Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Two and a half minutes. It's June 29th, 1966 and for months  

    2分半。1966年6月29日のことですが、数ヶ月間

  • the prisoners have watched the guards. They have  noted details, memorized routines and made maps of  

    囚人は看守を見ていた彼らは詳細を記録し、手順を記憶し、地図を作成した。

  • the POW camp using pebbles. Now it's all down to  Dieter. Two and a half minutes is all the time he  

    小石を使って捕虜収容所をあとはディーターにかかっている2分半が彼の全ての時間だ

  • has before the guards return from retrieving  their evening meal from the kitchen hut

    衛兵が台所の小屋から夕飯を取りに行く前に持っています。

  • A prisoner acting as lookout flashes Dieter  the go signal. He yanks the pre-loosened logs  

    見張り役の囚人がディーターに合図を送る。彼はあらかじめ緩められていた丸太を引っ張って

  • up from the floor of his hut and squeezes  through a small opening. He crawls through  

    小屋の床から這い上がってきて 小さな開口部をすり抜けます這うようにして

  • the secret tunnel under the fence surrounding the  prisoner huts. He sneaks into a guard shack where  

    囚人小屋を囲むフェンスの下にある秘密のトンネルに潜入。彼は看守小屋に潜入します

  • he quickly snatchs up a couple of riflesBy now other prisoners are escaping. Dieter  

    彼はすぐにライフルを2、3丁をひったくりました 今頃になって他の囚人たちも逃げ出していますディーター

  • hands out the rifles and the prisoners scatter. Angry yells from the direction of the kitchen  

    がライフルを配り、囚人たちは散っていく。厨房の方向から怒鳴り声

  • hut. The guards have realized that an escape  is underway. They scramble towards Dieter.  

    小屋。衛兵は脱出が進行中であることに気付いた。彼らはディーターに向かってスクランブルする

  • One shoots, sending a bullet whizzing just over  Dieter's head. He fires back and drops the guard.  

    一人が撃ったが、弾丸はディーターの頭上を飛び交っていた。ディーターは反撃してガードを落とした。

  • But he's out numbered, the swarm of enraged guards  is closing in. No way can Dieter shoot them all

    しかし、彼は数が足りず、激怒した衛兵の大群が迫っている。ディーターが全員を撃つのは無理だ

  • As a young boy in Germany, Dieter Dengler  witnessed Allied bombings of his village  

    ドイツの少年だったディーター・デングラーは、連合軍の爆撃を目の当たりにした。

  • and decided that he was going to  be a fighter pilot when he grew up.  

    と、大人になったら戦闘機のパイロットになると決めていました。

  • After a long slough of immigrating to the  US, enduring a stint in the US Air Force,  

    長い間アメリカに移住した後、アメリカ空軍での勤務に耐えた。

  • college, and graduating from the US Navy aviation  cadet program, Dieter finally became a pilot. He  

    大学を卒業し、アメリカ海軍の航空士官候補生プログラムを卒業したディーターは、ついにパイロットになりました。彼は

  • then underwent further instruction, training as  an attack pilot to fly the Douglas AD Skyraider

    その後、ダグラスADスカイレイダーに乗るための攻撃パイロットとしての訓練、さらなる指導を受けました。

  • After training, Dieter was stationed aboard  the aircraft carrier the USS Ranger off  

    訓練後、ディーターは空母USSレンジャーの沖合に駐留していました。

  • the coast of Vietnam. It was here that he  joined an ill-fated secret operation that  

    ベトナムの海岸で彼はここで、不運な秘密作戦に参加した。

  • would result in him becoming a POW. On February 1, 1966 just after 9 am,  

    捕虜になることになってしまいます。1966年2月1日午前9時過ぎ

  • 4 Skyraiders take off from the USS Ranger. They  fly in formation at 10,000 feet on a classified  

    4人のスカイレイダーがUSSレンジャーから離陸。彼らは10,000フィートで編隊を組んで飛行します。

  • mission to bomb targets in North Vietnam. When Dieter reaches the target,  

    北ベトナムでの爆撃目標のためのミッション。ディーターが目標に到達すると

  • an anti-aircraft battery, he drops ordinance. The  air defence system fires back, blasting the right  

    対空砲台を破壊するために 勲章を落としています防空システムが反撃して右翼を爆破して

  • wing of his plane with a 75 mm shell. A second  shell hits his engine--it sputters and dies.  

