Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • -My first guest tonight is a 16-time Grammy winner.

    -今夜の最初のゲストはグラミー賞16回受賞者です。

  • Grammy winner!

    グラミー賞受賞!

  • And he is in the Rock & Roll Hall of Fame. Well deserved.

    そして彼はロックの殿堂入り。それに値する

  • His band Foo Fighters are celebrating more than 25 years

    彼のバンド、フー・ファイターズは25周年を迎えました。

  • of making awesome music together with the release

    リリースと一緒に素晴らしい音楽を作ることの

  • of their new album, "Medicine at Midnight."

    ニューアルバム "Medicine at Midnight "を発表しました。

  • Listen to it now.

    今すぐ聞いてみてください。

  • Here is Dave Grohl!

    デイブ・グロールです!

  • Oh, my goodness, Dave Grohl, it is great to see you.

    デイブ・グロール 会えて嬉しいよ

  • Thanks so much for coming on the show.

    番組に来てくれてありがとう

  • Congrats on the new album, "Medicine at Midnight."

    ニューアルバム「真夜中の薬」の発売おめでとうございます。

  • This just came out on Friday.

    これは金曜日に出てきたばかり。

  • But you were going to release it last year, correct?

    でも去年発売予定だったんですよね?

  • -Well, yeah. So, we actually --

    -そうだなだから実際に...

  • We started recording this record like mid-2019.

    このレコードのレコーディングを始めたのは2019年の半ばくらいからです。

  • And we were like,

    そして、私たちは、そのような感じでした。

  • "2020 is going to be the best year our band has ever had."

    "2020年はバンドにとって最高の年になるだろう"

  • We're like, "It's our 25th anniversary.

    私たちは「25周年なんですよ。

  • It's our 10th record. We're going to tour the world.

    10枚目のレコードです。世界ツアーをすることになりました。

  • There's, like, stadiums.

    スタジアムがあるんだ

  • So let's make a party record.

    ということで、パーティーの記録を作ってみましょう。

  • Yeah, we'll make these songs that have, like, groove,

    そうだな、グルーヴ感のある曲を作るんだ。

  • and they're going to make people bounce.

    と人を跳ねさせる。

  • And it's going to be the stadiums --

    そして、それはスタジアムになるだろう...

  • festivals are gonna --" And then everyone went just pbht!

    "フェスティバルは..."そして、みんながpbhtだけになってしまった!

  • -[ Laughs ] -No way it's gonna happen.

    -まさか、そんなことになるとは思わなかった。

  • And so we basically just sat on it.

    だから基本的には座っているだけだった

  • We were like, "Okay, let's wait.

    私たちは「よし、待とう。

  • Let's wait for a while and see if things go back to 'normal.'"

    "しばらく待って様子を見ましょう"

  • And then after like eight months,

    そして8ヶ月後には

  • it was like, "Dude, just put it out!

    って感じだったんですが、「おい、いいから出してくれよ!」って感じです。

  • Come on! Let's give it to the people.

    頑張れ!民衆に与えよう。

  • Let's go." So that's it.

    "行きましょう"(YOU)そうそう...

  • -How does it feel to finally have it out?

    -(徳井)やっと出した時の気持ちは?

  • -I mean, I've never given birth before.

    -出産したことないんだよね

  • -[ Laughs ]

    -[ Laughs ]

  • -Women hate when you compare anything to childbirth.

    -(山里)何でもかんでも出産に例えると 女の人は嫌がりますよね

  • -Uh-huh. -But honestly, it's just like --

    -正直言って...-正直言って...

  • [ Groaning ] And they're like --

    [ Groaning ] And they're like --

  • [ Mimicking crying ]

    [ Mimicking crying ]

  • And then you just give it up for adoption, is what you do.

    養子縁組のために手放すのが、あなたのすることです。

  • -I love it 'cause there's so many different sounds on this.

    -いろんな音があるから好きだよ

  • Someone has called it your party record.

    誰かがそれをあなたの党の記録と呼んでいます。

  • What inspired the different sounds in this one?

    この中の様々な音は何がきっかけで生まれたのでしょうか?

  • Just the 25 years?

    25年だけ?

  • -Yeah, I mean, honestly, like,

    -(美咲)そうだよね 正直言って

  • we looked back at all of the things that we'd done.

    と、今までのことを振り返ってみました。

  • And, you know, we've done, like, loud, dissonant,

    で、やったのは、派手な不協和音とか

  • heavy, sort of punk rock, crazy music.

