Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's the late 1960s, and the US Navy has  a serious problem. Advancements in Soviet  

    1960年代後半、アメリカ海軍は深刻な問題を抱えています。ソビエトの進歩

  • missile and strike aircraft technology have  left American aircraft carriers vulnerable  

    ミサイルと攻撃機の技術は、アメリカの空母を脆弱にしている

  • to long-range attack. Meanwhile, on-going  dogfights over the skies of Vietnam  

    遠距離攻撃にも対応できるようになりました。その間、ベトナムの空で繰り広げられているドッグファイトは

  • has shown that new Soviet MiGs are threatening  to outperform the US Navy's current fleet of  

    仝ソビエトのMiGが米海軍の現在の艦隊を凌駕する脅威になっていることがわかりました。

  • fighter aircraft. What's needed is a brand  new airplane that can intercept hostile  

    戦闘機必要なのは敵対する戦闘機を 迎撃することができる真新しい飛行機です

  • targets far away from its home fleet  and then out-fly and out-fight them.

    本国艦隊から遠く離れた目標を、外に飛ばして、外に出して戦わせる。

  • With the cost of aircraft design, testingand manufacturing skyrocketing though,  

    しかし、航空機の設計、テスト、製造のコストが高騰しています。

  • Secretary of Defense Robert McNamara orders the  US Air Force and Navy to play nice and develop an  

    ロバート・マクナマラ国防長官、米空軍と海軍にナイスプレイと開発を命令

  • aircraft jointly that can fulfill roles needed by  both forces. With the air force already pursuing  

    両軍が必要とする役割を果たすことができる航空機を共同で開発しています。空軍はすでに

  • the F-111, modifications are made in order to  fulfill a new role as a carrier-based interceptor.

    F-111では、空母ベースの迎撃機として新たな役割を果たすために改造が行われています。

  • As development of a naval-variant  F-111 goes along though,  

    艦艇型のF-111の開発が進むにつれて、このような状況になってきています。

  • flight testing shows that the aircraft is very  poorly suited for carrier-based operations.  

    飛行試験では、この機体は空母を使った運用に非常に向いていないことがわかります。

  • It has difficulty remaining stable at supersonic  speeds, and was clumsy and difficult to fly when  

    超音速では安定した状態を保つのが難しく、不器用で飛ぶのに苦労したのは

  • attempting carrier landings. The plane is  so badly suited for carrier ops that several  

    空母の着陸を試みているこの飛行機は空母の作戦にはあまり向いていないので、いくつかの

  • of the test pilots involved die during flight  tests of the Navy's would-be replacement jet.

    海軍のジェット機の飛行テスト中に、テストパイロットのうちの1人が死亡した。

  • Realizing that a disaster was in the works, the  Department of Defense approves an immediate end  

    災害の発生を察知した国防総省は、即時終了を承認する。

  • to development of the F-111 for the navy and  the exploration of a brand new aircraft for  

    海軍用のF-111の開発と、海軍用の新しい航空機の開発に取り組んでいます。

  • fleet air defense. This sets back procurement  of a replacement for the Navy's F-4 Phantoms  

    艦隊防空これにより、海軍のF-4ファントムの代替機の調達が遅れている。

  • by years, and the Navy is under threat of being  outgunned in a fight against the Soviets should  

    海軍はソビエトとの戦いで劣勢に立たされる恐れがあります。

  • the worst come to pass. US aircraft carriers  are at risk of being sent to the bottom of  

    最悪の事態が訪れるの底辺に米空母が飛ばされる危険性がある。

  • the sea if a replacement aircraft isn't  quickly developed, tested, and procured.

    代替機の開発、テスト、調達が早急に行われなければ海に落ちる

  • Work immediately begins on several  prototypes by various defense contractors,  

    様々な防衛関連のコントラクターによるいくつかの試作品の作成にすぐに着手します。

  • but the one that catches the Navy's attention  is Grumman's variable geometry wing design.  

