Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Here are the ten most impactful, most life-changing books I read in 2020, going from the least

    ここでは、私が2020年に読んだ本の中で最もインパクトがあり、人生を変える10冊を、最も少ないものから順にご紹介します。

  • impactful to the most.

    に影響を与える。

  • Books which, if you read them, I think will have a similar effect on you.

    読んでみたら、同じような効果がありそうな本。

  • I determined the impact of a book based on how much I thought about it on a daily basis.

    日頃からどれだけ考えたかで、本のインパクトを判断しました。

  • Naturally, the more I thought about a book, the more life-changing I perceived it to be.

    当然ながら、本のことを考えれば考えるほど、それを人生を変えるものだと認識していました。

  • And I'm gonna cheat a little bit by occasionally placing a series of books as a single entry

    そして、たまに単行本のシリーズを単行本として載せることで、少しごまかすことにしています。

  • on my list, and that's because I think it's important to read the entire series as a whole

    リストにありますが、それはシリーズ全体を読むことが重要だと思っているからです。

  • to get the full impact.

    を使用して、完全なインパクトを得ることができます。

  • So without further ado, let's get into it.

    というわけで、これ以上は割愛しますが、本題に入りましょう。

  • The tenth most impactful book I read in 2020 was The Essential Writings of Ralph Waldo

    2020年に読んだ本の中で最もインパクトのあった10冊目は、『ラルフ・ワルドの本質的な著作』でした。

  • Emerson.

    エマーソン

  • Emerson was an influential American essayist, poet, philosopher, and lecturer, widely considered

    エマーソンは、影響力のあるアメリカのエッセイスト、詩人、哲学者、講師であり、広く考えられています。

  • the centre of the Transcendentalist movement, a movement that, to characterize it loosely,

    超越論者運動の中心であり、その運動をゆるく特徴づけるために、その運動は、その運動の中心である。

  • believed in the power of the individual.

    個人の力を信じていました。

  • The Essential Writings are a collection of essay and poems that I would broadly classify

    エッセイや詩を大まかに分類すると、『エッセンシャル・ライティングズ』は

  • as philosophical.

    哲学的なものとして。

  • My favourite essays are Self-Reliance, Nature, and The Poet,

    好きなエッセイは「自立」「自然」「詩人」です。

  • which are, at the very least, about being great, learning to trust your own intuitions

    偉人になること、自分の直感を信じることを学ぶこと

  • and thoughts, the divinity of Nature and its relationship to the soul, and the role of

    と思考、自然の神性と魂との関係、そして

  • the artist in society.

    社会の中のアーティスト。

  • But don't be scared off by the big themes, Emerson's essays are incredibly beautiful,

    しかし、大きなテーマにビビることなく、エマーソンのエッセイは信じられないほど美しい。

  • rewarding, and moving.

    やりがいがあり、感動する。

  • Just take a look at this quote: “A foolish consistency is the hobgoblin of little minds,

    この名言を見てください。"愚かな一貫性は、小さな心のホブゴブリンである。

  • adored by little statesmen and philosophers and divines.

    小さな政治家や哲学者、神々に慕われています。

  • With consistency a great soul has simply nothing to do.

    一貫性があれば、偉大な魂は何もすることがない。

  • He may as well concern himself with his shadow on the wall.

    彼は壁の影を気にしているのかもしれません。

  • Speak what you think now in hard words and tomorrow speak what tomorrow thinks in hard

    今思っていることを硬い言葉で話し、明日は明日が思っていることを硬い言葉で話す。

  • words again, though it contradict every thing you said today.—'Ah, so you shall be misunderstood.'—Is

    "今日言ったことと矛盾してるけど" "ああ 誤解される

  • it so bad then to be misunderstood?

    誤解されても仕方がないのか?

  • Pythagoras was misunderstood, and Socrates, and Jesus, and Luther, and Copernicus, and

    ピタゴラスは誤解されていたし、ソクラテスもイエスもルーサーもコペルニクスも

  • Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh.

    ガリレオ、ニュートン、そして純粋で賢明な精神が、これまでに肉体を手に入れた。

  • To be great is to be misunderstood.”