    彼の飛行機の翼に75ミリの砲弾を撃ち込んだ。2発目の砲弾が彼のエンジンに命中した--噴き出して死んだ。

  • 'Mayday! Mayday!” Dieter shouts into his  radio as he begins to fall out of the sky

    メーデー!メーデー!"ディーターは空から落ち始めた彼のラジオに向かって叫ぶ。

  • He makes a split second decision not to parachuteworrying that he'll be an easy target for hostiles  

    パラシュートをしないという一瞬の決断をしている。

  • to shoot down. Thankfully Dieter is able to  guide his damaged plane towards a clearing  

    を撃墜する。ありがたいことにディーターは、クリアに向かって彼の損傷した飛行機を導くことができます。

  • in the jungle. As he plummets, he tosses flight  charts, authenticator codes, and other classified  

    ジャングルの中で彼が急落すると、彼は飛行チャート、認証コード、および他の分類された

  • materials out of the cockpit so they won't be  found. The plane hits a couple of trees and breaks  

    見つからないように コックピットから材料を取り出した飛行機は木のカップルを打つと壊れます

  • apart. Dieter tumbles about the cockpit as the  fuselage cartwheels several times. His helmet is  

    がバラバラになる。ディーターは胴体が何度か横転し、コックピットの周りを転げまわる。彼のヘルメットは

  • yanked from his head and a large piece of broken  glass from the windscreen slams into his skull

    彼の頭から引っ張られ、フロントガラスの割れた大きなガラスの破片が彼の頭蓋骨に激突した。

  • Dieter wakes up in his cockpit about 100 feet  (30.5 meters) from the rest of the wreckage.  

    ディーターは、残りの残骸から約100フィート(30.5メートル)のコックピットで目を覚ます。

  • His head's bleeding; he has a concussionhe's banged up and a huge purple bruise is  

    頭から血が出ていて 脳震盪を起こしていて 殴られていて 紫の大きなあざができています

  • blooming on his left knee. However, he still  has on his survival vest and waist pack

    左膝に咲いているしかし、彼はまだサバイバルベストとウエストパックを着ている。

  • Dieter starts to crawl. The crash madethunderous racket. He knows he has to get away  

    ディーターがクロールを始める。クラッシュは雷のような音を立てた。彼は、彼が逃げなければならないことを知っている

  • before anyone shows up. Eventually he gets to his  feet. He stumbles through the jungle until he's  

    誰かが現れる前にやがて彼は立ち上がる彼はジャングルの中をつまずきながらも

  • maybe half a mile (.8 km) from the crash site. Dieter then inspects his wounds. He bandages  

    墜落現場から半マイル(8キロ)ほど離れたところにあると思われます。ディーターは彼の傷を調べました包帯を巻いて

  • his knee and cleans his bleeding head as best he  can, removing a large shard of glass. He inspects  

    彼の膝の上で出血した頭をできる限りきれいにして、大きなガラスの破片を取り除きました。彼は検査する

  • his compass and considers heading west towards  Thailand which is a US ally. But then again,  

    羅針盤を見て、アメリカの同盟国であるタイに向かって西に向かうことを考えます。しかし、またしても

  • that's what the enemy would expect him to  do. Dieter decides to go north towards the  

    それは敵が期待することだに向かって北上することにした。

  • Meekong River which he estimates is some  30 miles (48 km) away. If he isn't rescued  

    ミーコン川(Meekong River)は、彼の推定では約30マイル(48キロ)離れています。もし彼が救助されなかったら

  • after a few days, he'll head towards Thailand. For the next several hours Dieter wanders through  

    数日後、彼はタイに向かいます。それからの数時間、ディーターは

  • the jungle, evading other humans. At night  he tries to bunk down in his sleeping bag,  

    他の人間から逃れてジャングルの中を歩く。夜になると寝袋に突っ込んで寝ようとする。

  • but hardly gets any rest as he is attacked  by countless mosquitoes and other insects.  

    しかし、無数の蚊などの虫に襲われ、ほとんど休むことができない。

  • The next day Dieter tries to signal planes  flying overhead, but they don't see him

    翌日、ディーターは頭上を飛ぶ飛行機に合図を送ろうとするが、彼らは彼を見ていない。

  • Dieter continues his march through the junglebut makes a huge error. He ignores the traditional  

    ディーターはジャングルの中を行進を続けるが、大きなミスを犯してしまう。彼は伝統的な

  • survival advice to avoid trails and watering holes  because that's where he'd be most likely to run  

    水場と小道を避けるためのサバイバル・アドバイス

  • into other humans. Exhausted from hacking through  the brush, Dieter walks on an established path

    他の人間の中へ。草むらをかき分けて疲れ果てたディーターは、確立された道を歩いている。

  • Unfortunately he runs right into some Pathet Lao  troopspro-communist Laotians. They immediately  

    不運にも、彼は親共産主義者のラオス人であるパテットラオスの軍隊に出くわした。彼らはすぐに

  • take him hostage. They tie Dieter's hands with  rope and search him, taking his watch, compass and  

    彼を人質に取る。彼らはディーターの手をロープで縛り、彼を捜索し、時計とコンパスと

  • going through his rucksack. He chatters at them in  German hoping to convince them that he's a German,  

