Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I don't know.

    知る由もありません。

  • The last day of school was barely school.

    最終日はかろうじて学校だった。

  • I fielded complicated questions from students who braved public transit to attend.

    公共交通機関を利用して参加した学生からの複雑な質問に答えてみた。

  • I wiped down every desk between classes and reminded myself to breathe.

    授業の合間にすべての机を拭いて、呼吸をすることを忘れないようにした。

  • I held it together so hard when students said goodbye with a strange, scared wait on that word, colleagues and I exchanged glances in the hallway at once tense and comforting.

    その言葉に妙に怯えながら待っていた学生たちが別れを告げると、同僚と私は廊下で緊張と慰めの視線を交わしました。

  • We were in this together, even if we were about to part ways for several months.

    数ヶ月前に別れようとしていたとしても、私たちは一緒にいました。

  • And when school is, we know it stopped.

    そして、学校があるときには、それが止まっていることを知っています。

  • We all took a long minute just to process that.

    それを処理するのに長い時間がかかった。

  • It seemed impossible.

    不可能に思えた。

  • 400,000 students in Chicago now needed to learn from home, and we would need to make that happen both as the third largest school district in the country and as the human beings who constituted.

    シカゴでは40万人の生徒が家庭学習をする必要があり、それを実現するためには、国内第3位の学区として、また構成する人間としても必要なのです。

  • But the seemingly impossible keeps becoming reality really fast lately, So teachers jumped and adapted.

    しかし、不可能と思われていたことが、最近では急速に現実になってきているので、先生方は飛びついて適応しています。

  • We learned a host online meetings.

    ホストオンラインミーティングを学びました。

  • We hung white boards on our living room walls.

    リビングの壁に白い板を掛けました。

  • Many teachers struggled, just reaching out to see if their students were all right.

    生徒が大丈夫かどうか手を差し伸べるだけで、多くの先生方が苦労されていました。

  • And in addition to making remote learning plausible teachers have also been organizing food drives and housing resource is they have made and donated masks by the thousands, and they've never stopped reaching out.

    そして、リモートラーニングがもっともらしいことに加えて、教師たちはまた、フードドライブや住宅資源を組織してきました彼らは何千人ものマスクを作って寄付してきたし、彼らは手を差し伸べることを止めたことはありません。

  • But this isn't new.

    しかし、これは新しいことではありません。

  • This isn't dramatic heroism in the face of a pandemic.

    パンデミックに直面した時のドラマチックなヒロイズムではありません。

  • This is teaching.

    これが教えです。

  • This is being invested in our communities as parents we've had to adapt to because our working lives and our family lives and our mental health have all collided and coagulated well intentioned, color coded schedules speckled the Internet.

    これは、私たちの仕事の生活と私たちの家族の生活と私たちの精神衛生は、すべての衝突と凝固よく意図された、色分けされたスケジュールがインターネットをまだら模様にしているので、私たちは適応しなければならなかった親として、私たちのコミュニティに投資されています。

  • Everyone has cried at the kitchen table at least once, some of us several times.

    誰もが一度はキッチンのテーブルで泣いたことがあり、中には何度も泣いたことがある人もいます。

  • And then there are the students I've seen.

    そして、見たことのある学生さんがいます。

  • Students participate in class from the break room at work where they are frontline for minimum wage to help their families.

    家族を助けるために最低賃金の最前線である職場の休憩室から授業に参加しています。

  • They've attended Ah, makeshift funeral in the morning and a Google meet in the afternoon.

    午前中はその場しのぎの葬儀、午後はグーグルの会合に出席しています。

  • They are childcare providers.

    保育士さんたちです。

  • They are experiencing housing insecurity.

    彼らは住宅不安を経験しています。

  • They are scared.

    彼らは怯えている。

  • They are stressed and they are Children.

    ストレスが溜まっていて、Childrenです。

  • When my son's teacher asked a screenful of nine year olds if everybody was OK, it almost broke me.

    息子の先生がスクリーンいっぱいの9歳児に「みんな大丈夫かな」と聞いてきた時は、心が折れそうになりました。

  • How are you?

    お元気ですか?

  • What do you need?

    何が必要なの?

  • Is your family safe?

    ご家族は大丈夫ですか?

  • School without school has been traumatic.

    学校のない学校はトラウマになっています。

  • It's been makeshift.

    その場しのぎのものになってしまった。

  • It's been messy.

    面倒くさくなってきた。

  • Parents, teachers and students have fumbled with Tech fumbled even more with expectations.

