Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • way.

    ウェイ。

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 songs bythe for many way This'll ist We're looking at the best tracks ever cut by Abel Tesfaye, better known as the weekend thes, could be everything from radio topping hits to obscure early cuts.

    そして今日、私たちはトップ10の曲をカウントダウンしています bythe for many way This'll ist We're looking at the best tracks at Abel Tesfaye, better known by the weekend thes, could be everything from radio top topping hits to obscure early cuts.

  • We will, however, be excluding songs where the weekend is simply a featured artist.

    ただし、週末が単にフィーチャーされているだけの曲は除外させていただきます。

  • I don't want to wait on the sheet.

    シートの上で待ちたくない。

  • What's your favorite track by the weekend?

    週末までに好きなトラックは?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

  • Number 10 Kiss Land As the title track from his debut full length Kiss, Land introduces listeners to a world where debauchery is the standard pollinated Miss You Find Me Make 100 Stark's wife back next week.

    10位 Kiss Land デビューフルレングスのKissのタイトル曲として、Landはリスナーに放蕩が定番の世界を紹介しています。

  • The track has a surreal sound that feels cloudy while also eliciting a feeling of bright lights.

    曇りを感じるシュールなサウンドと同時に、明るい光を感じさせるトラック。

  • The offbeat rhythm compliments test phase partying lyrics with the beats themselves carrying a tipsy energy.

    オフビートのリズムは、ビート自体がほろ酔いのエネルギーを運ぶとテストフェーズのパーティーの歌詞を補完します。

  • The weekend storytelling is both sultry and regretful as he brings a depth to party songs.

    週末の弾き語りは、パーティー・ソングに深みをもたらしてくれるので、拗ねているようでもあり、後悔しているようでもあります。

  • I got a brand new place.

    真新しい場所を手に入れた

  • I think I've seen it twice.

    2回は見たと思います。

  • Kiss lands more aggressive.

    キスの土地はもっと攻撃的だ

  • Second half gets louder, ramping up his bragging and commentary in equal parts.

    後半は声が大きくなり、彼の自慢話とコメントを等分に盛り上げる。

  • The song is an experimental two part Odyssey that stands out in the weekends.

    この曲は、週末に目立つ実験的な2部構成のオデッセイ。

  • Early discography E number nine Can't Feel my Face from its opening chords.

    初期のディスコグラフィー Eナンバー9 Can't Feel My Faceのオープニングコードから。

  • Can't Feel My Face has an instantly memorable sound and crisp vocals.

    Can't Feel My Faceは、瞬時に記憶に残るサウンドとキレのあるボーカルが特徴です。

  • E she told me, Don't worry me No, it's in It's amazing beat Drop that the song really takes off and transforms into a tune that everyone can dance.

    彼女が言ったのは、「Don't worry me No, it's in It's amazing beat Drop」で、この曲は本当に脱力して誰もが踊れる曲に変身している。

  • Thio.

    チオ

  • It's the most infectious based group from any weekends on enough to make anyone go.

    それは誰もが行くようにするのに十分な上の任意の週末から最も感染力のあるベースのグループです。

  • E o.

    E o.

  • I love it.

    気に入っています。

  • Whether you relate to its romantic narrative illusions to addiction or a mix of the two, the songs subtly forces you to think about dependency in a new light.

    あなたは中毒や2つのミックスに、そのロマンチックな物語の幻想に関連するかどうか、曲は微妙にあなたが新しい光の中で依存について考えるように強制します。

  • I Can't Feel My Face pulls the best parts of disco and the music of Michael Jackson and wonderfully injects test phase own dark themes as many people's intro to the weekend, this track to still his stellar voice and artistic chops into an accessible package.

    I Can't Feel My Faceは、ディスコとマイケル・ジャクソンの音楽の最高の部分を引っ張り、週末に多くの人々のイントロダクションとしてテストフェーズ独自の暗いテーマを素晴らしく注入し、このトラックはまだ彼の恒星の声と芸術的なチョップをアクセス可能なパッケージにしています。

  • E number eight King of the Fall.