    ヘビーでパンクロックのような、クレイジーな音楽。

  • And then, we've also done, like, lots of acoustic stuff,

    それから、アコースティックなこともたくさんやったよ。

  • and stuff that's more orchestrated and gentle,

    もっとオーケストレーションのとれた優しい曲もあるよ

  • and then everything in between.

    と、その間のすべてを

  • But the one thing that we had never really done was make

    でも、本当に作ったことがなかったのは

  • kind of, like, you know, like a groove-oriented --

    グルーヴを重視したような...

  • it's hard to call it a dance record.

    ダンスレコードとは言い難いですね。

  • Listen, if I say -- -No.

    聞いてくれ、もし俺が...

  • -If you put the word "dance" in the same sentence

    -同じ文章の中に「ダンス」という言葉を入れると

  • as Foo Fighters,

    フー・ファイターズとして

  • people are like, "I think I might throw --

    人は「投げようかな...

  • I think I just threw up in my mouth."

    "口の中で吐いただけだと思う"

  • Like, "You can't do that."

    "そんなことできないでしょ "みたいな

  • -I wouldn't say it's a dance record. No.

    -ダンス・レコードとは言えないな(アルマン)そうですね

  • But there are some grooves on here.

    しかし、ここには溝がある。

  • The title track is my jam, "Medicine at Midnight."

    タイトル曲は私のジャム "真夜中の薬 "です。

  • It's kind of like a Bowie,

    なんだかボウイみたいな感じです。

  • like almost like a "Let's Dance-y" type of --

    踊ろうぜ!って感じで

  • there might even be like -- [ Mimicking wood tapping ]

    there might be even like -- [ Mimicking wood tapping ]

  • there's that woodblock or something happening.

    あの木版画か何かが起きている。

  • You're like, "Mm! Oh!"

    あなたは「うむ!」って感じですね。おう!"

  • -It's got it in there. Well, this is the thing.

    -中に入ってるこれだよ

  • It's like, okay, so, we're roughly the same age,

    まあまあ、だいたい同い年なんですけどね。

  • grew up listening to rock bands that made albums

    アルバムを聴いて育った

  • that you could do the Molly Ringwald dance to,

    モリー・リングワルドのダンスを踊ることができます。

  • and, like, you know, albums that you could,

    とか、そんなアルバムがあったような。

  • like, kind of get down to, like David Bowie records

    デヴィッド・ボウイのレコードのように

  • or Rolling Stones records, and even long before that,

    やローリング・ストーンズのレコード、さらにはそれよりもずっと前から。

  • Sly and the Family Stone kind of stuff.

    スライとファミリーストーンみたいなもんだな

  • We were all raised on that type of music.

    みんなそういう音楽で育ってきたんだよ。

  • We never really figured that --

    私たちはそれを理解していませんでした...

  • We never thought we would apply that to what we do.

    それを自分たちの仕事に応用するとは思ってもいませんでした。

  • But I was like, "Why not?" -Yeah.

    (美咲)でも "いいじゃん "って思って-(美咲)うん

  • -You're like, "At this point, it's like everything

    -"この時点で全てが "って感じで

  • I say is a dad joke, everything I wear is a dad --

    私が言うのは親父ジョークであり、私が身に着けるものはすべて親父である。

  • they're, like, sweatpants and Crocs or whatever."

    "スウェットパンツにクロックスか何かだ"

  • So, I'm like, "Okay, it's time to -- let's do this.

    だから、「よし、そろそろ......これをやろう。

  • Like, I want to see a stadium doing this."

    "こんなことをしているスタジアムを見たい"

  • -Why not? -You know?

    -(美咲)何で?-(美咲)知ってる?

  • -No, it's such a good groove.

    -(徳井)いやー こんなにノリがいいんですね (馬場園)うん

  • You know I was gonna ask you, as far as Bowie,

    ボウイのことを聞こうと思ってたんだが

  • have you ever -- did you ever work with Bowie or meet him?

    ボウイと一緒に仕事をしたり 会ったことは?

  • -I did.

    -(アルマン)そうだね

  • A long, long time ago,

    ずいぶん昔のことです。

  • he had his 50th birthday party at Madison Square Garden.

    彼はマディソン・スクエア・ガーデンで50歳の誕生日パーティーを行った。

  • I think it was like 1997 maybe.

    1997年くらいだったと思います。

  • And we were invited to play at his birthday party.