    リュックサックの中に入っていた彼はドイツ語で彼らに話しかけています 自分がドイツ人だと納得させようとしています

  • not a US soldier, but they just seem confused. That night the guards drive big stakes into the  

    米兵ではありませんが 混乱しているように見えますその夜 警備員は大きな杭を打ち込んだ

  • ground and spread-eagle Dieter between themTied up, Dieter can't prevent leeches crawling  

    地面とスプレッドイーグルディーターは、それらの間に。 縛られたディーターは、ヒルが這うのを防ぐことができません。

  • up his legs. The next few days are a blur, Dieter  is marched through the jungle at a punishing pace  

    足を引き上げる。次の数日はぼんやりとしています ディーターはジャングルの中を 懲罰的なペースで行進させられています

  • and tied up every night. His guards feed him  poorly cooked sticky rice and he drinks unfiltered  

    と毎晩縛られています。彼の看守は彼に粗末に炊かれた粘り気のある米を食べさせ、彼は無濾過の飲み物を飲む。

  • river water. Eventually, Dieter's original  captors hand him off to a guerrilla group  

    川の水。最終的には、ディーターの元の捕虜は彼をゲリラグループに引き渡します。

  • and he ends up in a village whereprovince chief speaks fluent French

    そして彼は、州の長が流暢なフランス語を話す村に行き着く。

  • Dieter speaks some French and is glad to be able  to communicate. The chief spends hours talking to  

    ディーターはフランス語を少し話し、コミュニケーションがとれることを喜んでいます。署長は何時間もかけて

  • Dieter about places he's visited in EuropeHe makes sure that Dieter is treated well.  

    ディーターにヨーロッパで訪れた場所のことを話す。 彼はディーターに良い待遇を与えるようにしている。

  • For the first time in about a week, Dieter  gets a full meal, he's allowed to bathe and  

    約一週間ぶりにディーターは完全な食事を手に入れ、彼は入浴することを許されています。

  • his various injuries are treated. At night he's  allowed to sleep on a mat without being tied up

    彼の様々な怪我を治療しています。夜は縛られずにマットの上で寝ることを許されています。

  • But then the chief demands that Dieter  sign a document stating that the US  

    しかし、その時、チーフはディーターに、アメリカが

  • is deliberately bombing women and children  and although Dieter disagrees with the policy,  

    は意図的に女性や子供を爆撃しており、ディーターはその方針には同意していないが。

  • he is forced to fly on these missions by the  U.S. government. When Dieter refuses to sign,  

    彼はアメリカ政府からこれらの任務で飛行を強いられている。ディーターがサインを拒否した時

  • the chief turns him over to some guards. They beat Dieter until he blacks out. Dieter  

    署長は彼を何人かの看守に引き渡した彼らはディーターが気絶するまで殴り続けたディーター

  • is revived when the guards splash water  on him. They tie him to a water buffalo  

    看守が彼に水をかけたとき、彼は生き返った。彼らは彼を水牛に縛り付ける。

  • and whip it into a trot. Dieter is dragged  throughout the village much to the merriment  

    そしてトロットに鞭打ちますディーターは村中を引きずり回されています

  • of a crowd. His clothes and skin shred. Dieter's given a second chance to sign  

    群衆の中の彼の服と肌がズタズタになる。ディーターは二度目のサインのチャンスを与えられた

  • the document condemning the US's actions, but  still refuses. At dawn, the guerillas leave,  

    アメリカの行動を非難する文書を 受け取ったが、それでも拒否する。夜明けとともにゲリラは去っていく。

  • taking Dieter with them. Again Dieter spends  a long day marching through the jungle.  

    ディーターを連れてディーターは再びジャングルの中を行進する長い一日を過ごす。

  • At night Dieter manages to escape and  hides on a hilltop. But as the sun rises,  

    夜になるとディーターは脱出して丘の上に隠れることに成功します。しかし、日が昇るにつれ

  • Dieter becomes extremely thirsty. He cuts up  a succulent and tries drinking the liquid,  

    ディーターは極度に喉が渇く。彼は多肉植物を切り刻んで、その液体を飲もうとする。

  • but the plant is poisonous. Dieter's cheeks  go numb and his throat swells shut. Desperate,  

    しかし、その植物は毒を持っているディーターの頬はしびれ、喉は腫れて閉じてしまう。絶望的だ

  • Dieter stumbles down the cliff. He's drinking at  a watering hole when the Pathet Lao catch him

    ディーターは崖の下でつまずく。水飲み場で酒を飲んでいたところをパテ・ラオに捕まってしまう。

  • Angry that he escaped, the guerillas torture himThey twist his arms and hang him upside down from  

