Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On April 29th, 2019, the Parkes Radio Telescope in Australia was trained on our nearest galactic

    2019年4月29日、オーストラリアのパークス電波望遠鏡は、私たちの最も近い銀河の

  • neighbor- Proxima Centauri.

    隣のケンタウリ島だ

  • A small red dwarf roughly an eighth the size of our own sun, Proxima Centauri nonetheless

    太陽の約8分の1の大きさの小さな赤色矮星であるにもかかわらず、プロキシマ・ケンタウリは

  • has been a candidate for Breakthrough Listen- a privately funded multi-million dollar initiative

    は、民間の数百万ドルのイニシアチブに資金を提供し、ブレークスルー Listenの候補となっています。

  • to conclusively discover evidence of alien life by listening in on its transmissions.

    通信を盗聴して宇宙人の証拠を決定的に発見すること。

  • That's because out of a possible three planets in orbit around our closest galactic neighbor,

    それは、私たちの最も近い銀河系の隣人の周りを周回している3つの可能性のある惑星のうちの1つだからです。

  • just four light years away, Proxima Centauri b sits comfortably on the habitable zone of

    わずか4光年の距離にあるプロキシマ・ケンタウルス座は

  • its parent star.

    その親星。

  • And on that fateful day in 2019, scientists may have recorded the first evidence of intelligent

    そして2019年の運命的な日に 科学者たちは知的生命体の最初の証拠を 記録したかもしれません

  • extraterrestrial life.

    地球外生命体

  • Scanning Proxima Centauri for signs of solar flares, the Parkes radio telescope recorded

    ケンタウリ座プロキシマをスキャンして太陽フレアの兆候を確認したパークスの電波望遠鏡が記録した

  • something altogether different.

    全く別のもの。

  • Buried amidst the radio noise being blasted out by the red dwarf was something unique,

    赤い小人が吹き出すラジオのノイズの中に埋もれていたのは、何かユニークなものだった。

  • a single narrowband transmission at a frequency of 982.02 MHz.

    周波数982.02MHzの単一狭帯域伝送。

  • What's more, the signal repeated a total of five different times.

    さらに、この信号は合計5回繰り返された。

  • The signal was discovered by researchers working for the Breakthrough Listen initiative, a

    この信号を発見したのは、ブレイクスルー・リッスン・イニシアチブの研究者たちです。

  • program aimed at discovering intelligent alien life funded by Russian billionaire Yuri Milner.

    ロシアの億万長者ユーリ・ミルナーが資金を提供した 知的なエイリアンの発見を目的としたプログラム。

  • Breakthrough Listen is SETI on steroids, with a survey that will eventually include over

    Breakthrough Listenはステロイド上のSETIであり、最終的に含まれる調査では

  • a million stars in our own galaxy, and will even include over 100 galaxies outside of

    私たちの銀河系には100万個の星があり、銀河系外の100個以上の銀河も含まれています。

  • our own.

    私たちの

  • But because aliens might be trying to communicate in ways other than radio, Breakthrough Listen

    しかし、宇宙人はラジオ以外の方法で通信しようとしているかもしれないので、突破口は聞きます。

  • will also use extremely sensitive telescopes to look for laser signals amidst the light

    はまた、光の中でレーザー信号を探すために非常に敏感な望遠鏡を使用します。

  • put out by millions of stars.

    何百万人ものスターが出した

  • Large, powerful lasers could put out concentrated light that a distant civilization would instantly

    大型で強力なレーザーは、遠くの文明が瞬時にするであろう集中した光を出すことができました。

  • recognize as being artificial, and has thus been proposed as one of several extremely

    人為的であると認識されているため、いくつかの非常に極端なものの一つとして提案されています。

  • likely ways civilizations may signal each other from across the galactic void.

    文明が銀河系の隙間からお互いに信号を送り合う可能性が高い方法。

  • At a total cost of $100,000,000, and after almost four years of operation, Breakthrough

    億ドルの総費用をかけて、約4年の運用期間を経て、ブレークスルー

  • Listen finally had compelling evidence of alien life.

    聞くことは、最終的にエイリアンの生命の説得力のある証拠を持っていた。

  • But this isn't the first time odd radio signals have been detected, so what makes BLC1 so

    しかし、奇異な電波が検出されたのはこれが初めてではありません。

  • unique, and why is it potentially alien in origin?

    なぜそれがエイリアンの可能性があるのか?

  • The first qualifier and what immediately got the attention of researchers is the narrowband

    最初の修飾子で、すぐに研究者の注目を集めたのは、狭帯域

  • nature of the signal.

