Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Imagine if your infant child suddenly started talking about piloting warplanes and people

    あなたの幼児が突然、戦争機や人の操縦の話をし始めたらどうなるか想像してみてください。

  • dying in balls of flames.

    炎の玉になって死ぬ

  • Imagine if the kid, only three years of age, then mentioned the actual names of people

    想像してみてください、たった3歳の子供が実際の人の名前を口にしたら

  • he'd flown with during the war.

    彼は戦争中に一緒に飛んだことがあります。

  • You'd likely feel a bit unsettled.

    と不安になってしまうでしょう。

  • Or, how would it feel if your child woke up screaming in the middle of the night, for

    または、あなたの子供が夜中に叫んで目を覚ましたとしたら、それはどのように感じるでしょうか?

  • many nights and many weeks, and then started rambling about being some Hollywood director

  • from times past?

    昔から?

  • Incredibly, both these things happened to parents in the U.S. not that long ago.

    信じられないことに、この2つのことは、それほど昔にアメリカで親の身に起こったことなのです。

  • The two kids joined a long list of children who have claimed to have had past lives, and

    この二人の子供たちは、過去の人生を持っていると主張する子供たちの長いリストに加わりました。

  • what's fascinating, is the children often make a good case.

    何が魅力的かというと、子供たちがよく主張していることです。

  • Today you're going to hear a few more incredible cases of kids that convinced people they used

    今日はもっと信じられないようなケースを 聞くことになるでしょう 子供たちが自分たちが使ったと人々を納得させた

  • to be another person.

    別人になるために。

  • To your everyday skeptic, such cases might sound dubious, but before you turn away you

    あなたの日常の懐疑論者には、このようなケースは怪しげに聞こえるかもしれませんが、あなたが目を背ける前に

  • ought to know that thousands of cases of kids who've claimed to have been someone else

    他の誰かだったと主張した子供たちの何千ものケースを知るべきだ

  • in another life have been investigatedand we don't mean by online mystics who'll

    別の生活の中で調査されている - と私たちは、オンラインの神秘主義者によって意味しません。

  • tell you for $9.99 how your aunt Barbara is doing in heaven.

    9.99ドルでバーバラおばさんが天国で何をしているかを教えてくれます。

  • Dr. Jim Tucker, a Professor of Psychiatry and Neurobehavioral Sciences at the University

    大学の精神医学・神経行動科学の教授であるジム・タッカー博士は

  • of Virginia, is one such man that has put a lot of effort into trying to find out what's

    バージニア州の彼は、そのような男の一人であり、何が起こっているのかを見つけるために多くの努力をしてきました。

  • going on with these kids.

    この子たちに何が起こっているのか

  • Since the 1990s he's been traveling all over the world in search of such kids and

    1990年代から、そんな子供たちを求めて世界中を旅したり

  • of the 2,500-plus cases he's studied, few of them fail to fascinate.

    彼が研究してきた2500件以上の事件の中で 魅了してやまないものは ほとんどない

  • Before we get to some of the most confounding cases out there, first we'll tell you some

    その前に、まず最初にいくつかの混乱した事例を紹介します。

  • things Mr. Tucker discovered during his many years of research.

    タッカー氏が長年の研究の中で発見したこと。

  • For one thing, it turned out that 70 percent of kids who claimed to have had past lives

    一つには、過去の人生を持っていたと主張する子供の70%が

  • had lived the life of someone who hadn't had a very natural death, meaning the person

    亡くなった人は、自然死ではない人の人生を送っていた。

  • they had lived had died from either an accident, murder, or they had taken their own life.

    彼らが生きていたのは、事故か殺人か、自分の命を絶ったかのいずれかで死んでいたのです。

  • Tucker said during the research he would never investigate a case if the parent of the child

    タッカーは調査中に言っていました 子供の親の場合は絶対に調査しないと

  • couldn't name names, or give addresses, or talk about many places the child said he

    名前を言えなかったり、住所を言えなかったり、子供が言っていた多くの場所について話すことができませんでした。

  • or she had been in their past life.

    または彼女は彼らの過去世にいた。

  • If there was some information to work with however, Tucker would meet the parents and

    しかし、何らかの情報があれば、タッカーは両親に会って

  • child and take things further.

    子供と一緒に、さらに物事を進めていきましょう。

  • Tucker might have started off a bit skeptical, but as things turned out, some children just

    タッカーは少し疑っていたかもしれませんが、実際には子供たちの中には

  • knew too much.