    しかし、海軍の目を引くのは、グラマンの可変形状翼設計です。

  • The new Navy fighter is big, so big that  its flight characteristics are compromised  

    海軍の新型戦闘機は大型で飛行特性が損なわれるほど

  • by using traditional fixed wings. InsteadGrumman ingenious designs wings capable of  

    従来の固定翼を使用することで代わりに、グラマンは独創的なデザインの翼で

  • changing their shape as the aircraft flies. By  moving its wings back and closer to its body,  

    飛ぶたびに形を変えていきます翼を後ろに移動させて体に近づけることで

  • the F-14 is capable of superior supersonic  performance, and by moving them forward  

    F-14は優れた超音速性能を持ち、それを前進させることで

  • and out the plane avoids the pitfalls of the  F-111 and enjoys smooth flight at low speeds.

    とアウトでは、F-111の落とし穴を回避し、低速時のスムーズな飛行を楽しむことができます。

  • Powering the futuristic fighter are  two Pratt & Whitney TF-30 engines,  

    未来的な戦闘機には、プラット&ホイットニー社のTF-30エンジンが2基搭載されています。

  • a significantly better engine than any  Soviet design. In the large nose section,  

    ソ連のどの設計よりも格段に優れたエンジン。大きな機首部に

  • the aircraft carries a powerful AN/AWG-9 radarwhich allows it to engage six different targets  

    強力なAN/AWG-9レーダーを搭載しており、6つの異なる目標に対処することができます。

  • simultaneously while tracking 18 others. The  radar is so powerful and precise, it can even  

    同時に18人を追跡していますレーダーはとても強力で正確なので

  • track and engage fast-flying cruise missiles. For  defense, the F-14 is equipped with an electronic  

    高速で飛行する巡航ミサイルを追尾して交戦させることができます。防衛のために、F-14には電子制御の

  • countermeasures suite and radar warning receiveralong with chaff and flare dispensers to confuse  

    対策スイートとレーダー警告受信機に加えて、チャフとフレアディスペンサーで混乱させます。

  • enemy missiles. A fighter-to-fighter data  link, a pioneering technology at the time,  

    敵のミサイル当時の先駆的な技術である戦闘機同士のデータリンク。

  • allows different F-14s to share  targeting information with each other.

    を使用することで、異なるF-14がお互いに照準情報を共有することができます。

  • But it's on the offense  where the F-14 truly shines.

    だが攻撃面ではF-14が真価を発揮する

  • The F-14 was designed to fight Soviet Migs, and  shoot down Tupolev bombers as well as ground,  

    F-14はソ連のミグと戦い、地上だけでなくトゥポレフ爆撃機を撃墜するために設計されました。

  • sea, and air-launched cruise missiles. To do  this it packed some serious firepower. With an  

    海や空から発射される巡航ミサイルを 使ってこれを行うために、それはいくつかの深刻な火力を持っています。そのためには

  • engagement range of 100 nautical miles, the F-14  could carry two AIM-54 Phoenixes to engage targets  

    交戦距離が100海里であれば、F-14はAIM-54フェニックスを2機搭載して目標を捕捉することができる。

  • at very long range. At intermediate ranges, the  F-14 would use three AIM-7 Sparrows, with two  

    を使用している。中距離では3機のAIM-7スパロウと2機の

  • AIM-9 Sidewinders for shorter ranges. If caught in  a dogfight, the F-14 would shred enemies with the  

    AIM-9 サイドワインダーで短射程に。もしドッグファイトに巻き込まれたら、F-14は敵を

  • M61 Vulcan cannon, capable of firing hundreds  of 20mm rounds in seconds. The F-14 could fly  

    M61バルカン砲は数秒で数百発の20mm弾を発射できるF-14は飛行することができました

  • up to 51,000 feet (15,515m), high enough to catch  even the most high-altitude Soviet bombers, and it  

    51,000フィート(15,515メートル)まで、高高度のソビエト爆撃機を捕らえるのに十分な高さであり、それは

  • could get there at a top speed of 1544 miles per  hour (2,485 km/h). Once the F-14 entered service  

    最高速度は時速1544マイル(2,485km/h)でした。F-14が就役すると

  • in 1974, Soviet air forces attacking American  carriers would be doing so at great personal risk.

