Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Ah, hair.

    あ、髪の毛。

  • Who doesn't love it?

    好きじゃない人はいないのかな?

  • We style our hair, use it to express ourselves, and do our best to keep it healthy so we can

    髪の毛をスタイリングしたり、自分を表現するために使ったり、健康的な髪の毛を保つために最善を尽くしたりしています。

  • show it off.

    見せびらかす。

  • That is, unless it's there.

    それは、それがない限りは。

  • Or there.

    もしくはそこに。

  • Or especially there.

    または特にそこに。

  • Yes, there's one type of hair that most people could do without - body hair.

    そう、ほとんどの人がやらなくてもいいと思う髪の毛の種類があります - 体毛。

  • Whether it's back and chest hair, underarm hair, or the hair that lurks beneath your

    背中や胸毛でも、脇の下の毛でも、下に潜む毛でも

  • underpants, this hair can be an unwelcome sight for many people - and it's hard to

    パンツ、この髪は多くの人にとって歓迎されない光景になる可能性があります。

  • get rid of, especially permanently.

    取り除く、特に永久的に。

  • People subject themselves to different treatments to try to get rid of body hair, including

    人は体毛を取り除こうとするために、さまざまな治療を受けることになりますが、その中には次のようなものがあります。

  • shaving - with all the nicks that come with it - to using foul-smelling hair removal cream.

    シェービング - それに付属のすべてのニックと - 汚れ臭い脱毛クリームを使用しています。

  • Then there's those painful waxing sessions to get rid of large strips of hair, and we

    その後、髪の毛の大きなストリップを取り除くために、それらの痛みを伴うワックスのセッションがあり、我々は

  • can't forget plucking those stray hairs out with tweezers and trying not to pinch

    抜け毛をピンセットで摘んで挟まないようにしていることを忘れない

  • your skin.

    あなたのお肌。

  • Alternatively, you could just go au naturel - even though some particularly hairy people

    または、au naturelに行くことができます - 一部の特に毛深い人々があっても

  • would probably rather not hearMommy, there's a Bigfoot on the beach”!

    ママ、ビーチにビッグフットがいるよ!」なんて言われたくないでしょうね。

  • The question is, why?

    問題は、なぜか?

  • Why do we still have body hair and what purpose does it serve?

    なぜ今でも体毛があるのか、どんな目的があるのか。

  • And why are people so determined to get rid of it?

    そして、なぜ人々はそれを排除しようとするのでしょうか?

  • We're obviously not the only mammals to have hair all over our body, as anyone who's

    哺乳類で体中に毛が生えているのは明らかに私たちだけではありません。

  • whiled away hours petting a cat can tell you.

    猫を撫でていると何時間も泣いてしまいます。

  • And when we get closer to our relatives - primates - we see the same thing.

    そして、私たちの親戚である霊長類に近づくと、同じことが見えてきます。

  • Most have fur covering their entire body, although the length, color, and thickness

    長さ、色、厚さは様々ですが、ほとんどが全身を覆う毛皮を持っています。

  • of the hair varies.

    髪の毛は様々です。

  • But their hair is more uniform and covers them mostly evenly, which is not the case

    しかし、彼らの髪の毛はより均一で、ほとんど均一にカバーしていますが、それはそうではありません。

  • for human hair.

    人の髪の毛のために

  • So what sets human hair apart?

    では、人の髪の毛は何が違うのでしょうか?

  • Human hair is divided into two distinct types, and we're the only species to have this

    人間の髪の毛は2種類に分かれています。

  • unique hair pattern.

    個性的な髪型。

  • The hair you know and love is called Terminal hair, and it grows on the scalp, eyebrows,

    あなたが知っていて大好きな髪の毛は「ターミナルヘア」と呼ばれるもので、頭皮や眉毛に生えています。

  • and eyelashes - along with on the feet and chest and other areas.

    とまつげ - 足と胸と他の領域に沿って。

  • This hair is thick, unusually long for hair, and grows on the scalp continuously.

    髪の毛にしては珍しく太く長い髪の毛で、頭皮に絶え間なく生えています。

  • Other large apes have terminal hair as well, but small apes and monkeys do not - hence

    他の大型類人猿にも末端の毛がありますが、小型類人猿やサルにはありません。

  • their thinner, sleeker fur coat.