    知っていることが多すぎた。

  • You can't really call his research science, it's more a psuedoscience, but still, the

    彼の研究を科学と呼ぶことはできません、どちらかというとプセドサイエンスですが、それでも

  • kids said some intriguing things.

    子供たちは興味をそそるようなことを言っていました。

  • They knew who they'd dated in their past life.

    前世で誰と付き合っていたか知っていた。

  • They knew what their past wife had loved to do on Sundays.

    彼らは、過去の妻が日曜日に何をするのが好きだったのかを知っていた。

  • They knew how their past house was decorated and they talked about the pet dog they so

    過去の家の飾り方を知っていて、ペットの犬の話をしていました。

  • dearly loved.

    愛されている

  • Usually none of this information was something you could find online or even in a book.

    普通はどれもネットや本で調べても出てこないような情報でした。

  • What's also quite interesting and maybe more convincing in the case for reincarnation

    輪廻転生のケースでもかなり面白いし、もっと説得力があるかもしれません。

  • is the fact that most of the kids who claim to have had past lives are only two to four

    は、前世があったと主張する子供のほとんどが、たった2~4人の子供であるという事実です。

  • years old.

    歳です。

  • In other words, they're not quite at the stage in life when they want to manipulate

    言い換えれば、彼らは人生の中で操作したいと思う段階には至っていないということです。

  • people.

    の人たちのことを指しています。

  • They're also arguably too young to be making up strange stories about people long dead.

    彼らはまた、議論の余地なく若すぎて、ずっと前に死んだ人の奇妙な話をでっち上げている。

  • Let's now look at some cases and later on, you can make your own mind up about the validity

    では、いくつかのケースを見てみましょう。

  • of the kids' stories.

    子供の話の

  • We're going to start with an American kid.

    アメリカ人の子供から始めよう

  • What's good about western cases is they are less frequent in those countries than

    西洋の事例で良いのは、それらの国では、それらの国の事例よりも頻度が低いことです。

  • in parts of Asia where many people believe in reincarnation.

    輪廻転生を信じる人が多いアジアの一部では

  • As it stands, according to Pew Research only around 33 percent of American adults believe

    Pewの調査によると、アメリカの成人の約33%しか信じていません。

  • a person can come back to life as another person or being.

    人は別の人や存在として生き返ることができる。

  • In the UK, some studies have shown 29 percent of people believe in reincarnation, and in

    イギリスでは、いくつかの研究では、29パーセントの人々が輪廻転生を信じていることが示されている、と

  • the rest of Europe, the numbers weren't far off.

    ヨーロッパの他の地域では、数字はそれほど離れていませんでした。

  • Still, being born again is much more of a thing in most of Asia.

    それでも、生まれ変わるということは、アジアのほとんどの国では、はるかに多くのことです。

  • In parts of Southeast Asia, such as Myanmar, Laos, and Thailand, reincarnation is no laughing

    ミャンマー、ラオス、タイなど東南アジアの一部では、輪廻転生は笑い事ではありません。

  • matter.

    問題。

  • It's a fact of life for many people….

    それは多くの人にとって事実です....

  • We'll come to amazing stories from the East later, but seeing as Americans are for the

    我々は後に東からの驚くべき話に来るだろうが、アメリカ人は、見てのために

  • most part skeptical of life after death, the good ole U.S. is a good starting place.

    死後の生活に懐疑的な部分が多いが、古き良きアメリカは良い出発点である。

  • The kid's name is Patrick, and his case was investigated by a U.S. psychology professor

    子供の名前はパトリックで、彼の事件はアメリカの心理学の教授が調査しました。

  • named Dr. Ian Stevenson as well as the professor we just talked about.

    イアン・スティーブンソン博士という名前の教授と、先ほど話した教授です。

  • Patrick's mother had called the professors and told them she was convinced that he was

    パトリックの母親は教授たちに電話して、自分が確信していることを伝えていた。

  • actually the reborn version of Patrick's deceased half-brother.

    実は パトリックの死んだ異母兄弟の 生まれ変わったバージョンなんだ

  • Kevin.

    ケビン

  • After some more chatting on the phone, the professors took off to the Midwest to talk

    電話でさらに雑談をした後、教授たちは中西部へと旅立っていった。

  • in detail to the child and mother.

    を子どもと母親に詳しく説明しています。

  • They started with the mother.

    まずは母親から始めたそうです。

  • She told them that Kevin was born 14 years before Patrick.