    "偉大になることは誤解されることである"

  • I'd recommend this book to anyone who has a taste for philosophy, theology, or the wisdom

    哲学や神学、智恵が好きな人におすすめしたい一冊です。

  • of the classics, and I'd recommend starting with the essay Self-Reliance.

    の古典を読んで、まずはエッセイ「自立」から始めることをお勧めします。

  • Here's a key takeaway from that essay.

    その小論文のポイントはここにあります。

  • Quote: “Familiar as the voice of the mind is to each, the highest merit we ascribe to

    引用します。"心の声として親しまれているように、私たちは、それぞれに定める最高のメリットは

  • Moses, Plato and Milton is that they set at naught books and traditions, and spoke not

    モーゼ、プラトンとミルトンは、彼らがない本や伝統で設定し、話をしていないということです。

  • what men, but what they thought.”

    "人が何を考えているかではなく、彼らが何を考えているかである。"

  • Translation: When we look at figures we admire, like Plato, what we admire about them is that

    翻訳してみた。プラトンのように、私たちが尊敬する人物を見るとき、私たちが尊敬するのは

  • they put forth their own original ideas and thoughts.

    彼らは自分たちのオリジナルのアイデアや考えを発表しています。

  • We admire their ability to be brave, innovate, and speak their mindsinstead of following

    私たちは、彼らの勇気ある行動力、革新的な行動力、そして自分の心を語る能力を賞賛します。

  • the herd mentality.

    群れのメンタリティ

  • And this is the key theme Emerson develops in Self-Reliance.

    そして、これはエマーソンが『自立』の中で展開する重要なテーマである。

  • The ninth most impactful book I read, or rather reread, in 2020 was The Hero With A Thousand

    2020年に読んだ、というか読み直した本の中で、9番目にインパクトがあったのは、『千人のヒーロー』でした。

  • Faces by Joseph Campbell.

    ジョセフ・キャンベルの「顔」。

  • Campbell was a mythologist, writer, and lecturer.

    キャンベルは神話学者であり、作家であり、講演家でもありました。

  • And throughout his life, he studied hundreds, maybe thousands, of stories and myths, and

    彼は生涯を通じて何百、何千もの物語や神話を研究した

  • he realized that heroic stories all follow a similar pattern which is known as the Monomyth

    彼は英雄的な物語はすべてMonomythとして知られている似たようなパターンに従っていることに気づいた

  • or The Hero's Journey.

    または「英雄の旅」。

  • The basic version of the Monomyth looks like this: a hero travels from the known world

    Monomythの基本的なバージョンは次のようになります:英雄は既知の世界から旅をする

  • of comfort into the uncomfortable, unknown world.

    居心地の悪い未知の世界への快適さの

  • In the unknown world they overcome an obstacle, a dragon for example, and acquire a treasure,

    未知の世界では、ドラゴンなどの障害物を乗り越え、宝を手に入れる。

  • like the holy grail, which they bring back to the known world and share with their tribe.

    聖杯のようなもので、彼らは既知の世界に持ち帰り、部族と共有しています。

  • And people typically find the hero's journey compelling because it mirrors our own lives.

    そして、人々は一般的に主人公の旅に説得力を感じるのは、それが私たち自身の人生を映し出すからです。

  • We enter the unknown when we go to a new school, a new job, or meet a new person for a date.

    私たちは、新しい学校に行ったり、新しい仕事に就いたり、新しい人とデートで会ったりするときに、未知の世界に入ります。

  • And we confront dragons in the form of our work, our bosses, the problems in our relationships,

    そして、仕事や上司、人間関係の問題などの形でドラゴンと対峙します。

  • so on and so forth.

    といった具合に

  • And we obtain treasures too in the form of degrees, money, job promotions, new relationships,

    そして、私たちは、学位、お金、仕事の昇進、新しい関係などの形でも宝物を手に入れるのです。

  • and so on.

    といったようなことを言っています。

  • Here's one of my favourite quotes from the book that's really worth thinking about:

    私の好きな名言の中で、本当に考えさせられる名言がここにあります。

  • Mythology, in other words, is psychology misread as biography, hi story, and cosmology.”