    彼らの薄くてなめらかな毛皮のコート。

  • The other type of hair, you might not even be aware of.

    もう一つのタイプの髪の毛は、意外と知られていないかもしれません。

  • Vellus hair is the earliest form of body hair.

    ベラス毛は体毛の中でも最も初期の形態です。

  • It's extremely thin, light-colored, and wispy - growing all over the body except a

    極端に薄く、淡い色をしていて、くねくねとしていて--体中に生えているのは

  • few areas of skin like the lips, palms, soles, and some areas of the genitals.

    唇、手のひら、足の裏、性器のいくつかの部分のような皮膚のいくつかの領域。

  • It has a purpose - helping to insulate the body during the winter and keep it cool in

    それには目的があります - 冬の間に体を断熱し、涼しさを保つのに役立ちます。

  • the summer by wicking away sweat.

    汗を拭き取って夏を乗り切る。

  • It's almost invisible unless you're looking for it, so it's very rare for people to

    探さないとほとんど見えないので、人には珍しい

  • shave it - especially as it's most common during childhood.

    それを剃る - 特にそれは子供の頃に最も一般的であるように。

  • So what changes in this light, invisible hair?

    では、この光、見えない髪の毛で何が変わるのか?

  • In a word, puberty.

    一言で言えば思春期。

  • This hormone change causes the immature vellus hair to be replaced with terminal hair, making

    このホルモンの変化により、未熟なベラス毛が末端の毛に置き換わります。

  • the previously invisible body hair suddenly very visible.

    以前は見えなかった体毛が急に非常に見えるようになりました。

  • While women will develop some additional body hair, usually in the legs and armpit areas,

    女性はいくつかの追加の体毛を開発する一方で、通常は脚と脇の下の領域で。

  • it's men who get the brunt of this transformation.

    この変貌の恩恵を受けるのは男性です。

  • Most women's body hair will maintain the quality of vellus hair, but men can expect

    ほとんどの女性の体毛はベラスヘアーの品質を維持しますが、男性は

  • to develop thicker facial hair as well as hair all over their body.

    顔の毛が濃いだけでなく、体中の毛が生えてくるようになります。

  • This is called androgenic hair, and while it rarely grows to the same length as the

    これはアンドロゲン毛と呼ばれるもので、同じ長さに成長することはほとんどありませんが

  • terminal hair on the scalp due to a shorter active period and a longer dormant period,

    活動期間が短く休眠期間が長いことによる頭皮の末端の髪の毛。

  • it can still grow to several inches long.

    それはまだ数インチの長さに成長することができます。

  • Hence, why getting rid of body hair became a major industry.

    それゆえに、なぜ体毛を取り除くことが主要な産業になったのか。

  • The question is why we have this hair at all.

    問題は、なぜこの髪の毛が全くないのかということです。

  • The answer, as with most things, is a story of evolution.

    答えは、ほとんどのものと同様に、進化の物語です。

  • Our current status as the dominant species of Earth wasn't always the case, and in

    地球の支配的な種としての私たちの現在の地位は、必ずしもそうではありませんでした。

  • past times we had a lot more to fear from the world around us.

    過去の私たちは、周りの世界から恐れることがたくさんありました。

  • Our body hair served as a protective barrier, allowing our body to perceive movement and

    私たちの体毛は保護バリアの役割を果たし、体が動きを感知したり

  • vibration in our hair before something reached our skin.

    何かが肌に届く前の髪の毛の振動。

  • This is particularly useful when making our way through close quarters - say, near bushes

    これは、特に茂みの近くなど、近い場所を通るときに便利です。

  • with thorns on them.

    棘をつけて

  • When our hairs get brushed, we know to give the area a wider berth so our skin doesn't

    私たちの毛がブラッシングされるとき、私たちは私たちの皮膚がないように、私たちは、領域を広くバースを与えるために知っています。

  • get harmed.

    傷つく

  • This is similar to the function of whiskers on cats, as they use them to sense if they

    これは、猫のひげの機能に似ています。

  • can squeeze into a tight space.

    狭い場所にも対応できます。

  • If their whiskers clear the opening, they know they won't get stuck.

    ひげが開口部をクリアしていれば、ひっかからないことを知っている。

  • But what's the function of body hair on other areas of the body?

