Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • even as many nations around the world struggled with Covic.

    世界中の多くの国がコヴィッチに苦戦していた時でさえも。

  • Vaccine shortages India is distributing millions of doses in its neighborhood and further a field.

    ワクチン不足のインドは、その近所に数百万人の投与量を配布し、さらにフィールドを配布しています。

  • Most have been given away free, some commercially.

    ほとんどが無料で配られていて、市販のものもあります。

  • The policy is in line with Prime Minister Narendra Modi's assurance to make affordable vaccines available to the world.

    この政策は、手頃な価格のワクチンを世界で利用できるようにするというナレンドラ・モディ首相の約束に沿ったものです。

  • But there are definite hints of Indian soft power at play, especially at a time that China to is ramping up its own so called vaccine diplomacy.

    しかし、インドのソフトパワーのヒントは、特に中国が独自のいわゆるワクチン外交を強化している時期にある。

  • Thing is the first consignment of covered 19 vaccine to arrive in Afghanistan.

    物はアフガニスタンに到着するために19のワクチンをカバーした最初の委託品です。

  • It includes half a million doses on was donated by the government of India.

    インド政府から寄付された50万回分の用量が含まれています。

  • The international press and a host of VIPs have been assembled to witness the event.

    国際的な報道陣とVIPのホストが集まり、イベントに立ち会うことができました。

  • So what's behind such generosity?

    では、このような寛大さの裏には何があるのでしょうか?

  • An embassy spokesperson offers one explanation.

    大使館の広報担当者が一つの説明をしています

  • India is very happy that, you know, we have a long tradition of history and cooperation.

    インドは、歴史と協力の長い伝統があることをとても喜んでいます。

  • In good times and bad.

    良い時も悪い時も

  • India and Afghanistan have stayed together, Onda.

    インドとアフガニスタンは一緒にいた恩田

  • We call it as a vaccine, my three, which is, you know, friendship through vaccination, friendship through vaccination.

    ワクチンと呼んでいますが、私の3つは、ワクチンを通じた友情、ワクチンを通じた友情です。

  • While other countries are accused of holding vaccines or failing to secure enough for their citizens, India has already given away more than five million doses on may donate as many as 20 million to neighboring nations in the near future.

    他の国がワクチンを保持したり、市民のために十分な確保に失敗していると非難されている間、インドはすでに500万以上の用量を与えている、近い将来、近隣諸国に2000万もの多くを寄付する可能性があります。

  • Among the many fisheries are Myanmar, Bangladesh, Sri Lanka, Bhutan and Nepal.

    その中でもミャンマー、バングラデシュ、スリランカ、ブータン、ネパールなどが多くの漁業を行っています。

  • Family.

    家族だ

  • We have been successful in bringing the vaccines to Nepal.

    ワクチンをネパールに持ち込むことに成功しました。

  • For this, I would like to thank the Indian government.

    そのためには、インド政府に感謝したいと思います。

  • Prime Minister Narendra Modi on the people of India on behalf of Nepal's government.

    ネパール政府を代表してインドの人々にナレンドラ・モディ首相

  • Prime Minister KP Sharma Oli on the people off Nepal rob parties until I India is one of the world's largest vaccine producers, already meeting more than 60% of global demand.

    首相KP Sharma Oliは、ネパールのロブパーティーオフの人々に私までインドは世界最大のワクチン生産者の一つであり、すでに世界の需要の60%以上を満たしています。

  • One of its champions is the privately owned Serum Institute of India.

    そのチャンピオンの一人が、インドの民間企業であるセラム研究所です。

  • When Covert 19 hit, they teamed up with British Swedish firm AstraZeneca.

    コバート19がヒットした時、彼らはイギリスのスウェーデン企業アストラゼネカと手を組んだ。

  • Together, they quickly produced and stockpiled more than 70 million doses, which put India in a position to be able to help other countries with their inoculation drives.

    その結果、インドは他の国の予防接種活動を支援できる立場になったのです。

  • For India, this is a source of national pride.

    インドにとっては、これが国の誇りの源です。

  • It's also seen as a way of improving ties in the region on some say, leveraging any goodwill that might be generated.

    それはまた、生成されるかもしれない任意の善意を活用して、いくつかの発言に地域の関係を改善するための方法として見られています。

  • Others suggest Delhi's hoping to counter Chinese influence assed Beijing conducts its own vaccine diplomacy, delivering doses of its Jap two countries in India's backyard.

    デリーは中国の影響力に対抗するために、北京は独自のワクチン外交を行い、インドの裏庭にジャップ二国のワクチンを届けようとしているのではないか、との見方もある。

  • Joining Me now is an armed Christian, and he's China correspondent for The Hindu newspaper and author of the book India's China Challenge.