    "神話とは、言い換えれば心理学であり、伝記やハイストーリー、宇宙論と読み違えている。"

  • I'd recommend this book to anyone who has a taste for psychology, mythology, someone

    心理学、神話、誰かの趣味がある人にオススメしたい一冊です。

  • who's interested in thinkers like Nietzsche, Freud or Jung, anyone interested in story

    ニーチェ、フロイト、ユングなどの思想家に興味がある人、物語に興味がある人

  • structure, or someone who's interested in learning more about The Hero's Journey.

    の構造、または『英雄の旅』についてもっと知りたい人。

  • Here's one of my key takeaways from this piece: every treasure in life comes with a

    この作品の中で、私が大切にしていることの一つがあります。

  • dragon, and you have to be willing to face that dragon to get it.

    ドラゴンを手に入れるためには、そのドラゴンと向き合う覚悟が必要です。

  • The eight most impactful book I read in 2020 was The Origins and History of Consciousness

    2020年に読んだ本の中で最もインパクトがあった8冊は『意識の起源と歴史

  • by Erich Neumann.

    エーリヒ・ノイマン

  • Erich Neumann was a psychologist, philosopher, writer, and student of Carl Jung.

    エーリッヒ・ノイマンは、心理学者、哲学者、作家、カール・ユングの弟子である。

  • In The Origins and History of Consciousness, he tries to show the stages that the individual

    意識の起源と歴史』では、個人の意識がどのような段階にあるのかを示そうとしています。

  • consciousness goes through as it matures using mythological language.

    意識は神話的な言葉を使って成熟していく中で通過していきます。

  • He covers many archetypal ideas such as the mother and father archetype, the hero archetype,

    彼は、母と父のアーキタイプ、英雄のアーキタイプのような多くのアーキタイプのアイデアをカバーしています。

  • and the transformation myth.

    と変身神話。

  • Here's one of my favourite quotes from the book: “The more unconscious the whole of

    この本の中で私のお気に入りの名言を紹介します。"無意識のうちに、より多くの

  • a man's personality is and the more germinal his ego, the more his experience of the whole

    人は人であり、自我が生殖的であればあるほど、その人の経験値は大きくなる

  • will be projected upon the group

    グループに投影されます。

  • I'd recommend this book to anyone who was also interested in The Hero With A Thousand

    千人の英雄』にも興味があった人には、この本をお勧めします。

  • Faces.

    顔だ

  • The seventh most impactful book I read in 2020 was Fear and Trembling by Soren Kierkegaard.

    2020年に読んだ本の中で、最もインパクトのあった7冊目は、ソーレン・キェルケゴールの『恐怖と震え』でした。

  • Kierkegaard was a well-known and respected philosopher, often referred to as the father

    キルケゴールは有名で尊敬される哲学者であり、しばしば父と呼ばれています。

  • of existentialism.

    実存主義の

  • In Fear and Trembling, Kierkegaard's central theme is faith.

    恐怖と震え』では、キエルケゴールの中心テーマは信仰である。

  • He talks about how reason can get you to a certain stage in life, but only faith can

    理性は人生のある段階に到達させることができるが、信仰だけが可能であることを語っている。

  • take you beyond that.

    その先に連れて行ってあげる

  • And he does through deconstructing and analyzing the biblical story of Abraham and Isaac.

    そして、彼はアブラハムとイサクの聖書の物語を分解して分析することで、それを実現しています。

  • Here's a quote I really like from the work: “Faith is the highest passion in a [person].

    この作品の中で、私がとても気に入っている名言があります。"信仰とは、[人]にとって最高の情熱である。

  • There are perhaps many in every generation who do not even reach it, but no one gets

    届かない人はどの世代にもいるだろうが、誰も得をしない。

  • further.”

    "さらに"

  • I'd recommend this book to anyone who has a taste for philosophy, theology, faith, and

    哲学、神学、信仰が好きな人におすすめしたい一冊です。

  • an atheist who's open to hearing a different perspective on faith than they might have

    無神論者

  • heard in the past.