    でも他の部位の体毛の機能は?

  • One of the areas that becomes hairy during puberty is the underarms, and it's also

    思春期に毛深くなる部位の一つに脇の下がありますが、それも

  • one of the areas that people work the hardest to keep hair-free.

    人が最も努力している部分の一つである無毛を維持するために。

  • The location of this hair, which is usually among the longest on the body aside from the

    脇の体毛の中で通常は一番長い部類に入るこの毛の位置は

  • scalp, is a puzzle to scientists.

    頭皮は科学者にとってパズルのようなものです。

  • After all, the underarm is usually kept protected by being folded under the shoulder.

    結局のところ、脇の下は肩の下で折られることで守られているのが普通です。

  • It's a hidden area that won't usually come into common with too many exterior dangers.

    あまりにも多くのエクステリアの危険性がある中で、普通は出てこないような隠れたエリアです。

  • That is, at least any dangers that we can see.

    それは、少なくとも目に見えているあらゆる危険があるということです。

  • One theory about why we have armpit hair is that it's for protection from sweat.

    なぜワキ毛があるのかというと、汗から身を守るためという説があります。

  • The hair naturally wicks sweat away from the underarm and keeps it from becoming a breeding

    毛が脇の下の汗を自然に吸い取り、繁殖しないようにしてくれます。

  • ground for bacteria in the moist area.

    湿った場所の細菌のための地面。

  • This can prevent irritation and infection, especially among those who work out or do

    これは、特にワークアウトをしたり、行う人の間で、炎症や感染を防ぐことができます。

  • manual labor and are producing more sweat than usual.

    手作業で、いつも以上に汗をかいています。

  • This is contrasted to the common fungal infections that happen around the feet like Athlete's

    これは、水虫のような足の周りに起こる一般的な真菌感染症とは対照的です。

  • Foot.

    足だ

  • There's usually no hair between the toes and they're usually covered in socks and

    足の指の間には毛がなく、普段は靴下を履いていたり

  • shoes with no way for moisture to escape, so the moisture, bacteria, and fungal spores

    湿気の逃げ場のない靴なので、湿気、細菌、真菌の胞子

  • get trapped.

    追い詰められる

  • But microscopic infections aren't the only danger to the skin.

    しかし、肌にとって危険なのはミクロの感染だけではありません。

  • In the past, when most people were hunter-gatherers, they spent a lot of time in contact with nature.

    昔、ほとんどの人が狩猟採集をしていた頃は、自然と触れ合う時間が多かった。

  • That led to a lot of dangers - like being mauled by a stray tiger - but many of the

    そのため、野良トラに襲われるなど多くの危険を伴いましたが、その多くが

  • threats were smaller.

    脅威は小さくなっていました。

  • Parasitic insects like ticks and mosquitos could cause infections and carry diseases,

    ダニや蚊などの寄生虫は、感染症を引き起こしたり、病気を運んだりする可能性があります。

  • which could be fatal without modern medicine.

    現代医学がないと致命的なことになりかねません。

  • Even today, malaria is one of the deadliest contagious diseases in the world.

    現在でも、マラリアは世界で最も致命的な伝染病の一つです。

  • A thick coating of body hair could make it harder for insects to penetrate to the skin,

    体毛が厚くコーティングされていると、虫が肌に侵入しにくくなる可能性があります。

  • and make it easier for humans to detect them early and get rid of them before they cause

    そして、人間がそれらを早期に発見し、それらが原因となる前にそれらを取り除くことを容易にします。

  • damage.

    ダメージを受けます。

  • The trade-off is that some parasites flourish in hair, like lice - as any parent who has

    トレードオフは、いくつかの寄生虫がシラミのように髪の毛に繁茂するということです。

  • gotten a note about a head lice outbreak knows.

    シラミの発生を知っているとの連絡がありました。

  • With all the things out there, the question might be - why don't we have more body hair?

    そこにあるすべてのもので、疑問があるかもしれません - なぜ私たちはもっと体毛を持っていないのですか?

  • While some humans are naturally hairy, even the hairiest person isn't going to have

    人間には生まれつき毛深い人もいますが、毛深い人でも

  • the thick coat of fur that we'll see on a gorilla.

