Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • At this particular moment, I would have to go with the Jazz, and it's strictly because of depth.

    この瞬間、私はジャズと一緒に行かなければならないだろうし、それは厳密には奥行きがあるからだ。

  • I understand that they don't have Kawai Lenin and they don't have Paul George.

    河合レーニンがいないのも、ポール・ジョージがいないのも理解できる。

  • But I believe in Donovan Mitchell.

    しかし、私はドノバン・ミッチェルを信じています。

  • I believe they're Donovan Mitchell is a stud now.

    ドノバン・ミッチェルは今はスタッドだと思う。

  • I'm not on overall believe in the Jazz in terms of them knocking off a healthy Los Angeles Lakers squad, which is the position that I took yesterday.

    私は、彼らが健康なロサンゼルス・レイカーズの分隊をノックオフするという点では、全体的にジャズを信じていませんが、それは私が昨日取ったポジションです。

  • But I will tell you that if the Anthony Davis is down and out, um, when I look at the Jazz as as more formidable, because I look at them as a deeper team and I look at Donovan Mitchell, a za superstar in the making, if he's not already there, he is just something special.

    しかし、もしアンソニー・デイビスがダウンしてアウトになった場合、私はジャズをより手ごわいチームとして見ているので、ドノバン・ミッチェルを見ていますが、もし彼がまだそこにいなければ、彼は特別な存在です。

  • He doesn't fold or fade.

    彼は折れたり、色あせたりしない。

  • Come playoff time, he's gonna make sure his presence is felt.

    プレーオフの時には、彼の存在感を確かなものにするだろう。

  • And then I look at what they do defensively, their fourth, and they're like, third and lead defensively, their fourth.

    そして、彼らの守備、4番の活躍を見ていると、3番でリードしている守備、4番でリードしている守備、みたいな感じです。

  • Offensively, they distribute the ball.

    オフェンス的には、ボールを分配する。

  • They've got How many dudes?

    何人いるんだ?

  • 123456 different dudes averaging 11.5 points or better on this squad.

    123456人が平均11.5点以上を記録しています。

  • You've got a guy in Royce O'Neal, who's the defensive ace on the perimeter, and a guy in Rudy Gobert who's a defensive player of the year and a candidate for that award practically every single year.

    ロイス・オニールには守備のエースがいるペリメーターでルディ・ゴベールには守備的プレイヤー・オブ・ザ・イヤーの候補者がいる

  • And so you've got defense on the interior.

    内側にもディフェンスがあるんですね。

  • You've got defense on the perimeter and you've got a cat like Donovan Donovan Mitchell, who is a flat out stud.

    ペリメーターでのディフェンスもあるし、ドノバン・ドノバン・ミッチェルみたいな猫もいるし、平凡なスタッツだよね。

  • Uh, Mike Conley has been playing well.

    マイク・コンリーは良いプレーをしている

  • Bogdanovich was a big time pick up.

    ボグダノビッチが大抜擢されました。

  • I just looked at them right now in terms of their depth.

    今の彼らの奥深さを見てみました。

  • And if the Lakers air not standing there, then ultimately with the Clippers or anybody else, it comes down to one or two players.

    レイカーズの空気がそこに立っていない場合は、最終的にクリッパーズや他の誰と、それは1つまたは2つの選手にダウンしています。

  • The Clippers with Wild Paul, George, Denver with Jamal Murray or the Joker.

    ワイルドポール、ジョージ、デンバーにジャマール・マレーかジョーカーがいるクリッパーズ。

  • You know, Portland with Turkey's or McCullum Rather and Dame Dollar.

    ターキーズとポートランドとか、マッカラムラザーとダムダラーとか。

  • But Utah, They could hit you in a multitude of ways, and that's why I have to look at them and say, If the Lakers can't go, they could be a bigger threat to anybody.

    でもユタ、彼らは何度も殴られてもおかしくないし、だからこそ、レイカーズが行けなくても、彼らを見ていると、誰にとっても大きな脅威になるかもしれないんだ。

  • Well, I actually think the Clippers are also extremely deep.