    彼が逃げ出したことに怒り、ゲリラは彼を拷問しました。 彼らは彼の腕をねじり、逆さに吊るした。

  • a tree. They beat him. They smear honey on  Dieter's face and position a nest of black  

    木の上で彼らは彼を叩きのめした。彼らはディーターの顔に蜂蜜を塗り、黒の巣を配置した。

  • stinging ants under him. Dieter drifts in and out  of consciousness. At night, Dieter is lowered into  

    刺すようなアリが彼の下に潜んでいたディーターは意識を失って漂っている。夜になると、ディーターは

  • a small cave full of water. He spends the night  numb, shivering in the cold. The guerillas hand  

    小さな洞窟の中に水が溜まっていて彼は寒さに震えながら 痺れを切らして夜を過ごしていますゲリラの手が

  • Dieter over to some North Vietnamese soldiers  who march him to a POW camp. It's Feb 14th,  

    ディーターは捕虜収容所に連れて行かれた北ベトナムの兵士たちのところへ。2月14日のことだ

  • it's only been 14 days since Dieter crashed. The primitive POW camp is run by a different  

    ディーターが墜落してからまだ14日しか経っていない原始的な捕虜収容所を運営しているのは

  • group of Pathet Lao. The guards imprison Dieter in  a tiny, rickety prisoner hut filled with spider's  

    パテトラオのグループ。看守はディーターを 蜘蛛の巣で埋め尽くされた 小さなガタガタの囚人小屋に投獄します

  • nests. The hut is dark and hot. Light gets in  through cracks and a few slats in the door. After  

    の巣。小屋は暗くて暑い光はひび割れやドアの隙間から入ってきますその後

  • the guards leave, prisoners in the hut next door  whisper to Dieter. There are six other prisoners:  

    看守が去ると、隣の小屋の囚人たちがディーターにささやく。他にも6人の囚人がいる。

  • pilot Duane Martin, aircrew Gene DeBruin, Chinese  radio operator To Yick Chiu, nicknamed 'YC' and  

    パイロットのドウェイン・マーティン、エアクルーのジーン・デブルイン、中国の無線オペレーターのトー・イック・チュウ、愛称「YC」と

  • three Thai cargo shippers, Prasit ThaneePrasit Promsuwan and Pisidhi Indradat

    タイの貨物船3社、プラシット・タニー、プラシット・プロムスワン、ピシディ・インドラダット。

  • Dieter is stunned to learn that 2 of the  prisoners had been imprisoned for over 2 years.  

    囚人のうち2人が2年以上も投獄されていたことを知り、ディーターは唖然とする。

  • Some of the POWS have tried to escape beforebut were recaptured and severely punished.  

    捕虜の中には、以前にも脱走を試みたが、奪還されて厳罰に処された者もいる。

  • Dieter tells them that he is going to escape as  soon as possible, but the others advise Dieter  

    ディーターは一刻も早く逃げることを告げるが、他の人たちはディーターに忠告する。

  • to wait for the monsoon season, which generally  starts in May. He will be harder to track in the  

    一般的には5月に始まるモンスーンシーズンを待ちます。で追跡するのは難しいでしょう

  • rain and fresh water will be easier to come by. Dieter soon settles into a grim routine. Days are  

    雨が降って真水が手に入りやすくなります。ディーターはすぐに厳しい日課に落ち着きます日々は

  • spent mainly in the fetid huts. Prisoners are  briefly let out to use the latrine and have a  

    主に汚い小屋で過ごします。囚人は便所を使うために 短い間だけ外に出してもらって

  • little fresh air. Periodically the guards take  a prisoner to the North Vietnamese soldiers for  

    新鮮な空気が少ない定期的に看守が北ベトナム兵に囚人を連れて行き

  • interrogation. Prasit Thanee who speaks LaotianVietnemese and English acts as translator

    尋問。ラオス語、ベトナム語、英語を話すプラシット・タニーが通訳をしています。

  • The guards use any pretext to viciously beat  the prisoners. They often play cruel mind  

    看守はどんな口実を使っても、悪意を持って囚人を殴る。彼らはしばしば残酷な心を演じる

  • games such as suddenly firing guns without  ammo at the prisoners to see them flinch.  

