Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Theo meet this guy is holding is not made from cow's.

    この男が持っているテオ・ミートは牛から作られていません。

  • It's not made from plants.

    植物から作られたものではありません。

  • It's made from feathers.

    羽毛でできています。

  • Feathers off a chicken.

    ニワトリの羽毛。

  • Who is this guy?

    この人は誰?

  • Why the hell is he eating feathers?

    なんで羽を食ってるんだ?

  • And how does feather taste like in this small lab in Bangkok is where I found a sore a one time and we saw what?

    そして、バンコクのこの小さな研究室では、どのように羽の味はどのように私は一度痛いのを見つけて、私たちは何を見たのですか?

  • And I found a way to make me from feathers.

    そして、羽毛から私を作る方法を見つけました。

  • One day, Sarah Wood was walking past a slaughterhouse when he noticed people throwing away boxes after boxes off chicken feathers.

    ある日、サラ・ウッドは屠殺場の前を歩いていると、鶏の羽毛を外した箱の後に箱を捨てている人がいるのに気付いた。

  • Turns out when a chicken goes toe a meat factory, 90% of it is used as food, and 10% of it is thrown away, which might not see much.

    鶏が食肉工場のつま先に行くと、90%が食品として使われ、10%が捨てられていて、あまり見ないかもしれないことが判明しました。

  • But every day, millions of chickens are killed for meat, which means every day millions of tons off feathers are dumped in landfills or burn away.

    しかし、毎日何百万羽もの鶏が食肉のために殺されているということは、毎日何百万トンもの羽毛が埋め立て地に捨てられたり、燃え尽きたりしているということです。

  • Just like that, we lost a lot of resource because, like feathers is high protein resource and e think like we can use this in the better way.

    ちょうどそれのように、私たちは多くの資源を失ったので、羽毛のような高タンパク質の資源であり、私たちはより良い方法でこれを使用することができますのように考えています。

  • So he had one crazy thought.

    だから、彼は一つの狂った考えを持っていた。

  • What if we could eat a feathers?

    羽根を食べることができたら?

  • It's a crazy question, but turns out we can, because chicken feathers are chemically similar to chicken meeting.

    おかしな質問だが、鶏の羽は化学的に鶏の会合に似ているので、私たちはできることが判明しました。

  • So technically speaking, with a bit off work, you could turn feather in tow.

    だから技術的には、ちょっと仕事を休めば、牽制でフェザーを回すことができる。

  • Edible meat.

    食用の肉。

  • You just need to make it taste like meat and look like meat.

    肉の味がして、見た目が肉っぽくなるようにすればいいんだよ。

  • So Sara took some feathers from a slaughterhouse, went to his lab, crushed the feathers, turned them into liquid, put in some food thickeners, mixed them up for a long time, added some spices.

    それでサラは屠殺場から羽毛を取り、研究室に行き、羽毛を砕き、液体にし、食品増粘剤を入れ、長時間混ぜ合わせ、香辛料を加えた。

  • Put the mixture into a oven, let it cook for hours.

    オーブンに入れて何時間も煮込む。

  • And finally, the tasteless feathers were transformed into chicken meat with zero carbs and zero fat.

    そして最後には、味のない羽毛が炭水化物ゼロ、脂身ゼロの鶏肉に変身しました。

  • It took me almost a year to finally figure out the right recipe, but he did it with his method.

    1年近くかかってようやく正しいレシピがわかったのですが、その方法でやってくれました。

  • He made feathers into dishes like this thistle and this this'll meal.

    彼はこのアザミやこの食事のように羽を料理にしていました。

  • It looks like it came from a five star restaurant kitchen and the taste.

    五つ星レストランの厨房から出てきたようで、味もいい。

  • If I if I wouldn't know, I'd never noticed it.

    知らなかったら気づかなかったであろう。

  • It's not really meet.

    本当の意味での出会いではありません。

  • It is just like me.

    私と同じようなものです。

  • At first, many people rejected sort of Woods idea because they thought that eating feathers was disgusting.

    最初は、多くの人々は、彼らが羽を食べることは嫌だと思っていたので、森のアイデアの並べ替えを拒否しました。

  • But that all changed the moment.

    しかし、その瞬間に全てが変わった。

  • They had one bite at the end of the day.

    最後の最後に一口食べてくれました。

  • What's more disgusting?

    どっちが気持ち悪いの?

  • Chicken feathers or chicken intestines that we already eat.

    すでに食べている鶏の羽毛や鶏の腸。

  • I believe this is the future off the meat, because in the future there won't be enough meat to feed all of us as our population keeps growing and the need for food grows as well.

    将来的には人口が増え続け、食料の必要性も高まる中で、私たち全員を養うのに十分な肉がなくなるので、これは肉離れの未来だと思います。

  • We need to make mawr meat alternatives, and we need toe waste less meat.

    私たちはmawrの肉の代替品を作る必要があり、私たちはつま先が少ない肉を無駄にする必要があります。

  • So instead of using 90% of the chicken way, should be using 100% of it.

    だから、90%のチキンを使うのではなく、100%のチキンを使うべきです。

  • That's why his invention isn't just a crazy idea.

    だから彼の発明はただのイカれたアイデアではない。

  • It might actually be good for the world.

    実際には世の中のためになるかもしれません。

  • Now.

    今だ

  • I'm trying to sell this recipe to the restaurant, so maybe one day you can also get a test off.

    このレシピをお店に売り込もうとしているので、いつかテストオフもできるかもしれませんね。

  • This factors too.

    これも要因です。

  • Soda would may be crazy to try and eat feathers, but sometimes crazy people are the ones who change the world, I think, is the best material for food in the future.

    曽田は羽を食べようとすると頭がおかしくなるかもしれませんが、たまに頭がおかしくなる人は世界を変える人だと思うので、これからの時代の食の素材としては最高のものだと思います。

  • I like it.

    気に入っています。

  • It's manual experience for E.

    Eのマニュアル体験です。

  • Hey, everybody, thank you so much for watching Nass Daily Nass means people in Arabic humans and we are on a mission to show you the stories of humans from all around the world.

    ねえ、みんな、Nass毎日Nassはアラビア語の人間の人々を意味し、私たちはあなたに世界中からの人間の物語を表示するために使命を持っています見てくれてありがとうございました。

  • I'm actually very excited about the videos were working on so please follow us on Facebook and Instagram so that you don't miss a video way.

    私は実際には非常に興奮している動画に取り組んでいたので、あなたがビデオの方法を見逃さないように、FacebookとInstagramで私たちをフォローしてください。

  • Think everybody in the world should watch them.

    世界中の人が見るべきだと思う

  • Thank you and see you soon.

    ありがとうございます、またお会いしましょう。

Theo meet this guy is holding is not made from cow's.

この男が持っているテオ・ミートは牛から作られていません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 羽毛 食肉 捨て 資源 レシピ サラ

鶏の羽を食べる男 (The Man Who Eats Chicken Feathers)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 13 日
動画の中の単語