Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • NASA this week will attempt to land a rover on Mars, and the engineers behind the mission say seven months of space travel will come down to what they call seven minutes of terror.

    NASAは今週、火星にローバーを着陸させようとします。ミッションの背後にあるエンジニアは、宇宙旅行の7ヶ月間は、彼らが恐怖の7分と呼ぶものに降りてくるだろうと言います。

  • That's the amount of time the rover dubbed perseverance, will take to descend through the thin Martian atmosphere to the surface of the Red Planet.

    これは「忍耐」と呼ばれるローバーが火星の薄い大気圏を通って赤い惑星の地表に降りるまでの時間です。

  • But its radio signals take 11 minutes to reach the Jet Propulsion Laboratory near Los Angeles, which means for those seven minutes, NASA won't know if the robotic astrobiology lab landed safely in one piece or burned to a crisp.

    しかし、その無線信号はロサンゼルス近くのジェット推進研究所に届くまでに11分かかります。つまり、その7分間、NASAはロボット宇宙生物学研究所が無事に着陸したのか、それとも燃え尽きてしまったのかを知ることができません。

  • Al Chen, head of the JPL descent and landing team, called the entry, descent and landing phase the most critical and most dangerous part of the $2.7 billion mission.

    JPL降下・着陸チームの責任者であるアル・チェン氏は、27億ドルのミッションの中で最も重要で最も危険な部分は、進入・降下・着陸フェーズであると呼んでいます。

  • Much is riding on the outcome.

    多くは結果にかかっています。

  • Building on discoveries of nearly 20 US outings to Mars, perseverance may set the stage for scientists to conclusively show whether life has existed beyond Earth while paving the way for eventual human missions to the fourth planet from the sun.

    アメリカの火星への約20回の出撃で発見されたことを基にして、科学者たちが地球の向こうに生命が存在していたかどうかを最終的に証明するために、忍耐強い姿勢を貫くことで、太陽から第4惑星への最終的な人類ミッションへの道が開かれるかもしれません。

NASA this week will attempt to land a rover on Mars, and the engineers behind the mission say seven months of space travel will come down to what they call seven minutes of terror.

NASAは今週、火星にローバーを着陸させようとします。ミッションの背後にあるエンジニアは、宇宙旅行の7ヶ月間は、彼らが恐怖の7分と呼ぶものに降りてくるだろうと言います。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 着陸 火星 ミッション ローバー 降下 忍耐

NASA、ホワイトナックルの火星探査機着陸を期待 (NASA expects white-knuckle Mars rover landing)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 16 日
動画の中の単語