    保護者、教師、生徒がTechに期待してさらにファビョった。

  • We've lost so much, maybe, just maybe stripped bare like it's been, we can see more when words like rigor, grit and a half dozen other educational hashtags don't seem to matter.

    私たちは多くを失ってきた、もしかしたら、もしかしたら、今までのように剥ぎ取られてしまったのかもしれませんが、厳しさとか、頑張りとか、他の半ダースの教育ハッシュタグのような言葉が重要ではないように見えるとき、私たちはより多くのことを見ることができます。

  • We can see what's in front of us with new clarity that includes the gaps, the inequities, the failures.

    ギャップや不公平感、失敗も含めて、目の前にあるものが新たな明快さで見えてくるのです。

  • They're all heightened.

    みんな高みの見物です。

  • But so were the successes.

    しかし、成功者もそうだった。

  • So what's working?

    で、何が効いてるの?

  • What do kids need from their schools?

    子供たちは学校に何を求めているのか?

  • And what do we really mean when we discuss, frame and fund education?

    そして、教育を議論し、フレーム化し、資金を提供するということは、本当の意味で何を意味するのでしょうか?

  • Well, as both a parent and a teacher, I keep coming back to four big ideas.

    まあ、親としても教師としても、私は4つの大きなアイデアに戻ってきています。

  • None of them are new.

    どれも新しいものではありません。

  • All of them are necessary.

    どれも必要なものばかりです。

  • And in them I'm hoping other parents, other teachers and students will hear echoes of their experiences and outlines of what's possible.

    そして、その中で、他の保護者や他の先生、生徒たちが、自分たちの経験や可能性の概要をエコーで聞いてくれることを期待しています。

  • We can, and we must engage parents, demand equity, support the whole student and rethink assessment first and foremost engaging the parents.

    私たちは、保護者を巻き込み、公平性を要求し、生徒全体を支援し、アセスメントを再考し、何よりもまず保護者を巻き込むことができます。

  • Historically, we've isolated parents and teachers, schools and neighborhoods.

    歴史的に親や教師、学校や近所の人たちを孤立させてきました。

  • We say otherwise, But the influential forces in a kid's life rarely intersect with any debt.

    そうではないと言いますが、子供の人生で影響力のある力が借金と交差することはほとんどありません。

  • We have a parent teacher conferences, a stem night, a bake sale.

    保護者の先生方の会議、ステムナイト、模擬店などがあります。

  • We all immediately regret agreeing to Dio.

    みんなディオに同意したことをすぐに後悔する。

  • But the parents are here now every day, inadvertently eavesdropping on class because we're also making lunch or sharing a workspace.

    でも、お弁当を作ったり、ワークスペースを共有したりもしているので、うっかり授業を盗み聞きしてしまう親御さんが今は毎日来ています。

  • We are tutors, we are co teachers.

    私たちは家庭教師であり、共同指導者です。

  • We are all relearning algebra, and it's awkward.

    みんな代数を学び直しているので、気まずいです。

  • But maybe it's exactly what we needed, because parents are seeing how school happens or doesn't what excites their kids and what shuts them down, whether there's a rubric for it or not.

    しかし、それはまさに私たちが必要としていたことなのかもしれません。親は学校がどのように起こるか、または起こらないかを見ているので、何が子供を興奮させ、何が子供を黙らせるのか、そのためのルーブリックがあるかどうかにかかわらず。

  • And we're watching our kids learn empathy and balance and time management and tree climbing and introspection and the value of a little bit of boredom.

    そして私たちは子供たちが共感とバランスと時間管理と木登りと内観と少しの退屈の価値を学んでいるのを見ています。

  • We might not want this toe last, but we can learn from it.

    このつま先を最後にしたくないかもしれませんが、そこから学ぶことはできます。

  • We can keep parents engaged beyond bake sales.

    模擬店以外にも親御さんを飽きさせないことができます。

  • We can take this time and ask parents what they and their kids need.

    この時間を利用して、親や子供に必要なものを聞いてみる。

  • Ask again, asking every language.

    すべての言語を尋ねて、もう一度尋ねてみてください。

  • Ask the parents who haven't been able to engage with their Children's remote learning.

    子どもの遠隔学習に取り組めていない保護者に聞く。

  • Meet parents where they are, and many will tell you they need us to prioritize their Children's wellness support.