    彼女は、ケビンがパトリックより14年前に生まれたことを話していた。

  • He seemed healthy at first but just before he was one and a half years old, he developed

    最初は元気そうに見えたが、1歳半になる直前に発症した。

  • a strange limp.

    妙に足を引きずっている。

  • After a few tests at the hospital, it seemed Kevin was ok, but then when he fell and broke

    病院でいくつかの検査をした後、ケビンは大丈夫だと思ったが、彼が転んで骨折したときに

  • a leg two days later, his mother started to become very worried.

    2日後に足が一本出て、母親がとても心配になってきた。

  • She was right to be concerned because as time went on doctors discovered that the boy had

    彼女が心配するのは当然のことだが、時が経つにつれ、医師はこの少年が

  • a form of cancer.

    癌の一形態。

  • One of the areas where he was most affected was his left eye.

    彼が最も影響を受けた部分の一つが左目でした。

  • Kevin began a treatment of chemotherapy and radiation therapy and after the tenth day

    ケビンは化学療法と放射線療法の治療を開始し、10日目にして

  • in the hospital, he was sent home.

    で、家に帰されました。

  • This was all very unpleasant, but given the boy's young age, he seemed to smile and

    不愉快なことばかりでしたが、少年の若さを考えると、笑顔で

  • laugh as he always had done.

    いつものように笑う。

  • Six months later, he was rushed to the hospital with bleeding gums.

    半年後、歯茎からの出血で病院に運ばれました。

  • Cancer had spread to his bone marrow.

    癌が骨髄に転移していた。

  • Doctors all but said his case was terminal.

    医者は彼のケースは末期だと言っていたが

  • There was nothing they could do, although he did receive a blood transfusion.

    輸血は受けたものの、どうすることもできませんでした。

  • He died just a few days after.

    彼はその数日後に死んだ

  • The mother married again and had another child, but that relationship didn't work out and

    母親は再婚して子供をもう一人産んだが、その関係はうまくいかず

  • some years later she had another child with another man.

    数年後、彼女は別の男との間に別の子供を産んだ。

  • That child was named Jason.

    その子の名前はジェイソン。

  • Soon after she had a fourth child, and his name was Patrick.

    まもなく彼女には4人目の子供が生まれ、彼の名前はパトリックだった。

  • The mother said as soon as she held Patrick, she just knew he was somehow connected to

    母親が言うには、パトリックを抱きしめた途端、彼が何かと繋がっていることがわかったそうです。

  • her first son.

    彼女の長男。

  • The two babies looked similar, even though they had different fathers.

    二人の赤ちゃんは、父親が違っても似たような顔をしていました。

  • Not only that, she soon discovered that Patrick had a problem with his left eye.

    それだけでなく、彼女はすぐにパトリックが左目に問題を抱えていることを発見した。

  • The diagnosis was a corneal leukoma, a condition that can make it hard to see.

    診断は角膜白斑という、見えにくい状態になることがあるとのことでした。

  • In fact, the kid was pretty much blind in that left eye just as his deceased half-brother

    実際、その子は死んだ異母兄と同じように左目がかなり見えていました

  • had been at the end of his short life.

    は短い人生の最後を迎えていた。

  • The conditions were not in the same ballpark at all, but blindness in one eye was the same

    条件は全く同じ球場ではありませんでしたが、片目の失明は同じ

  • symptom.

    症状が出ています。

  • Not only that, Patrick had a lump on his neck in the same place that his brother had had

    それだけではなく、パトリックの首には、弟と同じ場所にしこりがありました。

  • a lump on his neck.

    首にしこりがある

  • This wasn't cancer, just a harmless nodule.

    これは癌ではなく、ただの無害な結節でした。

  • For the mother, these things were just too strange to be true.

    母親にとって、これらのことはあまりにも奇妙なことだった。

  • Things got even weirder when the mother found a kind of dark spot on Patrick's neck in

    母親がパトリックの首に黒い点のようなものを見つけたとき、事態はさらに奇妙なものになった。

  • the same place where his brother had had a scar from tubes being inserted there.

    彼の弟がそこにチューブを挿入された傷跡があった場所と同じ場所だ。

  • This was a sad story the professors were listening to, but nonetheless, they checked the deceased

    これは教授が聞いていた悲しい話だったが、それにもかかわらず、彼らは故人を確認した

  • son's medical records.

    息子の医療記録を

  • They also checked the body of Patrick, of course.

    もちろんパトリックの遺体もチェックした。

  • It all rang true.