    ゴリラに見られるような厚い毛並み。

  • That is, except those suffering from Hirsutism, a condition caused by an endocrine imbalance

    つまり、内分泌バランスの乱れが原因で起こるヒルスティズムに悩まされている方を除いては

  • that causes excessive hair growth.

    過剰な発毛の原因となる

  • This can cause a male pattern of hair growth on women, including significant facial hair.

    これは、女性に男性型の毛が生えてくるパターンを引き起こす可能性があり、その中には著しい顔の毛も含まれています。

  • In more extreme cases, it can create a full-body hair growth more akin to those seen in other

    より極端なケースでは、他の人に見られるような全身の増毛を作ることができます。

  • mammals.

    哺乳類です。

  • Those with extreme cases of Hirsutism in the past often found themselves isolated or working

    過去に極度の蛭子症を患っていた人は、しばしば孤立していたり、仕事をしていたりしていました。

  • in circus freakshows with such insulting names asBearded LadyorWolf Boy”.

    サーカスの見世物小屋では、「ヒゲ女」や「狼少年」などの侮辱的な名前で呼ばれています。

  • But the average person is far less hairy than our mammalian cousins.

    しかし、平均的な人間は、私たちの哺乳類のいとこよりもはるかに毛深くない。

  • So when in evolution did this change?

    では、進化の中でいつ変化したのでしょうか?

  • Scientists believe the shift from a traditional full-body fur coat came at least two million

    科学者たちは、伝統的な全身毛皮のコートからの移行は、少なくとも200万年前に来たと考えています。

  • years ago, but possibly over three million.

    何年も前のことだが、恐らく300万以上はあるだろう。

  • One of the clues they look at is when two species of lice diverged.

    彼らが見ている手がかりの一つは、2つのシラミの種が発散した時です。

  • Pubic lice, which were more common preying on animals with full fur coats, and head lice,

    毛皮が充実している動物を捕食することが多かった陰部シラミと、頭のシラミ。

  • which are more specifically geared towards targeting the thick coat of hair we have on

    これは、より具体的に我々が持っている髪の毛の厚いコートをターゲットにすることに向けてギアを設定しています。

  • our heads.

    私たちの頭を

  • They also believe that this shift happened when humans became more evolved at protecting

    また、この変化は、人間がより進化して保護するようになったときに起こったとも考えられています。

  • ourselves from the elements.

    要素から自分自身を

  • One of the biggest advantages of a fur coat is the warming effect in the winter.

    ファーコートの最大のメリットは、冬場の保温効果です。

  • But at a certain point, we evolved so that protection from the cold was less important

    しかし、ある時点では、寒さから身を守ることが重要ではなくなるように進化しました。

  • than a more manageable amount of body hair and fewer hair parasites.

    体毛の量が管理しやすく、髪の毛の寄生虫が少ないよりも

  • So are all humans equally hairy?

    では、人間はみんな平等に毛深いのでしょうか?

  • That would be a clear no.

    それは明らかにノーだろう。

  • Studies across populations indicate that some populations have much more body hair than

    集団間の研究によると、ある集団は体毛の数が

  • others.

    他の人たちのことを考えてみましょう。

  • Indo-Europeans, Spaniards, and Semites are the most hairy, while Native Americans, East

    インド系ヨーロッパ人、スペイン人、セム人が最も毛深いのに対し、ネイティブアメリカン、東

  • Asians, and Australian Aborigines have almost no body hair.

    アジア人やオーストラリアのアボリジニーは体毛がほとんどありません。

  • While the reason for this isn't clear, most scientists believe that it's a quirk related

    その理由は明らかではありませんが、ほとんどの科学者は、それが関連する気まぐれだと考えています。

  • to the evolution of hair follicles to be sensitive to enzymes generated during puberty.

    思春期に発生する酵素に敏感な毛包の進化に

  • So is body hair just a quirk of evolution, or does it still serve a purpose today?

    では、体毛は単なる進化の気まぐれなのか、それとも現在も目的を果たしているのか。

  • Before modern man, wearing clothing was rare.

    現代人以前は、服を着ることは珍しかった。

  • Early man was either naked, or wearing only a thin piece of protective cloth like a loincloth

    初期の人は裸か、ふんどしのような薄い布を着ていました。

  • to guard sensitive areas.