    まあ、実はクリッパーズも非常に奥が深いと思っています。

  • I admit this is extremely close because Donovan Mitchell showed in the playoffs Stephen A.

    ドノバン・ミッチェルがプレーオフのスティーブン・Aで示したので、私はこれが非常に近いことを認める。

  • That when it matters most.

    それが最も重要な時に

  • He is a superstar, whether he's not whether he's a star superstar.

    彼がスーパースターであるかどうかは別として、彼はスーパースターである。

  • Normally, when it matters most, he's a superstar.

    普通、大事な時にはスーパースターなんですよ。

  • We'll see if Mike Conley could be that, too.

    マイク・コンリーもそうなる可能性があるかどうか見てみたいと思います。

  • And then you have a 12 punch, maybe, and Paul George also needs to show he could be that that that Deuce Thio co wise ace.

    そして、12のパンチを持っている、多分、ポール・ジョージは、彼があのデュース・ティオのコ・ワイズ・エースになれることを示す必要があります。

  • But what it comes down to for me is Do I want Kawhi Leonard and Paul George or Donovan Mitchell and Mike Conley?

    しかし、私にとっての結論は、カワヒ・レナードとポール・ジョージか、ドノバン・ミッチェルとマイク・コンリーのどちらがいいかということです。

  • I want Kawhi Leonard and Paul George, and I have to believe one of these post seasons.

    カウィ・レナードとポール・ジョージが欲しい、このポストシーズンのいずれかを信じなければならない。

  • Paul George is really going to show up.

    ポール・ジョージは本当に出てくるんですね。

  • But I like the long, athletic, elite, two way wing players, and that's what the Clippers have in terms of the depth.

    でも、僕はロングでアスレチックでエリートな2ウェイウイングの選手が好きだし、クリッパーズにはそれだけのデプスがあるんだ。

  • You're absolutely right to point out the Jazz depth and Royce O Neill and guys like that who can really three and d.

    あなたはジャズの深さとロイス-オ-ニールと本当に3とdができるような人のような人を指摘するのは絶対に正しいです。

  • You know, a lot of times a guy has the team has a guy on the bench.

    チームにベンチ入りしてる奴が多いな

  • Oh, he's our three and D player.

    彼は私たちの3人とDのプレーヤーです。

  • Not really in name, mainly, but the guy like O Neill is a really three and D guy and elite guy in that respect, and you point out, go bearing all the different parts that they have.

    本当に名前ではなく、主に、しかし、オニールのような男は本当に3とDの男とその点でエリートの男であり、あなたが指摘し、彼らが持っているすべての異なる部分をベアリングに行く。

  • Bogdanovich.

    ボグダノビッチ

  • They really do have a lot of good parts.

    彼らは本当に良い部分をたくさん持っています。

  • So the Clippers so do the Clippers.

    だからクリッパーズはクリッパーズをする。

  • And by the way, they've been all banged up.

    ついでに言えば、みんなボコボコにされています。

  • Even Batum is starting to get nicked up now, right?

    バタムですら今はニックネームが出始めてるんだぜ?

  • And Patrick Beverley is missed.

    そして、パトリック・ビバリーを逃した。

  • Time and CO.

    時間とCO。

  • Y and Paul George there only 2.5 games behind the Jazz in spite of all those injuries.

    Yとポール・ジョージは負傷者が出たにもかかわらず、ジャズの後ろに2.5ゲームしかいない。

  • So they have their big, too.

    だから、彼らには彼らのビッグもある。

  • But they also have Ibaka, and they also have Patrick Beverly.

    しかし、彼らにはイバカもいるし、パトリック・ビバリーもいる。

  • And they also have Lou Williams.

    ルー・ウィリアムズもいる

  • And they also have Marcus Morris.

    マーカス・モリスもいる

  • And I mentioned Nick Batum, who's had a career renaissance, and he's a very good player when healthy and on the floor and motivated, which he seems to be.

