Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - (beep) This shit. I have enough in my journal.

    - (ビープ音)このたわごと。日記には十分書いてある。

  • I'm gonna publish this shit.

    こんなクソみたいなのを公開するんだよ

  • I'm out.

    外出した

  • (epic music)

    叙事詩

  • - Hello.

    - こんにちは。

  • My name is Matt Gourley.

    私の名前はマット・ゴーリーです。

  • And tonight we're gonna talk about Watergate.

    今夜はウォーターゲート事件の話をしよう

  • Let's begin.

    始めよう

  • Washington D.C., 19 seven, 1972,

    ワシントンD.C. 19 7 1972年

  • five Watergate burglars are arrested

    ウォーターゲートの強盗5人を逮捕

  • in the Democratic National Committee headquarters.

    民主党全国委員会本部で

  • What are they doing there?

    そこで何をしているのか?

  • Why are they breaking in?

    なぜ侵入してくるの?

  • A young, upstart reporter,

    若くて新進気鋭の記者。

  • Robert Woodward, goes to the hearing.

    ロバート・ウッドワード、公聴会へ。

  • One of them, when the judge is asking these five burglars,

    そのうちの1つ、裁判官がこの5人の強盗を尋ねているとき。

  • "Who do you work for?"

    "誰のために働いてるの?"

  • "The CIA."

    "CIA"

  • "Excuse me, could you say a it a little bit louder?"

    "すみません、もう少し大きな声で言ってもらえませんか?"

  • "The CIA."

    "CIA"

  • Robert Woodward is onto something.

    ロバート・ウッドワードは何かを掴んだようだ

  • Oh, look at this sweet little fat guy.

    この可愛いデブを見てみろよ

  • Where do you gotta be right now?

    今どこにいるんだ?

  • Okay, let's go back in time.

    よし、時間を遡ってみよう。

  • The year is 1970.

    年は1970年です。

  • A young Robert Woodward, a lieutenant in the Navy.

    海軍中尉の若きロバート・ウッドワード。

  • He's sitting next to this older distinguished man,

    彼の隣に座っているのは、この年配の著名な男性です。

  • saying "I'm soon to be out of the Navy.

    と言って、「もうすぐ海軍を辞めます。

  • What am I gonna do with my life?

    自分の人生をどうしたらいいんだろう?

  • Am I going to become a lawyer like my father wants?"

    "私は父が望むような弁護士になるのか?"

  • And this older man presents himself as a mentor saying,

    そして、この年配の男性は、自分のことを「師匠」と言って紹介しています。

  • "So listen to me, you're working for truth.

    "真実のために働いている "ということで、聞いてください。

  • Stay with it."

    "それでいい"

  • And young Robert Woodward takes away from this thing,

    そして、若きロバート・ウッドワードはこれを奪い取る。

  • "I can depend on this man.

    "この人なら頼れる

  • I can call on this man at some point

    この男には、いつでも声をかけることができる

  • to give me information."

    "私に情報をくれ"

  • That man is Mark Felt, Deputy Director of the FBI.

    その男は マーク・フェルト FBIの副局長だ

  • Let's flash forward a little bit.

    少しだけフラッシュフォワードしてみましょう。

  • Robert Woodward and his partner,

    ロバート・ウッドワードとそのパートナー。

  • Carl Bernstein, decide to call in his old buddy,

    カール・バーンスタインは、彼の古い友人を呼び出すことにしました。

  • Mark Felt, for information about Watergate.

    マーク・フェルト ウォーターゲートについては

  • Felt says, "I can't talk to you on the phone about this.

    フェルトは「この件については電話では話せない」と言う。

  • I'm Mark Felt and I did spy times in World War Two

    私はマーク・フェルト 第二次世界大戦でスパイをしていました

  • and I know how this works.

    そして、これがどのように機能するかを知っています。

  • You get the New York Times every day at your door.

    ニューヨークタイムズが毎日届くんだぞ

  • At page 20, I will draw a little clock that says

    20ページ目には、次のような小さな時計を描きます。

  • what hour I wanna meet you.

    何時に会いたい?