    そして、彼の誕生日会に遊びに誘われました。

  • There were a lot of other artists there.

    他にもたくさんのアーティストがいました。

  • Billy Corgan from The Smashing Pumpkins was there,

    スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンがいました。

  • Robert Smith from The Cure was there, Charles from the Pixies,

    ザ・キュアのロバート・スミスもいたし、ピクシーズのチャールズもいた。

  • all these different artists, Sonic Youth.

    いろんなアーティストのソニック・ユース

  • And so we got to meet there.

    それで、そこで会うことになったんです。

  • And then not long after that, he was in Los Angeles,

    それから間もなく、彼はロサンゼルスにいました。

  • and I was asked by his guitarist if I wanted to come play drums

    とギタリストに誘われ、ドラムを叩きに来ないかと誘われました。

  • on a song that he was recording.

    彼がレコーディングしていた曲で

  • So I got to record with Bowie.

    だからボウイと一緒にレコーディングすることになったんだ。

  • I got to watch him step in front of a microphone,

    彼がマイクの前に立つのを見られた。

  • do one take perfectly,

    完膚なきまでにして

  • and the sound out of his mouth was David Bowie.

    と口から出た音はデヴィッド・ボウイだった。

  • It absolutely blew my mind.

    絶対に心に響いた。

  • And then years later,

    そして数年後には

  • I was asked to do a song for a movie soundtrack.

    映画のサントラの曲を依頼されました。

  • They didn't want the Foo Fighters. They just wanted me.

    彼らはフー・ファイターズを望んでいなかった私が欲しかったんだ

  • But I didn't feel comfortable just doing a solo thing.

    でも、ソロでやるだけでは落ち着かなかった。

  • So I thought, "Oh, I'll do an instrumental track

    そこで、「あ、インストゥルメンタルのトラックをやろうかな」と思って

  • and have someone else sing."

    "誰かに歌ってもらう"

  • So I contacted Bowie.

    それでボウイに連絡した。

  • And I said, "Here, listen to this thing.

    で、「ほら、これを聞いて。

  • Maybe you'd like to sing on it."

    "歌いたいんじゃないの?"

  • And time went by. I didn't hear anything.

    そして時は流れていった。何も聞こえなかった。

  • Finally, I got an e-mail back, and he said,

    ようやくメールが返ってきた。

  • "David, I like the instrumental, but this time --"

    "デヴィッド インストゥルメンタルは好きだけど 今回は・・・"

  • It was, like, a Marvel movie kind of thing.

    マーベル映画のようなものだった。

  • He's like, "This is not really my trip,

    彼は「これは本当に私の旅行じゃないんだ。

  • not my genre of film and stuff.

    映画とかのジャンルではなく

  • I'd love to work with you at some point.

    いつか一緒に仕事をしたいと思っています。

  • But I don't think this is the time."

    でも、今はその時ではないと思います。"

  • And so I'm sitting in my living room reading this like,

    居間に座ってこれを読んでいた

  • "Oh, my God, David Bowie writes e-mails.

    "なんと、デヴィッド・ボウイはメールを書いています。

  • This is blowing my mind right now."

    "これは今、私の心を吹き飛ばしています。"

  • So I immediately e-mailed back something very --

    それですぐにメールを送り返したんですが、とても...

  • I didn't want to take up more of his time.

    彼の時間をこれ以上奪いたくなかった。

  • -Yep. -So I said,

    -(山里)そうなんですよ (徳井)そうなんですよ

  • "Thanks for responding. I hope you're well. Take care."

    "お返事ありがとうございます。元気でいることを願っています。気をつけてね"

  • And then one minute later he e-mails back and he says,

    そして1分後にはメールが返ってきて、彼はこう言っています。

  • "Well, that's settled then.

    "じゃあ、これで決まりだな。

  • Now [bleep] off."

    今すぐに[ピッ]と音を消して"

  • -[ Laughs ] Come on. Come on!

    -笑うわよ。頑張れ!

  • -And I'm like, "Oh, my God. Holy crap.

    -とか言っていたのですがなんてこった。

  • David Bowie just told me to [bleep] off."

    デヴィッド・ボウイに言われたんだ"

  • And so I e-mailed back, and I hadn't seen him

    で、メールしたんだけど、会ってないんだよね。

  • since his birthday party at Madison Square Garden.

    マディソン・スクエア・ガーデンでの誕生日パーティー以来。

  • I said, "Well, I guess I'll see you in another 15 years."