    1974年には、ソ連空軍がアメリカの空母を攻撃することは、大きな個人的リスクを冒して行うことになっていました。

  • It wouldn't be long before the  F-14 was put to the ultimate test.

    F-14が究極のテストになるまで 長くはかからなかっただろう

  • In 1973 Libya claimed the  Gulf of Sidra as its own,  

    1973年、リビアはシドラ湾を自国のものとして主張した。

  • threatening to close off European access to  one of the most important oil-shipping ports  

    瀬戸際

  • in the Mediterranean. In the event of hostilitiesEurope would suffer a catastrophic economic blow,  

    地中海で。敵対行為が行われた場合、ヨーロッパは経済的に壊滅的な打撃を受けることになります。

  • as at the time the Soviet Union held  more influence over Libya than NATO.

    ソ連がNATOよりもリビアに影響力を持っていた時のように。

  • The United States couldn't let its allies be  threatened in this matter, and thus dispatched  

    アメリカはこの問題で同盟国を脅かすことができず、そのために派遣されたのが

  • ships and aircraft to the region to regularly  conduct freedom of navigation exercises.  

    艦船と航空機をこの地域に派遣し、定期的に航行の自由を確保するための演習を実施しています。

  • These maneuvers involved ships and aircraft  flying or steaming through the contested waters  

    これらの作戦には、船舶や航空機の飛行・航行が含まれています。

  • in order to delegitimize Libya's claim  of exclusivity. With the disputed Gulf  

    リビアの排他的な主張を無効化するために。係争中の湾岸

  • of Sidra not falling under Libyan jurisdiction  according to the terms of international law,  

    国際法の規定によれば、シドラはリビアの管轄下には入っていない。

  • Libya would have to choose to either fight the  US forces or accept that its claim was not valid.

    リビアは、米軍と戦うか、その主張が有効でないことを受け入れるかのどちらかを選ばなければならないだろう。

  • For the most part, Libya's threats were empty,  

    ほとんどの場合、リビアの脅威は空っぽだった。

  • though in two separate occasions Libyan jets  did fire on American reconnaissance aircraft,  

    しかし、リビアのジェット機はアメリカの偵察機を砲撃したことが2回ありました。

  • luckily US aircraft were never seriously  threatened. This would change in August 1981,  

    幸いにも米軍機は深刻な脅威にさらされることはありませんでした。これは1981年8月に変更されることになります

  • when two aircraft carriers were deployed  to the region amidst rising tensions.

    緊張が高まる中、空母2隻が配備されたことで

  • The US planned a massive naval exercise meant  to act as a show of force and determination,  

    米国は大規模な海軍演習を計画し、力と決意の表れとして行動した。

  • involving both carrier strike groups. On  August 18th, American aircraft took to the  

    両空母打撃群を巻き込んだ8月18日、米軍機は

  • sky as the exercise began, and soon three Libyan  Mig 25 Foxbats approached the US carrier groups.  

    演習が始まると、すぐに3つのリビアのミグ25フォックスバットがアメリカの空母グループに接近しました。

  • Immediately the carrier's combat air patrols  intercepted the Migs and escorted them away.