    Eナンバー8 堕落の王様

  • A few songs show off the weekends voice quite like the slow moving King of the fall.

    遅い動きのキングオブザフォールのように、週末の声をかなりアピールしている曲は少ない。

  • That's a lead a Wait a couple on my pirates driving by the streets were you so walk through Like a triumph between Ah, lot of sparse keyboards and booming bass notes, the song is a dreamlike reflection of his life.

    これは、リードのa wait a couple on my pirates driving by the streets was you so walk through the triumph between Ah、まばらなキーボードとブーイングのような低音が多い曲で、彼の人生を夢のように反映している。

  • She gonna get Theo Test recalls his mixtapes toe highlight how impressive his move to stadiums and labels really is.

    彼女はテオ・テストを取得するつもりだが、スタジアムやレーベルへの彼の移動が実際にどのように印象的であるかを強調するために、彼のミックステープのトーをリコールします。

  • Just just the filtered sounds enhanced the surreal tone of the lyrics leaving it's sounding as demented as his stories.

    ただフィルターをかけただけの音が歌詞のシュールなトーンを強調し、彼の話と同じように頭の悪いサウンドを残しています。

  • Despite some of the less glamorous lyrics in the mix test phase.

    ミックステストの段階ではあまり華やかではない歌詞もあったにもかかわらず

  • Silky vocals give it all a seductive feeling.

    シルキーなヴォーカルが全てに魅惑的な雰囲気を与えてくれます。

  • King of the Fall paints The weekend is both a villain and a hero, and it does it with a sound that we still can't get out of our heads.

    キングオブザフォールの絵 週末は悪役でもありヒーローでもあり、まだ頭の中から抜け出せない音でやってくれます。

  • Number seven House of Balloons Glass Table Girls between the opening woes and it's catchy guitar line House of balloons, Glass table girls leans into the artsy side of pop.

    風船のガラステーブルの女の子の7番の家のオープニングの悲しみとそれのキャッチーなギターラインの間に風船の家、ガラステーブルの女の子はポップの芸術的な側面に傾いています。

  • You're my A snapshot of the weekends own eccentric get togethers.

    あなたは私のスナップショット 週末のエキセントリックな集まりの写真よ

  • The track celebrates these times and seemingly gives you a peek at his personal playlist.

    このトラックはこれらの時代を祝い、彼の個人的なプレイリストを覗き見ることができるようです。

  • The dazzling Siouxsie and the Banshees sample gets a nod in the lyrics, and it's riff is arguably highlighted, better than in its original song Theo Distorted back half of the track, is a startling change of pace and shows off more punk influence that you might not expect from the weekend.

    眩しいSiouxsie and the Bansheesのサンプルが歌詞の中でうなずけ、リフが強調されていて、原曲のTheo Distortedのトラックよりも良い。

  • He pumps for the lady movie down for whatever together bring your whole stash.

    彼は何でも一緒にあなたの全体の隠し場所を持ってくるための女性の映画ダウンのためのポンプ。

  • Greatest changing one of Test Phase Earliest two parters House of Balloons explores how dramatic a prospective change could be.

    テストフェーズ最古の2つのparters気球の家の1つを変更する最大の変化は、将来的な変化がどのように劇的な可能性があります探検しています。

  • Number six Star Boy.

    6番 スターボーイ

  • To mark the major next step in his career, the weekend crafted a simple but sinister anthem for himself.

    彼のキャリアの主要な次のステップをマークするために、週末は自分自身のためのシンプルでありながら不吉な賛歌を作った。

  • I'm trying to put you in the worst smoother P one cleaner than your church shoes.

    教会の靴よりも最悪に滑らかなPワンクリーンに入れようとしてるんだよ。

  • Songs, Quiet pianos Let Tesfaye dominate the track as he touts his rise from quirky indie hero to chart topping Superstar.

    歌、静かなピアノ 風変わりなインディー・ヒーローからチャートトップのスーパースターへと成長したテスフェイがこのトラックを支配している。

  • How's the Ones You Need?

    必要なものは?

  • A centerpiece.

