Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • And it's the signs of those times literally neon signs from when Poland was under Soviet control that are attracting visitors to a museum in the capital of Warsaw.

    ポーランドがソ連の支配下にあった時の文字通りのネオンサインが、ワルシャワの首都にある博物館を訪れた人たちを魅了しています。

  • They don't advertise brand names or restaurants like the Neon Signs of America.

    アメリカのネオンサインのようにブランド名や飲食店の宣伝はしてくれません。

  • They were mostly stylized ways to let people know where they'd find venues like theaters or appliances for sale.

    劇場や家電製品の販売などの会場がどこにあるのかを知らせるために、ほとんどが様式化されていました。

  • These relics of the Cold War era caught the eye of a British graphic designer who was vacationing in Poland in 2005.

    これらの冷戦時代の遺物は、2005年にポーランドで休暇を過ごしていたイギリス人グラフィックデザイナーの目に留まりました。

  • His efforts to preserve history led to Europe's first Neon museum.

    歴史の保存に尽力し、ヨーロッパ初のネオン博物館を設立。

  • This is the Neon Museum in Warsaw, Poland.

    ポーランドのワルシャワにあるネオン博物館です。

  • Neon signs in the West, of course, there about the free market.

    自由市場についてそこに西洋のネオンサインは、もちろん、。

  • These are different.

    これらは別物です。

  • After the death of Stalin in 1953 repression and censorship eased across the Soviet bloc.

    1953年のスターリンの死後、ソ連圏全域で弾圧と検閲が緩和された。

  • Poland launched Onion Ization campaign to capture some of the glamour of Western cities.

    ポーランドは、西部の都市の魅力の一部をキャプチャするためにオニオンイザベーションキャンペーンを開始しました。

  • They hired the best designers to beautify the country.

    彼らは国を美しくするために優秀なデザイナーを雇った。

  • The authorities used neon to placate to bamboozle the local populations into believing that all was good.

    当局はネオンを使って地元の住民を騙して全てが良いと信じさせた。

  • These were sensitively created for the local environments, for the public, for the people, no brands, no logos, just symbols on Bcom statements after communism fell in the early 19 nineties, authorities dismantled the neon lights as highlighted in Eric Bednarski is film Neon.

    これらは、共産主義が19 90年代初頭に落ちた後、当局はエリックBednarskiで強調されているようにネオンライトを解体したBcomのステートメント上のシンボルだけで、公共のために、人々のために、地域の環境のために敏感に作成されたフィルムのネオンです。

  • The Neon Museum in Warsaw celebrates what's left behind.

    ワルシャワのネオン博物館では、何が残っているかを祝っています。

  • I think we have something like 250 neon signs in total.

    全部で250個くらいのネオンサインがあると思います。

  • They seem toe flood into our collection on Daryl donations.

    ダリルからの寄付金を 集めているようです

  • We lose so much of our urban history without noticing on as an outsider, as a foreigner with fresh eyes, I could see that you know, there was something here that was being taken down, demolished, removed.

    私たちは、部外者として、新鮮な目を持つ外国人として、気づかないうちに、都市の歴史の多くを失っています。

  • There is nostalgia from perhaps the older generation.

    おそらく上の世代からのノスタルジーがあります。

  • Today's generation are much more visually oriented.

    今の世代は視覚重視の方が多いです。

  • Think people here for the history, the design on the aesthetic.

    歴史のためにここの人々を考えて、審美的な上のデザイン。

And it's the signs of those times literally neon signs from when Poland was under Soviet control that are attracting visitors to a museum in the capital of Warsaw.

ポーランドがソ連の支配下にあった時の文字通りのネオンサインが、ワルシャワの首都にある博物館を訪れた人たちを魅了しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 CNN10 ポーランド ワルシャワ 博物 サイン ソ連

忘れられたネオンサイン (Forgotten Neon Signs)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 09 日
動画の中の単語