Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Yeah, Damian Lillard is one of the best shooters in the game right now, and his signature shot, the Deep three, is literally changing the game.

    ダミアン・リラードは今 ゲームで最高のシューターの1人だ 彼の特徴的なショット ディープ3は 文字通りゲームを変えている

  • A shot from the NBA logo when the MBA added the three point stripe in 1979 3 idea was to open up the game and to give smaller players a chance to become dangerous perimeter scorers.

    MBAが1979年に3つのポイントストライプを追加したときのNBAのロゴからのショットは、3つのアイデアは、ゲームを開くために、小さな選手に危険な周囲の得点者になるチャンスを与えることだった。

  • But in those early years of the York, eh?

    でも、ヨークの初期の頃は、えっ?

  • NBA players barely use the three point shot because even in the best basketball league in the world, not many guys could actually shoot the ball effectively from 24 ft away.

    世界最高のバスケットボールリーグでも、多くの人が実際に24フィートから効果的にボールを撃つことができるので、NBAの選手はかろうじて3つのポイントショットを使用しています。

  • 41 years later, pro basketball is chalk full of the wheat shooters that can and will knock down threes with ease.

    41 年後、プロのバスケット ボールはすることができますし、簡単に 3 つをノックダウンする小麦のシューターのチョークでいっぱいです。

  • But even amidst an amazing cohort of snipers logo Lillard special shooting stands out.

    しかし、スナイパーロゴのリラードの特殊射撃が目立っているという驚異的なコホートの中でも。

  • Forget 24 ft.

    24フィートを忘れて

  • Forget 27 ft.

    27フィートを忘れて

  • This guy could easily hit shots from 30 ft and beyond.

    此奴は30フィートからのショットを簡単に打つことができました。

  • No player in the history of the sport has been this effective or this active from the distances that Lillard is.

    スポーツの歴史の中で、これほど効果的な選手はいないし、リラードがいる距離からこれほど活躍している選手はいない。

  • Don't believe me.

    私を信じないでください。

  • You will, after you hear these two stats from last season coming into last year, no player in NBA history had ever made more than 25 shots from 30 ft or beyond.

    あなたは、あなたがこれらの2つの統計を聞いた後、昨年に入ってくる昨シーズンから、NBAの歴史の中で誰もがこれまでに30フィートまたはそれ以上から25以上のショットを作ったことがありませんでした。

  • But last year Lillard made 54 of them, second as a whole.

    しかし、昨年のリラードは54人で全体としては2位だった。

  • MBA shooters made just 22.9% of their shots from 30 plus feet.

    MBAのシューターは、30プラスフィートからのショットのうち22.9%しかできませんでした。

  • Last year.

    去年のことです。

  • Lillard made get this 41.5% of his 130 attempts from that deep range.

    リラードは、その深い範囲から130回の試みのうち、41.5%をこれを取得させた。

  • While other shooters like Trae Young and Steph Curry can also drain shots from freaky distances.

    トレイ・ヤングやステフ・カリーのような他のシューターも、異常な距離からのショットをドレインすることができる。

  • Lillard's recent numbers are unprecedented.

    リラードの最近の数字は前代未聞。

  • He may not have started the movement, but he is the king of the deep ball right now.

    運動を始めたのは彼ではないかもしれませんが、今はディープボールの王様です。

  • His feet are on the logo, and it's easy now.

    彼の足はロゴの上にあり、今は簡単です。

  • The seminal moment in the Deep three movement happened back in February 2016, when Curry calmly pulled up from a seemingly unreasonable distance and drained this unforgettable bucket in O K C.

    ディープスリーの動きの中での決定的な瞬間は2016年2月にさかのぼって起こったが、カリーが冷静に一見理不尽な距離から引き上げ、O・K・Cでこの忘れられないバケットを排出したときだ。

  • Way.

    ウェイ。

  • Sorry.

    ごめんね

  • Curry's dagger was one of the most influential shots in a decade, defined by three point shooting in his back to back M V.

    カリーの短剣は、彼のバック・トゥ・バックM Vの3ポイントシュートによって定義された、10年間で最も影響力のあるショットの1つでした。

  • P.

    P.

  • Campaigns curry single handedly changed the perception of appropriate shooting distances before steps break out, pulling up a yard beyond the arc would get a player benched and mocked and a starring role on shacked and a fool.

    キャンペーン カレーは片手でステップがブレイクアウトする前に、適切な撮影距離の認識を変更し、アークを超えてヤードをプルアップすると、選手がベンチと嘲笑と小屋と愚か者に主演の役割を取得することになります。

  • But just a few years later, these long Rangers are exploding in popularity, and nobody is now driving that train more than Dame, who added another very special dagger into the cannon in the 2019 n B.

    しかし、ちょうど数年後、これらの長いレンジャーは人気が爆発しており、誰も今、2019年のn Bで大砲に別の非常に特別な短剣を追加したダメスよりも、その列車を駆動していません。

  • A playoff e o E o.

    プレーオフのe o e o。

  • The most iconic jump shot of 2019 was recorded as an unassisted 37 ft, three point field goal in its sent Paul George and the Oklahoma City Thunder packing in the first round of the playoffs.