    と昔聞いたことがあります。

  • Here's one of my key takeaways from this piece: Kierkegaard believes that faith is

    この作品から私が得た重要なポイントの一つをご紹介しましょう。キルケゴールは、信仰とは

  • something you actually have to earn through hard work, and that few people actually ever

    努力して稼がなければならないもの

  • arrive at it.

    辿り着く

  • This is contrary to the popular belief which confuses faith with naïveté.

    これは、信仰とナイーブさを混同する一般的な信念に反しています。

  • The sixth most impactful book I read this year is actually a series which I'm going

    今年読んだ本の中で最もインパクトがあった本の第6弾は、実は私が行くシリーズで

  • to call The Death of Socrates by Plato.

    プラトンの『ソクラテスの死』と呼ぶには

  • It's made up of four of his works: Euthyphro, Apology, Crito, and Phaedo.

    彼の4つの作品で構成されています。ユーティフロ」「謝罪」「クリト」「ファエド」。

  • Plato is obviously one of the most well known philosophers, an icon, and one of the most

    プラトンは明らかに最もよく知られた哲学者の一人であり、アイコンであり、最も

  • influential writers in all of history.

    すべての歴史の中で影響力のある作家。

  • In The Death of Socrates, we witness the events before the trial of socrates, the actual trial,

    ソクラテスの死』では、実際の裁判であるソクラテスの裁判前の出来事を目撃します。

  • his imprisonment, and then his death.

    彼は投獄され、そして死を迎えました。

  • How much of it is fiction vs factual I can't really say, that's for scholars to debate

    どこまでがフィクションでどこまでが事実なのかは、学者が議論するためのものなので何とも言えませんが......。

  • and decide.

    と決めてください。

  • But it's a fairly short and gripping set of reads on what I consider the foundational

    しかし、それは私が基礎と考えるものについて、かなり短く、心をつかむような読み物のセットです。

  • story of Western philosophy and science.

    西洋哲学と科学の物語。

  • It covers themes as diverse as good and evil, death, virtue, piety, justice, ignorance and

    善悪、死、美徳、信心、正義、無知、など多様なテーマを扱っています。

  • knowledge, wisdom, and reincarnation.

    知識・知恵・輪廻転生

  • Here's one of my favourite quotes from the series that's really worth thinking about:

    私の好きな名言の中で、本当に考えさせられる名言を一つご紹介します。

  • For the fear of death is indeed the pretence of wisdom, and not real wisdom, being a pretence

    "死を恐れるのは確かに知恵のふりをしているのであって、本当の知恵ではなく、ふりをしているからである。

  • of knowing the unknown; and no one knows whether death, which men in their fear apprehend to

    また,人が恐れている死が,その恐怖の中にあると認識しているかどうかは,誰にもわからない。

  • be the greatest evil, may not be the greatest good.”

    "最大の悪であっても 最大の善ではないかもしれない"

  • I'd recommend this series as the perfect starting point to anyone looking to dip their

    このシリーズは、誰でも簡単に始められるのでお勧めです。

  • feet into philosophy.

    哲学に足を踏み入れる。

  • You have a trial, a potential prison break, and the death which makes for a really fun

    あなたは、裁判、潜在的な脱獄、そして本当に楽しいのために作る死を持っています。

  • and edifying read.

    と啓発的な読み物。

  • And the fact that it's all possibly based on real history is the cherry on top.

    実際の歴史に基づいている可能性があるという事実は、その上にあるチェリーのようなものです。

  • I can see myself rereading this series several times throughout my life.

    私はこのシリーズを一生の間に何度も読み返している自分を見ることができます。

  • Here's one of my key takeaways from this piece: sometimes doing the right thing looks

    この作品から私が得た重要な教訓の一つがあります。

  • like the wrong thing to everyone else.

    みんなにとっては間違ったことのように

  • The fifth most impactful book I read in 2020 was A Portrait of the Artist As a Young Man

    2020年に読んだ本の中で5番目にインパクトがあったのは、『若き日の芸術家の肖像』でした。

  • by James Joyce.

    ジェームズ・ジョイス

  • Joyce was an Irish writer and teacher who is considered as one of the most influential

    ジョイスは、最も影響力のある作家の一人と考えられているアイルランドの作家であり、教師でもありました。

  • writers in the 20th Century.