    そして、私はニック・バタムの話をしましたが、彼はキャリアのルネッサンスを受けた選手で、健康でフロアにいてモチベーションが高い時には、とても良い選手です。

  • I haven't even mentioned like Reggie Jackson or or, you know, they, like the Jazz, are extremely well coached tile Ooh Quin Snyder, both elite coaches and extremely well coached and deep team.

    私もレジー・ジャクソンのように、または、あなたが知っているように、彼らは、ジャズのように、両方のエリートコーチと非常によくコーチングされたタイルOoh Quin Snyder、非常によくコーチングされた深いチームであることを言及していません。

  • For me, it comes down to who's 12 punch.

    私にとっては、誰が12のパンチをするかにかかっています。

  • Do you like best?

    一番好きなのは?

  • I like the Clippers a little more than the Jazz.

    ジャズよりクリッパーズの方が少し好きです。

  • Well, I don't view.

    まあ、私は見ないけど。

  • The Jazz is a 12 punch.

    ジャズは12パンチです。

  • I think they're one punch is their defense There?

    彼らのワンパンチが彼らの防御力だと思います。

  • 12 punches Donovan Mitchell and his supporting cast, Whoever that may be on a night in, night out basis, it could be one Conley one night, Bogdanovich Another night, Rudy Kobe.

    12パンチドノバン・ミッチェルと彼のサポートキャストは、それがナイトイン、ナイトアウトベースであるかもしれない人は誰でも、それは1つのコンリー1泊、ボグダノビッチ別の夜、ルディ神戸かもしれません。

  • Another night, etcetera, etcetera.

    別の夜、他の夜、他の夜、他の夜。

  • But they are an elite defensive team, in my estimation.

    しかし、私の予想では、彼らはエリートディフェンスチームです。

  • Not to say that the Clippers or not, but they definitely are.

    クリッパーズかどうかとは言わないが、間違いなくクリッパーズだ。

  • Number two.

    2番だ

  • I've got the back drop off.

    後ろのドロップオフが

  • Two dudes folding and gold in Game seven.

    第7ゲームで2人の男が折りたたんで金になった

  • Number three.

    3番です。

  • I'm not a fan of the Luke Kennard pick up.

    ルーク・ケナードをピックアップしたのは

  • I mean, I know he's no scrubbing.

    擦り切れてないのはわかるけど

  • He could shoot the ball, but I've never been a fan of that, you know, to me to some degree, and I don't know how, because I need to watch them a little bit more because obviously I'm a very, very busy man, you know, hosting three damn shows to crying out, for crying out loud, I gotta tell you, I mean, Lou Williams doesn't seem to be like himself.

    彼はボールを撃つことができたが、私はそのファンになったことがない、ある程度はね、私にはね、どうやってかは分からないが、もう少し見ないといけないからね、明らかに私は非常に忙しい男だからね、3つのクソ番組の司会をして、大声で言うと、ルー・ウィリアムズは自分自身のようには見えないんだよ。

  • I think that something has compromised him to some degree.

    何かが彼をある程度妥協させているのではないでしょうか。

  • I'm not I don't get me wrong.

    誤解しないでください。

  • He's still averaging like 12 again.

    またまた12みたいに平均化している。

  • Whatever this is.

    これが何であれ

  • Louis talking about here.

    ルイスがここで話している

  • This is Lou Williams, you understand?

    ルー・ウィリアムズだ

  • Sixth man of the year and all.

    今年の6人目の男とか

  • I mean, this dude right here he is a scoring machine and I'm not seeing what I'm accustomed to seeing him, And I saw his minutes compromised a bit early in the season.

    この男は得点マシーンなんだが 見慣れたものは見ていない シーズン序盤で彼の分数が 危うくなっているのを見たよ

  • I was wondering what the hell is going on with Tyler, who I think is a coach of the year candidate, By the way, I think he's doing a hell of a job.

    コーチオブザイヤー候補と思われるタイラーは一体どうなっているのかと思っていましたが、ちなみに彼はとんでもない仕事をしていると思います。

  • But in the end, what it comes down to is that the Clippers, you know where they're going and you know who they're going to rely upon.