    2019年の最も象徴的なジャンプショットは、その無アシスト37フィート、3点フィールドゴールとして記録され、ポール・ジョージとオクラホマシティ・サンダーがプレーオフの第1ラウンドでパッキングを送った。

  • That's a bad shot, Um, E care what anybody says.

    それは悪いショットだ 誰が何と言おうと気にしている

  • That's a bad shot.

    それは悪いショットだ

  • E understand what apologize coming from because it's bad shots really bad shot for everybody else, about four game.

    Eは、それが他のみんなのために本当に悪いショットだから、4つのゲームについて、から来て謝罪するものを理解しています。

  • But somebody that is not present when that that work is being done.

    しかし、その仕事が行われている時には、誰かは存在しない。

  • You know they might do it that way, But you know, people around here who see me practice this and work on it all the time, you know, day in and day out, and then they raise your confidence Like a lot of MBA makeovers.

    そういう風にやってくれるかもしれないけど、でもね、周りの人がこれを練習しているのを見て、ずっと取り組んでくれているのを見て、毎日、毎日、自信を高めてくれるんだよね、MBAのメイクアップのようにね。

  • Lillard's Deep three projects started with disappointment following a nightmarish playoff sweep by the Pelicans in 2018, Willard was motivated to expand his range.

    2018年のペリカンズによる悪夢のようなプレーオフスイープに続く失望から始まったリラードのディープ3プロジェクトは、ウィラードの幅を広げようと意欲を燃やしていた。

  • The pelican stifled Lillard with traps, and he needed new ways to get his own shot against aggressive opponents.

    ペリカンはリラードをトラップで抑え込み、攻撃的な相手に対して自分のシュートを打つための新しい方法が必要だった。

  • If Lillard could get his shot from further out, he wouldn't always have to overcome double teams and blitzes to get his looks from downtown.

    リラードがもっと外からシュートを打てるようになれば、彼はいつもダブルチームやブリッツを乗り越えてダウンタウンからルックスを得る必要はないだろう。

  • It was just about trying to make it more difficult to defend me.

    擁護するのが難しくなるようにしようとしていただけです。

  • I know that I got the quickness, um, an ability to get around people, Um, but if I could pull them out further by, you know not just being ableto shoot the ball from there, but being a good shooter from there, I could put a defense out further and make it harder for teams to guard me that way.

    素早さは知っていますが、周りを取り囲む能力があるのは知っています。でも、もしも相手を引き離すことができれば、そこからボールをシュートすることができるだけでなく、そこから良いシュートを打てるようになれば、ディフェンスをさらに外に出すことができ、チームが私をガードするのを難しくすることができるでしょう。

  • Thanks to hundreds of hours and practice gyms with his shooting coach, Phil Beckner, Lillard has intentionally built the most dangerous long range arsenal in the MBA.

    彼のシューティングコーチであるフィル・ベックナーと何百時間も練習ジムに通ったおかげで、リラードはMBAで最も危険な長距離アーセナルを意図的に構築しました。

  • It started with Beckner taping down a makeshift four point line in a Vegas gym about 4 ft beyond the MBA's actual three point strip.

    ベックナーがラスベガスのジムでMBAの実際のスリーポイントストリップの約4フィート先にあるその場しのぎの4ポイントラインをテーピングしたことから始まりました。

  • Then the two went toe work, ensuring Lillard shooting form could hold up further and further from the rim the pair's core belief.

    その後、2人はつま先の仕事を行って、リラードのシュートフォームを維持することができ、さらにリムからさらに、ペアのコア信念を維持することができました。

  • If Lillard could keep his form type from deep, the ball would find the net.

    リラードが深い位置からフォームタイプを維持できれば、ボールはネットを見つけるだろう。

  • Paul George didn't know that, and neither did most of the league, who watched Lillard expand acceptable shooting distances with four distinct types of deep threes.

    ポール・ジョージはそれを知らなかったし、リーグのほとんどの人も知らなかった、リラードが4つの異なるタイプの深い3Pで許容範囲内のシュート距離を拡大するのを見ていた。

  • I've done it so much that it's a comfortable shot.

    撮り心地がいいくらいにやっています。

  • So in transition it's available off pick and rolls.

    だから移行時にはピックアンドロールから利用可能です。

  • It's available in ISO situations.

    ISOの状況で利用可能です。

  • It's available in the quarter is available.

    クォーターで入手可能です。

  • Halfway through a game against the Philadelphia 70 Sixers in November, Lillard casually unleashed his now routine.

    11月のフィラデルフィア70シクサーズ戦の試合の途中で、リラードはさりげなく彼の今のルーチンを解き放った。

  • Ben Simmons was waiting for him just outside the three point line, but Lillard would never get there.

    ベン・シモンズは3点ラインのすぐ外で待っていたが、リラードはそこにたどり着くことができなかった。

  • Instead, he rose up for a 33 ft jump shot with 20 seconds left on the shot clock.

