Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's 2025, and after a strange shift  in geopolitics and world powers,  

    2025年、地政学と世界の勢力が奇妙な変化を遂げた後のことです。

  • the USA and UK have found themselves going  to war with each other. These long-time  

    アメリカとイギリスはお互いに戦争をしていることに気がつきました。これらの長い間

  • allies that once fought side by side in  World War 2 and Afghanistan have become  

    併合同盟国が

  • arch enemies fighting for global dominanceThe rest of the world looks on in horror.

    世界支配のために戦う宿敵 世界中が恐怖に包まれて見守っています。

  • But who will win?

    しかし、誰が勝つのか?

  • There's one fact that's hard to ignore. One side  

    無視できない事実があります。片側

  • is larger than the other bylong waythe United States.

    は他の国よりも遥かに大きな国であり、米国である。

  • Based on size alone, the US  military is the clear winner.  

    大きさだけで言えば、米軍が明らかに勝っている。

  • It boasts over 1.4 million personnelcompared with a measly 149,000 in the UK.

    英国のわずか14万9000人に対し、140万人以上の人員を擁しています。

  • That might not guarantee success if the whole US  army consists of untrained airheads and idiots,  

    米軍全体が訓練されていないエアヘッドとバカで構成されている場合、それは成功を保証するものではないかもしれません。

  • but it doesn't hurt.

    でも痛くない

  • Especially when you consider the amount the US  spends. The American military budget is a huge  

    特にアメリカの支出額を考えるとアメリカの軍事予算は膨大な

  • $740 billion, compared with the  UK's much smaller $49 billion.  

    7,400億ドル、英国の490億ドルよりはるかに小さい。

  • How cute. Money can't buy you everything  in life, but it helps to win wars.  

    なんて可愛いんだお金は人生のすべてを買うことはできないが、戦争に勝つためには役立つ。

  • But to be fair, both countries take their  military spending seriously. In terms of GDP,  

    しかし、公平に言えば、どちらの国も軍事費を真剣に考えている。GDPに換算すると。

  • the USA spends 3.4% on the military, and the  UK spends around 1.7%. That figure won't help  

    アメリカは3.4%を軍事費に費やしていますが、イギリスは1.7%程度です。この数字は

  • the Brits win a war, but it's something  they can nurse their national egos with.  

    イギリスは戦争に勝っても国民の自尊心を養うものだからな

  • So far, things aren't looking good for the  Britsthey've been outnumbered and outspent.  

    今のところ、英国にとっては良い状況とは言えません。

  • Let's see if they can turn things around with  their equipment. As they say, it's not all about  

    彼らの装備で事態を好転させることができるかどうか見てみよう。彼らが言うように、それがすべてではありません

  • the size; it's about how you use it. Which country  has the best weapons, gadgets, and vehicles?

    大きさではなく、使い方が重要なのです。武器やガジェット、乗り物が最高なのはどこの国ですか?

  • If we're talking about quantitiesthe USA gets an easy win here,  

    量の話をしていると、ここではアメリカが楽勝です。

  • as you'd expect. They spend far more  on the military overall, so of course,  

    さすがに彼らは全体的にははるかに多くの軍事費を使っています、だから当然です。

  • they have more stuff. The UK only has  227 tanks, compared to the USA's 8,370.  

    彼らはもっと多くのものを持っています。アメリカの8,370台に対してイギリスは227台しかない。

  • As for armored vehicles, the UK  has 4,673, and the USA has 41,760.

    装甲車については、英国が4,673台、米国が41,760台となっている。

  • Is the UK's lack of resources such a big  deal? Experience shows that yes, yes it is.

    英国の資源不足はそんなに大きな問題なのか?経験上、そうです、そうです。

  • During the Afghanistan conflict in 2009, the  British Army stationed in the south of the country  

    2009年のアフガニスタン紛争時には、南部に駐留していたイギリス軍が

  • had been finding it increasingly difficult to  maintain the peace over the last three years  

    三年前から平和維持が難しくなっていた

  • because of their lack of equipment. Guess who  had to sweep in to save them? The Americans.