    直ちに空母の戦闘航空パトロールがミグを迎撃し、護衛した。

  • Desperate to get a fix on the American carriersthe Libyans sent up thirty five pairs of aircraft  

    アメリカ空母の情報を得ようと必死になったリビア人は、35組の航空機を送り込んだ。

  • towards the carrier battle groups. Amongst the  incoming aircraft were Mig 23 Floggers, more  

    空母戦闘群に向かって入ってきた航空機の中には ミグ23フローガーがいました

  • Mig 25s, Sukhoi Su-20s, Su-22s, and Mirage F1s.  The incoming aircraft soon found themselves face  

    ミグ25、スコイSu-20、Su-22、ミラージュF1。 入ってくる航空機はすぐに彼ら自身が直面していることを発見した。

  • to face with fourteen F-14s and F-4 Phantoms, and  while the Libyan aircraft turned away peacefully,  

    14機のF-14とF-4ファントムと対峙し、リビア機が平和的に背を向けている間に

  • it's believed that one of them attempted to  fire on a US aircraft but suffered a misfire.

    米軍機に発砲しようとしたが誤爆したとされる。

  • The next day, things would  take a turn for the worse.

    次の日には事態は一変していた。

  • Hoping to bait another Libyan response,  a single S-3A Viking recon plane was  

    リビアの別の反応をおびき寄せるために、S-3Aバイキング偵察機が単機で登場しました。

  • sent to fly a racetrack orbit inside of Libya's  illegally claimed exclusion zone. Sure enough,  

    リビアの不法に主張された進入禁止区域内の 軌道を飛ぶために送り込まれました案の定

  • shortly after beginning its flight, the Viking  detected twin SU-22s taking off from a nearby  

    飛行を開始して間もなく、バイキングは、近くの

  • Libyan air force base. The Viking immediately dove  to 500 feet in order to evade Libyan radar, while  

    リビア空軍基地。バイキングはリビアのレーダーを回避するために すぐに500フィートまで潜りましたが

  • a E-2C Hawkeye tracked and vectored in two F-14s,  Fast Eagle 102 and Fast Eagle 107 onto the Su-22s.

    E-2Cホークアイは2機のF-14、ファストイーグル102とファストイーグル107で追跡し、Su-22にベクタリングしました。

  • Flying at full afterburner, the F-14s  roared towards the Libyan Su-22s,  

    アフターバーナーをフルに使って、F-14はリビアのSu-22に向かって轟音を上げた。

  • who refused to deviate course. The two pairs  of aircraft were involved in a game of chicken,  

    がコースを逸脱することを拒否した。2組の機体がチキンゲームに巻き込まれた。

  • with a closing distance of almost  two thousand miles an hour- and  

    時速2000マイルの距離で

  • yet at less than a thousand meters  to go, both sides refused to blink.

    しかし、残り10000メートルを切ったところで、双方はまばたきを拒否した。

  • Then, at a distance of 300 meters, one of  the Su-22s fired a missile at Fast Eagle 102,  

    そして、300メートル離れたところで、Su-22の1機がファストイーグル102にミサイルを発射した。

  • which immediately dove to evade. The  Libyans had just made a fatal mistake.

    すぐに飛び込んで回避しましたリビア人は致命的なミスを犯したのです

  • Fast Eagle 102 recovered from its dive  and using its superior maneuverability,  

    ファストイーグル102は、その優れた操縦性を利用してダイブから回復した。

  • quickly turned towards the Su-22s. Surprised  at the agility of the American aircraft,  

    はすぐにSu-22の方を向いた。米軍機の俊敏さに驚いた。

  • the Su-22s scrambled and tried to  out-turn Fast Eagle 102 and 107,  

    Su-22はスクランブルしてファストイーグル102と107を追い出そうとした。

  • but within moments Fast Eagle 102 had  missile lock on one of the Su-22s.  

    しかし、すぐにファストイーグル102はSu-22の1機にミサイルロックをかけました。

  • Firing two Sidewinders, Fast Eagle 102 splashed  one of the Su-22s, forcing its pilot to eject.