    敏感な領域を保護するために。

  • Now, we're usually clothed over the majority of our body for the entire day - except for

    今、私たちは通常、一日の間、体の大部分に服を着ています - を除いて。

  • nudists.

    ヌーディスト。

  • So the need for body hair as protection isn't there anymore, since we add our own.

    自分の体毛を追加するので、保護としての体毛の必要性がなくなったということですね。

  • But body hair still serves its other purpose - moisture reduction.

    しかし、体毛はまだ別の目的、すなわち水分の減少を果たしています。

  • Wearing clothes can trap the moisture on the skin, especially if you're wearing tight

    服を着ていると、特にタイトな服を着ている場合は、肌の上に水分を閉じ込めることができます。

  • clothes during an intense workday or at the gym.

    激務の日やジムでの服装

  • That could result in irritation or infection - but body hair can reduce that risk by wicking

    その結果、炎症や感染症を引き起こす可能性がありますが、体毛はそのリスクを軽減することができます。

  • the moisture away and keeping it from concentrating on the skin.

    潤いを遠ざけ、肌に集中しないようにするために

  • That's why most doctors will recommend boxers over briefs, to let the skin breathe and the

    だからこそ、ほとんどの医師がブリーフよりもボクサーを勧めてくるのです。

  • hair do its work.

    髪はその仕事をする。

  • So if hair has an evolutionary purpose, why do many people eventually lose it?

    では、髪の毛に進化の目的があるとすれば、なぜ多くの人が最終的に髪の毛を失うのでしょうか?

  • You may remember it from watching your dad comb his hair and pull away a few more hairs

    お父さんの髪の毛を梳いて、さらに数本の髪の毛を引き抜くのを見て覚えているかもしれません。

  • every day, but many men eventually lose the hair on their heads.

    毎日ですが、最終的には頭の毛がなくなる男性も少なくありません。

  • This is called balding, and is usually a sign of aging caused by a combination of genetics

    これはハゲと呼ばれ、通常は遺伝の組み合わせによって引き起こされる老化の兆候です。

  • and natural male hormones.

    と天然の男性ホルモンを配合しています。

  • It can happen to women as well, although it's usually less severe, and can be triggered

    女性にも起こることがありますが、通常は重度ではありませんが、引き金になることもあります。

  • by physical or mental stress.

    肉体的または精神的ストレスによって

  • Some level of hair loss is common in women following pregnancy.

    ある程度の抜け毛は、妊娠後の女性によく見られるものです。

  • While it can sometimes taper off, male-pattern baldness is usually progressive - and permanent,

    それは時々それが先細りになることができますが、男性型脱毛症は通常、進行性のものであり、永久的です。

  • leaving millions of men to go hat-shopping.

    何百万人もの男性が 帽子を買いに行くのを放置している

  • Another kind of hair loss, though, is more severe.

    もう一つの種類の抜け毛は、もっと深刻ですが。

  • Alopecia areata is an autoimmune disorder that can cause sudden hair loss.

    円形脱毛症は、突発的に抜け毛が増える自己免疫疾患です。

  • This can happen in one spot when the hair follicles go dormant, but it can also spread

    毛根が休眠状態になると一箇所に発生することもありますが、広がってしまうこともあります。

  • over the entire scalp resulting in complete baldness - or even over the entire body, resulting

    頭皮全体がハゲる

  • in the loss of every single hair down to the smallest vellus hair.

    髪の毛の一本一本を失うことで、最小のベラスの髪の毛まで

  • What causes this sudden effect isn't clear, but it's speculated that the body's immune

    何がこの突然の効果を引き起こすのかは明らかではありませんが、それは体の免疫が

  • system perceives hair as a foreign object and ejects it from the hair follicle.

    システムは髪の毛を異物として認識し、毛包から排出します。

  • This condition is usually permanent but some efforts to slow its process or reverse the

    この状態は通常は永続的ですが、そのプロセスを遅らせたり、逆にしたりするためのいくつかの努力が必要です。

  • effects with immunotherapy and steroids have shown some success.

    免疫療法やステロイドによる効果は、いくつかの成功例を示しています。

  • Awareness of alopecia has become more widespread thanks to public statements by famous people

    有名人の公言により、脱毛症の認知度が高まりました。

  • including Congresswoman Ayanna Pressley and athlete Kevin Bull.

