Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Britain should seek and Europe should seek the closest possible relations.

    イギリスは求めるべきであり、ヨーロッパは可能な限りの緊密な関係を求めるべきである。

  • As Britain leaves the EU while Britain is leaving the European Union, it will not.

    イギリスがEUを離脱している間は、イギリスはEUを離脱しません。

  • It should not and in my view won't turn its back on Europe matter in it.

    それはすべきではありませんし、私の見解では、その中のヨーロッパの問題に背を向けることはありません。

  • One more member of the mother when Britain voted to leave the you stated ambition was to keep the relationship as close as possible primary staff, but with transition from two prime ministers who focused on damage limitation.

    英国が残して投票したときに母のもう一つのメンバーは、あなたが述べた野心は、可能な限り近いプライマリ スタッフが、損傷の制限に焦点を当てた 2 つの首相からの移行との関係を維持することでした。

  • Now it's on Mr Johnson toe one determined to exploit the possibilities of divergence on distance theme mood music has changed market theme in the weeks since the UK left, the single market signs have appeared that both sides may define the relationship increasingly competitive terms.

    今、それは距離テーマムード音楽に発散の可能性を悪用するために決定された氏ジョンソンつま先1上にある英国が去って以来、数週間で市場のテーマを変更し、単一市場の兆候は、双方がますます競争力のある用語で関係を定義する可能性があることが登場しています。

  • I'm looking for a close alignment between UK and Europe into the future.

    将来に向けて、イギリスとヨーロッパの緊密な連携を模索しています。

  • I just worry a bit about the the post Brexit noise from you member states towards Britain, and vice versa.

    ただ、Brexit後の加盟国のイギリスに対する雑音が少し気になります。

  • This'll isn't an ongoing sort of battle between UK and some bigger pieces of your needs.

    これは、英国とあなたのニーズのいくつかの大きな部分の間の継続的な戦いのようなものではありません。

  • A cooler.

    クーラーです。

  • Everyone needs to cool little bit, but will they cool it?

    誰もが少しは冷やしたいと思っていますが、冷やすのでしょうか?

  • Or are the politics off rivalry going to prevail?

    それとも政治のオフのライバル関係が勝つのか?

  • Lord Daric was the UK representative in Brussels on later ambassador to Washington.

    ダリック公は、後にワシントン大使を務めたブリュッセルの英国代表だった。

  • He believes Downing Street is at a crossroads with Europe.

    ダウニング街は欧州との岐路にあると考えている。

  • I do think we're at a moment, but it will stretch for a year or two and it will be determined by what deals weaken do with the EU over making Brexit operate better for British business and better the Northern Ireland Onda over where we go in future on foreign policy cooperation or defense cooperation.

    私たちは瞬間にいると思いますが、それは1年か2年のためにストレッチされ、それはどのような取引がBrexitは英国のビジネスのためのより良い操作を行う上でEUと何をするかによって決定され、より良い北アイルランド恩田は、我々は外交政策協力や防衛協力で将来的にどこに行くかによって決定されます。

  • Some of the other issues equivalents for the city of London that currently rather contentious.

    ロンドン市のための他の問題のいくつかの同等物は、現在はむしろ論争になっています。

  • So over the next two or three years, I think that will have.

    だから、今後2~3年の間には、そうなっていると思います。

  • It will be a defining period for the future off UK EU relations.

    英国のEU関係の将来にとって決定的な期間となるだろう。

  • Of course, Downing Street still wants to get on well with you.

    もちろん、ダウニング街は今でも仲良くしたいと思っている。

  • But Boris Johnson's language signing the trade and cooperation deal in December was subtly different to Cameron and his closest possible relationship.

    しかし、ボリス・ジョンソンが12月に貿易・協力協定に署名する際の言葉は、キャメロンと最も近い可能性のある関係とは微妙に違っていた。

  • The treaty that I've just signed is not the end it is.

    今結んだ条約は、それで終わりではない。

  • It is a new beginning.

    新たな始まりです。

  • Indeed, the government's desire to diverge from Europe and find new global markets and investment means that some have concluded December's trade deal with EU could mark the high point of relations rather than the starting point of something bigger.