    20世紀の作家たち。

  • Portrait is a fictional coming-of-age story about a young man becoming an artist.

    肖像』は、青年が芸術家になるという架空の青春物語。

  • Although it's fictional, there are lots of biographical elements in the story.

    フィクションではあるが、伝記的な要素が多い。

  • The main character, Stephen Dedalus, is somewhat modelled after James Joyce himself.

    主人公のスティーブン・デダルスは、ジェームズ・ジョイス自身をモデルにしている。

  • The book covers themes such as politics, religion, individualism and individuation, artistry,

    政治、宗教、個人主義と個性化、芸術性などのテーマを扱っています。

  • and beauty.

    と美しさを感じます。

  • Here's one of my favourite quotes from the book that's really worth thinking about:

    私の好きな名言の中で、本当に考えさせられる名言がここにあります。

  • “[The soul] has a slow and dark birth, more mysterious than the birth of the body.

    "魂の誕生はゆっくりとした暗いものであり、肉体の誕生よりも神秘的である。

  • When the soul of a man is born in this country there are nets flung at it to hold it back

    人の心はこの国に生まれては網をかけられて阻まれる

  • from flight.

    フライトから。

  • You talk to me of nationality, language, religion.

    国籍、言語、宗教の話をしてくる。

  • I shall try to fly by these nets.”

    "私はこの網で飛んでみようと思う"

  • I'd recommend this book to artists of every kind, anyone who's interested in the development

    あらゆるアーティスト、開発に興味のある人にオススメしたい一冊です

  • of an artist, anyone who see's life itself as an artistic pursuit, anyone interested

    芸術家の方、人生そのものを芸術の追求として捉えている方、興味のある方

  • in the classics, and finally, anyone interested in the philosophical idea of beauty.

    そして最後に、美の哲学的な考え方に興味のある方。

  • One of my key takeaways from this book is that the artist is the creator of new perspectives.

    私がこの本から得た重要なポイントの一つは、アーティストは新しい視点の創造者であるということです。

  • The artist must fly past the nets of society and discover a new way for humanity to see

    芸術家は社会の網を飛び越え、人類の新しい見方を発見しなければならない。

  • the world and progress forward.

    世界を前進させる。

  • The fourth most impactful book I read in 2020 was The Little Prince by Antoine de Saint-Exupery.

    2020年に読んだ本の中で4番目にインパクトがあったのは、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの『リトル・プリンス』です。

  • Antoine was a French writer and aviator, and his book The Little Prince is commonly listed

    アントワーヌはフランスの作家であり、飛行士でもあり、彼の著書「The Little Prince」は一般的には

  • as one of the bestselling books of all time, with most lists agreeing that it has sold

    を販売していることに同意するほとんどのリストで、すべての時間のベストセラーの一つとして

  • over 100 million copies worldwide.

    全世界で1億部を超える

  • The Little Prince is a charming, timeless little tale about a tiny prince who travels

    リトルプリンスは、旅をする小さな王子様についての魅力的で時代を超越した小さな物語です。

  • to several planets meeting various adults.

    いくつかの惑星で様々な大人と出会うために

  • The book is essentially about all the ways in which we lose the wisdom of childhood.

    この本は、基本的には幼少期の知恵を失うすべての方法について書かれています。

  • The Little Prince meets several adults who value different things such as power, fame,

    リトルプリンスは、権力や名声など、さまざまなものを大切にする大人たちと出会う。

  • wealth, so on and so forth.

    富など

  • And by looking at the world through the eyes of The Little Prince, we see how ridiculous

    そして、リトルプリンスの目を通して世界を見ることで、私たちは、どれほど馬鹿げたことか

  • it is to make these things our highest values, and how out of touch we can become with what

    これらのことを私たちの最高の価値観にすることであり、私たちがどれだけのこととは無縁になれるか

  • really matters as adults.

    大人として本当に大切なこと。

  • Here's one of my favourite quotes from the book that's really worth thinking about:

    私の好きな名言の中で、本当に考えさせられる名言がここにあります。

  • It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible

    "心があればこそ正しく見える、本質的なものは目に見えない。

  • to the eye.”

    "目に見えて"

  • I'd recommend this book to everyone.

