Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • (♪ High Germany, Jon Boden ♪)

    (♪ハイ・ジャーマン、ジョン・ボーデン♪)

  • At the end of the last ice age, the melting  glacial waters flooded into a yawning valley  

    最後の氷河期の終わりには、融けた氷河水があくびの谷に流れ込んだ。

  • on the south coast of what is now CornwallThe result was the Carrick Roads, a deep  

    現在のコーンウォール州の南海岸にあります その結果、キャリック・ロードスは、深さのある

  • meandering estuary which local claim is the  third largest natural harbour in the world.  

    蛇行する河口は世界で3番目に大きい天然の港であると地元の人が主張しています。

  • For centuries, the Carrick Roads have beengateway between England and the rest of the world.  

    何世紀にもわたって、キャリック・ロードはイングランドと世界を結ぶ玄関口となってきました。

  • But in times of war that meant  they needed to be closely guarded.

    しかし、戦争の時代には、それは彼らを厳重に守る必要があることを意味していました。

  • Standing sentinel onpenninsular overlooking the water  

    水を見下ろす半島の見張り台に立つ

  • is a majestic circular fortress  ringed with stone ramparts.  

    は、石の城壁で囲まれた雄大な円形の要塞です。

  • Pendennis Castle was Henry VIII's answer to  escalating tensions with France and Spain  

    ペンデニス城は、フランスやスペインとの緊張が高まる中、ヘンリー8世の答えとなりました。

  • and from its imposing battlements you can see  for miles across the breathtaking Cornish coast.

    堂々とした城壁からは、息を呑むようなコーニッシュ海岸を何キロも見渡すことができます。

  • Pendennis Castle was built by Henry VIII  between 1540 and 1545 and it's part of this  

    ペンデニス城はヘンリー8世によって1540年から1545年の間に建設された城で、この城の一部です。

  • huge undertaking to defend the English coast that  was known at the time as 'the device by the king.'  

    イギリスの海岸を守るための大事業で、当時は「王様の装置」として知られていました。

  • Paired with St Mawes Castle over the waterit defended the Carrick Roads, this remarkable  

    水上のセント・メイズ城と対になって、キャリック・ロードを守っていました。

  • deep water estuary. Pendennis issophisticated structure designed to give  

    深海の河口。ペンデニスは、洗練された構造で

  • a 360-degree field of fire. It's really all  about firepower; cannon. And the technology  

    360度の射界。本当に全ては火力です 大砲ですそして技術的には

  • of war was something that Henry VIII was  fascinated with throughout his life. At the  

    ヘンリー8世が生涯をかけて魅了したのは、戦争のことでした。で、ヘンリー8世は、その生涯を通じて戦争に魅了された。

  • time that Pendennis was constructed, Cornwall  had a very clear sense of its own identity,  

    ペンデニスが建設された当時、コーンウォールは自分たちのアイデンティティーを明確に意識していました。

  • very much as it does today, the Cornish language  being spoken and local gentry had a great deal of  

    今日のようにコーニッシュ語が話されていたため、地元の貴族たちは多くのことをしていました。

  • influence. The economy was based around fishing  and tin mining was thriving. It might have been  

    の影響を受けていました。漁業を中心に経済が成り立っており、錫の採掘が盛んでした。だったのかもしれません。

  • a long way from London but this was a really  important place strategically and that's because  

    ロンドンからは遠く離れていますが、ここは戦略的に本当に重要な場所でした。

  • the dangers associated with crossing the channel  at its shortest point, closest to France, meant  

    フランスに最も近い最短地点で水路を渡ることに関連した危険性は、フランスに最も近いことを意味します。

  • that ships would often journey down the coast and  moor here in the Carrick Roads before setting out  

    船はよく海岸を下ってここキャリック・ロードに停泊して出航していたという。

  • on longer journeys. Pendennis didn't just protect  the Carrick Roads; it protected the fleet.