    センターピースです。

  • Funny Rex.

    おかしなレックスだ

  • The table come from ebony daft punk.

    テーブルは黒檀のダフトパンクから来ています。

  • Stellar production expands the sound to match able themes up until the chorus explodes with mind blowing synths.

    壮大なプロダクションはテーマに合わせてサウンドを展開し、コーラスでは心に響くシンセが炸裂する。

  • Wait while Daft punk brought more fun vintage energy to I Feel it coming.

    ダフト・パンクが「I Feel it coming」でより楽しいヴィンテージ・エネルギーをもたらしている間、待っていてください。

  • Star Boy was test phase futuristic theme song, by the way, What way?

    スターボーイはテスト段階の未来的なテーマ曲だった、ところで、どうやって?

  • Weekend also highlighted his range of passions with inventive wordplay that crossed Rolls Royces with star trek starts a groove in the race car Girls get loose when they hear the song.

    Weekendはまた、スター・トレックとロールスロイスを掛け合わせた独創的な言葉遊びで彼の情熱の範囲を強調し、レースカーの中でグルーヴを開始します。

  • All this blended into a multi platinum hit with so much depth that we got more out of it with each listen.

    このすべてがマルチ・プラチナ・ヒットに溶け込んでいて、聴くたびに深みを増していきました。

  • Number five, The Party and the After Party with a sample of beach houses Master of None leading the charge, the party sees the weekend twisting mawr modern work into his own music.

    ナンバー5、ビーチハウスのサンプルとパーティーとアフターパーティーのマスターオブノーが料金をリードし、パーティーは、週末は彼自身の音楽にmawrの現代的な作品をひねり出すことを見ています。

  • E alright.

    分かった

  • Tesfaye adds a lot of blown out bass and his own heavenly vocals to complement the soothing tones of the sample.

    Tesfayeは、大量の吹き出しのベースと彼自身の天国のようなヴォーカルを加えて、サンプルの落ち着いたトーンを補完しています。

  • Pick up some shoes already.

    すでにいくつかの靴をピックアップします。

  • So as the problem stairs, this'll mood is reflected in the weekends loving words that he quickly subverts with um, or angry and violent reality in the second half.

    だから問題の階段のように、このllの気分は、彼がすぐにUm、または後半に怒って暴力的な現実をsubvertsする週末の愛の言葉に反映されています。

  • Think, Don't know silent.

    考えるんだ、黙っていることを知らないで。

  • If she stops, then I am.

    彼女がやめたら、私がやめます。

  • I can't find the minimalist production in the later after party.

    後日の二次会でミニマム演出が見当たらない。

  • Both highlights these words and sheds the happy vibe.

    どちらもこの言葉を強調し、幸せな雰囲気を漂わせています。

  • The track leads with loft music taps another great beach house sample, but the party enhances its original song More Brain Milton.

    トラックはロフトミュージックのタップでリードし、もう一つの素晴らしいビーチハウスのサンプルを使用していますが、パーティーはそのオリジナル曲のMore Brain Miltonを強化しています。

  • And the only thing I tell him is, um, living for the present in the future don't exist by creating a narrative twist, Tesfaye took his two part trademark to the next level, Number four the morning.

    そして、私が彼に伝える唯一のことは、うーん、未来の現在のために生きることは、物語のねじれを作成することによって存在しない、Tesfayeは、次のレベルに彼の2つの部分のトレードマークを取った、ナンバー4朝。

  • There's an immediate, hazy neon quality to the sense of the morning that shows an upbeat side.

    アップビートな一面を見せる朝の感覚に、すぐにぼんやりとしたネオンの良さがあります。

  • The weekend rarely explores in the morning to the evening.

    週末は朝から晩まで探索することはほとんどありません。

  • Complaints from the tenants got the walls kicking like they six months pregnant.

    入居者からの苦情は妊娠6ヶ月のように壁を蹴っていました。

  • To contrast that, able reflects on another night of debauchery, and the feelings were left with when the sun rises or the plane tickets.