    誰にでもおすすめしたい本です。

  • It's a really short and rewarding read.

    本当に短くて読み応えがあります。

  • One of my key takeaways from this book is that it's easy to lose sight of what matters

    私がこの本から得た重要な教訓の一つは、何が重要なのかを見失うことは簡単だということです。

  • in life, and there's a certain wisdom that we had as children that we need to recapture

    私たちが子供の頃に持っていたある種の知恵を取り戻す必要があります

  • or relearn as adults.

    または大人になって学び直す。

  • The third most impactful book I read in 2020 was Zero to One by Peter Thiel.

    2020年に読んだ本の中で3番目にインパクトがあったのは、ピーター・ティールの「ゼロ・トゥ・ワン」です。

  • Thiel is a German-American entrepreneur mostly known as the co-founder of PayPal.

    ティールは、主にPayPalの共同創設者として知られているドイツ系アメリカ人の起業家です。

  • Zero to One is a business book that, on the surface, might seem like other business books,

    ゼロ・トゥ・ワンは、表面的には他のビジネス書と同じように思えるかもしれません。

  • but I think Thiel actually touches on deeply important themes.

    しかし、ティールは実際に深く重要なテーマに触れていると思う。

  • The book revolves around the importance of innovation as opposed to imitation, and while

    この本は、模倣ではなくイノベーションの重要性を中心に展開しています。

  • Thiel focuses on business, I think it applies to life in general.

    ティールはビジネスに焦点を当てていますが、それは人生全般に当てはまると思います。

  • He states that most inventions in life are just imitations of other inventions.

    彼は、生活の中のほとんどの発明は、他の発明の模倣にすぎないと述べています。

  • But what really moves the world forward is innovation, creating something new.

    しかし、本当に世界を前進させるのはイノベーションであり、新しいものを生み出すことです。

  • Here's one of my favourite quotes from the book that's really worth thinking about:

    私の好きな名言の中で、本当に考えさせられる名言がここにあります。

  • In the real world outside economic theory, every business is successful exactly to the

    "経済理論以外の現実世界では、すべてのビジネスは正確には成功しています。

  • extent that it does something others cannot.”

    "他の人にはできないことをする程度"

  • I'd recommend this book to anyone interested in business and innovation.

    ビジネスやイノベーションに興味のある方には、ぜひお勧めしたい一冊です。

  • One of my key takeaways from this book is that, to become an innovator, you often have

    本書から得た重要なポイントの一つは、イノベーターになるためには、多くの場合、以下のようなことが必要だということです。

  • to go against popular beliefs.

    一般的な信念に反して

  • Innovation lies outside the boundaries of popular belief, and so you often have to become

    イノベーションは一般的な信念の枠を超えたところにあるので、しばしば

  • a contrarian, and naturally, because going against the group is so hard for humans, innovation

    集団に逆らうことは人間には難しいことなので、当然のことながら、イノベーションが起きます。

  • is a very difficult and painful process.

    というのは、非常に難しくて苦しいものです。

  • The second most impactful book I read in 2020 was another series called Incerto by Nassim

    2020年に読んだ本の中で2番目にインパクトがあったのは、ナッシムの「インチェルト」という別のシリーズでした。

  • Taleb.

    タレブ

  • It's currently made up of five books called Fooled by Randomness, The Black Swan, The

    現在は「Fooled by Randomness」「The Black Swan」「The Black Swan」という5冊の本で構成されています。

  • Bed of Procrustes, Antifragile, and Skin in the Game.

    プロクラストのベッド、アンチフラジャイル、ゲーム内のスキン。

  • Taleb is a Lebanese-American essayist, scholar, and former options trader.

    タレブはレバノン系アメリカ人のエッセイスト、学者、元オプショントレーダー。

  • Incerto is a collection of philosophical essays about making decisions in an uncertain world.

    Incertoは、不確実な世界での意思決定についての哲学的なエッセイ集です。

  • The central theme in Fooled by Randomness is the role luck plays in our lives.