    装備が不足していたからだ誰が彼らを救うために掃除しなければならなかったと思いますか?アメリカ人だ

  • The US Brigadier General Lawrence Nicholson  brought in 4,000 US Marines with a new approach:  

    アメリカのローレンス・ニコルソン准将は、新しいアプローチで4000人の米海兵隊員を連れてきた。

  • Go big, go strong, go fast.” The new forces  weren't exactly successful in maintaining the  

    "大きく、強く、速く"新勢力の維持に成功したわけではありませんでしたが

  • peace, as anyone familiar with the Kandahar  Massacre and the Maywand District murders will  

    カンダハルの大虐殺とメイワンド地区の殺人事件を知っている人なら誰でも知っているであろう、平和を。

  • know. But they were good at going big and going  strong, which could give the US an edge in battle.

    知っていますしかし、彼らは大きくて強くなるのが得意で、それがアメリカの戦いを有利にする可能性があります。

  • In Afghanistan, the British used Jackal  vehicles which are designed for maneuverability  

    アフガニスタンでは、イギリスは機動性を重視したジャッカル車を使用していました。

  • rather than protecting the person inside. The  Americans had MRAPs, or Mine Resistance Ambush  

    中の人を守るのではなくアメリカ人はMRAP(地雷抵抗待ち伏せ)を持っていました

  • Protected vehicles. Although MRAP tanks are  classed as light-armored vehicles, they weigh  

    保護された車両。MRAP戦車は軽装甲車に分類されますが、重量は

  • a massive 14 – 18 tons and are a lot sturdier than  the Jackals. Designed to withstand the Improvised  

    14〜18トンの巨大なもので、ジャッカルズよりもはるかに頑丈です。に耐えるように設計されています。

  • Explosive Devices that threatened troops during  the Iraq and Afghanistan conflicts, they were  

    イラクとアフガニスタンの紛争中に部隊を脅かした爆発物は

  • much more effective at keeping the troops  safe from danger than anything the Brits had.

    イギリス人が持っていたものよりも、軍隊を危険から守るのにはるかに効果的だった。

  • However, the US Marines seemed to have plenty of  admiration for the Brits and what they achieved  

    しかし、米海兵隊はイギリス人と彼らが成し遂げたことを大いに賞賛していたようです。

  • despite their lack of equipment, so that's  something. One American Marine commented:  

    装備が不足しているにもかかわらず、それは何かある。あるアメリカの海兵隊員がコメントしています。

  • The biggest thing I noticed was the vehicles they  

    "私が一番気付いたのは、彼らが乗っていた車両です。

  • drive. You guys are friggin' gutsy. I  wouldn't get shot at in one of those.”

    ドライブ。お前らは根性があるな私はそれらの1つで撃たれることはありません。"

  • Does having more flimsy vehicles  make the British the weaker side,  

    もっと薄っぺらい車を持っているとイギリスが弱くなるのか?

  • or just more badass? It depends  which way you look at it.

    それとももっとワルなのか?どっちの見方をするかによる

  • Another difference between the British and  US armies is their deployment of women on  

    イギリス軍とアメリカ軍のもう一つの違いは、女性の配置です。

  • the front line. We don't want to say women  are better or worse in the military than men,  

    第一線で活躍しています。軍隊では女性の方が男性より優れているとか、劣っているとか言いたくない。

  • because that would probably start  a war in the comments section,  

    コメント欄で戦争が始まるかもしれないから。

  • so we'll let you decide. But  it's definitely worth mentioning.

    決めるのはあなたにお任せしますしかし、それは間違いなく言及する価値があります。

  • In Afghanistan, the US marines were shocked to  see women wandering around shower blocks wrapped  

    アフガニスタンでは、アメリカの海兵隊は、女性がシャワーブロックの周りでラップを巻いてうろついているのを見てショックを受けました。

  • in nothing but a towel, with no cares in the  world. The US does have women in the armed forces,  

    タオル一枚で何の気遣いもなくアメリカには軍に女性がいます

  • but they aren't always allowed to be on the  frontline or live in close proximity to their  

    しかし、彼らは常に最前線にいることを許されているわけではありませんし、彼らの近くに住むことも許されていません。

  • male counterparts. In the UK, on the other handwomen are seen as equals. Revolutionary concept.