    囚人がたじろぐのを見るために、弾薬なしでいきなり銃を乱射するようなゲーム。

  • The POWs keep their spirits up by having  discussions at night regarding history, religion,  

    捕虜たちは、夜に歴史や宗教について議論することで、気力を保っている。

  • etc. Dieter makes a chess set out of bamboo and  rocks and teaches the other prisoners how to play

    などと書かれています。ディーターは竹と岩でチェスのセットを作り、他の囚人に遊び方を教える。

  • Each evening, the guards lock each prisoner into  wooden foot blocks so they can't escape while the  

    毎晩、看守が各囚人を木製の足のブロックにロックするので、彼らは脱出することはできません。

  • guards are asleep. The prisoners fashion makeshift  keys which they keep hidden in their underwear,  

    看守は眠っている。囚人はその場しのぎの鍵を作って下着の中に隠している。

  • knowing that the guards won't search  there. Every night, they secretly  

    警備員が捜索しないことを知っていて毎晩、こっそりと

  • unlock themselves and only get back into their  restraints at dawn before the guards wake up

    夜明け前に警備員が目覚める前に拘束を解いて、拘束を解いて戻ってくるだけです。

  • The prisoners' meals are small portions of  rice. Dieter secretly begins to dry out and  

    囚人の食事は小分けのご飯。ディーターは密かに干からび始め

  • hide rice to prepare for escape. Not longer after Dieter arrives,  

    脱出に備えて米を隠す。ディーターが到着してから間もなく

  • the prisoners are moved to a newly built  POW compound several miles from the old  

    囚人たちは、旧市街から数マイル離れた、新しく建設された捕虜収容所に移された。

  • one. The new compound is hidden deeper in the  jungle and is even harder to see from the air.  

    の1つ。新しい屋敷はジャングルの奥深くに隠されていて、空中からはさらに見えにくくなっています。

  • A fifteen-foot (4.6 meter) woven bamboo fence  encircles the camp. There's a single guarded  

    15フィート(4.6メートル)の竹で編んだフェンスがキャンプを囲んでいます。ガードされた

  • gate which opens to a dirt path. Outside  the fence at both ends of the compound are  

    土の道に開くゲート。敷地の両端のフェンスの外には

  • thirty-foot (9.1 meters) guard towers that  overlook the yard. Also outside the fence  

    庭を見下ろす30フィート(9.1メートル)のガードタワー。フェンスの外にも

  • are several guard huts and a kitchen hut as well  as camp latrine. A small stream trickles nearby

    キャンプ場には、いくつかの見張り小屋と炊事場の小屋、そしてキャンプ場のトイレがあります。近くには小さな小川が流れています。

  • In the stockade are two elevated log and bamboo  prisoner huts with thatched, leaf-covered roofs.  

    柵の中には、2つの丸太と竹でできた高台の囚人小屋があり、茅葺き屋根、葉っぱで覆われています。

  • Each is about eighteen feet long (5.5 meters) and  six feet wide (1.8 meters). The guards split the  

    それぞれ長さ約18フィート(5.5メートル)、幅約6フィート(1.8メートル)。衛兵は

  • prisoners into two groups. The three Americans  in one hut, and the three Thai prisoners and YC  

    囚人を2つのグループに分けた。1つの小屋にアメリカ人3人、タイ人囚人3人とYC

  • in the other. The arrangement actually helps  to lessen tension between the prisoners, as  

    を他方で使用することができます。この配置は、実際には囚人の間の緊張を和らげるのに役立ちます。

  • of late the Americans have been suspicious about  Prasit talking to the guards behind their backs

    最近、アメリカ人はプラシットが警備員と陰で話していることを疑っている。

  • The prisoners quickly slip back into their  normal, monotonous routine Each morning the  

    囚人はすぐに通常の単調なルーチンに戻って滑ります 毎朝

  • prisoners are woken up early and get a trip to  the latrine. Around 9 am they are given rice for  

    囚人は早起きして便所に行く。午前9時頃、彼らは米を与えられます。

  • a quick breakfast and afterwards return to their  huts. In the evening they again are given rice

    簡単な朝食を食べた後、小屋に戻ります。夕方には再び米が与えられます。

  • Months go by. The rains do not comeBy mid June a famine is growing;  

    月日が経つ。雨は降らない。 6月中旬には飢饉が発生しています。

  • the guerrillas are no longer able to get rice  from nearby villages. They start catching rats,  

    ゲリラは近くの村から 米を手に入れることができなくなりました彼らはネズミを捕まえ始めます

  • tadpoles and wild pig for food. Of course, the  prisoners are fed the worst parts of the animals

    おたまじゃくしやイノシシを食用に。もちろん囚人には動物たちの最悪の部分を食べさせています。

  • Over several days, Dieter secretly weakens  the flooring of his hut by pouring water  

    何日もかけて、ディーターは密かに水を注いで小屋の床を弱らせます。

  • and urine around the support pole. He also  slowly digs a hole under the stockade. He  

    と小便を支柱の周りに撒き散らす。彼はまた、ゆっくりとストッケードの下に穴を掘ります。彼は

  • and the other prisoners note routines and  work out the details of an escape plan

    と他の囚人たちは、日課をメモして、脱出計画の詳細を調べます。

  • Day by day, the prisoners grow weaker. They  endure lack of food, but also suffer from  

    日に日に弱っていく囚人たち。食糧不足に耐えているだけでなく

  • malaria, parasites, and bouts of dysentery. Ten of the seventeen guards go on a longer  