    全てが真実だった

  • There were indeed some strange coincidences.

    確かに不思議な偶然がありました。

  • What was perhaps freakier is that when Patrick was able to walk, he walked with a limp, just

    もっと奇妙なのは、パトリックが歩けるようになった時、足を引きずって歩いていたことです。

  • as his brother had.

    弟がそうであったように

  • When the professors met him he was already five-years-old but he still had that unusual

    教授たちが彼に会ったとき、彼はすでに5歳になっていましたが、彼はまだその異常さを持っていました。

  • limp even though medically his legs and gait should have been fine.

    足を引きずっているのは、医学的には足と歩行に問題はないはずなのに。

  • Patrick looked like Kevin.

    パトリックはケビンに似ていた

  • He had a lump and a mark where Kevin had, and he limped like Kevin.

    ケビンのあったところにしこりと跡があり、ケビンのように足を引きずっていた。

  • Ok, so what about Patrick's mind?

    パトリックの心は?

  • Did he think he was his dead brother?

    彼は自分が死んだ弟だと思っていたのか?

  • Well, when he was four years old, he started asking his mother if he could go to theother

    まあ、4歳の時に母親に「もうひとつの

  • house.”

    "家"

  • He asked, again and again, to go to this place, a house where he was sure he'd once lived.

    彼は何度も何度も何度も、この場所、かつて住んでいたはずの家に行きたいと言った。

  • He described it as a “chocolate and orangehouse.

    彼はそれを「チョコレートとオレンジの家」と表現した。

  • His mother of course had changed houses as well as husbands since her first child died.

    彼の母親はもちろん、第一子が亡くなってからは家も夫も変えていました。

  • Then one day he asked his mom if she could recall the day he had surgery.

    そしてある日、彼は母親に手術をした日を思い出せないかと尋ねた。

  • At first, she told Patrick that he was healthy, and he'd never had surgery, at which point

    最初は パトリックに 彼は健康で 手術を受けたことがないと言っていましたが

  • the young boy pointed to his ear – a place where the deceased boy had once had a tumor.

    少年は自分の耳を指差した--亡き少年がかつて腫瘍を患っていた場所だ。

  • The mother kept pictures of Kevin under lock and key, but when one day Patrick discovered

    母親はケビンの写真を鍵をかけて保管していたが、ある日パトリックが発見したとき

  • one he ran to her and shouted, “Here is my pictureThat's me!”

    彼は彼女に駆け寄って叫んだ "これが私の写真だ 私だ!"

  • At other times, he'd talk about a puppy he once had, or should we say, his deceased

    ある時は、かつて飼っていた子犬の話をしたり、亡くなった子犬の話をしたり。

  • half-brother had once had.

    異母兄がかつて持っていた

  • He even recalled a day he went swimming with his grandfather and others and a guy's head

    祖父などと一緒に泳ぎに行った日のことや、男の頭のことまで思い出す。

  • was dunked under the water.

    は水面下に沈んでいました。

  • He was referencing events from Kevin's life.

    彼はケビンの人生の出来事に言及していました。

  • You might now be thinking, well, the mother could have made all that up.

    あなたは今考えているかもしれませんが、母親がすべてをでっち上げたのかもしれません。

  • Sure, that's a possibility, a weird thing to do, but a possibility.

    確かに、それは可能性がある、変なことをしているが、可能性がある。

  • The professors interviewed other members of the family, including the mother's sister

    教授は、母親の妹を含む家族の他のメンバーにインタビューしました。

  • and Patrick's siblings.

    とパトリックの兄弟。

  • They talked about how Patrick would often talk about heaven, although Patrick's father

    二人は、パトリックがよく天国の話をするという話をしていましたが、パトリックの父親は

  • said his kid didn't talk to him about this past life.

    子供が前世のことを話してくれなかったと言っていた

  • When the professors talked to Patrick he told them about this other person he had been,

    教授たちがパトリックに話を聞くと、彼はもう一人の自分のことを話していました。

  • although he did so as if he was with the other kid, not actually was the kid.

    彼は彼が他の子供と一緒にいたかのようにしたが、実際には子供だった。

  • He said he went to the zoo with him, and he talked about how they'd play in the same

    一緒に動物園に行ったと言っていて、同じように遊んでいると話していました

  • bedroom, all the time describing a room that the professors found fitted the description

    寝室では、教授たちが見つけた部屋の説明をしていました。

  • of the dead son's bedroom.