    男性と同じように見られています。一方、イギリスでは女性は対等に見られています。革命的な概念です。

  • Despite their surprise at the close working  and living relationships between women and men  

    女性と男性の密接な仕事と生活の関係に驚きながらも

  • in the British army, the US marines soon realized  these women were professional soldiers they needed  

    アメリカ海兵隊はすぐに彼女たちが必要なプロの兵士であることに気付きました

  • to take seriously. But could the initial shock  be a trump card up the sleeves of the British?

    を真剣に考えてみましょう。しかし、最初のショックは英国の袖の切り札かもしれませんか?

  • Anyway, time to get onto the important stuffthe real factors that determine the success  

    とにかく、重要なことに取り掛かる時間です。成功を左右する本当の要因を

  • of a military side. Who can handle the most  alcohol? It's a contentious topicthe British  

    軍事サイドの誰が一番お酒を扱えるのか?議論の的になっている話題ですが、イギリスの

  • are known for drinking more heavily, and they  can start at a younger age, but the US soldiers  

    の方が酒量が多いことで知られており、若いうちから始められるが、米兵

  • might give them a run for their money. Around  40% of US soldiers indulge in binge drinking

    彼らの金のために彼らを 犠牲にするかもしれません米軍兵士の約40%が酒乱にふけっています

  • I know what you're thinkingwhat does this  have to do with the power of their militaries?  

    何を考えているのかは分かるが、これが彼らの軍隊の力と何の関係があるのだろうか?

  • Although drinking is a skill that might be  impressive on a wild night out on the town,  

    お酒は、街でのワイルドな夜には印象的かもしれないスキルですが。

  • it's not a positive thing during  combat. It's important for soldiers  

    戦闘中にはプラスにはなりません。兵士にとって重要なのは

  • to keep their mental health stable  over extended periods of combat.

    長時間の戦闘でも精神的に安定した状態を維持するために

  • The soldiers might use alcohol as a way  of coping with difficult experiences they  

    兵士たちは、困難な経験に対処する方法としてアルコールを使用することがあります。

  • encounter during the military instead of  talking about them. Over half of British  

    語るのではなく、軍の中での出会いを語る。イギリス人の半数以上が

  • servicemen and women drank at a level that  could harm their health in 2018 — most likely  

    軍人や女性が2018年に健康を害する可能性があるレベルで飲酒していた - 最も可能性が高い

  • to self-medicate for mental health conditions like  PTSD (post-traumatic stress syndrome). Similarly,  

    PTSD(心的外傷後ストレス症候群)のような精神的健康状態のためにセルフメディケーションを行うことがあります。同様に

  • alcohol as a coping mechanism is  a huge problem among veterans.

    アルコールは退役軍人の間で大きな問題となっています。

  • Wow, things just got dark. Back  to a more light-hearted topic.

    うわー、暗くなってきた。明るい話題に戻ろう。

  • You can't mention the drinking preferences  of the British without mentioning their  

    イギリス人のお酒の好みには触れずにはいられない

  • ultimate beverage of choice: tea. In  contrast, the US prefers coffee. Does  

    究極の飲み物といえば紅茶。対照的に アメリカはコーヒーを好んでいますは、コーヒーの方が好きなのでしょうか?

  • this affect the combat performance  of either side? Time to find out.

    これはどちらかの側の戦闘能力に影響を与えるのか?調べる時が来た

  • Many British tanks and armored vehicles  are fitted with water boiling devices.  

    イギリスの戦車や装甲車の多くには、水を沸かす装置が装備されています。

  • Cube-shaped kettles enable the troops to  boil water inside the protection of a tank  

    キューブ型のやかんは、軍隊が戦車の保護の中でお湯を沸かすことを可能にします。

  • and drink tea to their heart's contentMaybe that's why the British were willing  

    と心ゆくまでお茶を飲んでいました。 イギリス人が喜んで

  • to sacrifice the sturdiness of  their vehicles in Afghanistan...

    アフガニスタンでの車両の頑丈さを犠牲にして...

  • This might seem a bit eccentricnot to mention  pointlessbut hear us out. During World War 2,  

    これは少し奇抜に見えるかもしれませんが、無意味であることは言うまでもありませんが、最後まで聞いてください。第二次世界大戦中。

  • a large number of fatalities were caused by  crew members having to leave the safety of  

    多くの死者を出したのは、乗組員が安全な場所を離れたことによるものでした。

  • their tanks when they needed a break. There  was only one reasonable solution: to let them  

    彼らが休憩を必要とした時には タンクの中に入っていました一つだけ合理的な解決策がありました。

  • make a “brewinside the tank. That way, the  troops were less of a target for enemy fire.