    しかし、結局のところ、クリッパーズがどこに行くのか、誰に頼るのかを知っているということです。

  • When all is said and done, it is going to come down to Kawai and Paul.

    全てが終わったら、河合とポールの出番です。

  • George, I got news for you.

    ジョージ 知らせがある

  • Crunch time, money on the line.

    クランチタイム、お金の出番です。

  • They are very, very few people in this world that I'd be Mawr comfortable giving the ball to than Donovan Mitchell.

    彼らは非常に、ドノバン・ミッチェルよりもボールを与えることでモーアが快適になることを、この世界では非常に少数の人々です。

  • The brother is a start with Hey, he is Dwyane Wade.

    兄弟はHeyとのスタートで、彼はDwyane Wadeです。

  • 2.0, today, the the new keys.

    2.0、今日は新しい鍵。

  • The new is the new version of Dwayne Way.

    ドウェインウェイの新作です。

  • That's who Donovan Mitchell is to me either.

    ドノバン・ミッチェルは私にとってもそういう人です。

  • 2.4 point nine alright way.

    2.4ポイントナインは大丈夫だ

  • Don't know if he's to point out, but he is.

    彼が指摘するかどうかは知らないが、彼は指摘している。

  • He I get it.

    彼は私がそれを取得します。

  • I get it about the Dwyane Wade comparison.

    ドウィアン・ウェイドとの比較については理解している

  • I'm a huge, huge Donovan Mitchell fan, but in spite of Couey's choking Game seven, Stephen A.

    私は巨大な巨大なドノバン・ミッチェルのファンですが、クーイの詰まったゲーム7にもかかわらず、スティーブン・A.

  • He had another all time great playoff run last year, followed by one of the greatest post seasons of all time the year before.

    彼は昨年もまた、史上最高のプレーオフ進出を果たし、一昨年には史上最高のポストシーズンの一つに輝いた。

  • He's a two time finals M v p so co I.

    彼は2回の決勝戦でM v p so co I.

  • I also very much trust in that situation.

    私もその状況を非常に信頼しています。

  • One thing I'll say is the Clippers may have the best two players in the Siri's, maybe depending on how Paul George plays, but but the Jazz are a little deeper on top, like Bogdanovich and go Bare are better than anyone else other than the Big two on the Clippers.

    一つ言えることは、クリッパーズはシリズの中では最高の二人の選手がいるかもしれない、ポール・ジョージのプレーの仕方次第かもしれないが、ジャズはボグダノビッチやゴー・ベアのように、クリッパーズのビッグ二人以外の誰よりも上にいるのが少し深い。

  • I want to point this out, though, when Kawai and Paul George have been on the court together this season, you can argue the Clippers have been the best team in basketball.

    ここで指摘しておきたいのは、今季、川井とポール・ジョージが一緒にコートに立っていると、クリッパーズがバスケットボール界で最高のチームであることを主張することができるということだ。

  • They're outscoring opponents per 100 possessions like Brooklyn points.

    彼らはブルックリンのポイントのように100ポゼッションあたりで相手をアウトスコアしている。

  • It's been almost unstoppable.

    ほとんど止まらなくなってしまった。

  • Thanks for watching ESPN on YouTube for live streaming sports and premium content.

    スポーツとプレミアムコンテンツのライブストリーミングをYouTubeでESPNをご覧いただきありがとうございます。

At this particular moment, I would have to go with the Jazz, and it's strictly because of depth.

この瞬間、私はジャズと一緒に行かなければならないだろうし、それは厳密には奥行きがあるからだ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 クリッパーズ ミッチェル ジャズ ジョージ ポール ボグダノビッチ

クリッパーズかジャズか?スティーブン・A&マックスがレイカーズの最大の脅威を語る|ファースト・テイク (Clippers or Jazz?: Stephen A. & Max debate the Lakers’ biggest threat | First Take)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 16 日
動画の中の単語