    実際、欧州から離れ、新たなグローバル市場や投資を見つけたいという政府の思惑から、12月のEUとの貿易協定は、より大きな何かの出発点というよりも、関係の頂点を示すものになるかもしれないとの結論に達した者もいる。

  • There's some tension within the Tory party between pragmatic eurosceptics that would be happy with symbolic divergence on ideological eurosceptics that want substantive divergence.

    実質的な発散を望むイデオロギー的なユーロセプティクに象徴的な発散で満足するであろう実利的なユーロセプティクの間のトーリー党内でいくつかの緊張があります。

  • And we'll probably get some clues from Rishi soon ac on the third of March, when he unveils his budget around how the government's thinking around the divergence agenda.

    そして我々はおそらく、彼は発散アジェンダの周りの政府の考え方の周りに彼の予算を発表したときに、3月の3日にすぐにACリシからいくつかの手がかりを得るでしょう。

  • But the question is one of the virgins.

    しかし、問題は処女の一人である。

  • How far how fast alignment is really off the table.

    どこまでが速いアライメントかというと、実際にはテーブルから外れています。

  • Any proximity to Europe is really off the table.

    ヨーロッパに近いものは、本当に論外です。

  • So what's the code vaccine crisis?

    コードワクチンの危機ってなんだ?

  • A temporary hiccup or something more significant?

    一時的なしゃっくりか、もっと重大なことか?

  • One Brussels player told me.

    あるブリュッセルの選手が言った。

  • Up until then, many people here, so Brexit Britain is a bit of a joke.

    それまでは、ここにいる人が多いからBrexit Britainはちょっとね。

  • Now they take it more seriously as a competitors under fire for being too slow to order and license vaccines.

    今では、ワクチンの発注やライセンス取得に時間がかかりすぎているために、炎上している競争相手として、より深刻に受け止められています。

  • Theme.

    テーマ。

  • EU Commission president has conceded that the EU has the advantages of being a big ship, but the UK those off a speedboat.

    EUの委員会会長は、EUは大きな船であることの利点を持っていることを認めているが、英国のそれらのオフスピードボート。

  • There is no doubt that the way you have handled the whole vaccine issue, it's been a huge mistake.

    ワクチンの問題をどう処理したかは間違いなく、大きな間違いです。

  • But let's be clear.

    でも、はっきりさせておきましょう。

  • Being small and nimble has worked for us on vaccines, probably doesn't work so well when you come to negotiating, for example, trade deals with much bigger and more powerful partners.

    小柄で機敏であることは、ワクチンで私たちのために働いてきましたが、例えば、より大きく、より強力なパートナーとの貿易取引などの交渉に来たときには、おそらくあまりうまくいかないでしょう。

  • So how do the two sides avoid their post Brexit relationship becoming one of rivalry and recrimination?

    では、Brexit後の関係が対立と逆襲の関係になるのをどうやって回避するのだろうか。

  • On the EU side, they have faith in December's trade deal to stop too much British deregulation.

    EU側では、イギリスの行き過ぎた規制緩和を止めるために、12月の通商協定を信頼している。

  • We do not have an automatic alignment when European Union changes anything, but we do have a clause that if if there is too much divergence that, then of course the European Union can take measures and it protects us from from too much divergence.

    欧州連合が何かを変更したときに、自動的に連携するわけではありませんが、もし発散が多すぎる場合には、もちろん欧州連合が対策を講じることができ、発散が多すぎることから私たちを守るという条項があります。

  • And it gives the UK AH certain flexibility to choose their own rules.

    そして、それは英国のAHに独自のルールを選択するための一定の柔軟性を与えます。

  • The next big discussion concerns financial services with EU wanting the city to align closely on regulation.

    次の大きな議論は金融サービスに関するもので、EUは規制について市と緊密に連携したいと考えている。

  • While the Bank of England governor Andrew Bailey, has pushed back, the EU has argued that it must better understand how the UK intends to amend or also the ball's going forwards.

    イングランド銀行のアンドリュー-ベイリー知事は、プッシュバックしているが、EUは、それがより良い英国を改正するか、またはまた、ボールが前方に向かって行くことを意図する方法を理解する必要があると主張している。

  • This is a standard that the U holds no other country to what I suspect, what agreed to be held to itself.