    親がいる場所で親に会い、子どものウェルネスサポートを優先してほしいと伝える人も多いでしょう。

  • Diverse learners protect neighborhoods from housing, instability and attacks on immigrant communities.

    多様な学習者は、住宅、不安定さ、移民コミュニティへの攻撃から近隣地域を守る。

  • So many parents will tell us right now that they can't support their Children's learning if they can't support their families.

    だから、今、多くの親御さんが「家族のサポートができないと、子どもの学習をサポートできない」と言ってくるのです。

  • So next we demand equity.

    だから次は公平性を求めます。

  • Our school system currently serves a student population that includes 75% low income households and 90% students of color.

    私たちの学校システムは現在、75%の低所得世帯と90%の有色人種の学生を含む学生を提供しています。

  • The fight for equity in Chicago is as old as Chicago.

    シカゴの公平性を求める戦いは、シカゴと同じくらい古い。

  • So what do we need right now?

    今、何が必要なんだ?

  • For starters, we need equal tech infrastructure for all.

    手始めに、すべての人に平等な技術インフラが必要です。

  • This isn't an option anymore.

    これはもう選択肢ではありません。

  • We have to close the tech gap, these air choices, and we don't have to keep making them.

    技術格差を縮めないといけないし、空気の選択だし、作り続けなくてもいいんじゃない?

  • We can refuse.

    断ることができます。

  • The isolation and competition for resource is the pits, schools and neighborhoods against one another get rid of rating systems and budgeting formulas that punish kids for their ZIP codes.

    資源のための分離と競争は、お互いに対するピット、学校や近隣の人々は、彼らの郵便番号のために子供たちを罰する評価システムと予算編成の式を取り除くことです。

  • In a city that's been segregated since its inception, the Fight for equity in Chicago did not become life or death in a pandemic.

    設立当初から隔離されていた街で、シカゴでの公平性のための戦いは、パンデミックの中で生死を分けるようなものではありませんでした。

  • It's been life or death for a long time.

    長い間、生死に関わることだった。

  • Now we need to care about other people's Children and not just his data points alongside our own.

    今、私たちは他の人の子供たちに気を配る必要があり、彼のデータポイントだけでなく、私たち自身のデータポイントにも気を配る必要があります。

  • Third, we need to support the whole student.

    第三に、生徒全体のサポートが必要です。

  • As much as parents might be exhausted by remote learning and can't wait to get the kids back to school or teachers can't wait to get back into our classrooms.

    親が遠隔学習で疲弊しているかもしれないのと同じくらい、子供を学校に戻すのが待ちきれないのか、先生方が教室に戻るのが待ちきれないのか。

  • Induce of riel teaching.

    リエルの教えを誘発する。

  • Chances are the kids missed the playground more than the classroom.

    子供たちは教室よりも遊び場を見逃している可能性が高い。

  • The activities as much as the academics, that social emotional piece that forms the core of human learning.

    学問と同じくらいの活動、人間の学習の核心を形成する社会的な感情的な部分。

  • We will need social workers, nurses and counselors in every school so much we will need them as we try to help our students feel safe, process their trauma and their grief and find their way back to school to support our students.

    私たちは、生徒が安全に感じ、トラウマや悲しみを処理し、生徒をサポートするために学校に戻る方法を見つけようとするとき、ソーシャルワーカー、看護師、カウンセラーがどの学校にも必要になるでしょう。

  • We will also need smaller class sizes and adequate staffing across the building, something teachers have demanded again and again with the overwhelming support of our students parents, we will need art class more than ever, and physical education and music programs and computer science.

    私たちはまた、小さなクラスのサイズと建物全体での適切なスタッフの配置、教師が私たちの学生の保護者の圧倒的な支持を得て何度も何度も何度も要求してきたもの、私たちはこれまで以上に芸術のクラスが必要になりますし、体育や音楽プログラムやコンピュータサイエンスを必要とします。

  • And if waiting through conspiracy theories on the Internet for the last few months has taught us anything, it's that we need to put a library in back in every school right now.

    ここ数ヶ月のネット上の陰謀論を待っていたことが何かを教えてくれたとしたら、今すぐ全ての学校に図書館を設置する必要があるということだ。

  • Finally, let's rethink assessment.

    最後に、評価を見直してみましょう。

  • We can dial down the testing.

    テストの量を減らすことができます。

  • Ah lot.

    ああ、たくさん。

  • Elementary school students in Chicago spend up to 10% of their school year just taking standardized tests.

