Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • welcome to watch Mojo, and today we're counting down our picks for the top 10.

    モジョを見るために歓迎し、今日はトップ10のために私たちのピックをカウントダウンしています。

  • Craziest music, love triangles.

    クレイジーな音楽、三角関係。

  • You all had the same size.

    みんな同じサイズだったんですね。

  • We usedto kind of Nick each others clothes a lot.

    私たちはニックのようにお互いの服をたくさん使っていました。

  • No matter what it takes.

    何があっても

  • We're gonna keep Fleetwood Mac together, and our breaking up is not going to break up.

    フリートウッド・マックはずっと一緒にいるつもりだし、僕らの解散は解散じゃないよ。

  • To spend for this list will be ranking noteworthy romantic relationships in the music industry that involved three or more people will be using the term love triangle loosely to include a variety of Messi intra and inter band relationships.

    このリストのために費やすことは、3つ以上の人々が関与した音楽業界で注目すべきロマンチックな関係をランキングすることになりますが、ゆるくメッシの様々なイントラとインターバンドの関係を含むように用語の三角関係を使用しています。

  • What's your favorite bit of music drama sound off in the comments?

    コメントで好きな音楽ドラマのサウンドオフは?

  • Number 10.

    10番です。

  • David Crosby, Joni Mitchell and Graham Nash.

    デヴィッド・クロスビー、ジョニ・ミッチェル、グラハム・ナッシュ

  • I apologize for all of us musicians.

    ミュージシャンの皆さん、申し訳ありませんでした。

  • We do hog the girls full disclosure.

    女の子の全容を公開しています。

  • We're going to be discussing a lot of classic rock relationships for this list, with many of our entries here being firmly ensconced within that period of free love and sexual freedom.

    このリストのためにクラシックなロック関係の多くを議論するつもりだが、ここでのエントリーの多くは、自由な愛と性的自由の時代の中にしっかりと定着している。

  • E case in point.

    Eのケース・イン・ポイント。

  • The relatively easy going affairs folk icon Joni Mitchell had with CNS why members David Crosby and Graham Nash Mitchell met Crosby not long after the latter left the formative psychedelic rockers the birds, and the pair were an item briefly prior to the formation of Crosby, Stills and Nash.

    比較的簡単に行く事フォークアイコンジョニ・ミッチェルがCNSとなぜメンバーのデビッド・クロスビーとグラハム・ナッシュ・ミッチェルは、後者は形成的なサイケデリック・ロッカーズ、鳥を残した後、クロスビーに会って、ペアは、クロスビー、スティルスとナッシュの形成に前に項目を短くしていた。

  • No, don't give yourself.

    いや、自分を犠牲にしてはいけない。

  • Mitchell would date Crosby's band mate Graham Nash for a significantly longer period of time, with both pending songs about each other and the time they spent living under the same roof.

    ミッチェルはクロスビーのバンドメイトであるグラハム・ナッシュとかなり長い期間デートすることになり、お互いのことや同じ屋根の下で生活していた時間についての曲を保留していました。

  • Not a lot of jealousy between the guys.

    男同士の嫉妬はあまりない。

  • It seems if you're gonna be in a relationship with somebody, you cannot lie to them.

    誰かと付き合うことになったら、嘘をついてはいけないようです。

  • You blew the trust number nine Kurt Cobain, Courtney Love and Billy Corgan, who said the nineties were all about feeling alienated and disaffected.

    あなたは信頼を吹き飛ばした ナンバーナイン カート・コバーン コートニー・ラヴ ビリー・コーガン 90年代は疎外感と不満を感じていたと言っていた

  • Let's bring Want to the love that bloomed in the grunge scene between whole songwriter Courtney Love and Nirvana's Kurt Cobain has been well documented, but perhaps less known is Loves Boyfriend.

    全曲ソングライターのコートニー・ラヴとニルヴァーナのカート・コバーンの間でグランジ・シーンに咲いた愛はよく記録されているが、おそらくあまり知られていないのはラヴス・ボーイフレンドである。

  • Prior to hooking up with the future musical icon, Love had actually been dating Smashing Pumpkins front man Billy Corgan for a time.