    マラリア 寄生虫 赤痢の発作17人の看守のうち10人は、より長く

  • trip to far away villages seeking food. Only seven  guards are left at the POW camp. Seven prisoners,  

    遠くの村へ食料を求めて旅をする捕虜収容所に残された看守はわずか7人。7人の囚人。

  • seven guards, it's the best  opportunity they're going to get

    7人の警備員がいれば、最高のチャンスだ。

  • But there's a hitch in the plans. YC  has fallen extremely ill and can't  

    しかし、計画には問題がある。YCは重病に倒れてしまった。

  • walk. Gene refuses to leave his friend behindThe American POWS decide to take over the camp  

    を歩く。ジーンは友人を置き去りにすることを拒否する。 アメリカ人捕虜は収容所を占拠することを決める

  • and signal a plane instead of escaping. 4 pm. The guards go to get their dinner  

    と逃げずに飛行機に合図。午後4時。看守は夕食を取りに行く

  • from the kitchen hut. When Parsit Thanee  who's acting as lookout gives the signal  

    台所小屋から見張り役をしているパーシット・タニーが合図すると

  • Dieter springs into action. He pulls up the loose  section of his hut's floor and squeezes through,  

    ディーターは行動に移す。彼は小屋の床の緩んだ部分を引っ張り上げ、それを押し通す。

  • then crawls under the fence. He creeps into  the nearest guard hut and grabs three rifles.  

    フェンスの下に潜り込んだ彼は最も近い警備小屋に忍び込み、ライフルを3丁手にした。

  • By this time, other prisoners have also squeezed  through the hut floor and crawled out from under  

    その頃には、他の囚人たちも小屋の床をすり抜けて、下から這い出てきています。

  • the fence. Dieter gives two of the Thai prisoners  guns, the three of them run into the jungle

    フェンスを破ってディーターはタイ人囚人のうち2人に銃を渡し、3人はジャングルに逃げ込む。

  • The guards realize that something's wrong and run  out of the kitchen hut. They fire at Dieter, who  

    看守たちは何かがおかしいことに気付き、台所の小屋から逃げ出す。彼らはディーターに向けて発砲する

  • shoots back, killing one of them. Another guard  runs at Dieter with a machete and Dieter kills  

    が撃ち返し、そのうちの一人を殺す。別の看守が鉈を持ってディーターに突進し、ディーターが殺したのは

  • him point blank. Gene's gotten a machine gun, he  helps Dieter drop a third guard. But a few guards  

    彼を至近距離から撃ったジーンは機関銃を手に入れた、 彼はディーターが3人目の警備員を落とすのを手伝った。しかし、数人の衛兵が

  • escape into the jungle forcing the POWS to abandon  their plan of taking over the camp. If the guards  

    ジャングルに逃げ込み、捕虜たちにキャンプを占領する計画を放棄させる。看守が

  • show up with reinforcements, they'll be toast. Dieter and Duane say an emotional hasty goodbye to  

    援軍が現れれば彼らは破滅するだろうディーターとドウェインは感情的な急な別れを言う

  • Gene, who's decided to stay behind with YC before  plunging into the jungle. They hike until they  

    ジャングルに突入する前にYCと一緒に残ることにしたジーン。までハイキングをする。

  • reach a ridge not far from the stockade. They're  dizzy and vomiting from the sudden exertion,  

    兵舎から遠くない尾根に到着した。彼らは突然の労作でめまいと嘔吐を起こしている。

  • but they're free. Exhausted, they make camp. They wake to rain. The monsoons have finally  

    しかし、彼らは自由だ疲れ果ててキャンプをした目覚めると雨が降っていたモンスーンはついに

  • arrived. Dieter and Duane continue to hike  through the jungle for the next few days.  

    が到着した。ディーターとドウェインは、その後数日間ジャングルをハイキングし続ける。

  • The constant rain makes their travels worseThere are endless mosquitos and thick sticky  

    絶え間ない雨が彼らの旅を悪化させる。 そこには果てしなく蚊がいて、厚くて粘り気のある

  • mud. The rice they had carefully dried gets  moldy from the rain. They eat it anyway.  

    泥だらけになってしまう。丁寧に乾かしていたお米が雨でカビてしまう。とりあえず食べてしまう。

  • Their blistered feet grow raw and get infected. They follow a creek. Whenever possible they walk  

    水ぶくれができた足が生えると感染する彼らは小川に沿って歩きます可能な限り、彼らは歩く

  • in the water so they don't leave footprintsThe sun briefly comes out and Dieter is able  

    足跡が残らないように水の中に入れておく。 太陽がわずかに出てきてディーターは

  • to make a quick directional compass. Luckilythe creek they're following is meandering the  

    瞬時に方向を示すコンパスを作るために幸いなことに 彼らが追っている小川は

  • right direction, west towards Thailand. At night they huddle together for warmth.  

