Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - We hear a lot about electric vehicles these days,

    - 最近は電気自動車の話をよく耳にします。

  • but EV's are still just a tiny fraction

    でもEVはまだほんの一部

  • of the overall car market.

    自動車市場全体の

  • According to the international energy agency

    国際エネルギー機関によると

  • plugging cars account for about 1% of US car sales

    米国の自動車販売台数の約1%を占めるプラギングカー

  • and about 2.6% of global auto sales.

    と、世界の自動車販売台数の約 2.6% を占めている。

  • - But experts are predicting that 2021

    - しかし、専門家の予測では、2021年

  • will be a crucial year for EV adoption,

    EV導入の重要な年となるだろう。

  • thanks to more options and growing interest from car buyers.

    より多くのオプションと車購入者の関心の高まりに感謝します。

  • So, we thought we'd zero in on seven different EVs

    そこで、7つの異なるEVをゼロにしようと考えました

  • that are coming out this year.

    今年出てくる

  • And talk about what they tell us

    そして、彼らが教えてくれたことを話す。

  • about where things are headed in the future,

    今後の方向性について

  • because this wouldn't be a Verge video

    これはVergeのビデオではないからだ

  • if we weren't talking about the future.

    未来の話をしていなければ

  • (gentle music)

    (優しい音楽)

  • - There's probably no more polarizing electric vehicle

    - 電気自動車の二極化はもうないだろう

  • coming this year than Tesla's cyber truck.

    テスラのサイバートラックよりも今年来る

  • The stark steel body and blade runner inspired design

    スタークスチールのボディとブレードランナーにインスパイアされたデザイン

  • are unlike anything else on the market right now,

    は今の市場にはないものです。

  • gas or electric.

    ガスか電気。

  • Something Tesla has been really good at over the years

    テスラが長年にわたって得意としてきたこと

  • is pushing legacy automakers out of their comfort zones.

    レガシーメーカーをコンフォートゾーンから追い出している。

  • without Tesla, we probably wouldn't see wide adoption

    テスラがなければ、おそらく広く採用されることはなかっただろう

  • of touchscreen displays in cars

    車に搭載されているタッチスクリーンディスプレイの

  • or have so much hype around self-driving tech

    自走車技術の誇大宣伝をしているか

  • and without Tesla, it's hard to imagine

    と、テスラがなければ想像もつかないような

  • any of these big OEMs

    大手OEMのいずれか

  • seriously investing billions of dollars

    大金を投じて

  • into electric vehicles.

    電気自動車に

  • Will the cyber truck inspire similar changes?

    サイバートラックは同じような変化を引き起こすのか?

  • Probably not, but it is refreshing to see something

    おそらく、そうではないと思いますが、何かを見るとスッキリします。

  • so different coming to market.

    市場に出てきた時とは違っていて

  • So, if the cyber truck is successful

    つまり、サイバートラックが成功した場合

  • maybe it'll give some of these automakers

    これで一部の自動車メーカーには

  • just a little bit more wiggle room

    もうちょっとだけ

  • to try something new in their designs.

    自分たちのデザインで何か新しいことに挑戦してみたいと思っています。

  • The cyber truck will also just help prove

    サイバートラックはまた、証明するのに役立つだろう

  • out the market for large electric SUV's and trucks

    大型電動SUVとトラックの市場を開拓する

  • which is a potential goldmine

    金脈の可能性がある

  • just based on the popularity of their gas counterparts.

    ガスの人気の高さに基づいて

  • More will come later like the electric F-150

    より多くは電気 F-150 のように後で来る

  • or the Hummer EV,

    もしくはハマーEV。

  • but Tesla says it's already collected

    しかし、テスラはすでに収集したと言っています。

  • more than half a million 100 dollar deposits

    50万以上の100ドル預金

  • for the cyber truck.

    サイバートラックのために

  • So, that market's already off to a pretty good start.

    だから、その市場はすでにかなり良いスタートを切っている。

  • - I couldn't believe it when I first heard that GM

    - 最初に聞いたときは信じられなかったけど、GMのことを知ったときは

  • was resurrecting the Hummer brand as an EV.