    私は「じゃあ、また15年後に会いましょう」と言った。

  • And he goes, "Not if I see you first."

    "私が先に会ったらダメだ "って

  • -He's being funny.

    -(山里)面白いですよね (YOU)面白いですよね

  • -And I'm like -- Well, I didn't know that!

    -知らなかった!

  • I was like, "David Bowie thinks I'm an [bleep]!"

    "デヴィッド・ボウイは俺を "と思っている!

  • And so we went back and forth until I realized like,

    それで、私たちは行ったり来たりして、私が気づくまで...

  • "Oh, he's just being funny." Whatever.

    "ああ、彼はただ面白いだけだ"どうでもいいわ

  • But, yes, he was an incredible guy.

    でも、そうですね、すごい人でした。

  • And we wound up having these really funny

    そして、私たちは本当に面白いことをしました。

  • e-mail exchanges just out of the blue.

    いきなりのメールのやりとり

  • Like, he would e-mail me in like June and say,

    6月くらいにメールしてきて、こう言ってた。

  • "Well, happy new year."

    "新年おめでとうございます"

  • And I'd be like, "What?"

    そして、私は "何?"と思った。

  • And so then we'd go back and forth, and I'd say,

    それで、何度も行ったり来たりして、私が言ったんです。

  • "Drink some day, yes?"

    "いつか飲むんだよね?"

  • And he'd immediately e-mail back and say, "I will, thanks."

    彼はすぐにメールを返してきて "そうするよ ありがとう "と言ってくれた

  • And I'm like -- I couldn't tell, you know.

    そして、私は...私には分からなかった。

  • I'd say, oh, like, he's on a health kick.

    あーあ、健康に気を使ってるんだなー、とか言いたい。

  • I'm like, "Nuts and muffins?"

    私は「ナッツとマフィン?

  • And he'd e-mail back and say, "Those are my attorneys."

    彼はメールを送り返してきて "私の弁護士だ "と言っていた

  • -[ Laughs ] -[Bleep] like that.

    笑) -[笑] -[ピッピッピッ]みたいな。

  • -Nuts and muffins.

    -ナッツとマフィン

  • He's brilliantly funny.

    彼は見事に面白い。

  • I remember I went to some event once.

    以前、何かのイベントに行った記憶があります。

  • And I went, and I honestly put on a --

    そして、私は正直に...

  • I was such a fashion victim, but I put on a long raincoat,

    そんなファッションの犠牲になった私ですが、長めのレインコートを着ました。

  • like, a tan raincoat or something.

    日焼けしたレインコートとか

  • And I walked in, and I see Bowie.

    中に入るとボウイがいた。

  • It's full-on "Dancing in the Street."

    完全に "ダンシング・イン・ザ・ストリート "だな

  • Basically I'm wearing that, but I can't pull it off

    基本的にはそれを着ているのですが、抜けません

  • because I don't have his face or anything.

    だって顔も何もないんだもん。

  • So I walk in, and he's there with Iman,

    で、中に入ったら、彼がイマンと一緒にいて。

  • and I go, "How are you?

    と行くと、「お元気ですか?

  • He goes, "Raincoat? Really?"

    彼は「レインコート?"本当か?"って

  • I was like, "It's the whole thing."

    "全体的に "という感じでした。

  • It's so embarrassing. -Jimmy, oh, my God!

    恥ずかしいわ-ジミー!

  • You know what? Listen. I just remembered.

    何を知ってる?聞いてくれ思い出したんだ

  • Remember the Fourth of July at the White House?

    ホワイトハウスの7月4日を覚えていますか?

  • -[ Laughing ] Oh, my God. -Remember the Fourth of July

    -笑)何てこった。-7月4日を思い出せ

  • at the White House? I just remembered this.

    ホワイトハウスで?これを思い出した

  • -I was sweating my brains out.

    -汗だくになってたんだよ

  • -I know because you were wearing a three-piece suit.

    -スリーピースのスーツを着てたから知ってるよ

  • You looked like Mark Twain. I don't know.

    マーク・トウェインに似ていたどうかな

  • You showed up to the White House,

    ホワイトハウスに現れた

  • and I remember we walked upstairs to meet the President,

    大統領に会うために二階に上がったのを覚えています。

  • and he's wearing, like, khakis and Izod or whatever.

    カーキにアイゾットとか着てるし

  • And remember? He was like,

    覚えてる?彼はまるで...

  • "Damn, man, you're a little overdressed for a picnic."