    シカゴの小学生は、標準化されたテストを受けるだけで学年の最大10%を費やしています。

  • We don't know how many hours of riel learning are lost.

    リエルの学習時間がどれだけ失われているかはわかりません。

  • Preparing for those tests, but we know that the test prep software alone costs Chicago about $10 million a year.

    それらのテストの準備ですが、テスト対策ソフトだけでもシカゴでは年間約1000万ドルの費用がかかることがわかっています。

  • How much more could we do if we got that time and money back?

    その時間とお金が戻ってきたら、どれだけのことができるだろうか?

  • And do we have to go back to obsessively quantifying everything?

    そして、私たちは執拗にすべてを数値化することに戻らなければならないのでしょうか?

  • A student attempts weaponizing grades as a means of compliance and reinforcing inequity at every grade level?

    生徒がコンプライアンスの手段として成績を武器にしようとし、あらゆる学年で不公平を強化しようとしているのか?

  • Or can we keep considering alternative models like proficiency based grading programs and stop making school about scoring better than the kid next to you?

    それとも、習熟度に基づいた成績評価プログラムのような代替モデルを検討し続けて、隣の子供よりも良い得点を取ることを学校にするのをやめてもいいのでしょうか?

  • 150 colleges and counting are now test optional for admissions, including N Y u, the University of Chicago and the entire California State system because they know there's more to a student than a G p A and S A T score.

    150の大学が現在、N Y u、シカゴ大学、カリフォルニア州システム全体を含む入学試験のオプションテストを実施していますが、これはG p AとS A Tのスコア以上のものがあることを知っているからです。

  • You know who else knows that the students themselves.

    生徒自身が知っている人は知っているはずです。

  • If we're having conversations about any of this, and not authentically, including an empowering students every step of the way, we're not having conversations about any of this.

    もし私たちが会話をしているのであれば、生徒に力を与えることも含めて、真正な会話をしていないのであれば、私たちは会話をしていないことになります。

  • We have a moment now, a short moment and so much to get done before the comforting choruses of back to Normal get too loud when we can take what we've seen and experienced plant our feet and demand better.

    我々は今、短い時間を持っており、我々が見てきたものを取ることができ、経験してきたことを私たちの足を植えると、より良い要求するときに通常に戻るの慰めのコーラスがあまりにも大声で取得する前に、我々は今、短い時間と非常に多くのことを成し遂げるために持っています。

  • We can make a system as massive as Chicago pivot to better serve our students, their families and our communities.

    私たちは、シカゴのような大規模なシステムをピボットにして、生徒や家族、地域社会により良いサービスを提供することができます。

  • If three million teachers can relearn their jobs in a weekend, we can change school systems to better fit what we know and what we've known for a while now.

    300万人の教師が週末に仕事を学び直せるようになれば、今まで知っていたこと、知っていたことに合わせて学校のシステムを変えていくことができます。

  • And if we can set clear expectations for our students, we could do the same for our school district.

    生徒に明確な期待を持たせることができれば、学区にも同じことができるでしょう。

  • In our cities.

    私たちの街では

  • I want to go back to school.

    学校に戻りたい。

  • I can't wait to go back to school.

    学校に戻るのが待ち遠しいです。

  • I miss the hum of the hallways and the weird energy of a room filling up with sophomores and a better kind of exhaustion from putting my heart and my guts into what I love doing every day.

    廊下のうなり声や、2年生でいっぱいになった部屋の奇妙なエネルギー、そして毎日好きなことに心と根性を注いでいることからくる、より良い種類の疲労感が恋しいです。

  • But we can't miss this moment.

    でも、この瞬間を見逃すわけにはいかない。

  • We can't let go of the mantra that we're in this together.

    一緒にいるというマントラを手放すわけにはいきません。

  • So don't tell us what is or isn't possible.

    だから、何が可能か不可能かは言わないでください。

  • Don't tell us it's too hard or too expensive or too aggressive.

    難しいとか高いとか積極的とか言わないでください。

  • It's been our job since the start of this pandemic.

    このパンデミックが始まってからの仕事です。

  • No, it's been our job since always to make what seems impossible really happen.

    いや、不可能に見えることを本当に実現させるのが我々の仕事だ。

I don't know.

知る由もありません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 生徒 シカゴ 教師 学習 子供

COVID-19が明らかにした米国の学校について--そして教育を見直す4つの方法|ノラ・フラナガン (What COVID-19 revealed about US schools -- and 4 ways to rethink education | Nora Flanagan)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 13 日
動画の中の単語