    これは、私が疑っていること、同意したこと自体にUが他国を拘束していない基準です。

  • So is this just tough negotiating talk?

    これはただの厳しい交渉の話なのか?

  • Or might the UK decide it's a big enough financial services beast not to become a rule taker from Brussels.

    あるいは、英国は、ブリュッセルからのルールテイクにならないように、十分に大きな金融サービスの獣だと判断するかもしれません。

  • I think there's close to zero chance that on equivalence decision will be granted.

    等価判決が出る可能性はゼロに近いと思います。

  • The UK doesn't want it in.

    イギリスはそれを望んでいない。

  • The Europeans don't want to grant it.

    ヨーロッパ人はそれを認めたくないんだよ。

  • The UK thinks it would be a nice toe have, but not at the price of subordinating the city to rule taking from Brussels think there is a view that the sector will be much more effectively regulated by the Treasury on the Bank of England and the European Commission.

    英国は、それは素敵なつま先があるだろうと考えているが、ブリュッセルからルールを取るに都市を従属させるの価格ではないと思うセクターは、イングランド銀行と欧州委員会の財務省によってはるかに効果的に規制されるというビューがあると考えています。

  • The European view is a prerequisite for equivalence is trust, cooperation and a stable relationship between the two sides, which is decisively not the case between the U.

    ヨーロッパのビューは、同等性のための前提条件は、信頼、協力と決定的に米国との間のケースではありません2つの側面の間の安定した関係である。

  • K and the European Union At the moment, on financial services, it's the desire of some big players, France and Germany, mainly that the UK shouldn't have the same level of access that it did as an EU member.

    KとEU 現時点では、金融サービスに関しては、フランスやドイツといった一部の大物が、主に英国がEU加盟国と同じレベルのアクセスを持つべきではないという願望を持っています。

  • That might frustrate agreement, but on the other area where there had been high hopes for cooperation, defense and security, the reluctance is mawr on this side of the channel on defense and security.

    それは合意を挫くかもしれないが、防衛と安全保障という協力への期待が大きかったもう一方の分野では、防衛と安全保障についてはチャンネルのこちら側に消極的なところがある。

  • What I'm hearing is that it's mostly us who don't seem to be interested.

    聞いた話では、興味がなさそうなのはほとんどが私たちだそうです。

  • You would like to do more with us on defense and foreign policy in security, and we are worried about what impact that has on our freedom of movement on our sovereignty.

    安全保障上の防衛や外交政策をもっと一緒にやっていきたいと思っているようですが、それが主権の移動の自由にどのような影響を与えるのか気になります。

  • We really want a very, um, like CART approach to this, too.

    私たちは、この件についても、とても、うーん、カートのようなアプローチをしたいと思っています。

  • Cooperate with you on policy towards Russia on the moments when it chooses us.

    ロシアが我々を選ぶ時には、ロシアに向けての政策に協力してください。

  • Would have complete freedom to diverge when it choose us.

    それが私たちを選んだとき、発散する完全な自由を持っているだろう。

  • For now, the political climate is not right for cooperation to flourish between Downing Street and the you.

    今のところ、政治的な状況は ダウニング街とあなたの間の協力を繁栄させるのには適していません。

  • That will mean Mawr oven arm's length relationship than the prime minister who fathered Brexit ever anticipated.

    それは、Brexitの父である首相が予想していたよりも、モーのオーブンの腕の長さの関係を意味します。

  • Slightly better attended press conference than some of the ones I've done over the last six years.

    過去6年間に行ったいくつかの記者会見よりも、出席率が少し良い。

  • But you're all very welcome.

    でも、皆さん大歓迎です。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

Britain should seek and Europe should seek the closest possible relations.

イギリスは求めるべきであり、ヨーロッパは可能な限りの緊密な関係を求めるべきである。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 eu 関係 ブリュッセル brexit ヨーロッパ イギリス

英国とEUのポストブレキジット関係。ライバルか良き隣人か?- BBCニュースナイト (UK-EU post-Brexit relationship: Rivals or good neighbours? - BBC Newsnight)

  • 16 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 17 日
動画の中の単語