  • Yes, some sources even say Kourtney met Kurt for the first time after a pumpkin show, but the details of their first meeting are fuzzy.

    そう、一部の情報筋によると、クートニーがカートと初めて会ったのはパンプキンショーの後だとさえ言われていますが、二人の最初の出会いの詳細は曖昧です。

  • Look at my mhm.

    私のhmを見てください。

  • Corgan reportedly didn't take to being dumped very well, however, and even allegedly turned down some high profile touring opportunities in order to lick his emotional wounds and avoid the new happy Couple Number eight, Grace Slick and Jefferson Airplane.

    コーガンは非常によく振られたと報じられているが、彼の感情的な傷を舐めて、新しい幸せなカップルナンバー8、グレース-スリックとジェファーソン-エアプレインを避けるために、いくつかの高プロファイルのツアーの機会を断ったとも言われています。

  • Some bands fight, others make love.

    喧嘩するバンドもあれば、愛し合うバンドもある。

  • Jefferson Airplane did both their co lead singers, Marty Balin and Grace Slick never quite got along with the former, once declaring quote Whoever Slept With Grace had the power in the band Chasing Your Rabbits on E.

    ジェファーソン-エアプレインは、彼らの共同リードシンガーの両方をやった、マーティ-バリンとグレース-スリックはかなり前者と仲良くなったことはありませんでした、一度引用符を宣言した誰でもグレースと一緒に眠っていたバンドで力を持っていたE上のあなたのウサギを追いかけて。

  • No Grace, for her part, embraced the open sexual politics of the 19 sixties with a vengeance and had relationships with the band's drummer, Spencer Dryden, and bassist Jack Cassidy.

    彼女にとってノー・グレースは、1960年代のオープンなセクシャル・ポリティクスを復讐心を持って受け入れ、バンドのドラマー、スペンサー・ドライデン、ベーシストのジャック・キャシディと関係を持っていました。

  • Eventually, Slick would have a child with airplane guitarist Paul Kantner, China, and go on to work with various X band members with offshoot projects like Starship and Jefferson Starship, All the while remaining a counterculture icon and fashion plate number seven.

    最終的にスリックは飛行機のギタリストであるポール・カントナー、中国との間に子供をもうけ、様々なXバンドのメンバーとスターシップやジェファーソン・スターシップのようなオフシュート・プロジェクトで仕事をしながら、カウンターカルチャー・アイコンであり、ファッション・プレート・ナンバー7であり続けていた。

  • Joey Ramone, Linda Danielle and Johnny Ramone.

    ジョーイ・ラモーン、リンダ・ダニエル、ジョニー・ラモーン

  • We're going to keep the aggro going for our next entry, this time turning to a punk rock meeting of the Hearts and Fists Fist tonight.

    次のエントリーではアグロを続けていきますが、今回は今夜のハーツ&フィストのパンクロック集会に回します。

  • Merry Christmas, I don't wanna Fight Tonight.

    メリークリスマス、今夜は喧嘩したくない。

  • A fight was what allegedly broke out between Ramones members Joey and Johnny after the former's girlfriend, Linda Danielle left him for Johnny.

    ラモーンズのメンバーであるジョーイとジョニーの間で、前者のガールフレンドであるリンダ・ダニエルがジョニーのために彼を去った後、喧嘩が勃発したと言われています。

  • There was definite bad blood between the Ramones members, although Johnny and Danielle did go on to get married and stay that way until his death in 2000 and four.

    ラモーンズのメンバーの間には明らかに悪い血が流れていたが、ジョニーとダニエルは結婚し、2000年と4年に彼が亡くなるまでそのような状態が続いた。

  • Joey, for his part, reportedly lost the fight.

    ジョーイは、彼のために、戦いに負けたと報じられています。

  • But when the war, as the spat ended up fueling his lyrics toe one of the Ramones best songs, The Cake took My baby away.

    しかし、戦争は、スパッツはラモーンズの最高の曲の1つに彼の歌詞をtoe燃料に終わったように、ケーキは離れて私の赤ちゃんを取った。

  • Number six.

