Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Part of the reason why many of us have a tangled and unhelpful relationship to sleep can be

    私たちの多くが睡眠にもつれや助けにならない関係を持っている理由の一部は、次のようなことが考えられます。

  • traced back to the way we first learnt about the subject many years ago. Parents of small

    何年も前に初めて習ったことにさかのぼります。小さな

  • children tend to be very careful about bedtimes. They favour early nights, they give their

    子供たちは寝る時間を 慎重にする傾向があります彼らは早寝早起きを好み

  • babies plenty of naps throughout the day, they think a lot about black-out curtains,

    赤ちゃんは一日中昼寝をたくさんして、彼らはブラックアウトカーテンについて多くのことを考えています。

  • they are quick to diagnose many instances of bad temper as stemming from a background

    勘違いも甚だしい

  • deficit of rest and while they may be indulgent in some areas, they are likely to be entirely

    休養不足で、一部では甘やかされているかもしれませんが、全体的にはそうである可能性が高いです。

  • implacable in any negotiation over routines: seven p.m. lights out, no ifs ands or buts.

    決まり事の交渉には 屈しない 午後7時に消灯している

  • None of this is remotely altruistic: tired small children are a nightmare to look after.

    これはどれも遠隔的に利他的なものではありません:疲れた小さな子供たちの世話をするのは悪夢です。

  • Every reversal becomes a drama, every disappointment turns into a catastrophe and every excitement

    一発逆転はドラマになり、失意は破局になり、感動は感動に変わる

  • shifts into mania. A half-way decent adult existence is impossible alongside a tired

    躁状態に移行する。中途半端にまともな大人の存在は、疲弊した大人と一緒では不可能です。

  • child. Self-interest necessitates totalitarianism.

    子供のことを考えています。私利私欲は全体主義を必要とする。

  • But while a draconian philosophy is useful in the early years, it can set up an awkward

    しかし、ドラコン的な哲学は初期には有用ですが、それは気まずい設定をすることができます。

  • dynamic in an off-spring's mind as adolescence sets in. Growing up and asserting one's

    思春期を迎えた子供の心の動き。大人になって自分を主張すること

  • independence and individuality can then become associated with a newly defiant and cavalier

    独立性と個性は、新たに反抗的で臆病になることがあります。

  • approach to bedtimes. Not for a newly empowered young adult the strictures and denying rules

    就寝時間へのアプローチ新たに力を与えられた若い大人のためにではなく、規則を否定することは、制約と

  • of the past. Why bother to put the light out by ten or even midnight or one in the morning,

    の過去。なぜわざわざ10時や夜中や朝の1時までに明かりを消すのか。

  • given that one is so obviously no longer a toddler?

    1つは明らかにもはや幼児ではないことを考えると?

  • What is thereby missed is how much every adult shares in a young child's sensitivity to

    それによって見逃してしまうのは、幼い子供の感性を大人がどれだけ共有しているかということです。

  • a shortfall of sleep. Just like our younger selves, we do not have an impregnable command

    睡眠不足若い頃の自分と同じように、私たちは難攻不落のコマンドを持っていません。

  • over a reasonable view of our own prospects or condition. There are many different ways

    自分自身の見通しや状態を合理的に捉えることよりも様々な方法があります

  • of telling the story of our lives, ranging from an optimistic tale of progress mixed

    進歩の楽観的な物語から、私たちの生活の物語を語ることの

  • with noble defeats to a tragic narrative of thorough-going stupidity and unforgivable

    徹底した愚行と許しがたい悲劇の物語に壮絶な敗北をもってして

  • errors. What can determine the difference between madness and sanity may be nothing

    のエラーが発生します。狂気と正気の違いを判断できるものは、何もないのかもしれません。

  • grander, but then again nothing more critical, than how long our minds have been allowed

    もっと大きなことだが、それにしても、私たちの心がどのくらいの期間許されているかよりも、もっと重大なことは何もない。

  • to lie on a pillow in the preceding hours.

    を使って、前の時間に枕の上に横になってみましょう。

  • It's especially unfortunate that this connection is so easy to miss. No bells go off in our

    特にこの接続が簡単に失敗してしまうのは不幸なことです。私たちの中では何の鐘も鳴らない

  • minds warning us that we are running low on nocturnal nectar. As a result, we start to

    夜行性の蜜が不足していると 警告しているのですその結果、私たちは

  • believe many dark things with doomful ease: that our relationship is over, that everyone

    縁は切れた、誰もがそうだ、と暗に信じている

  • hates us, that our lives are meaningless and that human existence is a cosmic joke 'When

    私たちを憎み、私たちの人生は無意味であり、人間の存在は宇宙的なジョークであると。

  • we are tired, we are attacked by ideas we conquered long ago,' knew Friedrich Nietzsche.