    それを対比させるためには、放蕩の別の夜に反映させることができ、感情は太陽が昇るときや飛行機のチケットを残していた。

  • Kelly's mission every month, like the romantic sounding chorus itself alludes to in paying for women on Lee to interestingly suggest his own work is no different.

    ケリーの使命は、毎月、ロマンチックな響きのコーラス自体が興味深く彼自身の仕事は何も変わらないことを示唆するためにリーに女性のために支払うことにすべてを示唆しているような。

  • Tha song is nevertheless catchy and sonically satisfying, due in no small part to its chipper hooks.

    この曲はキャッチーで音楽的にも満足のいくものであり、その理由の一つには、この曲が持つチッパーなフックがあります。

  • Things balancing act shows test phase ingenuity back in his early days, which feels more relevant than ever given his success.

    物事のバランスをとる行為は、彼の初期の頃に戻ってテスト段階での工夫を示しており、彼の成功を考えると、これまで以上に関連性を感じます。

  • Number three The Hills Illicit Affairs Drive The Story of the Hills, where the weekend drops another career defining chorus.

    3位 The Hills Illicit Affairs Drive The Storyは、週末がもう一つのキャリアを決定づけるコーラスを落としています。

  • I only called You, and it's through ringing bells and solemn versus Tesfaye argues for his casual love and shockingly reveals he's his most natural under the influence theme.

    私はあなたを呼んだだけで、それは鐘を鳴らして厳粛な対テスフェイが彼のカジュアルな愛のために主張し、衝撃的なことに、彼は影響力のテーマの下で彼の最も自然なものであることを明らかにしています。

  • Screeching, heavily distorted chorus is a jarring wake up call that contrasts the quiet verses and matches the actual emotional content of the track.

    轟音と重く歪んだコーラスは、静かなヴァースとは対照的に、トラックの実際のエモーショナルな内容にマッチした、耳障りなモーニングコールです。

  • Additional remixes highlight the natural pop power of his vocals, while the original maintains an ugliness that feels distinct from much top 40 of the time t know test phase nod to West.

    追加のリミックスは彼のボーカルの自然なポップなパワーを強調し、オリジナルは多くの時間tを知っているテストフェーズのウエストへのうなずきのトップ40とは異なる感じの醜さを維持しています。

  • Craven also serves as a poetic comparison of the high life to a horror film on iconic track.

    クレイヴンはまた、象徴的なトラックでホラー映画にハイライフを詩的に比較する役割を果たしています。

  • Is it any wonder it bumped off?

    ぶつかったのが不思議でならないのかな?

  • Abel's Can't Feel my Face as the number one song on the Billboard Top 100 Number two Wicked Games E.

    アベルの「Can't Feel my Face」がビルボード・トップ100のナンバー2「Wicked Games E」のナンバー1曲として登場。

  • I Don't Love Her.

    彼女を愛してない

  • No, For his debut single, The Weekend stuck to a rock riff sound to illuminate music fans about doomed relationships.

    いや、デビュー・シングルでは、ザ・ウィークエンドはロックなリフ・サウンドにこだわって、運命的な人間関係についての音楽ファンを照らし出していた。

  • The deceptively simple guitars colored wicked games as an equally sensual and disturbed tail.

    欺瞞的にシンプルなギターは、同じように官能的で乱れた尻尾として邪悪なゲームを着色した。

  • Bring your baby, I could Bring My Shame.

    赤ちゃんを連れてきてくれれば、私は恥じらいを持ってくることができます。

  • Booth Test described a romance largely informed by pain and escape, which nevertheless felt good.

    ブースのテストは、主に痛みと逃避によって知らされたロマンスを説明し、それにもかかわらず、良い感じになりました。

  • Theo relatable story and straightforward sound grabbed listeners on all sides as the weekend asserted.

    テオは、週末に主張したように、関連性のあるストーリーとストレートなサウンドで四方八方のリスナーをつかんだ。

  • He could bring heavy topics to radio ready music you love me on as firmly stripped down as wicked games.