    6番だ

  • Todd Rundgren, Bebe Buell and Steven Tyler, classic rockers and Playboy playmates air to great things that go great together.

    トッド・ルンドグレン、ベベ・ビュエル、スティーブン・タイラー、クラシック・ロッカー、プレイボーイのプレイメイトたちは、一緒に素晴らしいものに空気を送ります。

  • Or perhaps not so great if you're worried about paternity issues.

    というか、父子関係の問題を心配しているなら、あまりいいことはないかもしれません。

  • I've been involved in music from a very early age.

    幼い頃から音楽に携わってきました。

  • It's an addiction.

    中毒です。

  • Some people like drugs.

    ドラッグが好きな人もいます。

  • I'm a vinyl junkie.

    私はビニールジャンキーです。

  • Bebe Buell spent much of her romantic life in the company of musicians, most notably with Prague and Psych pioneered Todd Rundgren Way.

    ベベ・ビュエルはロマンティックな人生の多くをミュージシャンたちと過ごし、特にプラハやサイコのパイオニアであるトッド・ルンドグレン・ウェイとの共演がその代表的なものでした。

  • However, Buell was also involved with other famous musicians such as David Bowie, Jimmy Page and Steven Tyler.

    しかし、ビュエルは他にもデヴィッド・ボウイやジミー・ペイジ、スティーヴン・タイラーなどの有名ミュージシャンとも交際していた。

  • Send a man.

    男を送れ

  • It was during a brief fling with Tyler when her daughter live was born.

    タイラーとの短い交際の間に彼女の娘のライブが生まれました。

  • But early on, Buell and Rundgren actually raised the girl is their own due to Tyler's continuing battles with substance abuse.

    しかし、初期の段階では、ビューエルとラングレンは、実際にはタイラーの継続的な薬物乱用との戦いのために自分自身の女の子を育てました。

  • It wasn't until years later, when the truth finally surfaced and Liv Rundgren became the Liv Tyler we know and love today.

    数年後、ついに真実が明らかになり、リヴ・ルンドグレンが今のリヴ・タイラーになったのは、それからのことでした。

  • Number five.

    5番だ

  • Brian Jones, Anita Palin, Berg and Keith Richards.

    ブライアン・ジョーンズ、アニタ・ペイリン、バーグ、キース・リチャーズ

  • The Rolling Stones are no strangers to love triangles such as the one between Mick Jagger, Marianne Faithful and Keith Richards, but we're going to be discussing a different one for our next century.

    ローリング・ストーンズは、ミック・ジャガー、マリアンヌ・フェイスフル、キース・リチャーズのような三角関係を知らない人はいませんが、次の世紀に向けて、別の三角関係の話をしましょう。

  • E don't worry.

    心配するな

  • Good old Keith is still involved.

    古き良きキースはまだ関わっている。

  • Onley.

    オンリー

  • This time it's with Stones founder Brian Jones and actress model Anita Palin.

    今回はストーンズの創業者ブライアン・ジョーンズと女優モデルのアニタ・ペイリンです。

  • Berg, Brian and Anita were a hot ticket for a time, but Jones is escalating.

    ベルク、ブライアン、アニータは一時期話題になったが、ジョーンズはエスカレートしている。

  • Drug dependency and increasingly erratic behavior pushed Palin Berg into the arms of Richards.

    薬物依存とますます不規則な行動は、ペイリン・バーグをリチャーズの腕の中に押し込んだ。

  • The pair had three Children together and remain friends, but ultimately parted ways as a romantic couple.

    2人には3人の子供がいて、今でも友人であり続けていますが、最終的にはロマンチックなカップルとして別れました。

  • You all have the same size.

    みんな同じサイズなんですね。

  • We usedto kind of Nick each others clothes a lot.

    私たちはニックのようにお互いの服をたくさん使っていました。

  • Number four.

    4番だ

  • The Mamas and the Papas.

    ママたちとパパたち

  • The Mamas and the Papas were a vocal group of beautiful and talented people with a lot of drama.

    ママス&ザ・パパスは、ドラマが多い美人で実力派のボーカルグループでした。

  • Thiers, the split of married couple John and Michelle Phillips and the latter subsequent affair with band mate Denny Doherty.