    我々は疲れている、我々はずっと前に征服したアイデアに襲われている」とフリードリヒ・ニーチェは知っていた。

  • We go mad from tiredness long before we notice the role of exhaustion in stealing our sanity.

    私たちは、正気を奪うための疲労の役割に気づくずっと前に、疲労から気が狂いそうになります。

  • The thinking we do when tired is vindictive and sloppy. It misses important details, it

    疲れている時にする思考は、執念深くずさんなものです。それは重要な詳細を見逃し、それは

  • gives the advantage over to our enemies, it hands victory to the evangelists of sadness.

    私たちの敵に優位性を与え、悲しみの伝道者に勝利を手渡します。

  • Being careful doesn't just apply to the night. At varied points in the day, when possible

    注意することは夜だけではありません。日中の様々な時間帯に、可能であれば

  • and we are overwhelmed, we should know to stop, hoist the white flag and have a nap.

    と私たちは圧倒されている、私たちは停止し、白旗を掲揚し、昼寝をしていることを知るべきである。

  • When we lie in bed, it makes sense to think of ourselves as akin to a smaller, furry mammal,

    私たちがベッドに横たわっているとき、私たちは自分自身をより小さく、毛皮のような哺乳類のように考えるのは理にかなっています。

  • a rabbit or perhaps a squirrel. We should lift our knees up very close to our chests

    うさぎかリスかもしれない膝を上げて胸に近づけよう

  • and pull the duvet over our heads. We might soak a whole patch of the pillow with our

    布団を頭の上に引っ張って枕の一部分を全部

  • tears. We should - metaphorically - stroke our own weary foreheads as a loving adult

    涙。私たちは - 比喩的に - 愛する大人として、疲れた自分の額を撫でるべきです。

  • might once have done. Grown-up life is intolerably hard and we should be allowed to know and

    していたかもしれません。大人になってからの人生は耐え難いほど辛いものであり、私たちはそれを知ることを許されるべきです。

  • lament this.

    これを嘆く。

  • We shouldn't feel weird in our weepy squirrel position. Other people go to immense lengths

    泣き虫のリスの立場で変な感じになってはいけません。他の人たちは、計り知れないほどの長さを

  • to hide that they do, or would like to do, the very same sort of thing. We need to know

    同じようなことをしていることを 隠そうとしているのです私たちは知る必要があります

  • someone extremely well - better than we know 99% of humanity - before they will let us

    人知を超えた人が、私たちの前に

  • in on the scale of their despair and anxiety and their longings for a cosy, safe nook.

    彼らの絶望と不安、居心地の良い安全な部屋への切望の規模で。

  • It looks child-like but it is in fact the essence of adulthood to recognise, and give

    子供っぽく見えますが、実際にはそれを認識し、与えることが大人の本質です。

  • space for, one's regressive tendencies.

    自分の退行傾向のためのスペース。

  • What the curled squirrel position indicates is that not all mental problems can be solved

    くるりとしたリスの位置が示すのは、すべての精神的な問題が解決できるわけではないということです。

  • by active reasoning. Not thinking consciously should also be deemed a part of the mind's

    能動的な推論によって意識的に考えないことも、心の

  • work. Being curled up in bed allows our minds to do a different sort of thinking, the sort

    仕事をしています。ベッドで丸くなっていることで 心が別の思考をすることができます

  • that can take place when we are no longer impatiently looking for results, when the

    結果を求めて焦らなくなったときに起こることがあります。

  • usual hectoring conscious self takes a break and lets the mind do what it will for a time.

    いつもの叱責意識のある自分は休憩を取り、心はそれが時間のために何をすることができます。

  • It is then, paradoxically, that certain richer, more creative ideas can have the peace and

    それは逆説的に言えば、ある種の豊かで創造的なアイデアが、平和と

  • freedom to coalesce - as they may do when we are out for a walk in the countryside or

    合体の自由 - 田舎を散歩しているときや、外に出ているときのように

  • idling while having a drink in a cafe. Thinking isn't what we do best when it's all we're

    喫茶店で飲みながらアイドリングしていると考えることが一番の仕事ではありません。

  • meant to do.

    することになっています。

  • There remain plenty of reasons to live. We simply may not be able to see them until we

    生きる理由はたくさん残っています。私たちは、単に、私たちが

  • have allowed ourselves the privilege of a weepy nap or a long night's sleep.

    泣きそうな昼寝や長い夜の睡眠の特権を自分たちに許してしまった。

Part of the reason why many of us have a tangled and unhelpful relationship to sleep can be

私たちの多くが睡眠にもつれや助けにならない関係を持っている理由の一部は、次のようなことが考えられます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 大人 昼寝 リス 睡眠 疲れ 子供

睡眠とメンタルヘルス (Sleep and Mental Health)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 10 日
動画の中の単語