    は、ハマーブランドをEVとして復活させていました。

  • The gas guzzling symbol of pre-recession excess

    景気後退前の過剰の象徴であるガスガブ飲み

  • as an electric pickup truck, forget about it,

    電気ピックアップトラックとしては、忘れてください。

  • but GM did it.

    が、GMがやってくれました。

  • And the Hummer EV is expected to crab walk into dealerships

    そして、ハマーEVは、販売店にカニ歩きを期待されています。

  • by the end of this year.

    今年中には

  • It will come with a 24 module

    それは24のモジュールが付属しています

  • double stacked Ultium propulsion system.

    二重に積み上げられたアルティウム推進システム。

  • Ultium is GM's modular battery platform

    Ultium は GM のモジュラーバッテリープラットフォーム

  • and that is expected to deliver at least 350 miles of range.

    そして、それは少なくとも350マイルの距離を提供することが期待されています。

  • With three motors and two drive units.

    3つのモーターと2つの駆動部を備えています。

  • The Hummer EV is expected to get up to a thousand horsepower

    ハマーEVは最大1000馬力になると予想される

  • and an estimated 11,500 pound feet of torque,

    とトルクの推定11,500ポンドフィート。

  • but it won't be cheap starting at $80,000 for the base model

    しかし、ベースモデルの80,000ドルからでは安くはありません。

  • and over $110,000 for the highest spectrum.

    と最高のスペクトラムで11万ドル以上。

  • GM went overboard with the tech in this thing,

    GMはこの中で技術的にやり過ぎたんだよ

  • adaptive air suspension

    アダプティブエアサスペンション

  • that can raise the vehicle six inches,

    車を6インチ上げることができる

  • 18 cameras, including front and rear under body cameras

    前後のアンダーボディカメラを含む18台のカメラ

  • to spy any Rocky obstacles.

    ロッキーの障害物をスパイするために

  • The ability to charge 100 miles in 10 minutes.

    10分で100マイル充電できること。

  • And of course, crab walk mode,

    もちろんカニ歩きモードも

  • which enables all four wheels to turn in the same direction

    四輪同心

  • and move the vehicle sideways.

    と車両を横に移動させます。

  • Look at that Hummer scuttle.

    ハマーのスキャトルを見てみろ

  • After more than a decade of working in the shadows,

    10年以上の陰の仕事を経て

  • EV startup Rivian is finally ready to release

    EVスタートアップのRivianがついにリリースへ

  • it's R1T pickup and it's R1S SUV later this year.

    それはR1Tピックアップであり、それは今年後半にはR1SのSUVです。

  • the R1T is an ultra modern rethink

    R1Tは超現代的な再考である

  • of what a pickup truck should look and feel like,

    ピックアップトラックがどのように見えるか、どのように感じるかの

  • without going outside the box, like the cyber truck.

    サイバートラックのように箱の外に出ることなく

  • The R1S is a Land Roverish SUV,

    R1SはランドローバーらしいSUVです。

  • that's a little more familiar.

    それはそれで親近感が湧いてきますね。

  • Both started around $70,000,

    どちらも7万ドル前後からスタート。

  • offer at least 300 miles of range

    航続距離が300マイル以上ある

  • and are decked out in fun, outdoorsy features.

    と、楽しくてアウトドアな機能でデコレーションされています。

  • Like an optional pop-out camping kitchen.

    オプションの飛び出し式キャンプキッチンのような

  • Delivery's start later this year.

    配達は今年の後半からだ

  • A few years ago there were EV startups popping up

    数年前にはEVスタートアップが飛び出していました。

  • left and right, all claiming to be the next Tesla.

    次のテスラだと主張しています。

  • And one of the reasons they never accomplished that

    そして、彼らがそれを達成できなかった理由の一つは

  • is just money.

    はただのお金です。

  • It takes a lot of money

    金がかかる

  • to design, test, and build cars at scale.

    を使って、スケール感のある車を設計、テスト、製作することができます。

  • Rivian, meanwhile has raised more than $8 billion to date

    一方、リビアンはこれまでに80億ドル以上の資金を調達しています。

  • including from really big backers

    大口の支援者を含めて

  • like Amazon and Ford.