    戦車の中で "醸造酒 "を作るんだそうすれば、部隊は敵の砲火の標的になりにくくなりました。

  • Ten out of ten for ingenuity. Who knows, maybe  this could be their secret weapon in a future war?  

    10点満点中10点だ誰が知っているか、もしかしたらこれは将来の戦争で彼らの秘密兵器になるかもしれない?

  • There's nothing like a fresh brew to keep an  army going. But don't discount the Americans,  

    軍隊を維持するために新鮮な飲み物は何もありません。しかし、アメリカ人を見くびってはいけない。

  • because they also seem to recognize the  importance of a lovely warm beverage.

    なぜなら、彼らはまた、素敵な温かい飲み物の重要性を認識しているように見えるからです。

  • The US army aims to ensure coffee is always  available to its soldiers, whether in ration  

    米軍は、配給制かどうかにかかわらず、常にコーヒーを兵士に提供できるようにすることを目指しています。

  • packs or at garrisons. But sometimes there are  shortages, so improvisation comes into play to  

    パックや駐屯地で。しかし、時には不足していることもあるので、即興で

  • give the soldiers their daily fix. During the  Korean War, some soldiers indulged insock”  

    兵士たちに毎日の糧を与えていました。朝鮮戦争の間、一部の兵士は「靴下」にふけっていた。

  • coffeecoffee filtered using a sock Or, if  the worst comes to the worst, they'd just mix  

    coffee - coffee filtered coffee using a sock or, if the worst to the worst comes to the worst, they'd just mix

  • instant coffee granules with cold water  and down it like a shot of vodka. Lovely.

    インスタントコーヒーの顆粒を冷水で冷やし、ウォッカのショットのようにそれをダウンさせます。素敵ですね。

  • It's worth it to have that caffeine coursing  through your veins ready for a battle. Clearly,  

    カフェインが静脈に流れているのは 戦いに備えているからだ明らかに

  • both sides have their vices, but we'll have to  give the Brits the edge on this one, based purely  

    賛否両論あるが、これは英国に有利と言わざるを得ない

  • on the fact that they're less likely to drop dead  from swallowing some questionable feet fungi.  

    怪しげな足の菌類を飲み込んで死んでしまう可能性が低いという事実について。

  • In this capitalist world, soldiers aren't  just fighting for their national pride or  

    この資本主義の世界では、兵士は国の誇りのためだけに戦っているのではなく

  • a noble cause. They also want to  receive their paycheck at the end  

    崇高な大義のために彼らはまた、最後に自分の給料を受け取りたいと思っています。

  • of it all. The draft ended in 1973  after the Vietnam War in the USA,  

    のすべてを。徴兵制はアメリカのベトナム戦争後の1973年に終了しました。

  • making the army a professional, career  orientated force. In the British Army,  

    軍隊をプロのキャリア志向の部隊にする。イギリス陸軍では

  • the National Service officially ended in 1960, and  it transformed into a professional army in 1963.

    国家公務員は1960年に正式に終了し、1963年にはプロの軍隊へと変貌を遂げました。

  • So, who gets the fattest check?

    で、誰が一番太ったチェックを受けるの?

  • New recruits in the British Army start on a salary  of £15,985 a year in training, soon going up to  

    英国陸軍の新兵は、訓練中に年間15,985ポンドの給与で始まり、すぐに次のようになります。

  • £20,400 when becoming a Private. After a few  years, if they can reach the rank of a Sergeant,  

    二等兵になると20,400ポンド。数年後、軍曹の階級に達することができれば

  • the salary would go up to £35,853  a year. That's around $46,000.

    給料は年間35,853ポンドまで上がります約46,000ドルです

  • In the US Army, new recruits can expect to  earn $24,512 a year as a Private First Class  

    アメリカ陸軍では、新兵は一等兵として年間24,512ドルの収入を期待できます。

  • after initial training. A Sergeant  earns anything up to $29,610 a year.

    初期訓練の後に軍曹は年収29,610ドルまで何でも稼ぎます。

  • We have a clear winner here. Let's  hope the Americans don't find out,  

    ここでは明確な勝者がいます。アメリカ人にバレないことを祈ろう

  • or they could end up switching sidesNow, that would be an interesting war

    鞍替えしてしまうかもしれない それは面白い戦争になるだろう...

