Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's a warm spring afternoon. Fourteen year  old Michael and his friends hang out at the  

    暖かな春の午後。14歳のマイケルと彼の友人たちは

  • Naviglio Grande Canal in Milan, Italian. The five  boys dive off a bridge into the murky cool water.  

    イタリア・ミラノのナヴィリオ・グランデ運河。5人の少年が橋から濁った冷たい水に飛び込む。

  • They pop up laughing and splashing  each other. But something's wrong.  

    笑いながら飛び出してきてはね合う。しかし、何かがおかしい。

  • Michael's friends realize that he's  missing--he never returned to the surface

    マイケルの友人たちは、彼が行方不明になっていることに気づく--彼は地表に戻ってこなかった。

  • They quickly dive back down and find MichaelHe's about 6 feet (1.8 meters) under water,  

    彼らはすぐに下に潜り返し、マイケルを見つける。 彼は水深約6フィート(1.8メートル)のところにいます。

  • caught in the grip of a strong currentWorse yet, his foot is stuck in a  

    強い流れの中で足が動かなくなってしまった。 さらに悪いことに、彼の足は

  • barricade of wooden poles used to guide boats. Michael's friends frantically try to free him.  

    ボートを誘導するのに使われる木の棒のバリケード。マイケルの友人たちは必死になって彼を解放しようとする。

  • The commotion attracts the attention ofman jogging by. He strips down and dives  

    騒動はジョギングをしている男の注意を引く。彼は裸になって飛び込む。

  • in to help. But Michael's foot won't come loose. Someone calls the emergency services. Firefighters  

    助けるためにしかし、マイケルの足が緩みません。誰かが救急車を呼ぶ。消防士が

  • quickly arrive and send divers down to free  Michael. Finally, about 42 minutes after he  

    すぐに到着し、マイケルを解放するためにダイバーを送り込みました。最終的に、約42分後、彼は

  • first dived, rescuers return Michael to the  surface. He's limp, cold, and unconscious

    救助隊はマイケルを海面に戻した彼はぐったりしていて、冷たくて、意識がありません。

  • They lay Michael on the bank and check for  signs of life. Surprisingly, they detect a faint  

    彼らはマイケルを銀行の上に寝かせ、生命の痕跡を確認します。驚くべきことに、彼らはかすかに

  • heartbeat. The rescuers do chest compressions  and attempt to resuscitate him on the spot,  

    心臓の鼓動。救助者は胸骨圧迫を行い、その場で蘇生を試みる。

  • but to no avail. Michael is rushed  to a local hospital and hospitalized  

    が、役に立たない。マイケルは地元の病院に運ばれ、入院します。

  • in the cardiac surgery intensive care unit. He spends the next month in a coma attached  

    心臓外科集中治療室で彼は次の月を昏睡状態で過ごします

  • to machines which breathe on his behalf and  keep his heart pumping. When Michael awakes,  

    彼の代わりに呼吸をして心臓を鼓動させている機械にマイケルが目を覚ますと

  • he's alert and able to recognize his parentsHe even asks about his favorite soccer team.  

    警戒心が強く、親を認識できるようになっています。 好きなサッカーチームのことまで聞いてきます

  • Miraculously, he has no brain damage  and is able to make a complete recovery

    奇跡的に脳にダメージがなく、完全に回復した。

  • How did someone survive underwater for nearly  an hour without air? Although Michael's 42  

    どうやって空気なしで1時間近くも水中で生き延びたのか?マイケルの42

  • minute ordeal is the longest we were able to  find, there have been a few other accounts of  

    分間の試練が私たちが見つけられた最長のものですが、他にもいくつかの報告があります。

  • people stuck underwater for 15 or 20 minutes who  survived. Many were able to make a full recovery

    生き残った人たちの中には 15分や20分水中で動けなくなった人もいました多くの人は完全に回復することができました。

  • Generally, brain damage begins after  about 1-2 minutes without oxygen.  

    一般的には、酸素がない状態で1~2分程度で脳の損傷が始まります。

  • At 4-6 minutes the occurring brain  damage is severe and likely permanent.  

    4-6分で発生している脳の損傷は深刻で、おそらく永久的です。

  • Around 10 minutes without oxygen death occurs. While doctors cannot fully explain Michael's  

    酸素がない状態で10分ほどで死亡する。医師はマイケルの病状を完全には説明できませんが

  • miraculous survival, there are two main  theories of why he was able to survive.  

    奇跡的に生き延びることができた理由には、大きく分けて2つの説があります。

  • First, the bradycardic response which  is part of the mammalian diving reflex.  