    アマゾンやフォードのように

  • It's applied that money well so far.

    今まではそのお金をうまく応用しています。

  • It's developed new battery technology

    それは新しい電池の技術を開発しました

  • that it thinks is going to help set it apart

    決め手になると思っている

  • from other entries on the market.

    市場での他のエントリから。

  • It's also gone all out in developing

    それはまた、開発に全力を尽くしています

  • this very particular branding

    此の一点張り

  • of affluent off-roading adventure

    富裕層のオフロードアドベンチャー

  • that appeals to buyers with deep pockets.

    深いポケットを持つバイヤーにアピールしています。

  • Rivian's also making a delivery truck for Amazon

    リビアンはアマゾンの配送トラックも作っている

  • as part of that investment.

    その投資の一部として

  • That's already being tested on public roads right now.

    それは今、すでに公道でテストされています。

  • And while that's maybe not as alluring as the pickup truck,

    ピックアップトラックほど魅力的ではないかもしれないが

  • it just might be the first electric vehicle

    最初の電気自動車になるかもしれない

  • driving through your neighbor.

    お隣さんの車を運転して

  • (light music)

    (軽快な音楽)

  • - We've seen the Porsche Taycan

    - ポルシェテイキャンを見てきました

  • and we've seen the Audi e-tron and e-tron GT,

    と、アウディe-tronとe-tron GTを見てきました。

  • but the ID.4 is arguably the most important EV

    しかし、ID.4は間違いなく最も重要なEVである。

  • for the Volkswagen group.

    フォルクスワーゲングループのために。

  • Which is the second largest automaker in the world.

    世界第2位の自動車メーカーはどれだ?

  • First introduced in 2020, the ID.4

    2020年に初導入されたID.4

  • is VWs first long range EV for the U S.

    は、VW初の米国向け長距離EV。

  • VW expects to deliver over a 100 thousand ID.4s in 2021,

    VWは2021年に10万台以上のID.4を納入する見込み。

  • a third of which to US customers.

    そのうち3分の1は米国の顧客に

  • And it's the second car

    そして、2台目の車です。

  • to use VWs modular MEB platform for EVs

    VWのモジュラーMEBプラットフォームをEVに採用

  • after the ID.3,

    の後にID.3.

  • which is only available in Europe and China.

    ヨーロッパと中国でしか手に入らない

  • The ID.4 is interesting,

    ID.4が面白い。

  • because it has all the SUV DNA

    それはすべてのSUVのDNAを持っているから

  • that car buyers really crave these days.

    車の購入者が最近本当に切望していること。

  • It's the right size.

    サイズが合っています。

  • It has the right styling.

    正しいスタイリングをしています。

  • And when you factor in federal state and local tax credits

    連邦の州と地方の税額控除を考慮すると

  • the price drops to that mid $30,000 range,

    価格はその3万円台半ばまで下がります。

  • that's generally considered to be the sweet spot

    甘いところ

  • for most American car buyers.

    ほとんどのアメリカの自動車購入者にとっては

  • That's cheaper than the Tesla Model Y,

    テスラモデルYよりも安いですね。

  • which VW will be competing with.

    VWが対抗することになる。

  • But it's important to remember how the ID.4 got here,

    でも、ID.4がどうやってここまで来たのかは覚えておいた方がいいですよ。

  • Dieselgate.

    ディーゼルゲート

  • In addition to nearly $35 billion

    約350億ドルに加えて

  • in settlements and fines,

    和解や罰金で

  • VW vowed to spend billions more

    VWはさらに数十億ドルを費やすことを誓った

  • on a whole new lineup of electric vehicles

    電気自動車の新ラインアップに

  • in the hopes of rescuing its damaged reputation.

    傷ついた評判を回復させるために

  • Now, the automaker has promised to sell

    今、自動車メーカーは販売を約束している。

  • over a million battery electric vehicles by 2025

    2025年までに100万台以上の電気自動車

  • to make up for illegally concealing

    隠蔽体質を補うために

  • how much pollution it's diesel vehicles were creating.