    信号の性質。

  • Natural cosmic phenomena almost always produce broadband signals, and as of yet only humans

    自然の宇宙現象は、ほとんどの場合、ブロードバンド信号を生成し、今のところ人間だけが

  • are known to use narrowband radio signals.

    は狭帯域無線信号を使用することが知られています。

  • This has raised the possibility that the signal is in fact, human in origin.

    これにより、この信号は実際には人間由来のものである可能性が出てきました。

  • After all, the same sensitive telescopes being used to hunt for alien signals from stars

    結局のところ、同じ敏感な望遠鏡は、星からのエイリアンの信号を狩るために使用されています。

  • thousands of light years away are sensitive enough to be affected by interference from

    からの干渉の影響を受けるのに十分な感度を持っています。

  • the earth or space directly around it.

    地球やその周りの空間を直接見ることができます。

  • Sometimes, as in the case of one radio telescope facility, even a faulty microwave can cause

    ある電波望遠鏡施設の場合のように、故障したマイクロ波でも

  • false positives in the data.

    データの偽陽性

  • Yet if BLC1 is in fact coming from a man-made source, and at this point the responsible

    しかし、もしBLC1が実際に人工的に作られたものであり、この時点で責任のある

  • assumption is that it is not alien in origin and just human interference, then it must

    宇宙人が起源ではなく、人間が干渉しているだけだと仮定すると

  • be coming from a particularly perplexing source that astronomers have yet to pin down.

    天文学者たちがまだ突き止めていない 謎に包まれた源から来ているのかもしれません

  • That's because properties of the signal itself are extremely peculiar.

    それは、信号自体の性質が非常に特殊だからです。

  • For starters, the signal may not even be from Proxima centauri, as the signal originates

    手始めに、信号の発信源がプロキシマ・ケンタウリではないかもしれません。

  • from a sixteen foot wide circle around proxima centauri in the sky- that's quite a lot of

    プロキシマ・ケンタウルスの周りの16フィートの幅の円から

  • real estate.

    不動産のことです。

  • What is notable though is that when astronomers moved the telescope away from the signal and

    しかし、特筆すべきは、天文学者が望遠鏡を信号から遠ざけると

  • then back again hours later- a common technique to rule out earth interference- the signal

    数時間後に再び戻ってきて、地球の干渉を除外するための一般的な技術 - 信号

  • was still present.

    が残っていました。

  • In fact it would be detectable for thirty minute periods over several days.

    実際には、数日かけて30分程度の時間で検出されることになります。

  • Keep in mind that astronomers who were operating the telescope at the time did not even know

    当時、望遠鏡を操作していた天文学者たちは、このことを知らなかったことを覚えておいてください。

  • the signal was there- it was only discovered buried in the data a full year later.

    信号はそこにありました - それが発見されたのは、1年後のデータに埋もれていたからです。

  • Had they known it was there, they could have made even better observations which may have

    彼らがそれがそこにあることを知っていたら、彼らはより良い観察をすることができたかもしれません。

  • helped prove or disprove its alien origin.

    そのエイリアンの起源を証明したり、反証したりするのに役立ちました。

  • What's important is that the signal did in fact repeat in the same relatively small patch

    重要なのは、信号が実際に同じ比較的小さなパッチで繰り返されたということです。

  • of sky, and for up to thirty minutes at a time.

    空の、そして一度に30分まで。

  • This means the only realistic explanation for earth-based interference would be a satellite,

    つまり、地球に基づく干渉の唯一の現実的な説明は、衛星だろうということです。

  • yet for the signal to continue uninterrupted in such a small area of the sky would require

    しかし、そのような小さな空の領域で信号が途切れることなく続くためには

  • a satellite to be in an extremely high, and very slow moving orbit.

    衛星が非常に高く、非常にゆっくりとした軌道上にあること。

  • Otherwise, a normal satellite would simply move so fast that the signal would leave the

    そうでなければ、通常の衛星は、単に信号が

  • telescope's narrow listening cone after only a few minutes.

    わずか数分後に望遠鏡の狭いリスニングコーン。

  • Now this isn't the first time that astronomers have found an exciting signal from space,

    天文学者が宇宙からの刺激的な信号を発見したのはこれが初めてではありません。

  • only to discover later it was coming from an unregistered spy satellite.

    それが未登録のスパイ衛星から来ていたことを 後になって発見しました。

  • However, this satellite would have to be in an unrealistic orbit over the earth that would

    しかし、この衛星は、地球上の非現実的な軌道に乗らなければなりません。

  • seem to have little to no functionality for its operators.

    演算子の機能はほとんどないようです。

  • Even more damning is the fact that the signal does not modulate, meaning that there is no

    さらに有害なのは、信号が変調されていないという事実です。

  • information in the signal.