    彼はラジオの準備ができている音楽に重い話題を持ってくることができましたあなたが私を愛している上に、邪悪なゲームのようにしっかりと剥ぎ取られた。

  • Was it allowed test phase great harmonies and subject matter to shine through the track, laid out many concepts the weekend would become famous for and started him on a road to Success way.

    それは、テストフェーズの偉大なハーモニーとトラックを介して輝くために主題を許可されていた、週末のために有名になるだろう多くの概念を敷設し、成功への道に彼を開始しました。

  • Unveil our number one pick.

    ナンバーワン・ピックをお披露目します。

  • Here are some honorable mentions, heartless for chilling like the ultimate villain way.

    ここでは、究極の悪役の方法のように悪寒のための心のない、いくつかの名誉ある言及があります。

  • Call out my name because he goes all out on that final chorus way.

    俺の名前を呼んでくれ 最後のコーラスの仕方で全力を尽くすからな

  • Tell your Friends it's weekend style vocals with Kanye style production, and I miss my city Man.

    Tell your Friendsは週末スタイルのボーカルにカニエスタイルのプロダクションを加えたもので、I miss my city Manです。

  • It's been a minute, um, you're having Kelly was a 28 because it's so emotionally raw.

    ケリーが28歳の時のことだから、感情的に生々しくて。

  • E the birds part one for those banging drums.

    E the birds part one for those banging drums.

  • Don't make me make you funny.

    笑わせるなよ

  • Yeah, want more Mojo?

    もっとモジョが欲しいか?

  • Sound Mojo brings you music from new and emerging artists in all genres from across the globe.

    Sound Mojoは、世界中のあらゆるジャンルの新進気鋭のアーティストの音楽をお届けします。

  • Interviews, live shows and deep dives into music culture.

    インタビュー、ライブ、音楽文化への深堀り。

  • Sound Mojo has you covered.

    サウンドモジョはあなたをカバーしています。

  • Be sure to check out Sound Mojo to find your new favorite artists.

    ぜひSound Mojoをチェックして、新しいお気に入りのアーティストを見つけてみてください。

  • So number one Blinding Lights, a retro melody and futuristic electronica combined into the modern gem that is blinding lights.

    レトロなメロディと未来的なエレクトロニカが融合した現代的な逸品、Blinding Lightsのナンバーワン。

  • In a summation of his self destructive themes of pleasure seeking and fame, the track sees him utterly transfixed by his vices.

    快楽を求めて名声を得るという自己破壊的なテーマをまとめたこの曲では、彼の悪癖に完全に取り憑かれている様子が見て取れます。

  • I've been on my own for long enough.

    久々に一人で行ってきました。

  • A surprising lover appears as his Onley way out, which gives the song the hope that most of test phase songs lack cities.

    彼のオンリーウェイアウトとして意外な恋人が現れ、テストフェイズの曲のほとんどが都市を欠いているという希望を与えてくれます。

  • The theme rushing beats and a punchy hook are impossible to keep still, too, and the larger than life since easily captured the entire aesthetic of after hours.

    テーマを急ぐビートとパンチの効いたフックは、あまりにも、まだ維持することは不可能であり、簡単にアフターアワーの全体の美学をキャプチャして以来、人生よりも大きい。

  • That way.

    あっちだ

  • Lyrically, the songs also leaves fans to decide whether the lights represent his vices, romantic partners or, well, the lights themselves.

    叙情的に、曲はまた、ライトが彼の悪徳、ロマンチックなパートナー、または、まあ、ライト自体を表しているかどうかを決定するためにファンを残します。

  • I could never say it on the phone booth with enough fun energy to spawn a tick tock trend.

    チクタク流行を生み出すほどの楽しいエネルギーを持って電話ボックスで言うことはできませんでした。

  • Blinding Lights is test phase argument that the latest can be the greatest.

    Blinding Lightsは、最新のものが最大のものになる可能性があるというテスト段階の議論です。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

way.

ウェイ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo 週末 テスト トラック サウンド ナンバー

ウィークエンドのベストソングトップ10 (Top 10 Best Songs By The Weeknd)

  • 4 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 08 日
動画の中の単語