    サイドワインダーを2機発射し、ファストイーグル102はSu-22の1機に水しぶきを浴びせ、パイロットは脱出を余儀なくされた。

  • With one enemy down, Fast Eagle 107 asked  for permission from his flight leader to  

    敵が一人倒れたので、ファストイーグル107は、彼の飛行リーダーに許可を求めた

  • destroy the second Su-22, then maneuvered  his F-14 into a clean firing solution.  

    2機目のSu-22を破壊した後、F-14をクリーンな発射方法に変更した。

  • Seconds later, the second Su-22 was  splashed, forcing another eject.

    数秒後、2機目のSu-22が飛沫を浴び、もう1機の脱出を余儀なくされた。

  • Despite initially having the air speed advantage  against the F-14s, which were forced to perform  

    最初は対空速度の優位性を持っていたにもかかわらず、強制的に実行されたF-14に対して

  • a 180 turn to face their retreating attackersthe Su-22s proved no match for the F-14s, and  

    退却していく敵に180度旋回して向き直り、Su-22はF-14には敵わないことを証明した。

  • the engagement was over in mere seconds. Not only  did the F-14s outmaneuver and outfly the Su-22s,  

    僅か数秒で交戦は終わったF-14がSu-22を出し抜いただけではない。

  • they were able to catch up to the afterburning  Su-22s and splash them after recovering from  

    からの回復後、燃焼後のSu-22に追いついてはねのけたそうです。

  • being fired upon and executing a hard 180 maneuver  that bled off tremendous amounts of air speed.

    攻撃を受け、180度の強硬な作戦を実行し、膨大な対空速度を吹き飛ばしました。

  • The F-14 had proven its worth, and  Mig pilots around the world knew  

    F-14はその価値を証明していたし、世界中のミグのパイロットも知っていた。

  • there was a new predator in the sky. Libya  however had still not learned its lesson.

    空には新しい捕食者がいましたリビアはまだ教訓を得ていませんでした

  • Just eight years later on January 4th,  

    ちょうど8年後の1月4日。

  • 1989, the US Navy aircraft carrier John F. Kennedy  was on its way to a scheduled port visit in Haifa,  

    1989年、アメリカ海軍の空母ジョン・F・ケネディはハイファの定期寄港に向かう途中であった。

  • Israel. While operating more than 80  miles north of Libyan territorial waters,  

    イスラエルリビア領海の北80マイル以上で活動している間に

  • the carrier was concerned about a potential  confrontation with Libyan air forces, who  

    リビア空軍との衝突の可能性を懸念していました。

  • themselves were wary of American attack. Thanks  to Libya's attempts to obtain nuclear weapons,  

    自身もアメリカの攻撃を警戒していました。リビアが核兵器を手に入れようとしたおかげで

  • US forces were on constant alert, and the Libyans  believed that an American invasion was likely.

    米軍は常に警戒態勢にあり、リビア人はアメリカの侵攻があり得ると考えていた。

  • With both sides on high alert,  a confrontation was inevitable.

    双方が厳戒態勢にある中、対立は避けられなかった。

  • Taking no chances as he sailed by Libyan watersthe Kennedy's captain ordered two pairs of F-14s  

    リビア海域を航行していたケネディ艦長は、F-14を2組に命じた。

  • into the air as a combat air patrol, along  with an E-2 Hawkeye to provide early warning  

    早期警戒のためのE-2ホークアイとともに、戦闘航空哨戒機として空に飛び立ちました。

  • and air control. Detecting the American  carrier, the Libyans dispatch a flight oft  

    と航空管制。アメリカの空母を発見したリビア人は、飛行機を派遣して

  • two Mig 23s, which immediately  turn towards the American carrier.