    Fooled by Randomnessの中心的なテーマは、運が私たちの生活の中で果たす役割です。

  • The Black Swan is about the impact of highly improbable events such as new technologies

    ブラック・スワン』は、新技術のような非常にありえない出来事がもたらす影響を描いています。

  • or worldwide catastrophes.

    または世界的な大災害。

  • The Bed of Procrustes is a powerful collection of aphorisms and maxims that explores Taleb's

    プロクラステスのベッド』は、タレブの

  • philosophy.

    哲学。

  • Antifragile builds on the idea Nassim put forward in The Black Swan and teaches us how

    Antifragileは、ブラック・スワンの中でナッシムが提唱したアイデアをベースにしており、どのようにして私たちに教えてくれます。

  • to thrive in a world of highly improbable events.

    非常にありえない出来事の世界で繁栄するために。

  • And finally, Skin in the Game builds on Taleb's previous ideas and explores their ethical

    そして最後に、『Skin in the Game』では、Talebの以前のアイデアをベースに、その倫理的な問題を探ります。

  • implications.

    の意味合いがあります。

  • Here's one of my favourite quotes from the book that's really worth thinking about:

    私の好きな名言の中で、本当に考えさせられる名言がここにあります。

  • My idea of the modern Stoic sage is someone who transforms fear into prudence, pain into

    "現代のストイックな賢者の私の考えは 恐怖を慎重さに、痛みを慎重さに変える人だ

  • information, mistakes into initiation, and desire into undertaking.”

    "情報は失敗から始まり 欲望は事業へ"

  • Honestly, I recommend this series to everyone.

    正直、このシリーズは誰にでもお勧めです。

  • If you're going to read only one thing in the coming year, make it this series.

    今年一年に一冊だけ読むとしたら、このシリーズにしましょう。

  • My key takeaway from this series is that unpredictable black swan events affect our lives more than

    私がこのシリーズから学んだことは、予測できないブラックスワンの出来事が私たちの生活に影響を与えるということです。

  • the things we can predict, and the best way to leverage these events in your favour is

    私たちが予測できること、そしてこれらのイベントを有利に活用する最善の方法は

  • to become antifragile.

    を使用して、壊れにくくなるようにします。

  • And finally, the most impactful book I read in 2020 was The Brothers Karamazov by Fyodor

    そして最後に、2020年に読んだ本の中で最もインパクトがあったのは、フョードルの『カラマーゾフ兄弟』です。

  • Dostoevsky.

    ドストエフスキー

  • Dostoevsky is one of the greatest philosophers and novelists in the world, and his life is

    ドストエフスキーは、世界で最も偉大な哲学者、小説家の一人であり、彼の人生は

  • sometimes more fascinating than his books.

    時には彼の本よりも魅力的なこともあります。

  • He was once sentenced to be executed but freed at the last minute, he was imprisoned in Siberia

    一度は死刑を宣告されたが、土壇場で解放され、シベリアに投獄された。

  • and made to do hard labour, he became a gambling addict, and much more which we don't have

    重労働を強いられてギャンブル依存症になったりと、私たちが知らないことがたくさんあります。

  • the time to get into.

    のめり込む時期。

  • The Brothers Karamazov primarily follows three brothersDmitri, Ivan, and Alyoshathrough

    カラマーゾフ兄弟は、主に3人の兄弟ドミトリ、イワン、アリョーシャを通して、3人の兄弟を追っています。

  • a particularly eventful period of their lives.

    彼らの人生の中でも特にイベントの多い時期。

  • The book deals with themes such as death, good and evil, the good life, love, and much

    この本は、死、善と悪、良い人生、愛などのテーマを扱っています。

  • more.

    より多くの

  • Here's one of my favourite quotes from the book that's really worth thinking about:

    私の好きな名言の中で、本当に考えさせられる名言がここにあります。

  • Above all, don't lie to yourself.

    "何よりも、自分に嘘をつかないこと。

  • The man who lies to himself and listens to his own lie comes to a point that he cannot

    自分に嘘をつき、自分の嘘に耳を傾ける男は、自分ができないところまで来てしまう。

  • distinguish the truth within him, or around him, and so loses all respect for himself

    己を見失う

  • and for others.

    と他の人のために。

  • And having no respect he ceases to love.”

    "敬意を払わ