    死んだ息子の寝室の

  • Patrick also told them about the time he went to the ranch and saw the bulls, something

    パトリックはまた、牧場に行って雄牛を見た時のことも話してくれました。

  • only his brother had done.

    弟だけがやったことだ

  • Ok, maybe that case doesn't convince you but keep watching because stranger cases are

    その事件は納得できないかもしれないが 見ていてくれ 奇妙な事件があるからな

  • on the way.

    途中で

  • Now let's swing over to Thailand, a place where every day people try and please the

    では、タイに行ってみましょう。

  • spirits with bottles of Fanta.

    ファンタのボトルでスピリッツ

  • This is the case of a boy named Juta, who was four years old when his case was investigated.

    これは、事件が捜査された時には4歳だった寿太という男の子の事件です。

  • A few months after this kid took his first breaths in the world his mother's brother

    この子が世界で初めて息をした数ヶ月後に母親の弟は

  • died in a motorcycle accident in Bangkok.

    バンコクでバイク事故で死亡。

  • After that, Juta got very sick and came down with a terrible fever.

    その後、樹太は体調を崩し、ひどい熱を出してダウンした。

  • He also developed two rather strange big spots on his left arm, right at the place where

    左腕に奇妙な大きな斑点が2つできました

  • his deceased uncle had had similar markings.

    彼の亡くなった叔父は似たような印を持っていました。

  • The uncle had started to get a tattoo, but after suffering a bit, he chickened out.

    おじさんはタトゥーを入れ始めていたが、少し苦しんだ後にチヤホヤされてしまった。

  • Instead of a drawing, all he had was the start of a drawing, which were two spots.

    絵を描く代わりに、絵の始まりが2つの斑点になっているだけだった。

  • Junta then started to call his own mother, “Little Noey”, which was what her dead

    淳太は自分の母親を「リトル・ノイエ」と呼ぶようになりましたが、それは死んだ母親が言っていたことです。

  • brother had called her.

    兄が彼女に電話してきた

  • Things got really weird when older folks would go around the house to visit.

    年配の方がお見舞いに行くと、本当に変なことになっていました。

  • Juta would talk to the adults using informal language that kids just don't use with grownups

    寿太は子供が大人には使わないような言葉を使って、大人に話しかけていました。

  • in Thailand.

    をタイで。

  • Not only that, he put ice in their beer and stirred it with his finger, something his

    それだけでなく、彼はビールに氷を入れて、指でかき混ぜていました。

  • uncle used to doAnd yes, Thais almost always add ice to beer.

    タイ人はビールに氷を入れます。

  • The stuff gets warm there quickly.

    そこはすぐに暖かくなる

  • After the kid had given everyone a glass of beer, he'd take one for himself.

    子供がみんなにビールを飲ませた後、自分の分も飲んでいた。

  • He was four, don't forget.

    彼は4歳だったことを忘れないで

  • This wanting of beer happened all the time, something which mirrored his uncle's predilections.

    このビールへの欲求は、彼の叔父の好みを反映したもので、常に起こっていました。

  • Juta also claimed that he'd once worked in Bangkok in construction.

    ジュウタもバンコクの建設業で働いていたことがあると主張していた。

  • He hadn't even been to Bangkok.

    バンコクにも行ったことがなかったそうです。

  • All this was heard by the investigators, but when they returned for a second meeting a

    このことはすべて調査員によって聞かされたが、彼らは2回目の会議のために戻ってきたときに

  • few months later little Juta was no longer talking in that adult language and he'd

    数ヶ月後には ちびジュウタは 大人の言葉を使わなくなっていました

  • even gone off the beer, refusing one even if one was put in front of him.

    ビールを飲んでいないのに、目の前にビールが置かれても断っていました。

  • The spots on his arm were becoming harder to see and according to the investigators,

    腕のシミが見えにくくなってきていて、捜査関係者によると

  • the once grown-up boy had become a normal little boy.

    かつて大人になった少年は、普通の少年になっていた。

  • Juta's family believed that the soul of the deceased had entered Juta but had now

    寿太の家族は、故人の魂は寿太の中に入っていたが、今は入っていないと信じていた。

  • left.

    左側。

  • The next case is similar, but quite a lot more confounding.

    次のケースも似たようなものですが、かなり混乱しています。

  • It was investigated in collaboration between U.S. professors and a Professor of Clinical

    米国の教授と臨床教授の共同研究で調査されたものです。

  • Psychology at the National Institute of Mental Health and Neurosciences in India.