    2機のミグ23は、すぐにアメリカの空母の方を向いています。

  • The Hawkeye detects the Migs taking off and  vectors in Gypsy 207 and Gypsy 202 towards  

    ホークアイがミグの離陸を感知して ジプシー207とジプシー202に 向かってベクトルを変えます

  • the Libyan pilots. The Migs, which historically  have turned back after detecting American F-14s,  

    リビア人パイロットの歴史的にアメリカのF-14を探知して引き返してきたミグ。

  • instead turn towards the Americans  and continue on an intercept course.

    代わりにアメリカの方を向いて迎撃コースを続けます

  • Gypsy 207 and 202 close towards the Migsthen turn away from them by a few degrees,  

    ジプシー207と202がミグの方に近づいて数度離れていく。

  • in order to indicate they did not have hostile  intent but would not allow the Migs to approach  

    敵対的な意図を持っていないことを示すために、ミグが近づかないようにするために

  • the American carrier. In response, the  Migs turn directly towards the F-14s.  

    アメリカの空母これに対し、ミグは直接F-14に向き直る。

  • Fearing an escalation, the Americans dive  below the Migs so as to confuse the Mig  

    エスカレートを恐れて、アメリカ人はミグを混乱させるようにミグの下に潜る

  • radar with ocean scattering and prevent their  AA-7 Apex missiles from getting a good lock.

    海洋散乱レーダーとAA-7エイペックスミサイルのロックを防ぎます

  • Gypsy 207 and 202 once more turn thirty  degrees away from the Migs, and once again,  

    ジプシー207と202は、再びミグから30度離れたところで、再び30度旋回。

  • the Migs turn directly into the AmericansThis places the American aircraft at jeopardy,  

    ミグはアメリカ軍に直接突っ込んできます これは米軍機を危機に陥れます

  • as it presents a much more favorable firing angle  to the Migs than the F-14s, so the air warfare  

    ミグにはF-14よりもはるかに有利な射角を与えているので、航空戦は

  • commander aboard the Kennedy authorizes Gypsy  207 and 202 to fire if they feel threatened.

    ケネディ艦長は ジプシー207と202に 脅威を感じた場合の 発砲を許可しています

  • The F-14s repeat their thirty degree offset  maneuvers another three times, in a bid to  

    F-14は30度オフセットを3回繰り返す

  • deescalate the situation, and each time the Migs  turn directly into the Americans. With distance  

    状況をデスカレートし、その度にミグはアメリカ人に直行していきます。距離を置いて

  • between the two pairs of aircraft shrinking  rapidly, Gypsy 207 makes a snap decision- at  

    急速に縮小していく二対の航空機の間で、ジプシー207は急な決断を下す。

  • such close ranges another thirty degree turn away  from the Libyans will place him and his wingman  

    このような至近距離では リビア人から30度離れたところに 彼と彼の翼手が配置されています

  • in serious jeopardy- instead, he turns nose on to  the Migs and opens fire with two sparrow missiles.

    深刻な危機に直面しているとき、彼は代わりにMigsに鼻を向け、2つのスズメのミサイルで攻撃を開始します。

  • Both missiles fail to hit their target, and the  F-14s undertake a defensive split maneuver. Both  

    双方のミサイルは命中せず、F-14 は防衛的な分割作戦を行う。両機とも

  • Migs turn towards Gypsy 202, who turns back  head-on towards the Migs and opens fire again.  

    ミグはジプシー202の方を向いて真正面から引き返し、再び火を放つ。

  • With just a few miles between them, Gypsy 202's  missile hits home, and one of the Migs is downed.

    彼らの間のわずか数マイルで、ジプシー202のミサイルがホームにヒットし、ミグの1つが撃墜されます。

  • Meanwhile, Gypsy 207 executes a sharp  right turn to come up behind the two Migs,  

    一方、ジプシー207は急な右旋回を行い、2台のミグの背後に迫る。

  • and moments after Gypsy 202  splashes his, he opens fire.  

    ジプシー202が彼をはねた瞬間、彼は火を放った。

  • A few seconds later, the second Mig is  on its way to the bottom of the sea.