    タイに向かって西に向かって右の方向に夜になると、彼らは暖かさを求めて身を寄せ合います。

  • Reaching a steep mountainous area where the  creek turns into a river, Dieter and Duane  

    小川が川に変わる急峻な山間部にたどり着くと、ディーターとデュエーンは

  • decide to build a raft and float down the riverTheir raft works and their plan is going well,  

    は、いかだを構築し、川を下って浮くことにしました。 彼らのいかだはうまくいき、彼らの計画は順調に進んでいます。

  • that is until they suddenly hear the roar ofwaterfall. They abandon the raft and swim for it,  

    それは彼らが突然滝の轟音を聞くまでです彼らはいかだを捨てて泳いで行きます

  • lest they be swept over the falls. They start to run low on rice and have  

    滝の上に流されないように彼らは米が不足し始め

  • dizzy spells. They manage to kill a large iguana  and gorge themselves on the stringy raw meat.  

    めまいの呪文。彼らは大きなイグアナを殺すことに成功し、筋の通った生肉をごちそうになります。

  • They spend a single night in an abandoned  village, though the place is dry, they dare not  

    彼らは廃村で一夜を過ごすが、その場所は乾燥しているが、彼らはあえてしない

  • stay longer. They keep hiking mainly through sheer  force of will. A few times they see planes and try  

    より長く滞在します。彼らは主に意志の力でハイキングを続けています。何度か飛行機を見て

  • to signal them. They criss cross the river a few  times, to avoid steep spots or impenetrable brush

    彼らに合図するために川を何度か横断している急な場所や不可解なブラシを避けるためだ

  • Duane however is getting weaker and weakerWhile he rests in a hidden, makeshift camp,  

    しかし、ドウェインはどんどん弱っていく。 彼は隠されたその場しのぎのキャンプで休んでいる間。

  • Dieter climbs to the top of a nearby ridgeWhen he has a vantage point, he realizes a  

    ディーターは近くの尾根の頂上に登ります。 見晴らしの良い場所で、彼は次のことに気づく。

  • horrible truth. They've been walking in a circleNearby is the river and he can see the abandoned  

    恐るべき真実を二人は円を描いて歩いてきた。 近くには川があり、彼は廃墟となった

  • village where they spent the night a few days ago. Duane and Deiter are demoralized. That night Duane  

    数日前に彼らが一夜を過ごした村。デュエインとダイターは意気消沈していた。その夜、デュエインは

  • begins to shiver violently. He's experiencingbad malaria attack. While Duane tries to rest,  

    激しく震え始めます彼はひどいマラリアの発作を経験している。ドウェインが休もうとしている間に

  • Ditter takes apart some of the ammo from  his rifle and manages to build a fire.  

    ディッターはライフルの弾薬の一部を分解し、火を焚くことに成功します。

  • He signals a helicopter and it  seems to circle before flying away.  

    彼はヘリコプターに合図し、それは飛び去る前に旋回するようです。

  • Deiter's elated. Someone will be back to rescue  them shortly. But the helicopter never returns

    ダイターは大喜びだすぐに誰かが彼らを助けに戻ってくるだろう。しかし、ヘリは戻ってこない。

  • Sick and starving, Duane and Dieter  cautiously approach a nearby village for help,  

    病気と飢え、ドウェインとディーターは慎重に助けを求めて近くの村に近づく。

  • holding out their hands to show that they  are empty. But a villager brandishing a  

    手を挙げて空っぽであることを示している。しかし、村人は

  • machete attacks them. He decapitates Duane. Horrified, Dieter manages to escape and  

    マチェーテが彼らを襲う。彼はドウェインの首を刎ねる。怯えたディーターは脱出に成功し

  • hide in the jungle. The villagers spend a few  hours hunting him before most of them give up.  

    ジャングルに隠れる村人たちは、ほとんどの人が諦める前に、数時間かけて彼を狩っています。

  • Dieter goes to the abandoned village and sets it  on fire. He doesn't care if it alerts the Pathet  

    ディーターは廃墟と化した村に行き、火をつける。彼はそれがパテットに警告するかどうかを気にしない。

  • Lao or villagers, he just wants a plane to see. The pilot of a C-10 does see it and curiously  

    ラオスでも村人でも、彼はただ飛行機を見たいだけなのです。C-10のパイロットはそれを見て、不思議なことに

  • circles, but Dieter realizes they have no  way to know that an American set the blaze.  