    その代わりに、ショットクロック残り20秒で33フィートのジャンプシュートを決めて立ち上がった。

  • I mean, just look at this Millard running right into a deeper These transition threes are the most brazen, and Dame often breaks them out after a made basket or on the first possession of the game.

    私が意味するのは、ちょうどこのミラードを見て右の深いに実行しているこれらのトランジションのスリーは最も大胆であり、ダムはしばしば作られたバスケットボルまたはゲームの最初の所持の後にそれらを破っています。

  • There's an element of premeditation.

    計画性の要素があります。

  • You can sense his pride and the chip on his shoulder when he launches the seemingly shocking jumpers.

    一見衝撃的なジャンパーを放った時の彼のプライドと肩にかかるチップを感じることができます。

  • Dame loves using a high screen.

    ダメモトは高画面を使うのが大好きです。

  • Eight Really high screen to put defenders in an impossible predicament.

    8 ディフェンダーを不可能な窮地に陥れるための本当に高いスクリーン。

  • Watch Marcus Smart here, a great defender trying to ask for help as use of Nurkic screens.

    マーカス・スマートはここで、ヌルキッチのスクリーンを使って助けを求めようとしている偉大なディフェンダーを見てください。

  • Smart goes under Daniel.

    スマートはダニエルの下へ

  • Thais sags and dangerous launches fluid way outside comics on a three.

    タイスは、3つの上にコミックの外に流体の方法を起動し、危険なたるみ。

  • Even if the big does come all the way up, Dame is more than happy to beat these dudes in a foot race to the rim advantage.

    たとえビッグが全部上がってきたとしても、リムアドバンテージのフットレースでこいつらに勝てるのはダメスの方が嬉しい。

  • Willard, as Paul George knows Dame will also launch these deep threes from isolation, especially in late clock situations.

    ウィラードは、ポールジョージが知っているように、デイムはまた、これらの深いスリーを起動します孤立から、特に後半のクロックの状況で。

  • Watch all 10 players essentially stand still for 10 seconds is Lillard casually rocks his defender to sleep.

    すべての10人の選手を見て、本質的に10秒間静止しているリラードは、さりげなく彼のディフェンダーを眠らせるためにロックします。

  • Lillard that is a bomb.

    リラード......それは爆弾だ

  • He got it.

    彼はそれを手に入れた。

  • Damian Lillard with confidence oozing out of his veins as he put in countless hours to integrate these deep shots into his arsenal.

    彼は彼のアーセナルにこれらの深いショットを統合するために数え切れないほどの時間を入れたように彼の静脈からにじみ出ている自信を持つダミアン リラード。

  • Even his end of quarter shots became more intentional and more accurate.

    クォーターの終わりのショットでさえ、より意図的で正確なものになった。

  • A male Lillard at the buzzer thes deep, audacious threes arm or than just highlights, though, and is Mawr and Mawr Players develop these skills?

    ブザー thes 深い、大胆な threes 腕または単にハイライトよりも、しかし、男性のリラードと Mawr と Mawr プレーヤーは、これらのスキルを開発していますか?

  • Defense is we're gonna have to adapt.

    防衛は適応しなければならない

  • The whole game is gonna change.

    ゲーム全体が変わってくる

  • I don't know if Forbes just hasn't watched enough of the scouting report of tape or what?

    フォーブスがテープのスカウティングレポートを十分に見ていないだけなのか、それとも何か?

  • But that man will pull up from logos.

    しかし、あの人はロゴスから引き上げる。

  • E defenders still aren't trained to defend shooters from that far away.

    Eディフェンダーはまだそこまで離れた場所からシューターを守る訓練を受けていません。

  • They picked them up near the York and folks, that's not gonna cut it anymore.

    ヨークの近くで拾われたんだが、もうそれ以上は無理だ。

  • These deep threes will open up the game even more.

    これらの深い3Pは、ゲームをさらにオープンにしてくれるでしょう。

  • As shooters continue to expand the scoring area, they will force defenders to stretch out to giving everyone more space to operate, freeing up more passing lanes and pathways to the rim.

    シューターが得点圏を拡大し続けると、ディフェンダーは誰もが操作するためのより多くのスペースを与え、より多くのパスレーンとリムへのパスウェイを解放するためにストレッチアウトを強制的に行います。

  • When the MBA added three point stripe in 1979 the goal was to give guards a chance to score from the perimeter and open up the game Mission accomplished.

    1979年にMBAがスリーポイントストライプを追加したときの目標は、ガードにペリメーターから得点するチャンスを与え、ゲームをオープンにすることでした。

Yeah, Damian Lillard is one of the best shooters in the game right now, and his signature shot, the Deep three, is literally changing the game.

ダミアン・リラードは今 ゲームで最高のシューターの1人だ 彼の特徴的なショット ディープ3は 文字通りゲームを変えている

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ショット フィート シュート シューター 深い ディフェンダー

ダミアン・リラードがロゴショットをルーチンにするためにどのように彼の範囲を拡張したか|シグネチャーショット (How Damian Lillard extended his range to make logo shots routine | Signature Shots)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 15 日
動画の中の単語