    まず、哺乳類の潜水反射の一部である徐脈反応。

  • This physiological response is the same  reflex that babies up to 6 months old have  

    この生理的反応は、生後6ヶ月までの赤ちゃんが持っているのと同じ反射です。

  • when their heads are submerged in water. They hold  their breath, their hearts slow down and blood is  

    頭を水に沈めると彼らは息を止め、心臓の動きが鈍くなり、血が

  • shifted away from extremities and less essential  organs to conserve oxygen for their brains and  

    脳のために酸素を節約するために、四肢やあまり本質的でない器官から離れた場所に移動して

  • hearts. This reflex also protects babies from  getting milk in their lungs while nursing

    心臓を保護します。この反射は、授乳中に肺にミルクが入ってこないように赤ちゃんを守る役割も果たしています。

  • Around 6 months in age, babies begin to  gradually lose the reflex. However adults  

    生後6ヶ月頃になると、赤ちゃんは徐々に反射神経を失い始めます。しかし、大人は

  • often retain vestiges of it. If you dunk your face  in cold water, you'll gasp and hold your breath.  

    の名残が残っていることが多いです。冷たい水に顔を沈めると 息を止めて息を止めます

  • Unfortunately, the bradycardic response is hard  to study in humans, especially adults, as it would  

    残念なことに、徐脈反応はヒト、特に成人では研究が難しい。

  • involve recreating near-drowning experiences. The second theory as to how Michael could have  

    溺れそうになった経験を再現することが必要です。マイケルがどのようにして

  • survived so long underwater is the selective brain  cooling hypothesis. Studies have determined that  

    水中で長く生き延びたのは、選択的脳冷却仮説です。研究では、以下のように決定されています

  • the quicker the brain cools, the more likely  it is to survive. When immersed in water,  

    脳が早く冷えるほど生き残りやすい水に浸かると

  • the human body retains carbon dioxide asresult of not breathing, which causes blood  

    炭酸ガスを溜め込んで血液を作る

  • vessels in the brain to dilate to allow increased  blood flow so the brain can receive more oxygen.  

    脳の血管が拡張して血流が増加し、脳がより多くの酸素を受け取ることができるようにします。

  • This function is called hypercapnic  vasodilation. When submerged in cool water,  

    この機能をハイパーカプニック血管拡張といいます。冷たい水に沈めると

  • the blood in the extremities begins to cool and as  hypercapnic vasodilation happens, the cool blood  

    冷血

  • flows to the brain. As a result, the brain cools  faster. The colder the water, the more quickly  

    が脳に流れます。その結果、脳の冷えが早くなります。水が冷えれば冷えるほど

  • cool blood flows to the brain and the longer  the brain may be sustained. The water Michael  

    冷たい血が脳に流れ、脳が持続する可能性があります。水のマイケル

  • dived into was a chilly 59 degrees F (15 C). It's been noted that most of the survivors of near  

    飛び込んだのは華氏59度(15℃)の寒さでした。生存者のほとんどが

  • drownings with minimal effects tend to be young  and the water they've been submerged in is cold,  

    効果の少ない溺死は若い人に多く、水没した水は冷たい。

  • suggesting that both theories play a role  with the brain cooling hypothesis being aided  

    両方の理論が役割を果たしていることを示唆しており、脳冷却仮説が助長されています。

  • by the bradycardic response. Michael's near  drowning fits this profile. Also essential to  

    徐脈反応でマイケルが溺れそうになったのは、このプロファイルに当てはまります。また、必要不可欠なのは

  • Michael's survival was the emergency CPR  that was administered to him immediately  

    マイケルが生き残ったのは、すぐに緊急心肺蘇生法を行ったことです。

  • after he had been pulled from the river. And now that you've reached the end of our video,  

    川から引き上げられた後でしたそして今では動画の最後まで来てくれました

  • why not keep the watch party going?! Ever wonder how you would react if  

    ウォッチ・パーティーを続けてみないか?今までに、あなたがどのように反応するか疑問に思ったことはありませんか?

  • you were trapped in a sinking car? Click  here for a life hack on how to survive:

    沈みゆく車の中に閉じ込められた?生き残るためのライフハックはこちら。

  • Two travelers survive a terrifying plane crash  

    二人の旅行者が恐ろしい飛行機事故を生き延びる

  • only to be stranded in the Yukon. Can  they survive the winter wilderness?

    ユーコンで足止めを食らっただけ。彼らは冬の荒野を生き抜くことができるのでしょうか?

It's a warm spring afternoon. Fourteen year  old Michael and his friends hang out at the  

暖かな春の午後。14歳のマイケルと彼の友人たちは

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マイケル 冷たい 心臓 酸素 反射 反応

水中での42分間のサバイバル (Surviving 42 Minutes Underwater)

  • 1123 59
    Summer に公開 2021 年 02 月 16 日
動画の中の単語