  • With so much more money, you'd hope  the British soldiers would go through  

    これだけ多くのお金があれば、イギリスの兵士たちには

  • a half-decent training programLet's find out if that's the case.

    中途半端な研修 そうかどうか調べてみましょう。

  • In the UK, most soldiers complete a 14-week Common  Military Syllabus, followed by specialist training  

    英国では、ほとんどの兵士が14週間の共通軍事シラバスを修了し、その後、専門的な訓練を受けます。

  • for different trades and divisions. US soldiers  train for slightly less timethey complete a  

    のために、さまざまな職業や師団のために訓練します。米軍兵士の訓練時間はわずかに短い - 彼らは

  • 10-week Basic Combat Training course, then  complete more career-orientated training.

    10週間の基本的な戦闘訓練コースを受講した後、より多くのキャリア志向の訓練を修了します。

  • Overall, both countries offer a similar  style of training based on fitness,  

    全体的に見ると、両国ともフィットネスをベースにしたトレーニングのスタイルが似ています。

  • discipline and weaponry. It's hard to  say that one country is definitively  

    規律と兵器一国が決定的に

  • superior here. But there is one key  differencethe age of the recruits.

    ここが優れているしかし、1つの重要な違いがあります。それは採用者の年齢です。

  • A US soldier must be 17 to join the forces with  parental consent, or 18 without the consent.  

    米兵は17歳で親の同意を得て入隊するか、18歳で同意なしで入隊する必要があります。

  • Meanwhile, Brits can join at the age  of 16 if they have parental consent,  

    一方、英国人は親の同意があれば16歳でも加入できる。

  • making the UK the only NATO country to recruit  young people into its military at age 16. It's a  

    イギリスを唯一のNATOの国にして 若者を16歳で軍隊に入れていますそれは

  • controversial policy considering these recruits  must then remain in the army until they're 22,  

    新兵は22歳まで軍隊に残らなければならないことを考えると、物議を醸している政策です。

  • and they can't even vote or  drink alcohol until they turn 18.

    で、18歳にならないと投票もできないし、お酒も飲めない。

  • With literal boys among them who might  have joined the forces as a rash decision,  

    軽率な判断で合流した可能性のある文字通りの少年たちと。

  • could British soldiers be flakier and less  mature than their US counterparts? Or is  

    イギリスの兵士は、アメリカの兵士よりも薄っぺらくて成熟していないのでしょうか?それとも

  • their youth just testament to how tough they are?

    彼らの若さは、彼らがどれだけタフかの証なのか?

  • But this is just the beginning. Average soldiers  might make up the bulk of the army, but what about  

    しかし、これはほんの始まりに過ぎない。平均的な兵士が軍隊の大部分を占めるかもしれませんが、どうでしょうか?

  • the guys that are really, really well-trainedWe're talking about elite Special Forces.

    それは、本当に、本当によく訓練されている人たちですか? エリート特殊部隊の話をしています。

  • The British army has the famous SAS, or Special  Air Service. Founded during WW2, it's one of the  

    イギリス陸軍には有名なSAS(特殊空挺部隊)があります。第二次世界大戦中に創設されたもので、その一つが

  • oldest Special Forces and has the highest entry  requirements of all British forces. With the  

    最古の特殊部隊であり、全英軍の中で最も高いエントリー要件を持っています。を持っています。

  • mottoWho Dares Wins,” the SAS is respected  and feared across the globe in equal measure.

    モットー「Who Dares Wins」は、SASは世界中で尊敬され、恐れられています。

  • It's heavily involved in reconnaissance and  counterterrorism, meaning most of their work  

    偵察とテロ対策に大きく関与しており、彼らの仕事のほとんどを意味しています。

  • is below the radar and people like us  can't get too nosy about it. However,  

    はレーダーの下にあるので、私たちのような人はあまりおせっかいはできません。しかし

  • they do plenty of cool and hardcore  stuff, like rescuing hostages.