    彼は武装したキリスト教徒で、ヒンドゥー紙の中国特派員であり、インドの中国への挑戦という本の著者でもあります。

  • He joins me Now from Chennai.

    彼はチェンナイから私に加わりました。

  • An Ant Welcome Now India calls it vaccine May 3 or vaccine friendship.

    蟻の歓迎今インドはそれをワクチン5月3日またはワクチンの友情と呼んでいます。

  • But is it primarily away toe counter Chinese influence in what India has always seen as its area off influence?

    しかし、それは主にインドが常に影響力をオフにその領域として見てきたものに中国の影響力を離れてつま先に対抗していますか?

  • Well, British?

    イギリス人?

  • I don't really think so, because if you look at what the spread of where India has been sending its vaccines, it's of course focused on the immediate neighborhood.

    インドがどこにワクチンを送ってきたかの広がりを見てみると、もちろん目先のことに集中しているので、そうは思いません。

  • Bangladesh, Myanmar and Nepal Everest give Mawr doses from India than any other country, but India is also supplying vaccines to Egypt, South Africa, Brazil, Uh, now countries in the Caribbean.

    バングラデシュ、ミャンマー、ネパールエベレストは、他の国よりもインドからのMawrの用量を与えるが、インドはまた、エジプト、南アフリカ、ブラジル、ええと、カリブ海の今の国にワクチンを供給しています。

  • I think it's more a question of India happening to be one of the places in the world that has the biggest capacity for making vaccines.

    それよりも、インドが世界で最もワクチンを作る能力のある場所の一つであることの方が問題だと思います。

  • And right now our British, the it's more a question of demand and supply where India is going to be producing way more than it needs.

    そして今、私たちのイギリス人は、インドが必要以上に生産しようとしているところに需要と供給の問題があります。

  • Just so far, India has vaccinated about eight million people on it, has sent about 16 million doses of vaccines abroad, off which about one third were grants and the rest on a commercial basis.

    ちょうどこれまでのところ、インドは約800万人にワクチンを接種している、約3分の1は助成金と商業ベースで残りの部分をオフに、海外にワクチンの約1600万用量を送信しています。

  • So I think this is more demand supply issue rather than a vaccine competition.

    なので、これはワクチン競争というよりも需要供給の問題だと思います。

  • And as someone in nipple recently told me, if India and China going head over heels to supply vaccines, it's a good thing for the world.

    あと、最近乳首の誰かが言ってたけど、インドと中国が頭を抱えてワクチンを供給しに行くのは世界にとっていいことだと思うよ。

  • But is there an element of soft power here that India is hoping to project?

    しかし、ここにはインドが期待しているソフトパワーの要素があるのだろうか。

  • For sure, I'm sure there is an added element.

    確かに、追加要素はあると思います。

  • I don't think it would be the case where diplomacy or geopolitics is driving this effort.

    外交や地政学が推進している場合ではないと思います。

  • I think as I said, it's more a question of India having the capacity to do so.

    私が言うように、インドにその能力があるかどうかの方が問題だと思います。

  • But of course I think for India, for China, for every other country there is an added element.

    しかし、もちろんインドや中国、他の国にも要素はあると思います。

  • As you can see, India's external affairs minister has been tweeting almost every dispatch.

    ご覧の通り、インドの外務大臣はほぼ全ての派遣をツイートしています。

  • The Indian envoys and Indian missions in the countries that receiving them have been quite active on social media showcasing it.

    それを受けている国のインド特使やインド使節団がソーシャルメディアでかなり積極的に紹介しています。

  • So of course, as you said, I think it's a wonderful opportunity to showcase soft power for India, for China, for any other country, but my own sense parishes, the idea of vaccine competition between India and China is something I think, perhaps being played up too much in the media.

    もちろん、あなたがおっしゃったように、インドや中国、他の国のソフトパワーをアピールする素晴らしい機会だと思いますが、私自身の感覚では、インドと中国の間のワクチン競争のアイデアは、おそらくメディアで盛り上がりすぎているのではないかと思います。

  • I think China itself has two vaccines that is producing in large quantities.

    中国自体が2種類のワクチンを大量に生産しているのではないでしょうか。

  • As you know, they've controlled the coronavirus spread in China, so they do have the capacity to export them overseas as well.

    ご存知の通り、中国でのコロナウイルスの蔓延を抑えているので、海外にも輸出できる能力を持っているそうです。

  • So I think it is a good thing for the world that India and China emerging.

    なので、インドや中国が台頭してくるのは世界にとっては良いことだと思います。

  • It's big suppliers of vaccines, India, especially being one of the world's biggest manufacturers.

    それは、ワクチンの大規模なサプライヤーであるインド、特に世界最大のメーカーの一つであることです。

  • It's not a good thing for the world.