    インド国立精神保健・神経科学研究所の心理学。

  • It's about a woman named Uttara who at the time of the investigation was 33 years old.

    捜査当時33歳だったウッタラという女性の話です。

  • She'd had some mental health issues so had been told to meditate.

    彼女はいくつかの精神衛生上の問題を抱えていたので、瞑想をするように言われていました。

  • She did just that, but what happened next surprised her caregivers.

    彼女はそうしましたが、次に起こったことは彼女の介護者を驚かせました。

  • She'd alternate between extremes of silence and hysteria, and sometimes start talking

    彼女は極端な沈黙とヒステリーの間を交互に行き来していた そして時々話し始める

  • in a foreign language even though she couldn't speak any foreign languages.

    外国語が話せないのに外国語で

  • The doctor at the time thought she was speaking Bengali, although her parents told him she'd

    当時の医師は彼女がベンガル語を話していると思っていましたが、彼女の両親は

  • couldn't speak a word of it, never mind talk for ages in it.

    一言も話せなかったし、何年も話しても気にならなかった。

  • She was sent home, but there were problems, to say the least.

    彼女は家に送られたが、控えめに言っても問題があった。

  • She could no longer speak her native Marathi and instead used her new language, something

    母国語であるマラーティー語を話すことができなくなり、代わりに新しい言語を使っていました。

  • her parents did not understand at all.

    彼女の両親は全く理解していませんでした。

  • Bengali speakers came to the rescue and they soon told her parents that their daughter

    ベンガル語を話す人が助けに来て、すぐに彼女の両親に娘のことを話しました。

  • was now claiming to be someone called Sharada.

    は今、シャラダと呼ばれる人物だと主張していた。

  • It seemed Sharada thought she'd never even left Bengal.

    シャラダはベンガルを出たことがないと思っていたようだ

  • She didn't recognize people or things around her.

    彼女は人や身の回りのものを認識していませんでした。

  • It was as if her world was alien to her.

    まるで彼女の世界が異質なものであるかのようだった。

  • In fact, she didn't even know what modern appliances were, like she was living in a

    実際、彼女は現代の電化製品が何なのかすら知らず、まるで

  • time long before such things existed.

    そんなものが存在するずっと前の時代。

  • After a few weeks in this state, Uttara came back.

    この状態で数週間後、ウッタラが戻ってきた。

  • During the investigation it was revealed that Sharada would make an appearance for a couple

    調査の結果、シャラダがカップルで登場することが明らかになりました。

  • of days for a total of 23 times over a few years, each time forgetting who her family

    何年かの間に合計23回も家族のことを忘れて

  • was and not understanding how something like a TV worked.

    があって、テレビのようなものがどのように機能するのか理解できていませんでした。

  • Over time, details were collected when Sharada came around.

    時間が経つにつれ、詳細はシャラダが来たときに収集されました。

  • She described the village where she lived in West Bengal and she described her friends

    彼女は西ベンガルに住んでいた村の様子を描写し、友人の様子を描写しています。

  • and family.

    と家族のこと。

  • It turned out she thought she was living in the 18th century.

    彼女は18世紀に住んでいると思っていたことが判明しました。

  • What shocked the researchers is when they searched for the names of Sharada's alleged

    研究者達が衝撃を受けたのは シャラダの疑惑のある人物の名前を検索した時に

  • father and six brothers, they had all lived in West Bengal in the 18th century in a village

    父と6人の兄弟は、18世紀に西ベンガルの村に住んでいました。

  • like the one Sharada had described.

    シャラダが説明したように

  • On top of that, professors who were native Bengali speakers talked with Sharada and they

    その上で、ベンガル語を母国語とする教授たちがシャラダと話をして

  • agreed that while she made a few mistakes, she was definitely fluent.

    彼女はいくつかのミスをしたが、確かに流暢であることに同意した。

  • Still, skeptics have said that the girl could have somehow secretly learned the language.

    それでも、懐疑論者は、少女はどうにかして密かに言語を学んだのではないかと言っています。

  • That rings true when you find out a linguist said her way of speaking was not from the

    言語学者が彼女の話し方は

  • 18th century and her accent wasn't spot on.

    18世紀と彼女のアクセントが合っていなかった。

  • Was this a case of a woman suffering from a severe case of multiple personality disorder,

    多重人格障害の重症化した女性のケースだったのか。

  • or was she really the part-time vessel for a possessor of souls?

    それとも本当に魂の憑依者のアルバイトの器だったのでしょうか?