    ディーゼル車がどれだけの公害を 生み出していたか

  • And it's also pumping millions more

    さらに何百万人もの人を送り込んでいます

  • into an EV charging station expansion

    EV充電ステーションの拡張に

  • through its subsidiary, Electrify America.

    子会社のElectrify Americaを通じて

  • Better charging infrastructure will go a long way

    充電インフラの改善は長い道のりを歩む

  • towards speeding up the adoption EVs,

    EV採用のスピードアップに向けて

  • but only if VW can actually meet its goals.

    しかし、VWが実際に目標を達成できた場合に限ります。

  • Now, there's a good argument that could be made

    さて、それには正論があります。

  • that if VW had not got caught cheating on its emissions test

    もしもVWが排ガス検査で不正をしていなければ

  • that the ID.4 would not be rolling out to dealerships

    ID.4は販売店には展開しないとのこと

  • this year, if ever.

    今年は、あったとしても

  • And those EV charging stations

    そして、それらのEV充電ステーション

  • could still be on the drawing board.

    まだ図面に書いてあるかもしれません。

  • It's funny how culpability works like that.

    そうやって罪の意識が働くのがおかしいんだよ

  • - What are you driving?

    - 何を運転しているの?

  • - An electric Mustang.

    - 電動マスタング。

  • - What the?

    - 何のことだ?

  • That is so sweet.

    それはとても甘いですね。

  • - Ford made a huge bet with the Mustang Mach-E,

    - フォードはマスタング・マッハEで大きな賭けをした。

  • and while it's still early,

    と、まだ早いうちに。

  • it looks like that bet could pay off.

    その賭けは報われるかもしれない

  • The Mustang Mach-E is a really good electric car

    マスタング マッハEは本当に良い電気自動車です。

  • and will be one of the best for a while

    と、しばらくの間、最高の一つになるでしょう。

  • until the market really fills out.

    市場が本当に満たされるまで

  • It has the kind of tech

    それは、そのような技術を持っています。

  • that early adopter customers tend to love,

    アーリーアダプターの顧客が好む傾向にある

  • but without the obvious problems that usually surface

    しかし、表面化するような明白な問題はない

  • when old automakers test new waters.

    古い自動車メーカーが新境地を開拓するとき

  • I got really into the details with the Mustang Mach-E

    マスタング・マッハEで細部までこだわった

  • in my review which you should definitely go watch

    あなたが絶対に見に行くべきである私のレビューで

  • if you want to learn more.

    をクリックしてください。

  • But best of all, for Ford,

    しかし、何よりもフォードにとっては

  • they've really excited a whole bunch

    盛り上がっています

  • of different conversations with this car.

    この車との様々な会話の

  • Is it a Mustang?

    マスタングですか?

  • should a Mustang be electric?

    マスタングは電動であるべきか?

  • Should a Mustang be an SUV?

    マスタングはSUVであるべき?

  • There are more people asking those questions

    そういう質問をする人が増えています。

  • than ever really paid attention

    いつにも増して

  • to Ford's fairly weak early electric vehicle efforts.

    フォードのかなり弱い初期の電気自動車の取り組みに。

  • So, that's exciting.

    だから、それはそれでワクワクします。

  • Cars like the Mustang Mach-E don't come around often.

    マスタング・マッハEのような車はあまり出回っていません。

  • - One EV that's flown under the radar so far,

    - 今のところ、1台のEVが飛びぬけています。

  • is the Nissan Ariya,

    は日産アリヤです。

  • another compact SUV

    もう一台のコンパクトSUV

  • with a little less than 300 miles of range.

    300マイル弱の航続距離で

  • The Ariya is expected to go on sale in Japan in mid 2021

    アリヤは2021年半ばに日本で発売予定

  • followed by the US and Europe later in the year.

    続いて、後にアメリカ、ヨーロッパと続きます。

  • Everyone gives Tesla credit for making EVs popular

    誰もがテスラにEVを普及させたことを評価している

  • and Tesla certainly deserves it,

    とテスラは確かにそれに値する。

  • but Nissan has long been an unsung leader in EV sales.

    しかし、日産は長い間、EV販売の不動のリーダーであり続けています。

  • Despite really only having one EV.