    数秒後、第二のミグが海の底に向かっている。

  • The very next day Libya's Muammar Gaddafi  calls for an emergency UN session and claims  

    その翌日、リビアのムアンマル・カダフィは、緊急国連会議を招集し、主張した。

  • the US shot down two recon aircraft onroutine mission over international waters.  

    アメリカは国際水域での日常的な任務で偵察機2機を撃墜しました。

  • The US immediately disputes the claim, and  shows gun camera footage that clearly shows  

    アメリカはすぐにその主張に異議を唱え、明らかなガンカメラの映像を見せています。

  • AA-7 Apex and AA-8 Aphid missiles equipped on  one of the fighters- both of which can be fired  

    AA-7 ApexとAA-8 Aphidを片方の戦闘機に装備しており、どちらも発射可能。

  • from a head-on position at an enemy fighterDespite the US firing first, Libya's history  

    敵の戦闘機に正面から向かって アメリカが先に発砲したにもかかわらず、リビアの歴史は

  • of provocation and firing at US aircraft finds  the world taking America's side in the incident.

    挑発と米軍機への発砲で、世界はこの事件でアメリカの味方をしていることがわかります。

  • Despite the US being the developer  and primary operator of the F-14,  

    アメリカがF14の開発者であり、主要な操縦者であるにもかかわらず。

  • where it would prove its true mettle  would be with the Iranian air force,  

    イラン空軍との戦いで真の実力を証明することになるだろう。

  • likely the most unexpected place for  an advanced American combat jet to be.  

    アメリカの先進的な戦闘機にとって、最も予想外の場所である可能性が高い。

  • Thanks to a pre-revolution deal with the US, Iran  was equipped with several pairs of F-14s when the  

    革命前の米国との取り決めのおかげで、イランは、革命が勃発したときに数組のF-14を装備していた。

  • Iran-Iraq war broke out, and despite their very  low numbers, the F-14s absolutely dominated  

    イラン・イラク戦争が勃発し、数が少ないにもかかわらず、F-14は絶対的な支配力を持っていた。

  • any patch of sky they found themselves in and  routinely outgunned Iraq's best Soviet-made Migs.

    彼らはどのような空域でも自分たちを発見し、イラクで最も優れたソビエト製のミグを日常的に圧倒していた。

  • In the end, the F-14 would go down as one  of the best fighter aircraft ever made,  

    最終的には、F-14はこれまでに作られた戦闘機の中で最高の機体の一つとして語り継がれることになるだろう。

  • and sadly today the only living planes are the  few that Iran still uses and some museum models  

    そして悲しいかな、今でも生きている飛行機はイランで使われている数機と博物館の模型だけです。

  • in the United States itself. Out of fear of  having to face its own formidable aircraft,  

    アメリカ国内では独自の手ごわい機体に直面することを恐れて

  • the US shredded every single F-14 ever produced  after being replaced by the F-18, so that Iran  

    アメリカはF-18に取って代わられた後、イランが生産したF-14をすべて細断しました。

  • would never be able to get its hands on any  replacement parts for its aging fleet of F-14s.

    老朽化したF14の交換部品を手に入れることはできないだろう。

  • Now go check out US F-22 Raptor  vs Russian Su-35 Fighter-  

    今すぐアメリカのF-22ラプター対ロシアのSu-35戦闘機をチェックしに行きます。

  • Which Would Win? Or click  this other video instead!

    どっちが勝つ?または、代わりにこの他のビデオをクリックしてください

It's the late 1960s, and the US Navy has  a serious problem. Advancements in Soviet  

1960年代後半、アメリカ海軍は深刻な問題を抱えています。ソビエトの進歩

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 リビア 空母 ジプシー アメリカ 海軍 航空

F-14トムキャット史上最高の戦闘機? (F-14 Tomcat: Best Fighter Aircraft Ever?)

  • 2 1
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 11 日
動画の中の単語