    世の中のためになることではありません。

  • If there is some element of soft power competition, I think bridge, so be it.

    ソフトパワー勝負の要素があるならブリッジもそうだと思う。

  • Well, let's photo and focus on the soft bar.

    さて、写真を撮ってソフトバーに注目してみましょう。

  • I'm thinking particularly off India's ties in the immediate neighborhood, with countries such as Bangladesh and Nepal, which have generally been fraught in the recent past.

    私は、特にインドとバングラデシュやネパールなどの国との近縁関係を考えていますが、これらの国は、最近、一般的には、あわただしくなっています。

  • Do you think that accidentally, if I can put it that way, they might see a slight improvement?

    たまたま、言い方を変えれば、少しは改善されたと見てもらえるかもしれないと思っているのでしょうか?

  • I think it is interesting where it seems with India's relations with the immediate neighborhood seems to be cyclical when they go through periods of crisis and then they kind of patch up, and I think that happens a lot, especially with Nepal and Sri Lanka.

    インドと近隣諸国との関係は、危機的な状況に陥った時には周期的に変化していくようで、特にネパールやスリランカではよくあることだと思います。

  • You've seen them gravitate towards China and then you had changes in government.

    中国に引き寄せられて政権交代したんでしょ?

  • They gravitate back towards India.

    彼らはインドに引き寄せられる。

  • My feeling is I think there is some amount of realism in Delhi, especially if you have smaller countries in your immediate neighborhood.

    私の感覚では、デリーにはある程度のリアリティがあると思うのですが、特に身近なところに小さな国があれば、それはそれでいいのではないでしょうか。

  • It's in their interest.

    それは彼らの利益になる

  • Try and play India off of China to get the best deal.

    インドを中国から外して、最高の取引をしてみてはいかがでしょうか。

  • I don't think that dynamic is going to change and I would expect that push pull to continue in the immediate neighborhood for some time to come.

    そのダイナミックさは変わらないと思いますし、しばらくは目先のプッシュプルが続くことを期待しています。

  • I think various, we should keep in mind that there is a spectrum.

    様々だと思いますが、スペクトラムがあることを念頭に置いておきましょう。

  • Uh, if you look at India's immediate neighborhood, I think that ranges from Bhutan on the one end which has extremely close relations, then there are no ties with China, obviously Pakistan at the other end.

    インドの近辺を見てみると、端っこのブータンから、非常に密接な関係にあるブータン、そして中国とは関係がなく、もう一方の端っこのパキスタンまでですね。

  • I think in between it's a lot of gray area.

    その間はグレーな部分が多いと思います。

  • I think it was to look at Bangladesh, Nepal, Sri Lanka, the Maldives, there seem to be moving to China and then away from China and I think that kind of dynamic is here to stay and I think you're seeing that reflected a little bit in the vaccines as well.

    バングラデシュ、ネパール、スリランカ、モルディブを見ていると、中国に移動し、中国から離れていくという動きがあるように思います。

  • It's quite interesting that China has been quite slow to be able to send its vaccines for whatever reason.

    中国がなぜかワクチンを送れるようになったのがかなり遅れているのが面白いですね。

  • Uh, two countries in South Asia barring Pakistan China has very belatedly announced a half a million deal to supply vaccines to Nepal and there was some controversy in Nepal, apparently leaking documents saying with the Chinese embassy there was pressuring nipple to accept to kind of take up Chinese vaccines.

    パキスタンを除く南アジアの2カ国 中国は遅ればせながら 50万ドルの契約を発表しました ネパールではいくつかの論争がありました どうやら中国大使館が中国のワクチンを 受け入れるように乳首に圧力をかけていたという文書を リークしたようです

  • The Chinese media has accused India of blocking Chinese trials in Bangladesh, although later it emerged was more about the Chinese company changing the terms of the deal.

    中国のメディアは、インドの中国の試験をバングラデシュでブロックすることの非難しているが、後でそれが出現したが、中国の会社についての取引の条件を変更することについての詳細。

  • So, as you said British, I think it is playing out a little bit, but perhaps a little bit too much being made off in my opinion, a non Christian thanks very much for sharing that opinion.

    だから、あなたが言ったように、イギリス、私はそれが少し再生されていると思いますが、おそらく、私の意見では、オフに作られている少しあまりにも多くの非キリスト教徒のおかげで、その意見を共有することは非常に感謝しています。

even as many nations around the world struggled with Covic.

世界中の多くの国がコヴィッチに苦戦していた時でさえも。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 インド ワクチン ネパール 思い ソフト パワー

インド、COVID-19ワクチンを近隣諸国に寄贈|DWニュース (India donates COVID-19 vaccines to neighboring countries | DW News)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 19 日
動画の中の単語