    信号の中の情報。

  • It's just a steady, clear tone- something that again, would have no known value to human

    それはただ安定した澄んだ音色で、人間にとっては何の価値もないようなものだ。

  • operators.

    演算子を使用しています。

  • Even more interesting is that the signal increased in frequency over time as it was observed,

    さらに興味深いのは、観測された信号が時間の経過とともに周波数が上昇したことである。

  • in the exact same way that a signal being broadcast from the surface of a planet or

    ばんそうこう

  • moon would do as the body it was stationed on slowly rotated in space.

    月は、宇宙空間でゆっくりと回転しながら、それが駐留していた体の上で行うことになるでしょう。

  • The only way this could be replicated in a man-made source would be if the object creating

    これが人工的なソースで再現される唯一の方法は

  • this transmission slowly increased its frequency for again, an unknown reason.

    この通信はゆっくりと周波数を上げていきました 理由は不明ですが

  • Detractors have pointed to the lack of information in the signal as making it unlikely to be

    信号の情報が不足していると指摘されています。

  • alien in origin, and as we mentioned earlier the signal does in fact not contain any information.

    そして、先に述べたように、信号には実際には何の情報も含まれていません。

  • It's simply a monotone broadcast that continues without interruption.

    単純にモノトーン放送が途切れることなく続いているだけです。

  • However, there is one type of artificial radio signal that we humans use that matches the

    しかし、人間が使っている人工電波の中には、それにマッチするものが1種類あります。

  • same properties of BLC1 perfectly, and something that aliens would no doubt also be using:

    BLC1と同じ特性を完全に持っており、宇宙人も間違いなく使用しているであろうものです。

  • radar.

    レーダー。

  • Our own radar emissions have washed over several of our nearest galactic neighbors by now,

    我々のレーダーの放射は、今頃になって、最も近い銀河系の隣人のいくつかの上に洗い流されています。

  • so would it be any surprise if alien radio astronomers inadvertently blasted our own

    だから、エイリアンの電波天文学者が うっかり私たちの電波を飛ばしてしまったとしても 驚くことではありません。

  • planet with their radar too?

    彼らのレーダーで惑星も?

  • What would be perhaps entirely too coincidental however would be two intelligent species with

    しかし、おそらくあまりにも偶然なのは、2つの知的な種族が

  • similar level of technology arising right next door to each other, but then again the

    互いにすぐ隣で発生する技術の類似のレベルが、その後、再び

  • universe is so vast that probability is almost certainly 100%.

    宇宙は広大なので、確率はほぼ100%です。

  • Roll the dice enough times and almost anything is possible- including two galactic neighbors

    十分な回数のサイコロを転がすと、2つの銀河の隣人を含むほとんど何でも可能です。

  • blasting each other with their radar.

    レーダーで撃ち合う

  • With the answer to the greatest question mankind has ever asked on the line: are we alone?-

    人類がこれまでに抱いた最大の疑問への答えは、「私たちは一人なのか?

  • science must tread very carefully and err on the side of caution.

    科学は非常に慎重に歩む必要がありますし、注意の側に誤りを犯します。

  • So for now, the reasonable assumption is that BLC1 is simply some unknown form of man-made

    だから、今のところ、合理的な仮定は、BLC1は、単に人が作った未知の形の

  • interference.

    干渉します。

  • However, BLC1 is by far the strongest candidate ever discovered for alien life- beating out

    しかし、BLC1は、これまでに発見されたエイリアンの生命体の最強の候補である。

  • even the infamous Wow!

    悪名高いWow!

  • Signal discovered in 1977.

    1977年に発見された信号。

  • With several more years of listening to go, and a plethora of new radio astronomy equipment

    さらに数年の試聴期間を経て、新しい電波天文学の機器が続々と登場しています。

  • being built now, humanity may soon have the answer to the ultimate question.

    現在建設中の人類は、近いうちに究極の疑問への答えを手に入れることができるかもしれません。

  • And if we're really lucky, that answer may come from right next door, creating a very

    もし本当に運が良ければ、その答えはすぐ隣からやってくるかもしれません。

  • real possibility of one day meeting our alien neighbors face-to-face.

    異星人の隣人と対面する日が来る可能性がある。

  • And hopefully not having them eat our brains.

    うまくいけば脳みそを食べられずに済む

On April 29th, 2019, the Parkes Radio Telescope in Australia was trained on our nearest galactic

2019年4月29日、オーストラリアのパークス電波望遠鏡は、私たちの最も近い銀河の

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 望遠 電波 銀河 エイリアン 天文 宇宙

宇宙からの宇宙人の電波を発見 (Alien Radio Signal From Outer Space Discovered)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 09 日
動画の中の単語