  • And here's the thing, anytime you wanna meet me,"

    いつでも会いたい時に 会いたいと言ってくれればいい

  • Mark Felt says, "I need something that I can visually

    マーク・フェルト氏は、「視覚的に何かを

  • acknowledge."

    認める

  • Woodward says, "I do have this potted plant

    ウッドワードは「私はこの鉢植えを持っています。

  • that I keep out on my balcony.

    ベランダに出ないようにしています。

  • I could move that."

    "私はそれを動かすことができる"

  • And Mark Felt is like,

    マーク・フェルトは

  • "Here's the thing I wanna meet you

    "ここで会いたいことがある

  • at this underground parking garage in Virginia.

    バージニア州のこの地下駐車場で

  • But anytime you wanna meet, leave out the back stairs,

    でも、会いたい時はいつでも後ろの階段から出て行ってください。

  • walk a couple of blocks, get in the cab, take that cab,

    数ブロック歩いてタクシーに乗り、そのタクシーに乗る。

  • get out of the cab, walk a couple blocks,

    タクシーを降りて、数ブロック先を歩く。

  • get in another cab.

    別のタクシーに乗れ

  • Get in that cab, get out of that cab,

    そのタクシーに乗って、そのタクシーから降りろ。

  • walk a couple blocks to the Virginia parking garage

    歩いてバージニアの駐車場に行く

  • that I previously talked about."

    "以前にも話したことがある"

  • Woodward meets Felt and he says...

    ウッドワードがフェルトに会って言ったのは...

  • Hold on.

    待ってくれ

  • I think I'm gonna vomit.

    吐きそうです。

  • (Matt vomits)

    (マットが吐く)

  • Sorry, pal.

    すまんな、相棒

  • I'm ready to tell the story.

    話をする準備はできています。

  • Woodward meets with Mark Felt and he says,

    ウッドワードは マーク・フェルトと会ってこう言う。

  • "Could you tell me a little bit

    "少しだけ教えてもらえますか?

  • about why these guys might be connected?"

    "なぜこいつらが関係しているのか?"

  • And he says, "Put the pieces together, ya dumb ass.

    そして、「ピースをまとめろ、バカ野郎」と言っています。

  • It's all in front of you, do the work.

    全部目の前の仕事をしなさい。

  • Just be careful.

    ただ、気をつけてください。

  • Watergate is the tip of the iceberg."

    「ウォーターゲートは氷山の一角だ」

  • And when Robert Woodward took his secret source

    ロバート・ウッドワードが秘密の情報源を奪った時

  • to the Washington Post, he said,

    とワシントン・ポスト紙に語った。

  • "My source is deep background,

    "私のソースはディープな背景です。

  • that means he cannot be identified."

    "それは彼が特定できないことを意味する"

  • Their editor at the Washington Post said,

    ワシントン・ポストの彼らの編集者が言った。

  • "Yeah, you keep calling 'em deep background,

    "深い背景 "と言い続けているな

  • but I'm going to call 'em Deep Throat

    深い喉と呼ぶことにしよう

  • based on the pornography film that was very popular,

    大好評だったポルノ映画を原作とした

  • which dealt with natural ladies, you know?"

    "自然体の女性を扱っていた"

  • And so Woodward and Bernstein figure out

    ウッドワードとバーンスタインは

  • that this money connected to these burglars

    この金が強盗に繋がっていることを

  • go all the way to the Watergate administration,

    ウォーターゲート政権への道を歩む

  • to the Nixon administration, Richard Nixon.

    ニクソン政権のリチャード・ニクソンに

  • Let's talk about Richard Nixon.

    リチャード・ニクソンの話をしよう

  • Do you wanna talk about Richard Nixon?

    リチャード・ニクソンの話をしたいのか?

  • - [Derek] I would love, yes please.

    - 是非ともお願いします

  • - Yeah, I thought you might.

    - そうかもしれませんね

  • Mark Felt says to Nixon,

    マーク・フェルトはニクソンに言う。

  • "I'm the deputy director of the FBI.

    "私はFBIの副長官です。

  • I'm gonna look into this rascal Deep Throat

    このラスカルディープスロートを調べてみる

  • and further, I'm going to set myself up

    さらには、自分を整えるために

  • as head of the investigation."