    "ピクニックにしては着飾りすぎだな"

  • It was a picnic! -Totally making fun of me.

    ピクニックだよ!-(速人)めっちゃバカにしてたよね

  • Michelle -- They were laughing at me, because you guys come in.

    ミシェル -- 笑われてたわよ、あなたたちが入ってきたから。

  • I see you. I go --

    会ったわ私は...

  • I'm opening up for the Foo Fighters there.

    俺はフー・ファイターズのために 開いているんだ

  • It's for veterans.

    退役軍人のためのものです。

  • It was an outdoor thing.

    アウトドアな感じでした。

  • I'll do a little stand-up, something.

    ちょっとしたスタンドアップをします。

  • I'm wearing a three-piece suit.

    スリーピースのスーツを着ています。

  • I've never been invited to the White House.

    ホワイトハウスに招待されたことは一度もありません。

  • I'm freaking out. I see you. I go, "What's up?"

    怖くなってきた見えてきたよ。"どうしたの?"って言ったら

  • And you're just cool

    そして、あなたはクールなだけです。

  • and you're wearing, like, board shorts or whatever.

    あなたはボードショーツか何かを履いてる

  • And you were like, "Yeah, dude, are you hot?"

    君は "そうだ、君はセクシーか?"って感じで

  • And I go, "Yeah, I am. It's like 100 degrees."

    "ああ、そうだな "と思った。"100度だよ"

  • And Taylor was like -- Dude. I think Pat was like --

    テイラーは...パットは...

  • You all were kind of laughing like, "Put a T-shirt on, man.

    みんな "Tシャツ着ろよ "みたいな感じで笑ってましたね。

  • You don't have to. It's an outdoor event."

    なくてもいいんですよ。野外イベントなので"

  • I go, "I'm fine."

    私は "大丈夫 "と言いに行く。

  • And we all walked up.

    そして、みんなで歩いて上がってきました。

  • You guys talked to the President

    あなたたちは大統領に話をした

  • and Michelle for a while, the First Lady.

    とミッシェルをしばらくファーストレディにしていました。

  • And then I got walked in, totally covered in sweat.

    汗まみれになって入ってきました。

  • Sweating through my collar. It was a different color shirt.

    襟元から汗をかいて色違いのシャツだった。

  • And they both were laughing.

    と二人で笑っていました。

  • And Michelle was like, "Can I loosen your tie?"

    ミシェルは「ネクタイを緩めてもいい?」って言ってた。

  • And, yeah, President Barack Obama said,

    そして、そうそう、バラク・オバマ大統領が言っていました。

  • "Jimmy, didn't you get the memo? It's a barbecue."

    "ジミー メモを見なかったのか?"バーベキューだ"

  • -[ Laughs ]

    -[ Laughs ]

  • That's right! I remember.

    そうだ!思い出した

  • But you know what? The other thing I remember is,

    でもね、あのね。もう一つ覚えているのは

  • like, when we first got there, of course, you know,

    最初に行った時のように、もちろん、ね。

  • there's Secret Service

    シークレットサービスがある

  • and all this security and stuff like that.

    とか、セキュリティとかそういうのを

  • And we're like -- It's us and a road crew.

    俺たちは...俺たちとロードクルーだ。

  • So, like, we're like pirates, okay?

    海賊みたいなもんだろ?

  • We're setting up.

    準備をしています。

  • And there was someone that briefed us,

    そして、私たちに説明してくれた人がいました。

  • and they basically said, "Here's the deal.

    と言って、基本的には「これで決まりだ」と言っていました。

  • If anyone has to use the bathroom,

    トイレを使わなければならない人がいたら

  • there's bathrooms over there, there's bathrooms over there.

    あそこにもトイレがあるし、あそこにもトイレがある。

  • Whatever you do, don't go pee in the bushes,

    何をするにしても、茂みにおしっこをしに行くな。

  • because there's people in the bushes."

    "茂みに人がいるから"

  • We're like, "Wow!"

    "うわー!"って感じです

  • -It's the White House.

    -ホワイトハウスだ

  • It's the White House. -Yeah.

    ホワイトハウスだよ-(アルマン)そうだね

-My first guest tonight is a 16-time Grammy winner.

-今夜の最初のゲストはグラミー賞16回受賞者です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TheTonightShow ボウイ メール デヴィッド レコード ホワイト

デヴィッド・ボウイに拒絶されたデイヴ・グロール (Dave Grohl Got Rejected by David Bowie)