    下院議員のアヤナ・プレスリーとアスリートのケビン・ブルを含む

  • So it seems like we're all just stuck with whatever amount of hair our genetics want

    だから、私たちは遺伝学が望む髪の毛の量だけで立ち往生しているように思えます。

  • us to have, right?

    だろう?

  • This is mostly true, but hair removal and prevention has become a massive industry.

    これはほとんどがそうなのですが、脱毛と予防は一大産業になっています。

  • Temporary removal methods like waxing, shaving, and plucking are common, but the hair will

    ワックス脱毛、シェービング、むしり取りなどの一時的な脱毛方法が一般的ですが、毛は

  • usually grow back quickly.

    普通はすぐに生えてくるものです。

  • That's why people who want to remove unwanted hair permanently, especially stray ones on

    だからこそ、永久的にムダ毛を除去したいと思っている人、特に野良では

  • the face or other visible areas, are turning to high-tech methods.

    顔や他の目に見える部分は、ハイテクな方法に回っています。

  • While depilation, or removing the hair above the skin, is only a temporary measure, epilation

    脱毛(皮膚の上の毛を取り除くこと)は一時的な措置に過ぎませんが、脱毛は

  • can have more permanent results.

    は、より永続的な結果を得ることができます。

  • This is the removal of the entire hair including the part below the skin, and the most popular

    これは、皮下の部分を含めた全体の毛を脱毛するもので、最もポピュラーなのは

  • measure is electrology.

    尺度は電気学である。

  • This uses a thin probe in the hair follicle to destroy the germ cells needed for hair

    これは、毛包の細いプローブを使用して、髪の毛に必要な生殖細胞を破壊します。

  • growth.

    成長しています。

  • But are there ways to reduce hair growth permanently beyond targeting specific hairs?

    しかし、特定の毛をターゲットにする以外に、永久的に発毛を抑える方法はあるのでしょうか?

  • Laser hair removal uses an intense beam of light to target hair and destroy the hair

    レーザー脱毛は、毛をターゲットにして毛を破壊するために強烈な光のビームを使用しています。

  • follicle.

    卵胞。

  • While at first it'll grow back, several sessions can permanently destroy the follicle.

    最初はそれが戻って成長しますが、いくつかのセッションでは、永久に卵胞を破壊することができます。

  • The length it'll take to do this will vary based on how thick and dark the hair is, and

    髪の毛の太さや黒さによってかかる長さが変わってきますし

  • there's enough interest in the method that many hair care manufacturers have created

    多くのヘアケアメーカーが作成した方法に十分な関心があります。

  • at-home kits for laser hair removal.

    レーザー脱毛のための家庭用キット。

  • The problem is, the type of lasers that are safe to use at home are weaker than the ones

    問題は、自宅で使っても大丈夫なタイプのレーザーの方が弱いということです。

  • used by professionals, so results using at-home kits will vary.

    プロが使用しているため、アットホームなキットを使用した結果が変わってきます。

  • While nothing will happen from removing a few pesky hairs, it seems like evolution knows

    いくつかの厄介な毛を除去することから何も起こらないでしょうが、それは進化が知っているように思える

  • what it's doing.

    何をしているのか

  • We haven't lost our body hair because it still has a purpose - helping us regulate

    私たちが体毛を失っていないのは、体毛がまだ目的を持っているからです。

  • moisture and temperature and protecting our skin, even if it's not always ideal for

    水分と温度と私たちの肌を保護することは、必ずしも理想的なものではないとしても

  • beach season.

    ビーチシーズン。

  • For more on the genetic quirks of hair, check outWhy Do We Have Different Skin, Hair,

    髪の毛の遺伝的なクセについては、「Why Do We Have Different Skin, Hair」をチェックしてみてください。

  • and Eye Color?”, or check outThings That Happen to your Body When You're Asleep

    と目の色は?"とか、"寝ているときに体に起こること "をチェックしてみてください。

  • for more on the complex way your body operates.

    あなたの体の複雑な働き方については、こちらをご覧ください。

Ah, hair.

あ、髪の毛。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 髪の毛 脱毛 進化 生え 頭皮 男性

なぜ私たちは実は脇毛が生えているのか (Why Do We Actually Have Armpit Hair)

  • 2 0
    Summer に公開 2021 年 02 月 12 日
動画の中の単語