    人質を救出するようなクールでハードコアなことをたくさんやっています。

  • Not to be outdone, the US army has the  highly respected and admired Delta Force,  

    侮れないのは、米軍には尊敬され、賞賛されているデルタフォースがあることだ。

  • also known as the 1st Special Forces  Operation Detachment. Formed in 1977,  

    第1特殊部隊作戦分遣隊としても知られています。1977年に結成。

  • it's known as one of the most secretive US forces  and specializes in counterterrorism and hostage  

    米軍の中でも最も秘密主義的な部隊の一つとして知られていて テロ対策と人質を専門としています。

  • rescue. Sounding familiar yet? Allegedly, the  Delta Force was modeled on the British SAS.

    救出します聞き覚えがありますか?デルタフォースはイギリスのSASを モデルにしていたと言われています

  • We want to give the Brits the  point here for sheer originality,  

    ここでイギリス人にポイントを与えたいのは、純粋なオリジナリティです。

  • but it's not exactly good news for them if  the Americans know the training secrets and  

    しかし、アメリカ人が訓練の秘密を知っていたら、彼らにとっては良いニュースではありません。

  • operations of their elite forces. That's  a rookie error if ever there was one,  

    エリート部隊の作戦だこれは新人のミスだな

  • especially when there are way more US  soldiers and they have better equipment.

    特に米兵の数がはるかに多く、より良い装備を持っている場合。

  • What about the heads of the armies? The  US Army serves the government of the USA,  

    軍隊の長はどうするの?アメリカ陸軍はアメリカ政府に仕えています。

  • making the President of the US the Commander  in Chief. Meanwhile, the British army serves  

    アメリカ大統領を最高司令官にしています。一方、イギリス軍は

  • Her Majesty the Queen as Head of the Armed  Forces, who is also their Commander in Chief.

    女王陛下は軍の最高司令官でもあります。

  • Her Majesty the Queen Elizabeth is closely tied to  the British military, having been a wife, mother,  

    エリザベス女王陛下は、妻であり、母であり、イギリス軍と密接に結びついています。

  • and even grandmother of individuals serving in  the armed forces. During World War 2, the Queen,  

    そして、軍に仕えている個人の祖母でさえも。第二次世界大戦中、女王は

  • who was then Princess Elizabeth, joined  the Auxiliary Territorial Service herself  

    エリザベス女王が自ら補助兵役に就きました。

  • and learned to maintain and drive  military vehicles and ambulances.  

    と軍用車や救急車の整備と運転を学びました。

  • She even achieved the rank of honorary  Junior Commander whilst doing her part for  

    彼女は自分の役割を果たしながら、名誉中佐の地位にまで上り詰めた。

  • the war effort. By comparison, the current  US president- as of this script's writing-  

    戦争のための努力である。それに比べて、この脚本を書いている時点でのアメリカの現大統領は

  • claimed to suffer bone spurs when it was his  time to serve his country. Points here for  

    祖国に仕える時に骨棘を患ったと主張ここでのポイント

  • the badass monarch up to her elbows in grease  fixing combat vehicles and serving her country.

    戦闘車両を修理して国に奉仕している悪党君主。

  • Overall, the British and American  armies are matched fairly evenly  

    全体的には、英米軍はかなり均等にマッチしています。

  • in terms of their training and structure  — it doesn't exactly come as a surprise  

    彼らのトレーニングと構造の面では、それは必ずしも驚くべきことではありません。

  • considering their histories are so closely  linked. Realistically, the Americans would  

    歴史が密接にリンクしていることを考えると現実的には、アメリカ人は

  • likely have the upper hand in any war against  the Brits due to sheer manpower and weaponry,  

    おそらくイギリスとの戦争では、圧倒的な兵力と武器のために優位に立つことができるでしょう。

  • but let's hope the two sides can settle their  differences over a cup of teaor coffee.

    しかし、両者の違いをお茶やコーヒーで解決できることを期待しましょう。

  • Now, check out our India and  China military comparison and  

    では、インドと中国の軍事比較と

  • our India versus Pakistan comparison.

    インドとパキスタンの比較

It's 2025, and after a strange shift  in geopolitics and world powers,  

2025年、地政学と世界の勢力が奇妙な変化を遂げた後のことです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 イギリス アメリカ 兵士 軍隊 米軍 訓練

アメリカ兵(アメリカ)VSイギリス兵 - 陸軍・軍事比較2021年 (American Soldier (USA) vs British Soldier - Army/Military Comparison 2021)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 10 日
動画の中の単語