    ティアーズ、結婚したカップルのジョンとミシェルフィリップスとバンド仲間のデニー・ドハーティと後者の後続の不倫の分裂。

  • There's Mama CASS is unrequited love for dirty.

    ママキャスは汚い片思いをしています。

  • And then there's also the new Mamas and the Papas.

    そして、新しいママスやパパスも登場します。

  • A lineup, a variant of the group that John Phillips put together with his daughter, McKenzie.

    ジョン・フィリップスが娘のマッケンジーと一緒に組んだグループの変種であるラインナップ。

  • Reports of in Propriety have dogged the singer for years.

    プロプライエタリの報告書は何年も歌手を悩ませてきた。

  • It's the sort of convoluted mess that could have only been birthed in the late sixties and seventies.

    60年代後半から70年代にしか生まれなかったような複雑な混乱だ。

  • Number three.

    3番です。

  • Tommy Lee, Pamela Anderson and Kid Rock Can't we all just get Along?

    トミー・リー、パメラ・アンダーソン、キッド・ロック みんな仲良くできないの?

  • If you're asking this question to Kid Rock and Tommy Lee, then the answer is definitely no rock.

    キッド・ロックとトミー・リーにこの質問をするのであれば、答えは間違いなくノー・ロックです。

  • And Anderson had the same sort of hot and heavy marriage the former Baywatch actress had with Tommy Lee, although the coupling did result in two Children.

    そしてアンダーソンは、元ベイウォッチ女優のトミー・リーとの間に2人の子供をもうけたが、同じように熱くて重い結婚生活を送っていた。

  • Lee and Anderson reportedly kept seeing each other on and off after splitting up, and this did not go over well when she had Rock divorced in 2000 and six, Thiebaud would've boss, singer and Motley Crue drummer came to blows at the VMAs a year later in a display that felt more like a schoolyard spat than anything resembling rock n roll debauchery.

    仝それにしても、このようなことをしているのか、と思っていたのですが......それにしても、このようなことをしているのか、と思っていたのですが......それにしても、このようなことをしているのか、と思っていたのですが......それにしても、このようなことをしているのか、と思っていたのですが.......それにしても、このようなことをしているのか、と思っていました。

  • Number two.

    2番だ

  • Lindsey Buckingham, Stevie Nicks and Mick Fleetwood.

    リンジー・バッキンガム、スティーヴィー・ニックス、ミック・フリートウッド

  • No matter what it takes, we're going to keep Fleetwood Mac together and our breaking up is not gonna break up to spend.

    何があってもフリートウッド・マックは一緒にいようと思っているし、私たちの解散はお金を使うために解散することにはならない。

  • It's one of the most high profile splits in classic rock history, a true tale of romantic entanglement and drama Bleeding out onto the stage.

    クラシック・ロックの歴史の中でも最も注目されている分裂の一つであり、ロマンティックな絡み合いとドラマの実話であり、ステージ上でのブリードアウトである。

  • Lindsey Buckingham and Stevie Nicks were romantically linked folk rock duo prior to joining the ranks of British blues legends Fleetwood Mac in 1975.

    リンジー・バッキンガム(Lindsey Buckingham)とスティーヴィー・ニックス(Stevie Nicks)は、1975年にイギリスのブルース界のレジェンド、フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)の仲間入りをする前は、ロマンティックな関係にあったフォーク・ロック・デュオだった。

  • The band already featured another married couple in the form of John and Christine McVie.

    バンドはすでにジョンとクリスティン・マクヴィの形で別の夫婦をフィーチャーしていた。

  • But it wasn't long before both that couple and Buckingham Nicks went their separate ways.

    しかし、そのカップルとバッキンガム・ニックスが別々の道を歩むまでにはそう時間はかかりませんでした。

  • Theun During the tour cycle for the band's classic album Rumors, Knicks began an affair with the married Mick Fleetwood, adding more fuel to the fire of Max Stranger than fiction, Story of love, loss and music Because, really, the band meant everything, and the band was way more important than each separate persons problems.