    本当にEVを1台しか持っていないにもかかわらず。

  • The highly functional, mostly uninspiring Nissan LEAF.

    機能性が高く、ほとんどの場合、日産リーフの魅力が感じられない。

  • And don't forget Renault the French car maker,

    フランスの自動車メーカーのルノーも忘れてはいけません。

  • that's allied with Nissan and Mitsubishi,

    日産や三菱と提携している

  • has been pumping out miniature Zoe's

    は、ミニチュアゾーイの

  • for years now with a high degree of success,

    高い成功率で何年も前から

  • but now Nissan is readying it's sequel.

    しかし今、日産は続編の準備をしています。

  • The Ariyas drive train

    アリヤスのドライブトレイン

  • is what really differentiates it from the LEAF.

    がリーフとの大きな違いです。

  • Rather than opt for a simple front wheel drive arrangement,

    シンプルな前輪駆動の配置を選ぶのではなく。

  • the Ariya will come in multiple configurations,

    アリヤは複数の構成で登場します。

  • including a two-wheel drive version

    二輪車仕様を含む

  • and a twin electric motor set up

    とツイン電動機の設定

  • that will enable all wheel drive performance,

    全輪駆動性能を可能にする

  • which Nissan is calling the e-4orce.

    日産がe-4orceと呼んでいる

  • with a four instead of an F,

    Fの代わりに4をつけて

  • because everything needs a ridiculous brand name.

    何事にも馬鹿げたブランド名が必要だからな

  • This is not an over-designed car.

    過剰設計の車ではありません。

  • If anything, it's exceedingly normal looking,

    どちらかと言えば、見た目が普通を超えている。

  • which for an EV can be a relief.

    EVにしては安心ですね。

  • The Ariyas wheels certainly stand out,

    アリヤスのホイールは確かに目立つ。

  • but nothing else about this vehicle screams electric.

    しかし、この車の他には何もありません。

  • Which could help lure or potential buyers

    これは、誘致や潜在的な買い手を助けることができます。

  • who are weighing whether to make the switch

    切り替えを検討している人

  • from gas powered vehicles.

    ガス自動車から

  • Like the ID.4, the Ariya is expected to retail

    ID.4と同様に、アリヤの小売価格は以下の通りです。

  • from around 30 to $35,000 after factoring in tax credits.

    税控除を考慮した後、約30ドルから35,000ドルになります。

  • Now, Nissan is claiming this is the most

    今、日産が主張しているのは、これが最も

  • technologically advanced car that it's ever made.

    これまでにない技術的に先進的な車です。

  • And the tax credit is sure to soften the blow

    そして、税額控除は、打撃を和らげることができます。

  • for some customers,

    一部のお客様のために

  • but Nissan is quickly approaching the threshold

    が、日産はすぐに敷居が高くなってしまう

  • of 200 thousand EVs sold in the US

    米国で販売された20万台のEVのうち

  • and after that the credit begins to phase out.

    と、それ以降はクレジットがフェイズアウトし始めます。

  • And then the value proposition on a 40 thousand dollar EV

    そして、4万ドルのEVの価値提案は

  • that can't travel as far as a Tesla

    テスラにも及ばない

  • in a single charge, starts to dwindle.

    一回の充電で、衰退し始める。

  • (light music)

    (軽快な音楽)

  • - Not every electric vehicle coming to market this year

    - 今年発売されるすべての電気自動車がそうとは限らない

  • is a truck or an SUV.

    はトラックかSUVです。

  • Believe it or not, some companies are still making sedans.

    信じられないかもしれませんが、まだセダンを作っている会社もあります。

  • One EV startup that's releasing a luxury sedan this year

    今年、高級セダンをリリースするEVスタートアップの1つ

  • is Lucid Motors.

    はルーシッドモーターズです。

  • Which will finally start selling the Air

    ついにAirの販売を開始するのはどちらかというと

  • The interior of the Air is inspired by a private jet,

    Airの内装はプライベートジェットをイメージしています。

  • according to Lucid,

    ルーシッドによると

  • but the car doesn't skip on specs either.