    "捜査の責任者として"

  • So Nixon's top aide, Haldeman, says,

    ニクソンのトップ補佐官のホールドマンが言ってた

  • "I think Mark Felt is Deep Throat."

    "「マーク・フェルトは ディープ・スロートだと思う」

  • And Nixon says, "Now why would he do that?"

    ニクソンは "なぜ彼はそんなことをするのか?" と言っていた

  • And when the Watergate hearings gets to a boiling point,

    ウォーターゲート公聴会が沸騰したら

  • Nixon is like,

    ニクソンがそうなんです。

  • "I never knew of this Watergate break in

    "ウォーターゲート事件のことは知らなかった

  • to discover information about the Democrats."

    をクリックすると、民主党の情報を発見することができます。"

  • And after that, he says,

    そして、その後のことを言っています。

  • "I am not a crook."

    "私はペテン師ではない"

  • Nixon, knows he's (beep).

    ニクソンは、彼が(ビープ音)であることを知っています。

  • And he says, "There's nothing I can do about it.

    そして「どうしようもない」と言っています。

  • Nobody's gonna trust me at this point.

    この時点では誰も私を信用していないだろう。

  • I gotta step down. Hand me some cookies." (laughs)

    身を引かないとクッキーを渡してくれ"(笑)

  • All I know is, I'm eating cookies and none of you are.

    私が知っているのは、私はクッキーを食べていて、あなたたちは誰も食べていないということだけです。

  • Do you guys want some cookies?

    クッキー食べる?

  • - [Derek] Oh, no, we'd like--

    - いやいや、僕らは...

  • - You have no ambition.

    - 野心がないんですね。

  • The interesting thing about this take

    このテイクの面白いところ

  • we're taking on it is all the stories we know

    私たちが受け止めているのは、私たちが知っているすべての物語です。

  • of Watergate is who's Deep Throat?

    ウォーターゲートのディープスロートは誰だ?

  • But now we can tell the story knowing who Deep Throat is.

    しかし、今ではディープスロートの正体を知った上での話ができるようになりました。

  • And in the end, you can toss aside Richard Nixon

    そして最後には、リチャード・ニクソンを放り出すことができます。

  • for all his cynicism, you can toss aside Deep Throat

    喉の奥の奥の奥の奥まで

  • for all his cynicism, but you can't toss aside

    屁理屈をこねても、それを捨てきれない

  • Robert Woodward and to a lesser extent, Carl Bernstein,

    ロバート・ウッドワードと、それ以下ではカール・バーンスタイン。

  • for the truth that they exposed for America.

    アメリカのために暴露した真実のために

  • Well, we told the story of Watergate.

    まあ、ウォーターゲートの話をしました。

  • There's no way it could possibly misconstrued

    誤解される可能性はゼロではありません

  • as not the greatest journalistic endeavor ever told.

    これまでに語られた中で最も偉大な ジャーナリズムの努力ではないとして

  • Robert Woodward would be proud.

    ロバート・ウッドワードは誇りに思うだろう。

  • - Hello, I'm Katie Nolan and today we're gonna talk

    - こんにちは ケイティ・ノーランです 今日はお話ししましょう

  • about Gloria Steinem.

    グロリア・ステインムについて

  • Our story begins in the year 1963.

    私たちの物語は1963年から始まります。

  • Gloria Steinem was a graduate of Smith College.

    グロリア・ステインクスはスミス大学の卒業生です。

  • Very smart.

    非常に頭がいい。

  • She's 28 years old and she's a journalist

    彼女は28歳で、ジャーナリストとして

  • and Show magazine was like,

    とShow誌がそうだった。

  • "Hey Gloria, we have a story for you.

    "ヘイ、グロリア、ネタを持ってきたぞ

  • We want you to go undercover

    潜入捜査をして欲しい

  • at one of Hugh Hefner's Playboy clubs."

    "ヒュー・ヘフナーのプレイボーイクラブで"

  • And Playboy clubs were advertising themselves,

    そしてプレイボーイのクラブは自分たちで宣伝していた。

  • at the time, as being in a real life version of Playboy.

    当時は、プレイボーイの実生活版であるとして

  • So you would have beautiful women everywhere

    そうすればどこにでも美女がいる

  • and drinks and food and dude stuff.