    しかし、ディーターは、彼らがアメリカ人が火をつけたことを知る方法がないことに気づく。

  • The plane drops some aerial flares and something  attached to a small white parachute. Dieter finds  

    飛行機はいくつかの空中フレアと小さな白いパラシュートに取り付けられた何かを落とします。ディーターが見つける

  • the parachute canopy, but not what was attached  to it. On a hill near the burnt out village,  

    パラシュートの天蓋には何がついていたのかわからない焼け野原になった村の近くの丘の上。

  • Dieter uses the parachute to make an SOS. The next day a troop of Pathet Lao track Dieter  

    ディーターはパラシュートを使ってSOSを出す。翌日、パテ・ラオの部隊がディーターを追いかける。

  • via his footprints. Dieter follows them unseen at  a safe distance. He's able to glean a little food  

    足跡を辿ってディーターは安全な距離を保ったまま 彼らの後を追っている彼は少しの食料を手に入れることができた

  • from the campsite where they stop for lunch. Dizzy, Dieter hunkers down in some bushes and  

    彼らが昼食のために立ち寄るキャンプ場から。めまいがして、ディーターはいくつかの茂みの中に身を潜めて

  • sleeps. The next morning Dieter has trouble  walking and fades in and out of consciousness.  

    は眠る。翌朝、ディーターは歩行困難に陥り、意識が朦朧とする。

  • A black bear begins to follow Dieternot attacking, but just waiting... 

    黒熊がディーターの後を追い始め、攻撃するのではなく、ただ待っているだけだった...。

  • Dieter crosses the river to evade the bear  and sees a snake sunning itself on a rock.  

    ディーターは熊から逃れるために川を渡り、岩の上で日向ぼっこしている蛇を見る。

  • Without wondering if it's poisonous, Dieter  catches the snake. Holding it taut between his  

    毒があるのかどうかもわからないまま、ディーターは蛇を捕まえた。彼の体の間で

  • two hands he bites into it while it's still alive. Dieter's digesting his meal and falling asleep  

    両手で生きているうちに噛みついてしまうディーターは食事を消化して眠りにつく

  • in the sun when he hears the  sound of a Skyraider flying low.  

    スカイレイダーが低空飛行する音が聞こえてくると、太陽の下で

  • He leaps up and waves some cloth. The plane  circles and the pilot sees Dieter's SOS sign.  

    彼は跳ね上がり、布を何枚か振る。飛行機は旋回し、パイロットはディーターのSOSサインを見る。

  • It's July 20th, 1966. Dieter has been missing  nearly 6 months. He's rescued just about 100  

    1966年7月20日だディーターは半年近く行方不明になっていた彼が救出したのは約100

  • miles (161 km) from where he originally crashed. Dieter has two types of malaria, intestinal worms,  

    マイル(161キロ)で墜落しましたディーターは2種類のマラリアを持っています 腸内虫です

  • fungus, jaundice and hepatitis. He's  incredibly malnourished and weighs only 98  

    菌類、黄疸、肝炎。彼は信じられないほど栄養失調で 体重はわずか98

  • pounds (44.4 kg). Eventually, after over 2 months  in the hospital, Deiter makes a full recovery.  

    ポンド(44.4キロ)にまで成長しました。結局、2ヶ月以上の入院生活を経て、ダイターは完全に回復した。

  • It takes him much longer to stop having  flashback nightmares about the prison camp

    収容所の悪夢がフラッシュバックするのを 止めるのに時間がかかる。

  • Sadly, out of the seven prisoners only Dieter and  one other are definitively known to have survived.  

    悲しいことに、7人の囚人のうち、ディーターともう一人だけが生き残ったことが確定的に知られています。

  • Once in the jungle, Phisit splits from the  Prasits. 32 days of wandering through the  

    ジャングルに入ると、フィシットはプラシットと分裂する。を放浪する32日間。

  • jungle later, due to hunger, Phisit faints onroad. He wakes up in captivity. A Lao villager  

    ジャングルの後、飢えのために、フィシットは道路で気絶します。彼は囚われの身となって目を覚ます。ラオスの村人

  • found him while he was unconscious. Phisit ends  up in Ban Naden Prison, which is later raided by  

    彼が意識を失っている間に彼を見つけた。フィシットはバン・ナデン刑務所で終わる。

  • the US on January 7, 1967. In fact, it's the only  successful rescue of POWs during the Vietnam war

    1967年1月7日にアメリカが実際、ベトナム戦争中に捕虜の救出に成功した唯一の成功例である。

  • The two Prasits are never heard from  again. Neither are Gene and YC. However,  

    プラシットの二人は二度と音信不通。ジーンとYCもそうではありません。しかし。

  • in the spring of 1971, there's a CIA report with  testimony from villagers claiming that Gene was  

    1971年の春には、村人の証言があるCIAの報告書があります。

  • again captured, and sent to a camp where he was  interrogated by English speaking high level North  

    再び捕らえられ、収容所に送られて、英語を話す高レベルの北の人々に尋問されました。