    長距離輸送の際にはペンデニスが守ったのは キャリック・ロードだけではありません 艦隊を守ったのです

  • Pendennis might look like it has stood unchanged  for centuries, a symbol of a bygone era, but in  

    ペンデニスは何世紀にもわたって変わらずに立っているように見えるかもしれません。

  • fact it's a dynamic place which has seen constant  use and change. It has been added to repeatedly  

    実際、それは常に使用され、変化してきたダイナミックな場所です。何度も追加されています

  • and had played an important role in most of  England's major conflicts of the past 500 years.

    と、過去500年間のイングランドの主要な紛争のほとんどで重要な役割を果たしていました。

  • Pendennis has been part of the military  infrastructure of Britian for centuries.  

    ペンデニスは、何世紀にもわたってブリテンの軍事インフラの一部となってきました。

  • Whilst built in the 1540s the site was in use  right up to 1956 and many of the buildings on the  

    1540年代に建設されたこの敷地は、1956年まで使用されていました。

  • site actually come from these later periods. This  means it's been used during the civil wars of the  

    サイトは実際にはこれらの後期から来ていますの内戦時に使用されていたということです。

  • 17th century, in fact it was besieged in 1646, the  American war, the Napoleonic wars as well as both  

    17世紀、実際には1646年、アメリカ戦争、ナポレオン戦争と同様に、両方の戦争で包囲されていました。

  • World Wars. During the Penninsular War in  the early 19th century Pendennis was used as  

    世界大戦19世紀初頭のペニンシュラー戦争では、ペンデニスは

  • a supply base. From here ships would have left  with supplies for troops in Spain and Portugal  

    補給基地。ここから船はスペインとポルトガルの軍隊のための物資を持って出発したでしょう

  • and in fact troops themselves would also have left  from here. In the past, when you said goodbye to  

    と、実は部隊自体もここから出て行ってしまっていたのではないでしょうか。に別れを告げるとき、昔は

  • somebody before a long journey there was a real  possibility that you might never see them again  

    旅立ちの人には二度と会えない可能性がある

  • and certainly this would be the  case if you were heading off to war.  

    そして、確かにこれはあなたが戦争に向かう場合にはそうなるでしょう。

  • Pendennis could have been the last part of Britain  that some troops would ever see and people are  

    ペンデニスはイギリスの最後の部分だったのかもしれません。

  • people and even in the past the emotions felt  would be every bit as recognisable to us today.

    人々は、過去に感じた感情は、今日の私たちにも認識できるようになっています。

  • Thousands of farewells have taken  place at Pendennis over the centuries  

    何世紀にもわたってペンデニスでは何千もの別れの儀式が行われてきました。

  • and in keeping with this long history we've  selected a lament of two lovers separated by  

    この長い歴史の中で、私たちが選んだのは、二人の恋人たちが

  • war. If Pendennis Castle is a symbol  of nationhood and military power,  

    の戦争。ペンデニス城が国民性と軍事力の象徴であるならば

  • this song turns instead to the ordinary  people caught up in those conflicts.  

    この曲は、そのような葛藤に巻き込まれた普通の人たちに焦点を当てています。

  • Just like the many soldiers who would have parted  ways with their loved ones at Pendennis without  

    ペンデニスで多くの兵士が 愛する人と別れたように

  • knowing what the future held, this song contains  a promise to return which is far from certain.  

    未来を知っていても、この曲には遠く離れた場所に戻ってくる約束が含まれています。

  • The poignant lyrics of High Germany, sung for us  here by Jon Boden, really capture that sense of  

    ジョン・ボーデンが歌ってくれた「High Germany」の切ない歌詞は、その感覚を見事に捉えています。

  • longing for a future reunion which is held  suspended by the fates just out of reach.

    手の届かないところで運命に翻弄されている未来の再会への憧れ。

(♪ High Germany, Jon Boden ♪)

(♪ハイ・ジャーマン、ジョン・ボーデン♪)

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 戦争 世紀 ヘンリー 海岸 ロード 城壁

高等ドイツ|イギリスのうた #7|コーンウォール州ペンデニス城 (High Germany | Songs of England #7 | Pendennis Castle, Cornwall)

  • 0 1
    Summer に公開 2021 年 02 月 19 日
動画の中の単語