    飲み物と食べ物と男のもの

  • - Yeah! - Boobies and vaginas!

    - イェーイ!- オッパイとアソコ!

  • (laughs)

    (笑)

  • And Gloria was like, "I don't think this is what I want.

    グロリアは「こんなの望んでない」って感じだったし

  • I want people to take me seriously."

    "真剣に受け止めてもらいたい"

  • And her editor was like,

    そして、彼女の編集者はこう言っていた。

  • "I think this could be your chance

    "これはチャンスかもしれない

  • to call Hugh Hefner out on his goddamn bullshit."

    "ヒュー・ヘフナーのクソッタレを 罵るために"

  • And she was like, "You're right, I'm in,

    そして、彼女は「あなたの言う通り、私は入ったわ。

  • let's (beep) do it."

    やってみよう"

  • Uh, what was I talking about?

    何の話だっけ?

  • So she says yes to the thing, to the assignment.

    だから、彼女はそのことにイエスと言ったんだ。

  • And so she goes to the audition,

    それで彼女はオーディションを受けることになった。

  • which is at a Playboy club.

    プレイボーイクラブにある

  • So she's this alias she's created for herself,

    彼女は自分のために作った偽名なんですね。

  • which is Marie Catherine Ochs.

    マリー・キャサリン・オックスです。

  • And the woman that she goes up to says,

    そして、近寄ってきた女性が言う。

  • "Take off your coat, let me see your body."

    "コートを脱いで体を見せて"

  • Gloria was like, "Um, okay,"

    グロリアは "えっと...わかった "って

  • and took her coat off.

    と言ってコートを脱いだ。

  • The woman was like, "You look a little old for 24,

    女「24歳にしてはちょっと老けて見えるね。

  • but your body's great.

    しかし、あなたの体は素晴らしいです。

  • Come back on Saturday for a fitting."

    土曜日にフィッティングに来てください。"

  • And so Gloria comes back a couple days later,

    数日後にグロリアが戻ってきた

  • she sees this woman named Sheralee.

    彼女はシェラリーという女性を見た

  • She's like, "I'm the bunny mother."

    "私はうさぎのお母さん "みたいな感じで

  • So she goes and she gets sized.

    それで彼女は行ってサイズアップしたんだ

  • She puts on this leotard and she's like, "This fits."

    このレオタードを着て "これが合う "って言ってた

  • And they're like, "No, it doesn't."

    "そうじゃない "って言われたわ

  • And they keep going in, and in and Gloria's like,

    どんどん入ってきて グロリアも同じように

  • "I think that's tight enough, I can hardly breathe."

    "息ができないほどキツイと思う"

  • (Derek laughs)

    (デレクが笑う)

  • I just had an ice cube-- - You okay?

    角氷を食べただけなのに...

  • - An ice just assaulted me.

    - 氷が突撃してきた。

  • - You got ISIS-ed.

    - ISIS化したのか

  • (both laugh)

  • - [Katie] So the bunny mother, Sheralee,

    - バニーの母親のシェラリーですね。

  • is explaining to the bunnies.

    がうさぎさんに説明しています。

  • There's all these things

    こんなものがあるんだ

  • that they can take your money away for.

    あなたのお金を奪うことができる

  • Like, if your ears are on crooked, that's a demerit.

    耳が曲がってるとデメリットになるみたいな

  • If your bunny tail's dirty, that's demerits.

    うさぎのしっぽが汚いとデメリットだな

  • If you're not smiling enough, that's a bunch of demerits.

    笑顔が足りないとデメリットだらけだな

  • They also give her this bunny manual,

    このうさぎさんの説明書も渡してくれます。

  • which is a list of all the rules that you have to follow.

    といったルールをまとめたものです。

  • In the bunny manual, it says you're not allowed

    バニーの説明書には

  • to date any customers.

    どのようなお客様ともお付き合いできるように

  • But then they were told unless they hold the special key.

    しかし、特別な鍵を持っていないと言われてしまいました。

  • These special key members were allowed

    これらの特別なキーメンバーが許されたのは

  • to do whatever they want.

    とか言って、好きなようにやっていいと思います。

  • Ew, that's (beep) up.