    Theun バンドのクラシックアルバム「Rumors」のツアーサイクル中に、ニックスは結婚したミック・フリートウッドとの不倫を始め、マックス・ストレンジャーの火にもっと燃料を追加して、フィクションよりも愛、損失、音楽の話をしていたので、本当に、バンドはすべてを意味し、バンドはそれぞれの別々の人の問題よりもはるかに重要な方法だった。

  • Before we unveil our number one pick, here are a few honorable mentions.

    ナンバーワン・ピックを発表する前に、いくつかの栄誉ある賞をご紹介します。

  • Josh Hami, Brody Doll and Tim Armstrong.

    ジョシュ・ハミ、ブロディ・ドール、ティム・アームストロング

  • Punk rock couple splits doll heads for the Stone Age Theo Poison between Richie Kassian and Ricky Rocket.

    リッチー・カシアンとリッキー・ロケットの間で、パンク・ロック・カップルが石器時代のテオ・ポイズンのために人形の頭を割る。

  • Note to self when joining a new band, Don't sleep with your drummer's girlfriend.

    新しいバンドに参加するときの注意点、ドラマーの彼女と寝ないこと。

  • Want more Mojo?

    もっとモジョが欲しい?

  • Sound Mojo brings you music from new and emerging artists in all genres from across the globe, from interviews, toe live shows and deep dives into music culture Sound Mojo has you covered.

    Sound Mojoは、インタビューから、音楽文化Sound Mojoにライブショーと深いダイブをつま先から、世界中からすべてのジャンルの新しい、新興のアーティストからあなたに音楽をもたらしますあなたをカバーしています。

  • Be sure to check out Sound Mojo to find your new favorite artists way.

    あなたの新しいお気に入りのアーティストの方法を見つけるためにサウンドモジョをチェックしてください。

  • What's up?

    どうしたの?

  • You know, sexy Devon.

    セクシーなデボン

  • It's on my lips.

    唇についています。

  • Number one.

    1番です。

  • George Harrison, Patti Boyd and Eric Clapton.

    ジョージ・ハリソン、パティ・ボイド、エリック・クラプトン

  • It's one of the most famous classic rock songs of all time, a lovelorn owed to the wife of a good friend.

    仲良しの奥さんに借りているラブラブなロックの名曲の一つです。

  • It and Leila was written by guitar legend Eric Clapton while he was playing with Derek and the Dominos.

    それとレイラは、ギター界のレジェンド、エリック・クラプトンがデレクとドミノで演奏していた時に書いたものです。

  • A plea to Patti Boyd, then wife of another musical icon, George Harrison.

    もう一人のミュージカルアイコン、ジョージ・ハリソンの妻、パティ・ボイドへの嘆願。

  • I'm singing way.

    私は歌い方をしています。

  • Truth be told, the Beatles guitarist and his wife were going through a rough patch, and the song was a perfect way for Clapton to bridge the gap between fantasy and reality.

    実はビートルズのギタリストと彼の妻は苦境に立たされていて、この曲はクラプトンにとって空想と現実のギャップを埋めるのに最適な方法だったのです。

  • He really wanted me to come away with him, although it was most insistent that I was still married to George, so it was really difficult.

    彼は私がまだジョージと結婚していることが一番しつこかったのですが、私と一緒に出て行ってほしいと本当に思っていたので、本当に大変でした。

  • Layla did its job, and Clapton would also be inspired by Boyd for the track.

    Laylaはその役割を果たし、クラプトンもまた、このトラックのためにBoydからインスピレーションを受けることになるだろう。

  • Wonderful Tonight, although the couple would eventually divorced by the late eighties E the oh, do you agree with our picks?

    カップルは最終的には80年代後半のEで離婚するだろうが、ワンダフルトゥナイトは、ああ、あなたは私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

welcome to watch Mojo, and today we're counting down our picks for the top 10.

モジョを見るために歓迎し、今日はトップ10のために私たちのピックをカウントダウンしています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 WatchMojo バンド ロック タイラー 関係 グレース

トップ10のクレイジーな音楽の三角関係 (Top 10 Craziest Music Love Triangles)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 15 日
動画の中の単語