80人ほどのスタッフにも声をかけました。これらの人々は、同じように

  • of the house as the lords and ladies they served  and we can find their stories captured here too.

    彼らが仕えていた領主や女性のように家の中で、私たちはここでも彼らの物語を見つけることができます。

  • A house like this speaks to us of  all the grand and the fine things  

    この家は偉大なものを語る

  • but it can also open the door to  the world of domestic service.  

    しかし、それはまた、国内サービスの世界への扉を開くことができます。

  • A house like Audley End required a huge number  of people to enable it to function. It's like a  

    オードリーエンドのような家は、それが機能するためには膨大な数の人手が必要でした。のようなものです。

  • machine. Just to give one example, coal must be  brought into the building and it must be stored,  

    の機械を使用します。一例を挙げるだけでも、石炭を搬入して保管しなければなりません。

  • it must be moved around the building into the  kitchens and into the many, many fireplaces.  

    それは建物の中のキッチンや多くの暖炉の中に移動しなければなりません。

  • Those fires must be lit, food must be brought infood has to be prepared, food has to be taken out,  

    それらの火は、火をつけなければならない、食べ物を持ち込まなければならない、食べ物を準備しなければならない、食べ物を取り出さなければならない。

  • served at table. Lamps have to be lit. Every  single one of these activities requires expense.  

    テーブルに置かれています。ランプに火をつけなければならない。これらの活動の一つ一つに費用がかかります。

  • They're expensive places to maintain. They require  constant spending of money in the form of wages,  

    維持するにはお金がかかる賃金という形で常にお金を使う必要があります。

  • repairs, material and supplies. The  house has had its ups and downs as well,  

    修繕費、材料費、消耗品。家にも浮き沈みがありました。

  • initially a house of huge proportions and  literally fit for a king -- Charles II in  

    王様の家

  • this case. It had to be scaled back in the early  1700s just to make it a more manageable size.  

    この場合。1700年代初頭にはスケールバックしなければならなかったのです。

  • The house was successively modernised and  remodelled in the 18th and 19th centuries  

    この家は18世紀から19世紀にかけて次々と近代化され、改装されてきました。

  • but by the middle of the 20th century it still  did not even have gaslight, let alone electricity.  

    しかし、20世紀半ばには、電気はおろか、ガス灯すらなかったのです。

  • Looking at a house like Audley End with its  fantastic art collection and its beautiful  

    幻想的なアートコレクションを持つオードリーエンドのような家を眺めながら

  • architecture and its landscaped grounds, sometimes  it's easy to forget that these were the backdrop  

    その背景にあったことを忘れてしまうことがあります。

  • to a complex series of human relationships  but we're really lucky that we've got and  

    を複雑な人間関係の連続にしていますが、私たちは本当にラッキーなことに

  • we continue to uncover documentary evidence  that really helps to fill in the detail  

    私たちは、詳細を埋めるのに本当に役立つ証拠書類の発見を続けています。

  • about the lives that were lived intertwined with  the house and its gardens. And these are intensely  

    家や庭と絡み合って生きていた生活について。そして、これらは強烈に

  • personal histories that speak of love, separation  and even occasionally of secret relationships.

    愛、別離、そして時には秘密の関係を語る個人史。

  • We're pairing this beautiful Essex mansion with  an exquisite traditional song that was originally  

    この美しいエセックスの邸宅と、元々は美しい伝統的な歌を組み合わせています。

  • documented by the famous song collector and  composer Vaughan Williams when he heard it sung  

    ヴォーガン・ウィリアムスが歌っているのを聞いて、有名な歌集家で作曲家のヴォーン・ウィリアムスが記録したものです。

  • in 1904 in the Essex village of Hornden. The song  documents the compexities of human relationships  

    1904年にエセックス州のホーデン村で歌われました。この歌は人間関係の矛盾を記録しています

  • and features a story of a woman forced to  reject the approaches of the man she loves  

    好きな人のアプローチを断らざるを得ない女性の物語を描いています。

  • as she's aware that he's been unfaithful. The  song, sung for us by Bea Hankey, ends with a  

    彼が浮気をしていることを自覚している彼女は、彼が浮気をしていることに気づきます。ボー・ハンキーが私たちのために歌ってくれた曲は、最後に

  • poignant warning to girls who might courtfalse lover: untrustworthy men are described  

    痛烈注意報

  • as being like a star on a foggy morning. You think  they're near, but in truth they are far, far away.

    霧の朝の星のようにあなたは彼らが近くにいると思っていますが 実際には遠く離れています

(♪ The Old Garden Gate, Bea Hankey ♪)

(♪オールド・ガーデン・ゲート、ビー・ハンキー♪)

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 オードリー 邸宅 世紀 なけれ ポーランド 浮気

オールド・ガーデン・ゲート|イギリスの歌 #4|エセックス州オードリー・エンド・ハウス&ガーデンズ (The Old Garden Gate | Songs of England #4 | Audley End House and Gardens, Essex)

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 02 月 19 日
動画の中の単語