    えー、それは(ビープ音)アップです。

  • Anyway, so, they're like, "Great,

    とにかく、だから、「いいね。

  • you're all set, you're gonna start work soon.

    もうすぐ仕事が始まるぞ

  • We just need you to complete your physical."

    "健康診断を完了して欲しい"

  • And Gloria is like, "What do you mean?

    そしてグロリアは「どういうこと?

  • I'm gonna be a waitress."

    "ウェイトレスになるんだ"

  • "Oh, well we just need you to complete a physical

    "あぁ...まあ、ただ身体検査をしてもらいたいだけなんだけど...

  • with this doctor and then you'll be fine to start."

    "この先生に診てもらえば大丈夫です"

  • That's gross.

    キモいな。

  • - [Derek] Yeah.

    - そうだな

  • - That's just gross.

    - ただのキモオタだな

  • So she goes to the doctor,

    それで彼女は医者のところに行った。

  • she sits on the table and she sees there's stirrups.

    彼女はテーブルの上に座り、あぶみがあるのを見る。

  • And the doctor walks in.

    そして医者が入ってくる。

  • And the first thing he says to her is,

    そして、彼が最初に彼女に言うのは

  • "So you wanna be a bunny," which is alarming as a doctor.

    "だからうさぎになりたい "というのは、医師としては警戒すべきことです。

  • He exams her, which to a woman means, you know.

    彼は彼女を検査していますが、それは女性にとっては意味がありますよね。

  • - Pap smear?

    - パップスメア?

  • - Did you say patch smear?

    - パッチスミアって言った?

  • - [Derek] I've never had one.

    - 一度も食べた事が無い

  • - It's not a bagel, Derek.

    - ベーグルじゃないわ、デレク

  • It's a, it's a-- - Hmm, I'm from New York!

    ニューヨークから来たんだ!

  • I came to get a little-- - I'm-a give you a pap shmear!

    パップシュミールをあげよう!

  • So she finishes the exam

    それで彼女は試験を終えた

  • and she goes the next day to train for this job.

    彼女は次の日にこの仕事のために訓練を受けに行きます。

  • That's a fancy word for you're gonna work

    それは、あなたが働くことを意味する言葉です。

  • and not get paid any money.

    とお金を貰えない。

  • She's training as a table bunny

    彼女はテーブルバニーとして訓練されています。

  • and they teach her that she just has

    と教えてくれて、彼女が持っているのは

  • to follow the other bunny servers around.

    を使って、他のバニーサーバーをフォローしてみてください。

  • And so she's going around asking these people like,

    それで彼女は周りの人に聞いて回ってる

  • "Hello, I'm Bunny Marie, what can I get for you?"

    "こんにちは 私はバニー・マリーです 何にしましょうか?"

  • And they would say things like,

    とか言ってくるんですよね。

  • "Yeah, girl, let me see your titties.

    "そうだよ、お嬢ちゃん、おっぱい見せてよ

  • Open it up."

    "開けろ"

  • Which is bullshit!

    どっちがデタラメだ!

  • How many times are you allowed to say bullshit

    何度デタラメを言っても許されるのか

  • on Comedy Central?

    コメディ・セントラルで?

  • I've said it a whole bunch.

    何度も言ってますが

  • - Whenever you want.

    - 好きな時に好きなだけ

  • - Okay. It's some bullshit.

    - わかったわ くだらないわね

  • She's working all these shifts and she's, in her journal,

    彼女はシフト制で働いていて、日記にも書いています。

  • she's writing all these injustices.

    彼女が書いているのは不正ばかり。

  • They're working these long hours,

    彼らはこのような長時間労働をしています。

  • they're not making any money.

    儲かってないんだよ

  • On top of that, it's basically a prostitution ring.

    その上、基本的には売春組織です。

  • And after working in the Playboy clubs for four weeks,

    プレイボーイのクラブで4週間働いた後に

  • Gloria was like, "(beep) this shit,

    グロリア「(ピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッ!

  • I have enough in my journal.

    日記には十分書いてあります。

  • I'm gonna publish this shit, I'm out."

    こんなクソみたいなのを出版して、俺は抜ける"